最近よく見聞きする「4k」「8k」。キレイな画質でテレビが見られるということは何となくわかるけど、結局どうすれば見られるの? そこで今回は新4k8k衛星放送について最低限知っておきたいことと、見るために必要なものをご紹介します。 日本では4Kテレビが売れています。NHKの8K、スーパーハイビジョンのディスプレイもいろいろなところで展示されています。高精細なディスプレイの魅力は一目見れば分かります。いよいよ4K/8K実用放送が始まろうとしています。家電量販店などで販売されているテレビと4K/8K実用放送について紹介します。, 注目!!

11/14(土) 午前 7:00 - 午前 9:00.

BS8K . 大相撲(2020年) 11月場所 七日目 技の神髄 安治川親方 11/14(土) 午前7:00-午前9:00 配信期限 : 11/21(土) 午前9:00 まで

グレートトラバース3 日本三百名山全山人力踏破 番組概要. 11/10 【サービス休止のお知らせ】11月16日(月)午前1時~午前5時30分、nhkプラスのサービス(id ... nhkプラスをご利用いただけません. (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); AOMIです。当ブログの筆者"のほほん"が多忙なため、嫁の私がバトンタッチしました。今後も宜しくお願いします。プロフィール・・・海外放浪癖があり、レース観戦とアウトドアが趣味。OfficeよりADOBEソフトの方が得意な元デザイナー。飛行機が好きで成田・羽田に出没します。, TOKYO MX!本日2016年5月9日(月)20時30分から、ハイブリッドキャスト4K動画配信実験を開始, NeuLion(ニューリオン)よりiOS/Android対応の4K/60pでの転送可能な無料アプリが近日リリースへ, 11月25日発売のアイリスオーヤマの4Kテレビは、テレビ視聴に合った画質・音質に自動調整する, 初めての1台にしたい!4Kドローン「DJI Mini 2」軽くて操作がらくらく!!, 2020年11月発売の4K Ultra HD ブルーレイ『ドクター・ドリトル』や名作『スパルタカス』が登場!!, 「CEATEC 2020 ONLINE」ソニーブースは?映画・3D・VRの未来はこうなる!, 始まった! Amazon「プライムデー2020」4Kテレビの最安値と平均値を見てみよう!, 明日10/13 Amazon 年に一度の「プライムデー2020」開催 SALE品を事前にチェックしよう!, はじまった Amazonの「タイムセール祭り」気になる4Kテレビの価格は?最安値と平均値を見て見よう!. 8Kスーパーライブ THE YELLOW MONKEY. 最近よく見聞きする「4k」「8k」。キレイな画質でテレビが見られるということは何となくわかるけど、結局どうすれば見られるの? そこで今回は新4k8k衛星放送について最低限知っておきたいことと、見るために必要なものをご紹介します。 8Kテレビとは、いったいどのようなテレビなのでしょうか?この記事では、8Kテレビがどのようなものなのか?8K放送を見るためにはどのような手順を踏めばいいのか?といった点を紹介していきます。8Kテレビの必要性にも言及していますので、購入の際の参考にしてください。, 日本において、テレビというものが普及してから長い年月が経ちました。その間にも、白黒からカラーへ、ブラウン管から液晶へ、といったように、家庭用テレビは進化を続けています。, そんな家庭用テレビの「完成形」ともいわれているのが、近年話題になっている「8Kテレビ」なのです。, 近年では、テレビの分野において「4K」や、「8K」といった言葉を聞くことが増えてきましたが、そもそもこの「4K」「8K」というのはどういったものなのでしょうか?, 「K」というのは、「キロ」という画面の解像度を表す単位であり、要するに8Kテレビというのは、画面がとても鮮明で美しいテレビということです。, 解像度が低ければ、テレビの画面が大きくなればなるほど画面がぼやけてしまいますが、解像度が極めて高い8Kであれば、かなり大きなテレビでも綺麗な映像を楽しむことができます。, 世界で初めて家庭用8Kテレビを製品化したのは、日本発の大手家電メーカー「シャープ」でした。2017年12月1日にシャープから発売された「LC-70X500」は、7,680×4,320の画素数を誇り、世界中から注目を集めることとなります。, 当時はまだネット価格でも80万円前後というかなり高価なものでしたが、業務用として生産されていたモデルが数百万円していたことを考えると、かなりの企業努力があったことが伺えます。, 解像度の高い8Kテレビを使えば、もちろん通常の地上デジタル放送もとても綺麗に映ります。しかし、より8Kテレビのスペックを活かすことができるのが、「8K放送」という高解像度テレビ専用の放送なのです。, この8K放送は2016年から試験的に放送が行われ、現在はBS放送やCS放送においてチャンネルを順次拡大しています。もちろん8Kテレビの普及度合いにもよりますが、今後も8K放送のチャンネルが増えていくことが想定されるでしょう。, かつて、アナログ放送が終了し、地上デジタル放送に完全移行することになった際には、旧式のテレビのままでは放送が見られなくなるということもあり、ちょっとした混乱状態になっていました。, 8Kテレビの登場により、「またしてもテレビを買い替えないと、放送が見られなくなるのでは?」といった心配をされている方もいらっしゃるようですが、従来の地上デジタル放送等はそのまま視聴可能です。, 発売から少し時間が経ったことで、8Kテレビの価格も少しずつ安価になってきてはいます。しかし、それでも従来のフルハイビジョンテレビや4Kテレビに比べれば高価なのは言うまでもありません。, では、そのような8Kテレビには、いったいどのようなメリットがあるのでしょうか?ここでは、8Kテレビのメリットとなる部分をチェックしていきましょう。, 先にも少し触れましたが、8Kテレビのメリットは、何と言ってもその高い解像度です。4Kテレビですら、家庭用としてはかなり高いレベルの解像度となっていますが、8Kテレビはその4Kテレビの4倍もの画素数を誇ります。, 大型のテレビでより臨場感のある映像を楽しみたいという方にとっては、うってつけのテレビと言えるのではないでしょうか?, 8Kテレビはその高い解像度がメリットであると先述しましたが、残念ながらデメリットと言える部分も存在しています。, その多くは、まだ8Kテレビが発売されて間もないことや、普及率が低いことなどから生じるものですので、今後は徐々に改善されていくかもしれません。, 8Kテレビのデメリットの一つは、やはりその価格の高さにあると言えます。初めて発売された当初に比べれば安価なモデルも出てきていますが、まだまだ気軽に買える価格であるとは言い難いのが現状です。, この点は、今後の普及率や生産性の向上などによって、さらに価格が下がる可能性もあります。, 8Kテレビの高い解像度は、大画面で視聴してこそ、そのメリットを最大限に発揮できます。そのため、現在発売されているモデルは小さいサイズでも60インチです。, ご家庭によっては、これまでもそのくらいの大きさのテレビを使っていたという場合もあるのでしょうが、やはり家庭用としてはかなり大きいといえるのではないでしょうか?, そのため、部屋の大きさなどによっては、「購入したはいいが、設置場所に困る」といったことになってしまう可能性もあります。, もちろん8Kテレビで通常の放送を見ることも可能ですが、せっかく買うのであれば、やはりその性能を遺憾なく発揮できるコンテンツを利用したいところです。, しかし、先にも述べたような8K放送は、現在のところBSやCSにおいて数えるほどのチャンネル数しかありません。, 今後8Kテレビが普及していけば、コンテンツも充実していくことが想定されますが、まだまだ少ないのが現状です。, 8Kテレビのメリットとデメリットを紹介しましたが、現状ではどちらかといえばデメリットの方が多いように感じられるかもしれません。, 4Kでも映像はかなり綺麗ですし、値段やコンテンツの豊富さから見ても4Kテレビで十分だと考える人も少なくないでしょう。, しかし、それはあくまで今現在の話ですので、将来的には8Kテレビが主流となっていく可能性もあります。そういった部分を考慮したうえで、どちらがいいのか選ぶようにしましょう。, 8Kテレビを語るうえで、8K放送の存在は切っても切り離せない存在です。先にもこの8K放送について軽く触れましたが、いったいこの8K放送とはどのようなものなのでしょうか?, ここでは8K放送の特徴や、8Kテレビとの関係性などをもう少し深く掘り下げていきたいと思います。, 8K放送とは、現在地上波で一般的に放送されている「ハイビジョン放送」に比べて、より解像度が高い放送です。そのため、8Kテレビの持つスペックを最大限に活かすことができる放送であると言えるでしょう。, 現在のところ、完全なる8K専用放送というものはほとんど無く、あくまで「4K・8K放送」という形で、4Kとの共用です。今後8Kテレビの普及と共に、8K放送も増えていくと考えられます。, 4K放送や8K放送は、その電波帯域によって「右旋(右旋円偏波)」と「左旋(左旋円偏波)」の2つに大別されます。まずは「右旋」の特徴から見ていきましょう。, そのうち、右旋の放送では4K対応の放送がされており、「NHK BS4K」の他、「BS 日テレ4K」や「BS フジ4K」といった民放のBS放送があります。, 4K放送に対しての特別な視聴料などはかからず、NHKに関してはNHKの受信料のみで、それ以外の民放局に関しては無料で視聴可能です。, 「左旋」には、BSとCSの放送があります。