メタルギアオンライン3(mgo3)攻略wiki; 2015-10-22. msxの傑作『グラディウス2』のプランナーも務めた松井直樹である。松井のサポートを受けて企画は動きだし、そして4ヵ月後の1987年7月、メタルギアシリーズの原点となるmsx2版『メタルギア』が発売 … ・メタルギア破壊後、左に1画面進み、ラスボス『big boss』と戦闘。 しかし、ロケットランチャー4発で死亡という微妙な強さ… ・その後、1画面上へ行き、そこにある一番左のはしごを上ればゲームクリアです♪ ちなみにちょっとしたネタ。 サブウェポン(secondary weapons) メインウェポン(primary weapons) 2015-10-14. 仲間は銃殺?、それとも撲殺?度:★★★★ 1. 小ネタ・バグ; 2015-10-19. 「これは命令だ!MSXの電源を切れ!」 (TOM) 1. !」がなくなったほか、監視カメラに死角がある、フライングアーミーが飛行しないなど、難易度が下げられている。, 小島は、TGSの『MGS』発売前トークショーで「あれはやらないで下さい」と話し、ラジオでは「僕が携っていないFC版『メタルギア』は糞ですよ、糞」と発言している。, 北米向けに、NES版だけのオリジナルの続編『Snake's Revenge』が制作される。開発は日本で行われたが、こちらも小島は全く関与していない。その後に小島が書いた企画書をもとに、『メタルギア2 ソリッドスネーク』が制作される。, 『ザ・ツインスネークス』のGC同梱版に特典として、ファミコン版を完全移植したGC用ディスクとして復刻されている。なお、復刻版は単体発売はなく非売品となっている。, 企画当初の仮題は『INTRUDER』で、社内の企画コードは「N313」。これがそのままメタルギアのオペレーション名になった[8][9]。, 当初の企画では“バンバン敵を撃ちまくって進む”的なゲームを目指すものだったが、そもそもMSX2はゲーム機としての性能があまり高いものではなく、スプライト機能ひとつをとっても画面上に敵弾を多数表示できる性能ではないため、多数の処理を高速でこなさなくてはならないアクションゲームの開発はできなかった。しかしミリタリーアクションを作れと命じられていた監督の小島秀夫が、「戦闘シーンを作ることが困難なら、戦闘シーンを回避すること自体をゲームにすればいい」という逆転の発想をしたことで、「敵からひたすら逃げ回る」構想を経て「敵から隠れつつ進む」という画期的なシステムが誕生することになった。, 本作は様々な映画から影響を受けていることで知られている。第一に挙げられるのがジョン・カーペンター監督の『ニューヨーク1997』(1981年)で、スネークという主人公名を拝借したほか、主人公が単身テロリストの本拠へ潜入するという舞台設定など多くの類似があり、本作を訴えるようカーペンターに勧める者もあったが、カーペンターは小島と良好な交友関係があったため訴訟は見送られた。他にも、パッケージのスネークの立ち姿が『ターミネーター』(1984年)のカイル・リースに似ている、初期のビッグボスの顔がショーン・コネリーそのものである、などが挙げられる[10][11]。, ゲーム本『美食倶楽部バカゲー専科外伝 謎のゲーム魔境3』(2002年、キルタイムコミュニケーション)では個人的評価を70点(満100点)とした上で、「初代の時点では、内容が斬新すぎたのか、まだあんまり話題になってなかった」と指摘した他、ファミリーコンピュータ版よりもMSX版の方が完成度が高いと肯定的に評価した[15]。, ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計24点(満40点)[12]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は18.19点(満30点)[2]。, 若きスネークが活躍!「i-revo」で『MGS』シリーズの原点MSX版『メタルギア』が配信, コナミ、バーチャルコンソールでMSX版『メタルギア』と『イーガー皇帝の逆襲』を配信開始, 映画「ニューヨーク1997」の監督、似た設定を持つ『メタルギア』の小島監督を訴えなかった理由語る。「彼はいいやつだったから」, 『METAL GEAR SOLID』訴訟の可能性もあった ― ジョン・カーペンター監督が語る, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=メタルギア&oldid=79383252. メタルギア [msx版 初代] 攻略メモ 連絡周波数 120.85 操作方法 n パンチ m パンチ f1 ポーズ f2 武器選択 f3 装備選択(カーソル位置が選択状態。レーションのようなものはスペースで使用) f4 無線機 ビル1 1F トラックでレーション入手 重装クラス(enforcer) 2015-10-21. 6.

ボイスタイプ; 2015-10-27. よくある質問

操作方法; 2015-11-08.

