| UE4 ブループリント(BP)の未使用変数を一括で削除する(Unused Variables) (02/07) UE4 第4回UE4何でも勉強会 in 東京 (02/06) UE4 ビューポートのカメラプレビュー(Camera preview)の表示切り替えとサイズの変更 (02/05) Unreal Engine 4 (UE4) Advent Calendar 2017 の8日目です。 qiita.com 今回はアクションゲームで重要となるヒット演出について ・物理アニメーション・カメラシェイク・ヒットストップ・ヒットエフェクト・吹き飛ばし演出 この5つで紹介していきます 最後にサンプルプロジェクトを… クラスを継承する場合は、コンテンツブラウザからクラスを右クリックして一番上のCreate Child Blueprint Classから子を作るか, BPエディタのClass SettingsのParent Classから継承することができます。, Create Child Blueprint Classの方から継承するとこのようなParent:~というノードが作られます。, これは親イベントを実行してくれるノードですが、これを消してしまって再度使いたい時やClass Settingsの方から親を設定してこのノードがない場合は、呼び出したいイベントと同じノードを右クリックし、Add call to parent functionから呼び出すことができます。, shuntaendoさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog ゲームオーバー処理を行っているので、GameOverノードとかでてきたら、以下の記事を閲覧ください。(とはいっても、GameOverカスタムイベントがあるだけですが。), ヒットポイントを実装しただけど見た目的によくわからないので、ついでに画面にHPバーも表示させます。, Third Personプロジェクトからプロジェクトを作っているので、プレイヤーの操作キャラクターのブループリント、「ThirdPersonCharacter」があるはずです。, とはいえ、HPの実装自体はたいしてやることがありません。Healthとか適当な名前をつけたfloat型の変数を作って編集可能にして置いておけば終わります。, Health - Damageした値を、新たにHealthにセットしてダメージ後のHPに更新します。, ダメージが0になった瞬間パッって消えるのも味気がないので、SpawnActorノードでBlueprint_Effect_Explosionをキャラクターの場所に表示させてみました。, 本記事の本質ではないので、なくてもいいかと思いましたが、勉強会でもいれてましたし、私の好みでやってみました。, 前回の記事からプロジェクトを引き継いでいれば、GameOver画面が出るはずです。, このGameOverは私が作ったカスタムイベントです。残機制とかの場合は残機処理を挟むといい感じになると思いまsう。, オパシティ項目にDPanel_Opacityというパラメータを0.5にしてつなげます。, ユーザーがダメージ床に乗った時、DPanel_Opacityを1にすることでユーザーがダメージ床に乗っている感を出そうという目論見です。, コンストラクションスクリプトでCreateDynamicMaterialInstanceを作成して、DPanel_Opacityにアクセスできるようにしておきます。, 落ちる床を作った時と同じですが、今回はパラメータ名に「DPanel_Opacity」を設定します。, OnComponentBeginOverlapイベントが発生した時、乗っていたアクターがプレイヤーであれば、DPanel_Opacityを1にして不透明にした後、ApplyDamageノードに通すだけです。, OnComponentEndOverlapでDPanel_Opacityを0.5に戻しています。, ポイントはThirdPersonCharacterにキャストしているところで、このノードを入れないと、落ちる床が落ちてダメージ床に触れた時にもダメージ発生エフェクトが発生してしまいます。(ダメージは落ちる床に発生しているのかな?バグの元っぽいので、弾いておきましょう), プレーヤーが載ってる時、赤い床が奥のでっかいダメージ床と較べてくっきりしてるのがわかります。, 記事のスクリーンショット的には既にHPゲージが出ていますが、これも自分で作らないといけません。, このProgressBarのPercentのところに、バインドしてプレイヤーのHealthと連動するっていう寸法です。, ThirdPersonCharacterへキャストして、出てきたオブジェクトをMyCharaとかいう名前で変数にしておきます。, さっき作ったMyCharaからHelthをゲットしてきて、Health / 100して%にして戻すだけです。, NMMNさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog ブログを報告する, 敵のAIを簡単に作ってみました。 youtu.be blog.uzutaka.com こ…, ステートマシンを使わないアニメーションシステム Motion Matching for Unity …, ブルジョア向けビジュアルアセット組み合わせ紹介(CTAA、Beautify、Aura 2), 拡張エディタ Third Person Controller - Melee Combat Temp…, UMotion Pro – Animation Editor で男性モーションを女性モーションに調整してみた!, ステートマシンを使わないアニメーションシステム Motion Matching for Unity 導入、解説!. | はじめに とりあえずハンズオン勉強会で習ったことの復習を兼ねた記事です。 シンプルな3dアクションゲームを想定して作っていこうと思います。 ue4のガチ初心者なので、バッドノウハウとかあると思います。 手順や作業を整理して記事を書いてるわけではないので、拙い点はご容赦を。 ブログを報告する, 今回は Market Place で無料で手に入れることができる「LE Exte…, 4.16までアセット情報を取得できるAsset Registry Moduleという…, 無料UE4コンテンツ紹介3「LE Extended Standard Library」.

