「There are 30 days in October.」は「October has 30 days.」に書き換えることもできます。, 5)「節分」は色々な表現がありますが、ここでは「Setsubun」にしています。「節分がある」なので「There is Setsubun」です。2月は「February」です。月を表す単語を覚えていない場合は復習しておきましょう。, - Copyright (c) MOSHIMO STUDIO All Rights Reserved. 助動詞(will,may,must等)を使う文では、助動詞をbe動詞の前に置き、be動詞は原形にします。, 【解答】 1)図書館の近くに公園があるかもしれません。 5)There is Setsubun in February. 6)There,is,there,is 「8月は31日あります」や「アメリカには○○人の人々がいます」のような文も「There is(are)」を使って「There are ○○ in △△」のように表現しますが、書き換える場合は「△△ has ○○」となります。

7)昨日ここにはたくさんの人々がいました。 9)Was,there,five,years,ago,there,was 例えば「机の下に犬がいます」は「There is a dog under the desk.」と表現します。, 「There is(are) ~」は初めて話題に出てくるものを指す時に使いますので、「(さっき話題にしていた)その犬は机の下にいます」のように一度話題に出てきたものを指す時には「The dog is under the desk.」という表現になります。, ・There is(are) ~.「~がいる、ある」

=(    )(    )(    )(    )(    ) a restaurant in our town next month. (    )(    )(    ) a stone in the garden.

2)There, are,September,September has 1)オーストラリアには2400万人の人々がいます。 (    )(    )(    ) a park near the library. There is → There’s There are → There’re. 10)私の家の前にスーパーができる予定です。 4)教室には何人の生徒がいますか? =Japan (    ) about 120 million people. 4)There,no(There,notでも可)

2)There,must,be,someone 1)私の家の近くに本屋があります。 (    )(    ) 30 days in (    ). 5)2月は節分があります。(節分=Setsubun), 【ヒント】 もう一度この構文の使い方を きちんと勉強したい方は、 ・中学2年生の文法書 または ・英検4級レベルの参考書 がオススメです!

話題に初めて出てくる物や人の場合は「There is(are) ~」を、一度話題に出てきた特定の物や人の場合は「○○ is(are) ~」を使います。. 3)There,is,not 【ヒント】

6)この周辺にバス停はありますか?- いいえ、ありません。 (    )(    ) 24 million people in Australia. 4)「〇月は**日あります」という表現は、「There is」構文の問題でよく出てくるので覚えておきましょう。 「There are 30 days in October.」は「October has 30 days.」に書き換えることもできます。 この問題文では語数の関係から「There are no 複数名詞」を使いますが、過去形の文なので「There were no 複数名詞」となります。, 5)「3月は31日あります」のように月の日数をいう時にも「There is(are)」構文が使われることがあります。 1)There,may,be 中学英語で学習する「There is(are) ~.」構文に関する問題集です。 (    ) were(    ) dogs in the park. 4)10月は31日あります。

There is構文の否定語notは、be動詞の後ろにつけます。 公園には子供一人もいなかった。 There were not (weren’t) any children in the park.

3)The woman is in China. 「~がいる、ある」は、「There is(are) ~.」構文を使って表現できます。 書き換え文は「A book store」が主語になっているので、「~がある」を意味する「is」を使います。, 2)「30 days」という複数名詞が続くので、「There are」を使います。 – No, (    )(    ) not. (    )(    ) students (    ) in the classroom? 1)「~いる」という表現なので「There is(are)」構文を使います。「2400万人の人々」という複数形名詞が続くので、be動詞は「are」を使います。, 3)「~がない」なので「There is(are) not ~.」という否定文を作ります。 【ヒント】

書き換え文には「September」がないことから、「September」を主語にして文を作ることがわかります。「9月は30日を持っている」と考え、「September has」を当てはめます。「September」は三人称単数形なので「has」になる点にも注意しましょう。, 3)「120 million people」という複数名詞が続くので「There are」を使います。 ・There are no 複数名詞「ひとりもいない、ひとつもない」) 3)その女性は中国にいます。 英語の指導案, 前回の記事「【中2英語・指導案】わかりやすい授業はこれ!there構文(3)」では there is ~ の文にsomeやanyを絡めた授業の進め方を紹介しました。今回は完結編として数を尋ねる疑問詞を使った文を扱います。, ・疑問詞を使う文を作る時の手順は、1.尋ねる部分を疑問詞に変える→2.疑問詞を文頭へ持ってくる→3.疑問文をその後ろにくっつける, ・疑問詞で聞いている文に返答するときは原則、主語・動詞で始まる具体的な文にするが、今回はthere構の文なのでthere+ be動詞 + 主語の文にする. 「~の前に」は「in front of」という熟語を使います。重要な熟語なので必ず覚えておいてください。. 月の単語(January~December)もしっかり書けるようにしておきましょう。, 6)「ありますか?」という疑問文なので「Is(Are) there ~?」を使います。「a bus stop」という単数名詞が続くので、「Is there ~?」にしましょう。, 7)「いました」という過去形の文なので、be動詞を過去形にします。「たくさんの人々」という複数形の名詞が主語になるので、「There were many people」です。その後ろに「here(ここに)」と「yesterday(昨日)」をつなげます。, 8)「何も~ない」は「nothing」を使います。「ありませんでした」という過去形なのでbe動詞を過去形にし、「There was nothing」と表現します。「nothing」自体に否定の意味があるので「not」は必要ありません。, 9)「ありましたか?」という過去形なので「Was there ~?」を使います。「5年前」は「five years ago」です。, 10)「~ができる予定です」は未来の話をしているので、助動詞「will」を使います。「~ができる予定」=「(将来的に)~がある予定」と考え、「there is」で表現します。助動詞「will」は動詞の前に来るので、「there will」となり、「will」の後ろは動詞の原形にしなければならないので「there will be」となります。 7)There,were,here,yesterday 前回の記事「【中2英語・指導案】わかりやすい授業はこれ!there構文(2)」では there is ~ ... 頑張っている皆さんこんにちは、育伸開発です。

書き換え文は、元の文と同じように「how many students」から書き始める点は同じですが、後ろの()が1つしかないので、動詞である「are」を当てはめます。 3)その庭に石はありません。 不正解になってしまいます。 正解は、 The pen is on the desk. =(    )(    ) 30 days. There (    )(    ) a supermarket (    )(    )(    ) my house. 先生:気を付け、礼。お願いします!今日はthere構文に疑問詞を絡めるよ。具体的には「そのバスの中に何人の生徒がいますか。」と数を尋ねる文を作れるように勉強していこう。OK?

1)主語は「たくさんの犬」という不特定の犬なので、「There are ~」を使います。, 2)「リンゴ」は不特定のリンゴを指しているので「There is ~」を使いますが、過去形の文なので「There was ~」にします。, 3)「その女性」という特定の人物を指しているので「There is ~」は使えません。「その女性(the woman)」を先頭に置いて、「The woman is ~」と表現します。, 4)「〇月は**日あります」という表現は、「There is」構文の問題でよく出てくるので覚えておきましょう。