文法的解説は少し難しいですが、重要のポイントは「ご承諾くださいましてありがとうございます」は尊敬表現であることです。 よって、「了承いたしました」と他の謙譲語と併用するよりも、「了承しました」とした方が自然でスッキリとした日本語となります。 3.私は忙しくて買い物に行けなかったのでーーーーー。 また、ビジネスシーンで使われる法律用語として「申し込みに応じて契約を成立させる意思表示」を意味します。 「ご了承いただき」とは、「事情をくんでご納得・ご承知いただき」の意味をもつ敬語です。, 「了承」とは、"よくわかる"という意味をもつ「了」と"相手の意向を受け入れる"という意味をもつ「承」から成り立つ熟語で、"事情をくんで納得すること、承知すること"の意味があります。, 「了承」に、謙譲語表現である「ご~いただき」を付けることでへり下った言い回しに変わり、「了承する」の謙譲語になっています。, ビジネスでは交渉などをして相手に折れてもらったときなどに、感謝の言葉を述べる場合などによく使われる言い回しです。, 「ご了承いただき〜」は相手を立てる謙譲語表現なので、上司や目上の人に対しても使える言い回しです。, 「ご了承いただき」は相手に了承をお願いしたいときや了承してもらったときなどに使う表現ですが、上司や目上の人に対して使う場合には失礼な言い回しになっていないかが気になります。, 「ご了承いただき」の場合は、「もらう」の謙譲語である「いただく」が含まれているので、命令形の表現を使うことなく、相手に了承してもらえるようお願いできますよ。, 「ご了承いただき」とよく比較される類語の一つに「ご了承ください。」がありますが、目上の人に対しては使えない言い回しです。, 「くれる」の尊敬語ですが命令形なので、目上の人や上司に対して使ってしまうと失礼に当たってしまうことがあります。, 使い方としては、特定の人よりも不特定多数のお客様などの相手に対して使うことが多い言い回しです。, 例文としては、「審査の結果お断りする可能性もありますのでご了承ください」などのように、たくさんの相手に対して同じことを伝えたい場合に使われています。, 目上の人に使える「ご了承いただく」ですが、語尾を変化させることで様々なシーンで使える敬語になります。, 「ご了承いただき、」をかみ砕いて表現すると、「こちらの申し出に対して納得してご承知くださり」の意味にになります。, 相手がこちらの都合や依頼に対して納得してくれたことに対して何かを述べる場合に使われるため、基本的には「ありがとうございます」や「感謝します」などの感謝の言葉とあわせて使うことで成り立ちますよ。, 「ご了承いただき、」の使い方は、例文のように後ろに感謝の言葉が続くことが多いのでそう難しい言い回しではありません。, 一つ目の例文の「ご了承いただき、誠にありがとうございます」を基本として覚えておけば、状況や相手によって少しずつ言い回しを変化させるだけでスムーズに使える敬語表現です。, ビジネスで相手に折れてもらうことや何かを承諾してもらうシーンは少なからず出てきます。そのようなシーンを円滑に進めるためにも覚えておくといいでしょう。, 【「例文」で使われている敬語】 「ご〜いただく」「ご〜賜る」とセットで謙譲表現となります。 →鈴木さんはクリスに英語を教えてもらいました。, ・先生は子供達にサッカーを教えます。 ちなみに「ご承諾の上〜」の「上」は「ご承諾のうえ〜」と平仮名にするのが正しい表記です。 よって、「ご承諾申し上げます」と使用することによって、目上の人に敬意を払いながら丁寧に「わかりました」ということを伝えることができるということです。, 相手の申し入れを断るというときの、丁寧なフレーズは「ご承諾いたしかねます」です。 取引先の人や目上の人に、無理なことをお願いされたという場合に使用します。

そして、接頭語「ご」は使い方によって、これら3種類のどれにでもなりえます。



N4文法, げんき, みんなの日本語, ・クリスは鈴木さんに英語を教えました。 日本人が本当の意味で英語習得をするための「新発見」が隠れた一冊です。, 授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。 で成り立っています。 「くれる」の敬語表現は、「もらう」「あげる」などの授受動詞の敬語と混同しやすいため注意が必要なことから、敬語一覧を使って謙譲語がない理由を解説するほか、ビジネスメールや電話で使える「くれる」の敬語の正しい使い方を紹介しています。 2020/5/2 →英語を勉強したかったのでショーンさんに教えてもらいました。, 1.道がわからなかったので、知らない人にーーーーー。 ・「感謝申し上げます」の正しい使い方|上司など目上の人には使えるの?, 「ご了承いただき」に希望を表す助動詞「たい」の連用形である「たく」が付いていることで、「事情をくんで納得・承知をしてもらいたい」という内容を尊敬語表現で表しています。, 後ろに続くお願いする言葉と合わせることで、納得・承知をしてもらいたいというこちらの願望を尊敬語で表しながらお願いもできる表現です。ビジネスメールなどでよく使われる例文を見ていきましょう。, 上3つの例文のような「ご了承いただきたく、」の使い方で基本となるのは、「ご了承いただきたく、お願いいたします」という言い回しです。, 相手に「了承」してもらうことを尊敬語で表現しつつ、「お願いする」ことは謙譲語で表しているので、相手を立てながらへりくだった言い回しになっています。, 目上の人や上司に対しても使える表現で、何とか相手に了承してもらいたいときに使える表現です。最後の「ご了承いただきたく存じます」という言い回しは、強い願望を表しています。, 敬語ではあるものの少し強めの言い回しなので、社内での使用など使う相手が限られている言い回しといえるでしょう。, 【「例文」で使われている敬語】

4.レストランの予約をしたいけど番号がわからないの。だからーーーーー? →私は英語ができないので、ジョンさんが英語を書いてくれました。, 1.仕事が終わらないので上司がーーーーー。 私は頼んでいないのに相手がやってくれた時に使う。, ・父が私に誕生日プレゼントを買いました。 他にも、「承諾することが叶いません」などの断りのフレーズがあります。, 「ご承諾ください」はこちらの意見や要望を受け入れてほしいときに使う依頼表現です。 3.これは契約書です。ここにサインをーーーーー。 4.大雨が降っていたので父にーーーーーー。 e.g. 「ご承諾の旨を添えてご返信ください」とすると「承諾の可否を答えた上で返信してください」という意味です。, 「ご快諾」は「ご承諾」の同義語です。 (window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink"); 5.鈴木さんは佐藤さんにーーーーー。, 私は英語ができないのでーーーーー。 しかし、「ご」は尊敬語の意味しかないと思っている人が多いので(自分の行為に対して「ご」を使うと不自然だと感じる人が多いので)、「承諾いたしました」が無難かもしれません。 敬語には、尊敬語(目上の人の行為をうやまう)・謙譲語(目上の人に対する自分の行為をへりくだる)・丁寧語(単に物事を丁寧に述べる)の3種類があります。 「申し上げます」は「言う」の謙譲語「申し上げる」+丁寧語「ます」で成り立っています。 d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))}) ・「先方」の正しい使い方とは?いつどんなタイミングで使えばいいのか?, 「ご了承いただき」の類語の一つである「ご承認いただき、」は、「頼まれたことや依頼されたことに対して客観的に正しいと認める」場合に使われます。, 「了承」は「相手が理解して承知する」と相手の理解をもとにする言葉です。「承認」は、審査や決済などの手続きが滞りなく進んだような場合に使われます。, どちらも認める・承知すると何か意味がある言い回しですが、客観的な基準によって認めるのか相手の理解をもとにしているのかの違いがあり、使われるシーンが異なります。