その分、こちらの方が「右旋」に比べてチャンネル数が充実していますが、視聴契約が必要な有料のチャンネルが大半です。, 現在の所、8K専用の放送は、こちらの「左旋」にある「NHK BS8K」のみとなっています。そのため、8K放送に関してはNHKの受信料のみで視聴できるのが現状です。, 8K放送がどのような放送であるかを紹介しましたが、では、その8K放送を見るにはどのような準備が必要になってくるのでしょうか?, 8Kテレビさえあればいいのか?それ以外にも必要なものがあるのか?こういった違いによっても、かかる費用は変わってきますので、8K放送の視聴を考えている方は、事前にしっかりと確認しておくべきでしょう。, 8K放送を見るためには、もちろん8Kテレビが必要になります。8K放送や4K放送に対応したテレビかどうかは、決められたロゴマークがついているかどうかで判断できますので、これからテレビを購入する場合は事前にしっかりと確認しておきましょう。, また、8Kテレビでなく、4Kテレビでも、アンテナなどの設備を用意すれば8K放送を見ることはできますが、やはり8K放送の美しさを発揮させるには8Kテレビで見た方がいいです。, 8K放送にしても4K放送にしても、チャンネルは全てBSかCSです。そのため、BSやCSを見られる環境も必要になってきます。, アンテナ等の設置が必要となる場合もありますし、有料の契約をしなければ見られないチャンネルも多いので、現在そういった環境が整っているのかを確認しておきましょう。, また、左旋の放送を視聴するにあたっては、従来のアンテナが対応していないため、すでにBSやCSのアンテナがあっても買い替える必要があります。, 対応テレビやアンテナだけでは8K放送は見られません。これらに加えて、8K放送に対応したチューナーも用意する必要があります。, テレビのモデルによっては、このチューナーが既に内蔵されているものもありますが、そうでない場合には別途用意する必要がありますので注意してください。, 8Kテレビは他のテレビと比べてかなり高額な場合がほとんどです。そのため、8Kテレビを買う際にはしっかりと吟味して、後悔しないようにしましょう。, 人によって、テレビ購入の際に何を優先するかが変わってくると思います。ここでは、8Kテレビを選ぶ際に一つの指標となるような点を挙げていきますので、ぜひ参考にしてみてください。, テレビを選ぶ際、最も分かりやすい選考基準の一つにサイズがあります。とにかく大画面でテレビを見たいという人もいれば、価格や設置場所を考えて、そこまで大きくなくてもいいという人もいるでしょう。, ただし、先にも書いたように8Kテレビはそもそも大画面での視聴を前提にしたものですので、小さいサイズでも60インチ程になってしまいます。, 8Kテレビの画面種類には、「液晶タイプ」と、「有機ELタイプ」があります。「液晶タイプ」は8K以外のテレビで既に多く普及しており、視聴経験がある方も多いでしょう。, 「液晶タイプ」のメリットは消費電力が少なくて済む点ですが、場合によっては映像にムラが出てしまったりすることもあります。, 対して「有機ELタイプ」は、より綺麗な映像を楽しめる最先端技術で、薄くて軽いという点もメリットです。しかし、「液晶タイプ」に比べて電力の消費が大きく、テレビ自体の値段も高くなります。, 先に書いたように、8K放送を視聴するには8Kテレビのみでなく、8K放送に対応したチューナーも必要になってきます。, 別途チューナーを購入するという手もありますが、8K放送を見たいという場合には、チューナー内蔵型のテレビを購入した方がいいかもしれません。, もちろんその分価格は高くなってしまいますが、チューナーを別に買うよりは安く済む場合も多いです。, 家庭用8Kテレビが続々発売されていく中で、「8Kテレビは買わない方がいいのではないか?」とする否定的な意見もあります。, その背景には、現状ではまだ8K放送などのコンテンツが試験的な段階にあるという点が影響しているようです。将来的に8Kテレビや8K放送が普及していけばいいのですが、あまり流行らないままで終わってしまう可能性も捨てきれません。, それでは宝の持ち腐れになってしまうため、「買ってはいけない」という意見があるようです。, 巷では、8Kテレビは確かに映像が綺麗だが、4Kテレビと比べてそこまで違いがあるようにも思えないという意見もあります。, メリットのところで挙げたように、8Kテレビの最大の武器は、その画像の綺麗さです。しかし、一般のユーザーがそこまで高水準での画質の違いを必要とするのかという点は、確かに考える余地はあるのかもしれません。, 8Kテレビの購入を決めたとしても、買うタイミングというのは人それぞれ変わってくるのではないでしょうか?, 果たして今すぐ8Kテレビが必要なのか?もしくはもう少し時間を置いてから買うべきなのか?こういったタイミングの問題は、その人の購入動機に大きく影響されると思いますが、ここでは参考までに、8Kテレビを買うタイミングの例を紹介していきます。, 綺麗な映像で見たいものといえば、やはり2020年に開催が迫っている東京オリンピックでしょう。チケットの抽選から漏れてしまって、せめて家でも綺麗な映像で見たいと、テレビの新調を考えている方も少なくないはずです。, 実際、8Kテレビが家庭向けに発売されることとなった背景には、この東京オリンピックの存在も影響しているようですので、8Kテレビの購入にはもってこいのタイミングと言えるのではないでしょうか。, 基本的に、家電製品は発売から時間が経つにつれ、新しいモデルが発表されていき、価格は下がっていく傾向にあります。, 事実8Kテレビに関しても、発売された当初は100万円前後の値段が当たり前でしたが、発売から数年足らずでかなり価格は落ち着いてきました。, 今後、さらに買いやすい価格になっていくことも予想されますので、それから買うのも一つの手と言えるでしょう。, 8Kテレビを買っても、結局従来と同じ放送しか見られないのでは勿体ないと思い、購入を見送っている人も少なくないでしょう。, 2019年の段階では、8K放送は1チャンネルだけなので、8Kテレビの性能を十分に発揮できるコンテンツが増えてきたタイミングで購入するのもいいかもしれません。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51-O8Wj2IVL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07JFH9JC3?psc=1&SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=ranking-oh-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B07JFH9JC3"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, 家庭用8Kテレビのパイオニアであるシャープから発売された、世界初の8Kチューナー内蔵型テレビです。8Kテレビということで映像の綺麗さはもちろんのこと、高音質設計や使いやすさにも拘った点も評価されています。, サイズや性能の高さを考慮すれば、価格的にもリーズナブルであると言えるのではないでしょうか?, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/5190q7WetoL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B0784J4Y5M?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=ranking-oh-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B0784J4Y5M"}], この製品は発売が2017年ということで、8Kテレビとしては比較的旧式のモデルとなっています。, そのため、チューナーが非搭載、VODにも非対応と、機能面では先の「8T-C70AX1」には劣ると言えますが、なんと言ってもその分のコストパフォーマンスの良さが魅力的です。8Kテレビの入門編としていいかもしれません。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41AQe0naGgL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07JG3BFNM?psc=1&SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=ranking-oh-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B07JG3BFNM"}], この製品は、先に紹介した「AX型AQUOS」の、チューナー非搭載バージョンです。その分テレビ自体の価格は安くなっていますが、チューナーも合わせて購入するとなれば、あまり変わらなくなってきます。, 8Kテレビは購入したいが、8K放送などのコンテンツを利用するかどうか決めかねているような場合には、こちらの「AW型AQUOS」を購入するといいかもしれません。, ここまで8Kテレビについて紹介してきましたが、「ぜひ8Kテレビに買い換えたい」という方もいれば、「8Kテレビは不要」と思われた方もいらっしゃることでしょう。, 自分がテレビというものに対して、いったいどのようなものを求めているのか?そういった点をしっかり考慮したうえで、購入を検討するようにしましょう。, 【2020年最新情報】8Kテレビとは?8K放送を見るには?本当に必要?買い時はいつ?.