| ブログを報告する, はじめに nmmn.hatenablog.com 上の記事で見つけたプロジェクト…, UE4でデッドスペースみたいなHUDについての記事を見つけたけど、うまくできなかった, HPが残り少なくなった時、HPゲージをピンク色とかに変えたい。バインドの関数を編集するのだろうか?. UE4_Sequencer (1) UE4_UI (6) 最新記事 記事一覧 【UE4】Widget紹介 Panel編.

今回はWidget BlueprintsのRetainer Boxについて書いていきます。 検証には4.21.0を使用しています。 まずはWidget Blueprintsを作成します。 コンテンツブラウザを右クリックから ユーザーインターフェース→ウィジェットブループリントを選択します。 名前をつけます。 Unreal Engine 4 (UE4) Advent Calendar 2017 の8日目です。, ・物理アニメーション・カメラシェイク・ヒットストップ・ヒットエフェクト・吹き飛ばし演出, まずキャラクターにダメージモーションをセットしたいところですが今回はダメージモーションがなしのため物理アニメーションを採用したいと思います, ここに関してはalweiさんのブログや動画を参考にしてもらえれば大丈夫です付け加えて言うとpelvisではなくspine_2などを選ぶとその子ボーンのみアニメーションさせることができます, UE4にカメラシェイク用のクラスが用意されておりこちらのブログで紹介されていますが改めて紹介します, UE4 カメラを振動させる(Camera Shake BP、Client Play Camera Shake) 凛(kagring)のUE4とUnityとQt勉強中ブログ, おまけですが、なるさんがアクションゲームを参考に例をあげたものがとても参考になるのでここに添付しておきます, ヒットストップとカメラ揺れを色々試してた pic.twitter.com/TmGrCFtt1w, ヒットストップこれに関しては2つ方法があってベヨネッタのウィッチタイムのような敵だけがスローモーションになって自分は自由に動かせたい場合、こちらの「Custom Time Dilation」を0~1の間で設定することで, 「Set Global Time Dilation」を使い、ヒットストップを実装していきます。まずヒットストップというのは、ヒットしたときに何フレーム描画を停止するまたは遅くすることを言います。, ヒットストップを入れるとこんな感じに結構いい感じになります。(Gif画像が分かりにくくてすいません), ヒットストップについてHit stopは両アクターのCustom Time Dilationを一時的に0にすることで実装できます ※動画は効果の有無を比較したもの。参考に。 #UE4 #UE4Study pic.twitter.com/ruwLMvY51S, あとは下の画像のノードのようにヒットしたときにライフカウントを計算してSimulate Physicsをオンにしてあげれば吹っ飛ぶようになります, 良い感じのヒット演出ができます。今回は敵のブループリントクラスだけで完結しています。敵のブループリントはこのようになっています, 今回、結構ブログやツイートの紹介に頼っている部分が多くて申し訳ありませんしかし、他の方がとてもよくまとめているのでそのまとめ記事として投稿しました, 日々情報発信をしていただいている方には頭が上がりません、本当にありがとうございます, Unreal Engine 4 (UE4) Advent Calendar 2017 - Qiita, yuukihirai0331さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog