The attendee experience is the most important aspect of live events and it's critical that the attendees can participate in the live event without having any issues. 最近、新型コロナウィルスの発生とともに毎日、テレビや Twitter / facebook などで 〇〇〇のイベントが中止になりました。という事を聞きます。 そして、ライブの音楽コンサートや、IT業界においては、会場でのイベントは中止になりましたが、〇月〇日にライブ放送として行います。お申込みは、〇〇で。。という事をチラホラと見るようになりました。 私自身、このお陰でというとチョット変ですが、twitter に出ている Microsoft Security Forum 2020 ~変化に備える、2020 年のセキュリティ対策~ 虎 … The attendee experience uses Stream Player (for events produced in Teams) and Azure Media Player (for events produced in an external app or device) and works across desktop, browser, and mobile (iOS, Android). Find out more about the Microsoft MVP Award Program. 参加者の体験は、Stream Player (Teams で作成されたイベント) と Azure Media Player (外部アプリまたはデバイスで作成されたイベント) を使用し、デスクトップ、ブラウザー、モバイル (iOS、Android) で動作します。. を選択します。 Teams から会議への招集が行われます。, 参加を依頼された相手は、発表者として参加することになります。つまり話したり、画面を共有したり、イベント グループの会議チャットに参加したり、Q&A をモデレートしたりできます。 会議が終わった後、参加の依頼を受けた相手はイベント グループの会議チャットから削除されます。, ライブ イベントを作成しているときに、デバイスのパフォーマンスを確認するには、ダッシュボードの [正常性とパフォーマンス]を選択します。, 低帯域幅の場合、出席者に送信可能なオーディオやビデオの品質に影響する可能性があります。, ラウンドトリップ時間が長い場合、出席者に送信可能なオーディオやビデオの品質に影響する可能性があります。, カメラ送信の解像度が低い場合、出席者に送信可能なオーディオやビデオの品質に影響する可能性があります。, ソフトウェア コーデックは能力の面で非効率であり、より多くのメモリを必要とするため、送信可能なビデオの品質に影響する可能性があります。, Teams でメディア用に使用できる帯域幅の量を 1 秒あたりのメガビット単位で表します (Mbps), この組織のポリシーは、出席者に送信可能なオーディオやビデオの品質に影響する可能性があります。, この組織のポリシーによっては、ライブ イベントで画面を共有できない可能性があります。, この組織のポリシーによっては、ライブ イベントでビデオを共有できない可能性があります。. 組織外のユーザを開催者として招待できないため、発表者がどうしても組織内に限定されてしまいます。 Teams会議では組織外のユーザも開催者として参加させることができるので ² この制限には、アーカイブ済みのチームが含まれます。² This limit includes archived tea… Enterprise コンテンツ配信ネットワーク (eCDN), Enterprise Content Delivery Network (eCDN), eCDN の目的は、インターネットからビデオ コンテンツを取得し、ネットワーク パフォーマンスに影響を与えることなく企業全体にコンテンツを配信することです。. Connect and engage across your organization. Fully managed intelligent database services. 250名以内であればTeams会議で良いですが、250名を超える場合はライブイベント機能を使用します。, タイトルや時間等を適宜設定し、「次へ」をクリックします。ここでは省略しますが、発表者を追加し、複数のメンバーで発表することもできます。, 誰がライブイベントに参加できるかを設定します。ここではデフォルトのまま「組織全体」とします。, 下にスクロールするとライブイベントの生成方法としていくつかの設定ができるようになっています。ここではデフォルトのままにします。, 更にスクロールするとサポート情報へのURLが設定できるようになっています。「スケジュール設定」をクリックします。, ライブイベントの設定ができました。「出席者のリンクを取得する」をクリックするとクリップボードにリンクの情報がコピーされます。メールなどにペーストして参加者に周知しましょう。, デバイスの接続状況やマイク・カメラのオン・オフ等を確認し、「今すぐ参加」をクリックします。, コンテンツに配置されました。追加された画面イメージをクリックします。ここで選んだものがキューに追加される形となります。, 右上のライブイベントにコンテンツが表示されました。ここに表示されているものが参加者に表示される形となります。, シンプルな形でのライブイベントの一連の流れを解説いたしましたが、数多くの選択肢があります。, Microsoft Teamsに関する情報発信をしています。 Twitterでも情報発信しています。. を選択して、参加するユーザーを検索します (既に招待されている場合は、その名前が一覧に表示されます。 招待されていない場合は、検索できます)。 相手が見つかったら、名前の横の [その他のオプション] Contact Office Support.

Microsoft 365 and Office 365 provide Yammer and Teams as two collaboration hubs, and the live attendee experience is integrated into these collaboration tools. Community to share and get the latest about Microsoft Learn. Teams でライブ イベントを作成する方法の概要については、このビデオをご覧ください。 プロデューサーが行えること. ライブ イベントの使用状況レポート, テナント管理者は、Microsoft Teams 管理センターでライブイベントのリアルタイムの使用状況分析を表示できます。. Admins can view event usage information, including event status, start time, views, and production type.

Microsoft Teamsでライブイベントやオンラインセミナーを開くには、通常のビデオ会議でも可能だが参加できるのは250人までとなっている。 250人規模で構わないという人は下記のビデオ会議の使い方を参照。 Microsoft Teamsのビデオ会議の使い方. ライブ イベントの種類.

Teams でライブ イベントを作成する方法の概要については、このビデオをご覧ください。, Teams のライブ イベントは、イベント プロデューサーに柔軟なオプションを提供します。, Teams の会議をブロードキャストして、リモートの発表者や画面の共有をイベントに取り込みたい場合は、Teams でライブ イベントを作成できます。, 制作スタッフと一緒にイベントを運営する場合は、外部のアプリまたはデバイスを使用してイベントを作成できます。 この方法の場合は Microsoft Stream を利用します。, 注: イベントをスケジュールするときに、どのようにイベントを作成する計画か選択する必要があります。, 次の手順を使用して、Teams 内でイベントを直接作成できます。 イベントを設定する手順の詳細については、「Teams live イベントを作成するためのベストプラクティス」を参照してください。, 注: イベントにハードウェアまたはソフトウェアベースの外部エンコーダーを使用する場合は、外部アプリまたはデバイスを使用してライブ イベントを作成することに関するページを参照してください。, プロデューサーとしてイベントに参加する前に、マイクとカメラを調整できます。 出席者として参加することもできます。 [代わりに出席者として参加します] を選択するだけです。, プロデューサーとして参加できるのは、自分がイベントの開催者である場合か、イベントのスケジュール時に開催者からこの役割を割り当てられた場合だけです。, ライブ イベントを作成するには、デスクトップ アプリでイベントに参加する必要があります。 Web で作成する機能は、近日中に利用可能になります。, プロデューサーは、まだ背景をぼかすことができません。 この機能も、近日中に利用可能になります。, 大きな部屋でイベントが発生している場合は、 聴衆モード を使用して、リモート出席者に対して音声を強化し、『や applause など、実際の参加者の声を聞くことができます。 聴衆モードのトグルをオンにするだけで有効にすることができます。このモードはリハーサルで必ずテストし、最適なエクスペリエンスを実現するには、コンピューターの内蔵マイクを使わないようにしてください。, 注: 聴衆モードは、イベントが開始される前にオンになっている必要があり、参加する最初のプロデューサーによってのみ制御できます。, 画面の下部でカメラ フィードを選択して、ライブ イベント (右側) に送信する前にキュー (左側) でプレビューを表示します。, 別のカメラに切り替えるには、キューの下部にある [カメラの切り替え] をオンにするか、[デバイスの設定] に移動して新しいカメラを選択します。, [ライブを送信] を選択して、プレビューからライブ イベントにフィードを送信します。, 積極的に発言していないプロデューサーや発表者はミュートにします。 ミュートにしないと、その音声が出席者にライブ送信されます。, メディア ストリームが配信されてから、出席者に表示されるまでの間に 15 秒から 60 秒の遅延があります。, (カメラをオフにするなどして) ビデオの共有を停止すると、全員に向けて [ライブ イベントはすぐに再開されます] と表示されます。, デスクトップまたはウィンドウを共有するには [共有] を選択して、共有するスクリーンを選択します。, ヒント: 自分がイベントの唯一のプロデューサーである場合は、複数のモニターを使用するか、(デスクトップ全体ではなく) 特定のウィンドウを共有することをお勧めします。 さもないと、変更を加えたときに Teams (および選択内容) が全員に表示されます。 複数のモニターを使用すれば、1 つの画面で Teams のコンテンツをキューに入れ、もう一方の画面に共有コンテンツを含めることができます。, Teams でイベントを作成する場合は、次のようにしてデスクトップやウィンドウを共有します。, デスクトップを共有するには、[共有]、[デスクトップ]、[コンテンツ]、[ライブを送信]の順に選択します。 イベントがまだ始まっていない場合は、[開始] を選択します。, ウィンドウを共有するには、[共有] を選択して、ソース トレイの [ウィンドウ] セクションから、開いているウィンドウのいずれかを選択します。 ウィンドウの共有が完了したら、プロデューサー UI に切り替え、[コンテンツ]、[ライブを送信] の順に選択します。 イベントがまだ始まっていない場合は、[開始] を選択します。, 注: 選択したウィンドウを最小化しないでください。さもないとキューにプレビューが表示されなくなってしまいます。, デスクトップまたはウィンドウの共有を停止するには、通話モニター ウィンドウで [共有の停止] 選択します。 ベスト プラクティスとして、イベントに共同発表者を招待し、そのデスクトップかウィンドウを共有してもらうことができます。次いで、それをこちらでキューに入れて、イベントにストリーミングできます。 これで、先と同様、Teams (およびキュー) を出席者に表示しないで済みます。, 別のビデオ フィードをキューに追加するには、他の発表者がイベントに参加する必要があります。 それらの人々のフィードが画面の下部に表示されます。, 最大 10 人の発表者やプロデューサー (自分を含む) が一度にビデオやコンテンツを共有できます。, コンテンツがライブである場合、他の発表者やプロデューサーは、[共有] を選択して画面の共有を開始することができます。 このように競合が起こり得ることをイベントのチームに知らせてください。, ホールからイベントを作成していて、室内に聴衆がおり、その反応 (笑い声や拍手など) をライブ イベントに取り込みたい場合は、ノイズ キャンセリングをオフにすることができます。 [デバイスの設定]を選択して、デバイスの設定ペインの [ノイズ キャンセリング] をオフにするだけです。, 発表者にライブ イベントへの参加を依頼するには、[参加者] The goal of eCDN is to take the video content from the internet and distribute the content throughout your enterprise without impacting network performance. を選択して、[参加を依頼] You can use one of the following certified eCDN partners to optimize your network for live events held within your organization: 参加者の体験はライブ イベントの最も重要な側面であり、参加者が問題なくライブ イベントに参加できることが重要です。. こんにちは。 Teamsライブイベントで組織内のユーザが主催者(プロデューサー)なのですが、外部の方を発表者にできず困っています。 外部ユーザとは「有償Office365を利用していて別の特定の組織(テナント)に属しているユーザ」のことです。 ライブイベント終了後、Teamsの予定表画面で終了したライブイベントを選ぶことで、各種レポートをダウンロードできます。 QAデータはこんな感じでダウンロードできます。 不要な参加者を黙らせることができる. Auto-suggest helps you quickly narrow down your search results by suggesting possible matches as you type. Yammer のMicrosoft 365、Microsoft Teams、および Microsoft Stream 全体のライブ イベント, Live events across Microsoft 365 in Yammer, Microsoft Teams, and Microsoft Stream, Microsoft Teams ライブ イベントの使用を開始する, Get started with Microsoft Teams live events, Microsoft Stream でのライブ イベント, すべてのページ フィードバックを表示, 会議の記録用の OneDrive for Business および SharePoint, OneDrive for Business and SharePoint for meeting recordings, Azure コンテンツ配信ネットワーク (CDN), 以前のバージョンのドキュメント.

This allows the streams to be viewed worldwide with no buffering. しながら、ローカルまたは世界中の視聴者にコンテンツを簡単かつコスト効率に優れた方法でストリーミングできます。. ライブ イベントを作成できるユーザー.

Microsoft Teams ライブ イベントは Teams 会議の拡張機能で、多数のオンライン ユーザーにストリーミングするイベントをスケジュールして生成することができます。, Teams を使用して、ライブ イベントを生成します。イベントを作成し、発表者とパネリストを招待して、自分のデバイスで参加してもらうことが簡単にできます。, Microsoft Stream で外付けのハードウェアまたはソフトウェア エンコーダーを使用して、ライブ イベントを生成します。 RTMP サービスへのストリーミングをサポートしている製作用セットアップ (メディア ミキサーなど) がすでにある場合は、この方法を使用します。 通常、この方法は、メディア ミキサーのストリームを対象ユーザーに送信する、市役所などでのホールイベントで使用されます。, 通常、大規模なライブ ストリーミング イベントでは、複数のユーザー (イベント グループ) がイベントの成功のために舞台裏で作業しています。, イベントのスケジュールを設定して、イベントの出席者と、イベントを管理するイベント グループの適切なアクセス許可が設定されていることを確認します。, ホストとしてライブ イベント ストリームを制御して、参加者に優れた視聴体験を提供します。, ライブ イベントでオーディオ、ビデオ、画面を表示したり、Q&A をモデレートします。, 注: 発表者は、オーディオ、ビデオ、画面 (デスクトップやウィンドウ) のみを、Teams で生成されたライブ イベントに共有できます。, 視聴者です。 DVR コントロール (匿名または認証) を使用して、イベントをライブまたはオンデマンドで視聴します。 Q&A に参加できます。, ライブ イベントを作成するには、次のものが必要です。 詳細は IT 管理者にお問い合わせください。, Office 365 Enterprise E1、E3、E5 ライセンス、または Office 365 A3、A5 ライセンス。, Microsoft Teams 管理センターでライブ イベントを作成するためのアクセス許可。, Microsoft Stream (外部ブロードキャスト アプリまたはデバイスを使用して作成されたイベント) でライブ イベントを作成するためのアクセス許可。, プライベート会議のスケジュール設定、画面共有、IP ビデオ共有が Teams 会議ポリシーで有効になっている。, イベントがパブリックの場合は、ログインしなくてもリンクを持つすべてのユーザーが参加できます。, 出席が組織または特定の人やグループに制限されている場合、参加者はログインして参加する必要があります。, イベントが Teams で生成される場合は、Teams を含むライセンスが必要です。 外部で生成されている場合は、Microsoft Stream のライセンスも必要です。, 注: ライブ イベントを見るには、出席者はブラウザーでサード パーティの Cookie を有効にする必要があります。, サポートされるオペレーティング システム: Windows 7 以降 (32 ビット版と 64 ビット版)、macOS X 10.10 以降, サポートされるモバイル オペレーティング システム: Android 4.4 以降、iOS 10 以降, サポートされている Web ブラウザー Chrome (直近の 3 バージョン)、Microsoft Edge RS2 以降、Firefox (直近の 3 バージョン)、Internet Explorer 11、Safari, 注: Microsoft Teams では、2020年11月30日からの Internet Explorer 11 はサポートされません。 詳細はこちらをご覧ください。 Internet Explorer 11 はサポートされているブラウザーにとどまりますのでご注意ください。 Internet Explorer 11 は Windows オペレーティングシステムのコンポーネントであり、インストールされている製品の ライフサイクルポリシー に従います。, Teams、Skype ミーティング システム、Surface Hub は、ライブ イベントの発表者のみをサポートします。, Windows 10 S の Teams は発表者やプロデューサーをサポートしていません。, IT 管理者が組織に対して Microsoft Teams ライブ イベント機能を有効にすると、ユーザーはその機能の使用を開始できるようになります。, 注: