EC2で建てたubuntu18.04にaws-cliをインストールするところまで。 By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away.

以前prometheusのexporterであるsnmp-exporterを動かしました。

KubernetesのServiceに外部IPを設定してPodからアクセスする kubectl get nodeを打つとworker1と2が表示されます。 前回master1、worker1、worker2を作成しました。 HorizontalPodAutoscalerリソースには以下の4種類を指定することができる。, Vertical Pod Autoscalerは、コンテナに割り当てるCPU、メモリのリソースの割り当てを自動的にスケールさせるリソースです。 kubernetes には kubectl というコマンドがあり普段のオペレーションはそちらでやることが多いと思いますが、サーバから kubernetes をコントロールしたいというニーズもあるとも思います。 kubernetes には REST API が用意されているのでそれにアクセスすれば良いんですが、どうやって認証すればいい … KubernetesのPodとNodeのAuto Scalingについて. PodDisruptionBudgetリソースを作成すればよい。 参考: https://qiita.com/tkusumi/items/946b0f31931d21a78058

HorizontalPodAutoscalerリソースを定義することで水平オートスケーリングが可能になる。, まずDeployment, ReplicaSet, ReplicationController, StatefulSetはscaled resource objectと呼ばれる。 CentOS7にkubernetesを最小構成でインストールしたメモです。基本的には公式の手順をそのままやっています。環境バージョン 項目 バージョン CentOS 7.6.1810 dock... # kubectl apply -f https://raw.githubusercontent.com/kubernetes/dashboard/master/aio/deploy/recommended/kubernetes-dashboard.yaml, # kubectl get pods --all-namespaces | grep dashboard, # kubectl -n kube-system edit service kubernetes-dashboard, # kubectl -n kube-system get secret | grep dashboard-token | awk '{print $1}' | xargs kubectl -n kube-system describe secret, eyJpc3MiOiJrdWJlcm5ldGVzL3NlcnZpY2VhY2NvdW50Iiwia3ViZXJuZXRlcy5pby9zZXJ2aWNlYWNjb3VudC9uYW1lc3BhY2UiOiJrdWJlLXN5c3RlbSIsImt1YmVybmV0ZXMuaW8vc2VydmljZWFjY291bnQvc2VjcmV0Lm5hbWUiOiJrdWJlcm5ldGVzLWRhc2hib2FyZC10b2tlbi1sdnptYiIsImt1YmVybmV0ZXMuaW8vc2VydmljZWFjY291bnQvc2VydmljZS1hY2NvdW50Lm5hbWUiOiJrdWJlcm5ldGVzLWRhc2hib2FyZCIsImt1YmVybmV0ZXMuaW8vc2VydmljZWFjY291bnQvc2VydmljZS1hY2NvdW50LnVpZCI6IjIzOGEzOTg3LTYzOGYtMTFlOS04MmMyLTAwNTA1NmI2MjVjMCIsInN1YiI6InN5c3RlbTpzZXJ2aWNlYWNjb3VudDprdWJlLXN5c3RlbTprdWJlcm5ldGVzLWRhc2hib2FyZCJ9, 1VkZdEcJrm3uH_oGDYEonOkKpEawNQhZ_6Ef348oG8qW0C7IlvnNPa3hfsx9exxFYc7ASar_8F3xuiU5E1_IES33QY4aq4NcIiHrt2zeg5sU9IxhWnhrqmn3kjos, aoIaNaAuKq_p9AsA9pj6yKZebA1Dk18eX8eGHqM6nMgyi7, https://github.com/kubernetes/dashboard/wiki/Accessing-Dashboard—1.7.X-and-above, https://github.com/kubernetes/dashboard/wiki/Creating-sample-user, https://www.assistanz.com/steps-to-install-kubernetes-dashboard/. ku... kubectl proxyオプションの紹介 ~--accept-hosts, --address, --port, --api-prefi... はじめに Kubernetesの環境でPodのデプロイやClusterの制御などを行う際にはkubectlコマンドを介して操作します。 kubectlにはたくさんのコマンドやオプションが用意されています。その中の一つであるkubectl proxyについて、少しだけ検証する機会がありました。 こ... はじめに nodeを削除するさいには、nodeにunschedulableを設定する。これによりpodがscheduleされなくなる。

zshタブ補完 これらがauto scalingが可能なリソース。, ポイントとしては、auto scalingはtarget valueに近づくようにpod数が調整されるということ。 dockerでgolangの実行環境を勉強がてら作ってみたので残しておきます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Kubernetesのクラスタ内の通信についてわからなことだらけだったのでまとめて残して置きたいと思います。, 下記はKubernetes Cluster内のServiceとPodの通信経路をまとめたものです。順番に説明していきます。, クラスタ内のPod同士は配置されたnodeが違ってもお互いにアクセスすることができます。通信にはPodに割り当てられたInternal IPでアクセスできます。, このInternalIPはPodが起動されるたびに異なるものが割り当てられるので注意が必要です。, まず一般的な④についてですが、ここではPodに指定されたLabelを使用してKubernetesが自動でアクセスを割り振っています。ServiceとPodを作成する設定ファイルにIPの指定は必要ありません。, もうひとつの②では、外部IPを使用します。外部IPにはグローバルとリージョンという2つの種類があります。, 今回はリージョンのIPアドレスをServiceに設定します。設定方法はServiceを作る設定ファイルのLoadBalancerIpに設定するだけです。, 自分はここでグローバルの外部IPを設定していて、Podからアクセスできなくて時間を潰してしまったので気をつけてください。, Podはnodeにもアクセスすることができます。nodeもただのインスタンスなのでアクセスできて当然ではありますね。いまのところこのアクセスでの使い道がわからないので詳しい人がいたら教えてほしいです。, Kubernetesは便利ですがブラックボックスなとこが多いので今後も学んだことを少しずつまとめていきたいと思います。, Kubernetesに関してはPod, Service, Deploymentなどを順を追って説明し、実際に動かすところまでを解説しているので非常に実践的な内容となっています。, これからKuebernetesを使ってサービスを開発してみたい方にとって最初のよい手助けとなると思います。是非読んでみてください。, エンジニアのキャリア、技術トレンド、アウトプット方法について発信中|月間3万PVの技術ブログ運営中|エンジニア兼PMが得意|ブロックチェーンとバックエンドが主|.