, 「ご了承いただき」の類語である「ご理解いただき、」は相手に理解してもらったときに感謝の言葉等と一緒に使う言い回しです。, 「ご了承いただき、」とは「相手に理解してもらう」という点では共通していますが、「ご了承いただき、」の方がやや丁寧な言い回しです。, 社内で使う場合や単に説明をし、理解してもらった場合であれば「ご理解いただき、」でも問題ありません。ただし、お詫びを伴うような場合はより丁寧な言い回しである「ご了承いただき、」を使う方いいでしょう。, 「ご了承いただき」の類語「ご了解いただき、」に含まれている「了解」とは、「意味や内容をはっきり理解すること」「納得し、了承すること」などの意味がある言葉です。, 意味はほとんど「了承」と同じですが、ビジネスにおいては敬意が含まれていない言葉と考えている年代の人もいます。, ただし、「了解しました」というメールなどの文章に対する「ご了解いただきありがとうございます」という返答は特に問題ありません。, 「ご了承いただき」の類語である「ご容赦いただき、」は「ミスや手落ちを許していただき」「質問をこれ以上は控えていただき」などの意味を持つ敬語表現。, 「容赦」とは「聞き入れる・許す」という意味をもつ「容」と、「罪や過ちを許す」という意味をもつ「赦」で成り立つ熟語です。, 「相手のいうことを聞き入れる」という意味では「了承」と共通していますが、「容赦」には「許してもらいたい」という意味があるります。そのため、「ご容赦いただき、」の使い方はこちらにミスや過失があるシーンに適しているといえるでしょう。, 【「例文」で使われている敬語】 英語を勉強したかったのでショーンさんにーーーーー。 「了承」は厳密には謙譲語ではありませんが、「承」という漢字を含みますので、謙譲語的なニュアンスを伴います。 「ご承諾」「ご快諾 」は言い換えても基本的には問題ありません。 「相手の申し出を引き受ける」という意味では基本的に同じことを指します。法律でも使われる用語であることを覚えておきましょう。, 「ご承諾」には、敬語の接頭語「ご」が付いています。

「了承」と「承諾」の違いは、「了承」には「認める」「許可を出す」という意味合いが含まれる点です。 「いたしかねます」は、「いたし兼ねる」という意味で「~することができない」という意味の謙譲語になります。 「くださいまして」=「くれる」の尊敬語「くださる」の連用形「くださり」の音便形「ください」+ 助動詞「ます」の連用形「まし」+ 接続助詞「て」 あげる・くれる・もらうの関係・あげる(内→外、外→外)・くれる(外→内)・もらう(全方向ok)「〜てあげる」意味:私が誰かに何かをしてあげるとき、他の人→他の人も使える。 ... 【みんなの日本語】33課 … ・「申し訳ございませんでした」の使い方|目上の人に使える丁寧な例文まで解説, 「ご了承いただき」の類語の一つ、「お含みおきください」には、「事情をよく理解して心にとめておいて欲しい」という意味の敬語表現です。, 「ご了承いただき」が謙譲語表現であるのに対して、「お含みおきください」は尊敬語である点が大きな違いです。, 取引先や上司、目上の人に対しても問題ない使い方で、「ご了承いただき」よりやわらかい表現方法といえるでしょう。, 英語での「ご了承いただき」は、元々の日本語が何を意味するのかによって適している単語が異なります。, 比較的シーンを選ばず使いやすい英語表現は、「理解する」という意味がある「understand」といえるでしょう。, ただし、ビジネスでの会議などで「同意する」の意味を伝えたい場合は「agree」や「agreement」などを使う方が適していて、シーンごとに違う言葉を選ぶことをおすすめします。, 「ご了承いただき」などの敬語表現は、ビジネスを円滑に進めていくために大切なツールの一つです。, スマートに使いこなせるかどうかで、周りのビジネスマンと大きく差を付けていけるでしょう。, 「ご了承いただき」以外の敬語やマナーなどもこの機会にマスターして、ビジネスでもプライベートでもよりよい生活を送っていきましょう。.