Re:「これは命令だ!MSXの電源を切れ! 『メタルギア』(METAL GEAR、略称: MG)は、1987年7月13日に日本のコナミから発売されたMSX2用ステルスゲーム。同社の『メタルギアシリーズ』の第1作であり、小島秀夫の監督デビュー作である。, ソリッド・スネークのFOXHOUND隊員としての初陣となった事件「アウターヘブン蜂起」を描く。製作当時のアクションゲーム全般の傾向としては「装備や能力に物を言わせて、正面突破で敵を殲滅しながらゲームを進める」というものであったがこの作品は、なるべく戦闘を回避しながら敵から隠れながら進むのがテーマ。, 開発はコナミ開発3課が行い、ゲーム・デザインは小島秀夫、音楽はディスクシステム用ソフト『グリーンベレー』(1987年)を手掛けた水谷郁やディスクシステム用ソフト『ファルシオン』(1987年)を手掛けたたけのうちしげひろの他に、古川元亮が担当している。, 2004年に新アイテムや新モードが追加された携帯アプリ版がコナミネットDXで配信されている。2005年発売のPlayStation 2用ソフト『サブシスタンス』、2007年の『メタルギアソリッド3 20周年廉価版』の付録として、また2011年にPS3とXbox 360、2012年にPlayStation Vitaで発売された『HD エディション』に、MSX2版を元にした復刻版が収録されている。また、2004年発売のニンテンドーゲームキューブ用ソフト『ザ・ツインスネークス』の限定版(日本発売分のみ)にはファミコン移植版が添付されている。また、MSX版はi-revo(Windowsパソコン用)やWiiのバーチャルコンソールで配信されている。, 2008年、「ステルス要素を完全に取り入れた最初のビデオゲーム」として、ギネス世界記録「GAMER'S EDITION 2008」に認定された[1]。, 軍事要塞ビルに潜入し、アイテムを収集しながら進み、破壊目標であるメタルギアを目指す。マップ移動は1画面ごとの切り替え式。アイテムや無線通信による仲間からの情報を活用しながらゲームを進める。ライフが無くなるとゲームオーバー。, 主人公はアイテムをほとんど何も持たない状態でスタートし、アイテムや銃器などの武器も現地調達である。さらに、敵兵や監視カメラの視界に入ったり、発砲してその音を聞かれたりすると敵に発見され、その画面内にいる敵兵が襲い掛かかる上、場合によっては画面外から敵兵が次々と出現する。そのため、敵兵に見つからずに潜入し、戦闘を避けて進むことが重要な要素となる。, 敵兵は銃器で倒す以外にも、死角から敵兵に接近して殴打でも倒すことができ、特に銃器とサイレンサーを入手するまでは、殴打が事実上唯一の敵兵を倒す手段になる。また、殴打で倒すと敵兵がレーションや銃弾などのアイテムを落とすことがある(MSX版のみ)。敵兵の視界範囲は、敵兵が向いている方向の真正面のみであり、移動アルゴリズムも画面ごとに一定。, 本作のみのシステムとしてランクシステムが存在する。マップのどこかにいる捕虜と接触することにより階級が徐々に上昇していき、これに伴ってライフや所持銃弾の最大値が上昇していく。逆に捕虜を殺害すると低下する。最大レベルでないとジェニファーとの通信が行えず、ロケットランチャー、コンパスが入手できないほか、メタルギア破壊に必要な数の爆薬を持てない。最大レベルへの到達がクリアの必須条件である。, MSX版の標準のセーブ機能は、カセットテープへのセーブのみである。『コナミの新10倍カートリッジ』を併用すれば、フロッピーディスクへのセーブ(どこでもセーブ機能)が可能になる。ファミコン版はパスワード方式。, 1987年12月22日発売。FC(日本国外はNES)への移植は、FC専業チームによって開発され、小島秀夫は全く関与していない。潜入方法・敵の配置・マップがほとんどMSX版と異なり、タイトルにもなっている肝心のメタルギアは名前だけで、実際には登場しない(代わりに、メタルギアとアウターヘブンを管理するスーパーコンピュータと対峙することになる)。特に敵の配置は、マップが切り替わった瞬間必ず見つかってしまうという致命的なミスが数箇所にわたって発生しており、批判が強い。, 敵兵に見つかったときの「! 『メタルギア』( metal gear 、略称: mg)は、1987年 7月13日に日本のコナミから発売されたmsx2用ステルスゲーム。同社の『メタルギアシリーズ』の第1作であり、小島秀夫の監督デビュー作である。 , E‚P‰æ–ʉº‚֐i‚݁AƒJ[ƒh‚Q‚Å”à‚ðŠJ‚¯‚Ä•ß—¸‚ð‹~oB, E‚R‰æ–ʍ¶A‚R‰æ–ʉº‚ɐi‚݁A‰E‘¤‚É‚ ‚é”à‚ðƒJ[ƒh‚R‚Å‚ ‚¯A•ß—¸‚ð‹~o, E‚P‚e‚Ö–ß‚èAƒJ[ƒh‚V‚ðŽg‚Á‚č»”™’n‘тցB. 操作方法 (おにおん) 5. 基本は前作のMGOと同じだが新たな要素の追加もあったのでそれも含め書いていきます。, プライマリウェポンを構えているときはセカンダリウェポンに、セカンダリウェポンを構えているときはプライマリウェポンに切り替える。どちらも装備に加えているときのみ可能。, Lスティック+R2短押しで可能。敵をダウンさせられるが、未強化では一発ではスタンさせられない。そのまま追い討ち推奨。, 敵を尋問し、他の敵の居場所に仮マーカーを付ける。仲間も共有して見ることができるが、未強化ではバティとしか共有不可。, 潜入クラスでFULTON+3を装備時のみ可能。ダッシュパンチを敵に当てることでそのまま対象をフルトン回収できる。, L1を押しながら□で自チームや敵チームとのコミュニケーション専用メニューに切り替える。△でページを変更可能。, 入力の加減で速度を調節可。移動中にL3でダッシュ可能だが、レーダーにノイズが映る。, MAPを開きながら○でMAP上にマーカーを付ける。方向キー上下でマーカーの種類を変更可能。, 武器・携行品を選択・装備します。短押しで装備の着脱や選択、長押しで該当する装備の一覧を開き、Rスティックで選択。. 先日、ネットオークションにてmsxのメタルギア2 ソリッド・スネークを購入したのですが、説明書がないため操作方法が分かりません。なんとかある程度動かせましたが、ホフクするキーがどれなのか分かりません。どなたか是非教えてくださ 今も進化し続ける★★★★★ (真田昌之) 4. 続編もっと出して! (HOSHI) 3.