製造番号17万番台の極めて初期のものからすでにAi-S ... Nikon Lens Series E 70-210mm F4 (1982年3月発売) - 9群13枚。最短撮影距離1.5(マクロ機構使用時0.56) m。 ... AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6… フィルムに時刻を映し込むデータバックには手巻き式のアナログ時計と日付カウンターが装備されており、手書きによるデータも映し込むことが出来る。 こんばんは。コウです。 表題の事は他のいろんなブログとかでも書かれている事ですが 初めて聞く方もいると思いますのでお伝えします。 先日にニコンの事を書きましたが キヤノンのレ... 【2020年保存版】カメラ転売(ebay&国内)で本当に仕入れられる17のおすすめ仕入先一覧!その他お得情報も!, 【保存版】カメラ 転売(せどり&ebay)で稼げる回転の速い商品5選と仕入のコツを公開, 【ebay カメラ 仕入生実践 】Mamiya M645 1000s +80mm +Screen 2枚 利益約 17,000円 (2018.9.22 16:15現在), 【ebay カメラ 低額商品・生仕入れ】レンズキャップも利益取れますよ。Pentax Lens Cap 利益2,000円~。(2018.9.18 15:30時現在). 40歳で起業。ebayカメラ 海外輸出で世界にチャレンジ All Rights Reserved. そのため、フィルム室内の一部が切り抜かれており遮光板が入っている点が他のF2と異なる。また製品番号の上にDATAの文字が刻まれる。, ニコンFの時点で実現されていたTTLファインダーの実装は前提とされ、その電源はボディ本体に設けられた電池室から銀電池SR44×2またはアルカリ電池LR44×2により行なわれることとなり、ニコンF用に比べ小型化されたフォトミックファインダーが用意された。, 露出計内蔵ファインダーは測光素子の寿命が尽きているものが多いものの、ボディー本体には消耗的な電子部品による寿命の制約がなく、また構造に無理がなく各部品が頑強なため、今でもメーカーの補修用部品在庫の範囲で修理が可能。またパーツを生産しオーバーホールする修理専門店が比較的多くある。シャッター耐久性能は公称値15万回、社内規格としては実に20万回という数値を設定して企画されたが、高速側のシャッター速度は使用過程で誤差が生じる場合が多いことが1971年12月号のアサヒカメラニューフェース診断室で確認されており、適宜調整は必要である。, ボディーの銘板を外せばニコンFにも使用でき、またニコンF用ファインダーはそのままにニコンF2にも使用できる。, F一桁として初めて電子制御式シャッター・絞り優先AEを搭載。20年の長期にわたって販売されたモデルである。発売当初のキャッチコピーは「Super Nikon」。ニコンではニコマートELにおいて初の電子制御式シャッターとしてコパル製の縦走りシャッター「コパルスクエアSE」を採用したが、ニコンF3では自社設計による横走りシャッターを採用している。シャッター幕はチタンで、開口時間はクォーツを基準として制御されるが、本機の基本動作はFRE(金属薄膜抵抗体;巻き戻しクランク部に位置する)などを用いたアナログ電子式である。マニュアルで使用可能なシャッター速度は8秒~1/2000秒(中間シャッター速度は選択不可)、スピードライトはX(1/80秒)以下のシャッター速度で同調する。ニコンFやニコンF2と同様ファインダーの交換が可能である。ファインダーに測光機構を持つニコンFフォトミック、ニコンF2フォトミックと異なり、測光機構はボディ内部にある。メインミラーに穿設された約5万個のピンホールを通過し、サブミラーを反射してミラーボックス下部のSPDに光を導く方式で、この「ボディ測光」によりニコンF3はすべてのファインダーでTTL測光ができる。同一のSPDがスピードライトTTL調光用素子を兼ねる。ハーフミラーでなくピンホールミラーなので円偏光フィルターだけではなく通常の(直線)偏光フィルターも使用できる。測光方式は中央部重点測光だが中央重点度が高く、スポット測光的に近い。使用電池は、銀電池SR44 ×2、またはアルカリ電池LR44×2、もしくはリチウム電池CR-1/3N。, 緊急用として約1/60秒とT(タイム)の機械式シャッターも用意されており、電池が切れても一応は撮影が可能である。, TTL自動調光も本機専用のスピードライトで可能となった。クリップオン式スピードライトはニコンF2と同様に巻戻しクランクの直上部に装着する方式。ただしニコンF3独自規格で、ニコンF2に使用できたスピードライトや一般のJIS規格クリップオン式スピードライトはそのままでは使えずガンカプラーが必要である。またスピードライトやガンカプラーは、裏蓋開放機能を兼ねるフィルム巻き戻しクランクに被せる形で装着するので、フィルム交換のたびにスピードライトを取り外す必要があった。スピードライトを巻き戻しクランクから前方にオフセット装着することによりこの問題点を解決したガンカプラーAS-7が用意されているが、独自規格シューによるスピードライトでないとTTL自動調光に対応しない、前方へオフセット装着することから重心が移動する、外部測光時接写時の微妙な撮影距離の計算に修正が必要等の欠点が伴う。報道用のニコンF3Pはペンタプリズム部にホットシューを装備し汎用品のスピードライトが使用可能となり、フィルム装填時のスピードライト脱着を不要としている。ただしこの接点ではTTL自動調光はできない。, デザイナーには自動車デザインなどで著名なイタリアのジョルジェット・ジウジアーロを起用。モータードライブと本体が一体で設計・デザインされた。右手で保持する部分に盛り上がった手がかり(グリップ)を設け、さらに赤いライン[注釈 8]を入れるなど、従来のニコン一眼レフカメラとは一線を画したモダンな外観となっている。グリップ部の表皮は発売当初メルセデス・ベンツのステアリングに採用されていた柔らかい素材が張られていたが、途中からゴム素材に変更されている。, ファインダー内部表示は、液晶表示装置(シャッター速度などをデジタル表示)・レンズの絞り環を直読する絞り値表示・スピードライトのチャージなどを示すレディライト(赤色LED)の3つである。ファインダー取り付け部の赤色ボタンを押下すると内蔵されたランプが点灯し、液晶表示と絞り値表示を照明する。, 後継のニコンF4が発売されても並行して製造が続き、ニコンF5が発売されて以降も製造され、F一桁シリーズでは最長の20年に渡って製造された。そのため短期間だがニコンF3・ニコンF4・ニコンF5が並行して販売されていた時期があり、3機種が同時に掲載されたカタログも存在する。しかし採用されている電子部品の調達が困難になったこと、その部品の性能試験装置のメンテナンスがこれまた部品の枯渇により不可能になることなどから2000年(平成12年)に製造を終了した。, 中央重点式TTL露出計がボディーに内蔵され、どのファインダーでもAE撮影が可能であるため、フォトミックファインダーはラインナップされなかった。ニコンF2との互換性はない。, ニコンF一桁シリーズ初の本格的オートフォーカス機構[注釈 9]を搭載したカメラで、予測駆動フォーカスも可能となっている。ボディデザインはジョルジェット・ジウジアーロ。基本操作はニコンF3以前のマニュアル機の感覚そのままに使えるよう配慮されている。F一桁で初めて外装にエンジニアリングプラスチックを採用。ニコンFAで世界で初めて採用された多分割測光(マルチパターン測光)機能を搭載、改造Aiを除くAiニッコール/Ai-Sニッコールでマルチパターン測光が可能な唯一のF一桁機であった[注釈 10]。F一桁機として初めて縦走りシャッターを採用し、使用可能なシャッター速度は8秒~1/8000秒、スピードライトは1/250秒以下のシャッター速度で同調する。フィルム巻き上げ機構が自動化されていること[注釈 11]、明るくピント合わせがしやすいファインダー、マニュアルフォーカスレンズでマルチパターン測光が可能であること、シャッター速度が速く後のモデルにも見劣りしないこと、F一桁機で初めてペンタプリズム頂部にホットシューを標準装備しクリップオン式スピードライトの使用が容易になったことなどによりマニュアルフォーカス使用時の操作性はニコンF5以上であると言われ「(オートフォーカスも使用できる)最高のマニュアルフォーカス機」として今日でも愛用する人が多い。NASAのスペースシャトルにも船内活動用として採用されている。, 細かな弱点としては、オートフォーカス機構組み込みのためかシャッターのタイムラグがニコンF3以前よりわずかに長く、報道(特にスポーツ報道)関係者の中には違和感を覚える例もあった。, バリエーションモデルは以下の3モデルがある。交換可能なバッテリーパックの違いによるもので、本体は同一である。, 1996年(平成8年)10月発売。ニコンで初めて多点測距[注釈 12]のオートフォーカスが採用されるとともに色情報と被写体までの距離を計算に含めて測光する「3D-RGBマルチパターン測光」が採用され測光精度の向上が図られた。F一桁機で初めて露出調整などの操作がコマンドダイヤル式になり、軍艦部に液晶表示部を備えたのも特徴。, 3D-RGBマルチパターン測光が使用できるレンズは、DタイプレンズとGタイプレンズのみで、Ai、Ai-s、Ai-P、改造Ai、DとG以外のオートフォーカスレンズを装着した場合には機能しない。レンズがCPUレンズの場合はRGBマルチパターン測光として機能し、それ以外は中央部重点測光として機能する。コマンドダイヤル式のためオートフォーカスレンズ使用時には1/2段や1/3段の露出調節が簡単確実にできるようになった。 ニコンF4と違いデフォルトでは非Aiレンズを装着することはできないが、メーカーがAi爪可倒化改造を受け付けており、改造を施すことにより非Aiレンズをマウントし、絞込み測光にて撮影できる。, 他の機種ではオプションであることが多いバッテリーパックをボディと完全に一体化し、さらにモーターを効率よく配置するなどして最高8コマ/秒の連続撮影が可能となっている。電池が消耗してもフィルムの巻き戻しができるよう手動巻き戻しクランクも併設されている。, 同時期のニコンF100とカタログ上のスペックが変わらないことから価格差に疑問を持つユーザーも多かったが、シャッターモニター機能を搭載しておりシャッターが切られる度に速度を測って誤差を修正する機能が付いている等スペックに現れない部分への配慮や強化はされている。また、シャッター耐久はニコンF4の10万回から15万回へと引き上げられた。コマ送りをニコンF100のように電気的に送るのではなく機械的に送り、非常に高い精度を確保していることもニコンF5の強みといえる。, NASAのスペースシャトル計画でも船内・船外で使用されている。1999年にはスペースシャトルディスカバリーに潤滑剤以外ほぼ市販品そのままのニコンF5が、2001年にはコダックによりデジタルカメラ仕様に改造されたニコンF5本体とニッコールレンズなどが搭載された。, マニュアルフォーカスの性能はニコンF4と同等とされていたが、実際にはファインダー倍率がやや低い。これをユーザー側から指摘されたため、ニコンがカタログ表記のスペックを改めるという一幕もあった。, 1999年(平成11年)デジタル一眼レフカメラ「ニコンD1」シリーズが発売されると報道関連での主力は急速にデジタルへと移行し、2006年(平成18年)をもって生産が終了した。, 2004年(平成16年)発売。それまでF一桁モデルを愛用していた報道をはじめとするプロカメラマンの多くがデジタル一眼レフへと移行したことによりその登場が危ぶまれていた。フィルムカメラとしてのあらゆる性能を追求したモデル。 2020年(令和2年)販売終了[1]。35mmフィルムを用いるニコンのカメラでは最後まで販売されていた機種である。また、2000年(平成12年)から2018年(平成30年)まで発売されていたキヤノンのEOS-1Vが唯一のライバルであり、お互いに貴重な名機と見る向きもある。, 背面に大型液晶ディスプレイを配置することで各種設定がやりやすくなるよう配慮。従来モデルでは別売だったデータバックも標準装備となった。さらに「ニコンF100と同じサイズのF一桁機をつくる」とのコンセプトにより、ニコンF5では一体型だったバッテリーパックを分離。大型バッテリーパックなしの状態ではニコンF5よりはるかに軽量になっている。用途により交換可能な分離式ファインダーは廃止されたものの、固定式ファインダーとなったことで更なる防塵・防滴性能の向上が図られている。その一方で手動巻き戻しクランクは残されており、カメラに非常事態が生じた場合にも、撮影済みのフィルムについては手動で巻き戻して取り出せる。, オートフォーカス測距点は11点。焦点距離と開放F値を入力・設定することによりマニュアルフォーカスレンズでもRGBマルチパターン測光が可能になっている。これはニコンF5で省略された機能の復活であり、マニュアルフォーカスレンズを多く持つユーザーには特に喜ばれた。, またニコンF6は操作音にこだわって開発されており、シャッター音はもちろん裏蓋の開閉音すら丁寧に解析し、ユーザーの操作に対する心地よさを追求している。, ニコン一眼レフカメラで最初の普及機(中級機)。低価格を実現するための工夫により、結果としてユニークな製品群となった。, このシリーズが企画された当初は、社外から購入できるユニット化されたシャッターはレンズシャッターしかなかった。しかしレンズシャッターを採用するとフォーカルプレーンシャッター用であるFマウントレンズも使用できなくなる。専用交換レンズを揃えるなら全てのレンズにシャッターを内蔵する必要があり、レンズの単価は高価になってしまう。そこでまずはレンズ交換を諦め、必要な時はレンズの前面に取り付けるコンバージョンレンズを併用することとして、ニコレックス35を発売した。後にフォーカルプレーンシャッターを採用してFマウント交換レンズに対応したニコレックスF、ズームレンズを固定装着したニコレックスズーム35などと展開していった。このシリーズでニコンは初めて最終組立まで社外に外注した。, OEM供給を試みたニコレックスシリーズの失敗をふまえて開発されたニコンFマウント廉価版一眼レフカメラ。ニコマートELの電子シャッター等ニコンFシリーズに先立って新しい機能を投入されることもあった。コパル製縦走りシャッター等汎用部品を使ってコストダウンしつつもニコン基準の品質を守るため開発製造はニコンで行われている。, 先進技術や評価の定まっていない新機能を中級機で採用し、その技術・機能が確立した上でフラッグシップ機に採用するというニコンのカメラ造りの伝統はニコマートシリーズに端を発する。, 機械式シャッターを備えたニコマートFT系と、電子シャッター・絞り優先AEを備えたニコマートEL系がある。ニコマートFT系はニコン一眼レフカメラで唯一レンズマウント周囲に設置されたリングでシャッター速度を調節する独特の操作方式を持つ。同様の方式は後のオリンパスOMシリーズも採用している。, 倒産したコンビニエンスストアチェーン「ニコマート」とは何の関係もなくスペルも違う。なお輸出モデルはニッコールマート(英: Nikkormat )という名前で販売された。, 縦走り機械制御式シャッターを積んだマニュアル露出・マニュアルフォーカスのシリーズ。1970年代半ば各社の一眼レフカメラは小型化が流行となっており、ニコンFMシリーズ各モデルはそれに対応した製品と言える。ニコマートFTシリーズの後継機と言えるが、さらにコンパクトになり、取り回しの良いバランスのとれたサイズである。F一桁機に比べ小型で安価だが、精度と耐久性が高く、プロカメラマンが使用する例も多かった。姉妹機種として電子シャッターや絞り優先AEを搭載したニコンFEシリーズがあるが、2001年(平成13年)に発売されたニコンFM3Aで両シリーズは統合された。2013年(平成25年)に発売されたデジタルカメラニコンDfに、本シリーズのデザインモチーフが継承されている。