専門分野のない人が翻訳者になる方法について説明します。「英語が得意だから翻訳の仕事をしよう」と考える人が多いようです。現実は、翻訳者になるには英語の他に専門分野が必要です。でも、専門分野がない人でも翻訳者になる方法はあります。 さらに、実務翻訳では言葉のもつニュアンスや、微妙な意味の違いに敏感になり、読み手にわかりやすく、自然な日本語で表現することが求められる。 ニュージーランドとアメリカで留学・就職を経験。中学生・高校生・社会人に英語指導をしたあと翻訳者として独立。TOEICは、試験勉強を一切せずに一発で940点。

帰国後は、学習塾で英語と国語を教えながら勉強して翻訳者として独立。TOEICは、試験勉強をせずに初受験で940点。TOEICや受験のような試験でしか使えない英語力ではなく、実際の英会話で使える英語力を最短で身につける3ステップ勉強法を提唱。

ーマークの使用を認められた認定事業者です。, 通信講座/Step2 IT・コンピュータ 英日・日英コース修了, 通信講座/Step2 先端テクノロジー 英日コース修了, 通信講座/Step2 契約・法務 英日・日英コース修了, 通学講座、通信講座/Step2 ビジネス・経済 英日コース修了, 通信講座/Step2 社会・文化 英日・日英コース修了, 通学講座、通信講座/Step2 環境・自然科学 英日・日英コース修了, 通学講座、通信講座/Step2 医学・薬学 英日・日英コース修了.

⇒ 詳しいプロフィールはこちら.

医療翻訳の勉強を始めたけど、独学では厳しそうだから通信講座を受講したいという方も多いのではないでしょうか? 私自身も、医療翻訳の勉強を始めた当初は通信講座を受講しました。 今回は、仕事に直結しやすいという観点から、本当に・・・

All Rights Reserved.

日本最大手の翻訳会社のひとつ、メディア総合研究所が運営。翻訳家を育成するだけでなく、プロとして活躍できる場を用意している。上級講座にあたる「Step2」を成績優秀で修了すると、同社に翻訳者として登録が可能。多くの修了生が活躍している。, 所在地:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-14-4 SKビル千駄ヶ谷4F. 20代のときアルバイトで貯めたお金でニュージーランドにワーキングホリデー留学。帰国後、再びバイトでお金を貯めてアメリカのカレッジに留学し、現地のIT企業に就職。 Copyright(c) 2019 Trans Dynamic. このコンテンツは、10年以上の経験を持つプロ翻訳者であるアキラがネイティブの翻訳者と協力して、日常英会話で使う表現や勉強法をできるだけ分かりやすい言葉を使って説明するメディアです。, 中には「TOEIC 500点~700点くらいあれば翻訳の仕事ができる」と勘違いしている人や、そのように書いているウェブサイトもあります。, でも現実はそんなに甘くはなくて、その程度の英語力では翻訳の仕事はできないし、翻訳者になるには、英語とは別に専門分野が必要です。, 前置きは飛ばして読みたい場合は、「専門分野の知識がない場合はどうすればいいか?」から読み始めてください。, 「翻訳者になるにはどれくらいの英語力が必要か?」というのは、翻訳者を志す人なら誰でも気になることだと思います。, ネットで検索すると、「TOEIC 500点で大丈夫」と言う人もいれば「TOEIC 700点で大丈夫」という人もいます。, そもそも、TOEIC 500点や700点くらいの英語力で翻訳者になれるなら、翻訳の仕事が必要なくなってしまう。, 私が過去に翻訳を学んだ翻訳スクールでは、TOEIC 700点以上の英語力がなければ入学が許可されませんでした。, また、私が運営する翻訳講座では、TOEIC 600点以上の英語力がなければ講座に付いて行くのは難しいと思います。, そして、翻訳の勉強をしながら、実際に翻訳の仕事を始めるときにはTOEIC 900点を取れるくらいに英語力が伸びているのが理想です。, 翻訳の仕事にリスニングは必要ないので、リスニングのテストがあるTOEICを目安にするのは適切ではありませんが、あくまで目安としては、それくらいの英語力がほしいところです。, 多くの人は、英語が得意なら翻訳の仕事ができると考えがちですが、翻訳の仕事を続けていきたいと真剣に考えているなら、英語とは別に専門分野が必要です。, 「英語が専門分野じゃないの?」と思うかもしれませんが、プロ翻訳者になるなら英語はできて当たり前で、英語に加えて専門知識が必要です。, たとえば、私の場合は、IT、無線通信技術、半導体製造工程、3Dグラフィック、機械、特許明細書などの知識があるので、これらの分野の翻訳をすることができます。, 一方、専門知識がない場合は、継続的に仕事を受注することが難しいし、高い料金を取ることができません。, ですので、たまに翻訳の仕事をして小遣いを稼ぐ程度なら専門分野の知識がなくても大丈夫ですが、ガッチリ翻訳の仕事をしてお金を稼ぎたいなら、専門知識は必須であると言えます。, 実は私は、外国語大学で英語を専攻していたため、もともと専門分野を持っていませんでした。, 先ほど言った、IT、無線通信技術、半導体製造工程、3Dグラフィック、機械、特許明細書というのは、すべて翻訳の仕事をするために、大学を卒業してから独学したものです。, 翻訳の仕事をする上では、もともとメーカーで開発の仕事をしていたなど、実務経験があると有利です。, でも、実務経験がなくても、自分で勉強しても翻訳の仕事に必要な知識は身につけることはできます。, 「専門分野を選ぶと言っても、どのジャンルを選べばいいのかさっぱり分からない」ということもあると思います。, また、「間違いなく需要がある」と思って選んだものの、どうしても興味を持てなくて挫折することもあると思います。, 「10年後も存在していそうなジャンルなんて分からない」という場合は、複数の翻訳会社の取り扱い分野を調べてみて、どの翻訳会社でも取り扱っているジャンルで、あまりマニアックすぎないジャンルを選ぶのがいいと思います。, 「講座を受けるお金がもったいないから独学で勉強したい」という人もいると思いますが、独学ではプロ翻訳者になるのは難しいでしょう。, プロスポーツ選手、プロの音楽家など、どの分野でもプロとして仕事をするレベルまで達するには、独学ではムリがありますよね。, さて、翻訳講座には、IT翻訳講座や医療翻訳講座のようなジャンルに特化した講座と、翻訳入門のようにジャンルに特化しない講座がありますが、どちらでもいいと思います。, 翻訳講座で勉強しただけでITの専門知識が身につくほど、ITの知識って浅いでしょうか?, 専門分野の知識はそんなに浅くないので、いずれにしても自分で本を読んで勉強する必要があります。, ただし、今はまったく知識のない分野でも、基礎から勉強すれば翻訳の仕事ができるだけの知識を身につけることができます。, 実際に、私はすべて独学して、IT、無線通信技術、半導体製造工程、3Dグラフィック、機械などの分野で翻訳の仕事ができるようになったので間違いありません。, 専門分野の知識を持っていない人でも、以下の基準で専門分野を選んで勉強すれば、翻訳の仕事に必要な知識を身につけることができます。, 「専門知識がないから」とか「実務経験がないから」などの理由で諦める必要はありません。, 英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。, 株式会社トランス・ダイナミック代表取締役。原田メソッド認定パートナー。 MRI語学教育センターは大手翻訳会社(株)メディア総合研究所(mri)が運営する実務翻訳の専門校。1975年に開講して以来、通信講座を軸に英語翻訳者・校閲者を育成している。語学教育センターの翻訳講座を優秀な成績で修了した受講生はトライアルなしでmriの登録翻訳者として契約できる。 また、翻訳は未知の世界と出合うチャンスに満ちていると福田先生は語る。

「筆者の意図を正確に伝えるためには、緻密に英語の構文と向き合い、構文を100%理解してから訳し始めることが重要です。複雑な構文は、同じ構文を使った平易な例文を挙げて解説するなど、丁寧な指導を心がけています」

翻訳通信講座を選ぶときに失敗しないために、何を基準に選べばいいか8つのチェックポイントを紹介します。「どの講座を受ければいいか分からない」「申し込んだ後で後悔するのは嫌だな」と悩んでいるなら参考にしてください。

通信講座で英日翻訳の添削を担当する福田京子先生は、実務翻訳で最も大切な "英語の構文を正しく捉え、原文にできる限り忠実に訳す力" が身につくよう意識して指導を行う。

mri語学教育センターは、大手翻訳会社のメディア総合研究所が運営する、実務翻訳専門の翻訳学校です。 基礎からプロレベルまで、レベルや専門分野に応じた翻訳講座で学習が可能です。 現在は、翻訳事務所を運営しながら、英語学習者向けの情報配信、英会話教材の開発・販売、翻訳通信講座の運営を行っています。, 運営者:戸田あきら 「翻訳そのものは地道な個人作業ですが、翻訳を通して社会とつながり、翻訳の仕事に携わることで社会に貢献できます。今ある知識や技術をフル活用して、翻訳の世界に挑戦してください」, 実務翻訳者を目指す人の登竜門の講座。英→日・日→英の短文課題を通して、短期間で効率よく実務翻訳の基礎を習得。専門分野を絞る前段階として、翻訳の基礎固めを行う。, 実務翻訳(英→日)の基礎を自宅にいながら映像で学習できる講座。ベテラン講師が実務翻訳の土台となるポイントを体系的に解説。通信講座「基礎から学ぶ実務翻訳」との同時受講で理解度が深まる。, 「IT・コンピューター」「先端テクノロジー」「契約・法務」「ビジネス・経済」「社会・文化」「環境・自然科学」「工業技術」「医学・薬学」の8コースから1コースを選択し、英→日・日→英別に専門分野の翻訳技術を習得し、ブラッシュアップしていく。Step2の成績優秀者は翻訳者登録が可能。, 機械翻訳の導入が著しいIT・コンピューター分野におけるポストエディット(英→日)の技術を習得する。ポストエディターを目指す方、ポストエディットの技術を習得したい翻訳者向けの講座。希望者は、トライアル後にポストエディターとして登録が可能。. 「そのためには客観的な視点をもち、翻訳と同じくらい時間をかけて推敲することが必要です。多様なジャンルの文章を読むことを習慣にすると、自然な表現や文章のリズムなどが感覚的に身につき、自身の翻訳の不自然な点や矛盾点に気づきやすくなります」

THE JAPAN TIMES LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

翻訳学校の中からmri語学教育センターを選んだ理由は3つです。1.実務翻訳の専門校であること、2.大手翻訳会社が母体で翻訳者登録制度があること、3.講座がシンプルで選びやすかったこと。

英語学習コンサルタント、翻訳者、原田メソッド認定パートナー 本紙で紹介した専門スクール、大学・大学院や通信・オンライン講座への資料請求はこちら。, MRI語学教育センターは、大手翻訳会社・メディア総合研究所が運営する実務翻訳専門の翻訳学校だ。実際の依頼案件に近い教材を用い、翻訳者として現場で活躍する講師陣が指導にあたる。受講生の約9割を占める通信講座では、初級の「基礎から学ぶ実務翻訳講座」をはじめ、「IT・コンピューター」「ビジネス・経済」など8分野に分かれた中級・上級講座「Step1・2」を用意している。