, ニコンFMシリーズの姉妹シリーズであり、ニコマートELシリーズの後継シリーズ。ニコンFMシリーズの機械制御式シャッターとLED3灯による露出計表示に対して、電子制御式シャッターと追針式表示を採用。絞り優先AEが使用できる。, ニコンFM/ニコンFEシリーズより下位のエントリーモデルとして開発された。ニコン一眼レフカメラではもっとも小さいボディを持ち、初めてエンジニアリングプラスチックをボディに本格的に用いたシリーズでもある。, シリーズ第一弾のニコンEMはエントリーモデルとして割り切った仕様としたが、発表当時の日本市場であまり受け入れられなかった反省から、続くニコンFGではフルスペック化が行われた。ただし絞り値直読窓を持たないなどあくまでニコンFM/ニコンFEシリーズの弟分という位置づけになっているが、とはいえ小刻み巻き上げが可能など一部ニコンFM/ニコンFEシリーズを上回るスペックを持つ。, コシナの機体をベースにモディファイした、ニコンブランド・コシナ生産というOEMによるマニュアル一眼レフカメラシリーズ。形式の記号は共通だが、ニコンが全体を設計したものではないため本質的に別シリーズであるので、ここでは仮に「コシナOEM版ニコンFM/FEシリーズ」と呼ぶ。使用電池は、酸化銀電池SR44 ×2またはアルカリ電池LR44 ×2、もしくはリチウム電池CR-1/3N。, 海外向け廉価モデルとして企画されたシリーズで、当初は海外向け販売のみだった。しかし一部業者が逆輸入販売したことで人気が盛り上がり、後に日本国内でもニコンの手で正規販売されるようになった。機械シャッター機と絞り優先AE電子シャッター機のラインナップがある。, ※当該の両コシナ機は、OEMにより他にも多くのブランドとモディファイ版(主な相違点はレンズマウント)がある。, オートフォーカスを前提とした中級~普及機シリーズ。ただしニコンの販売戦略の都合でニコンF-301、ニコンF-601Mの二機種のマニュアルフォーカスカメラを含む。フィルムのイージーローディング、巻上げ用モーターの内蔵、フィルム感度自動設定などはこのシリーズから導入された。, レンズ内の距離環の示す距離の絶対値を信号として発生するDタイプレンズに対応したオートフォーカス一眼レフカメラシリーズ。距離情報をオートフォーカスの高速化や、露出やスピードライト制御の高精度化に利用している。またキヤノンやミノルタと比較して遅れていたオートフォーカスセンサーのワイドエリア化、クロスタイプ化、そして多点測距化も導入された。, APSフォーマット用一眼レフカメラ。このシリーズのカメラはAiリングを持たないため、CPU内蔵ニッコールレンズ以降を使用する必要がある。また小さなイメージサークルにあわせて専用に設計されたIXニッコールも発売された。, もともとは「ニコン」はレンジファインダー機時代の、最初のカメラの製品名ないしそれに続くカメラ製品のブランド名であった。, ニコンSシリーズでは、中指で距離計ダイヤルを操作するため、シャッターボタンが背面寄りの方が操作性が良かった。, このユニットと組み合わせて絞りを動作させるためにAiレンズに搭載されたEE連動ガイドが、後に発売された, この赤いラインは、その後もニコンの一眼レフカメラのシンボルとして、現行のデジタル機にも形を変えて受け継がれている。, フィルム巻き上げ音の静音化のため、0.8コマ/秒の超低速でコマ送りをする巻き上げモードも用意されていた。, ニコンは公式には認めてはいないが、修理扱いで裏蓋を正常なものに交換することは可能。, http://www.nikon.co.jp/news/2009/0303_f-mount_01.htm, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ニコンの銀塩一眼レフカメラ製品一覧&oldid=80319992, ニコンFシステム(ニッコールレンズ、ファインダー、フラッシュユニット、顕微鏡写真装置、など).