configuration.yml によるRedmineの設定 | Redmine.JP Blog, 後は公式に記載の通りの手順でGemパッケージをインストールする。インストール中の代表的なエラーとその対処法は下記の通り。, ImageMagick 6.4.9以上をインストールしていないと出力される。上述の手順で実施いていれば基本的には出ないはず。, これは単にPKG_CONFIG_PATHパスが設定されていないことによるものなので、以下の通り設定してインストールすれば良い。, これで、# bundle install –without development testコマンドは正常完了するはず。, 基本的にここは公式通りに/var/lib/redmine上で下記のコマンドを実行。仮に下記のエラーが発生した場合は、DBのパスワードと設定ファイルに記載のパスワードの整合性が合っているか今一度確認する。, ここも基本的に公式通りだが、最新のPassengerパッケージは公式に記載の一部設定ディレクティブが異なるので注意。大抵、下記の用にSyntaxチェックで洗い出す。, RailsFrameworkSpawnerIdleTimeは使えないので、PassengerMaxPreloaderIdleTimeを使うこと。/etc/httpd/conf.d/passenger.confを編集の上、チェックし再発しなければOK。

Redmineの各バージョンで必要となるRubyのバージョンは以下の通りです。 The following two tabs change content below. 参考:Redmine 2.3をCentOS 6.4にインストールする手順 | Redmine.JP Blog 因みに上記公式サイトではmake checkを推奨しているが実行したところ自身の環境では下記の箇所以降でスタックするので実行しない方が良い、と思う。, 1.9.3をインストールするのだが、ここで合わせて既存の各ツールの更新も含めて実施しておく。, 下記のサイトに詳細が載っている。 参考:Redmineを使い始めるための初期設定 — Redmine.JP ョンをApache上で実行するためのモジュール), Ruby Enterprise Edition (Passengerとの組み合わせでメモリを効率よく利用できるよう変更が加えられたRubyインタプリタ). Django: エラー解決法 Unknown command: ‘~’ Type ‘manage.py help’ for usage. 参考URL:http://blog.redmine.jp/articles/2_5/installation_centos/. プロジェクト管理ツール Redmine をインストールします。 当例では SELinux は Permissive または Disabled で進めます。 [1] こちらを参考に HTTP サーバーをインストールして起動しておきます。 [2] こちらを参考に SMTP サーバーをインストールして起動しておきます。 [3] こちらを参考に PostgreSQL 9…

因みに、管理→情報欄の「Plugin assetsディレクトリに書き込み可能」が!マークになっている場合は、以下のようにディレクトリを作成、オーナー変更で対処する。, やはり最新バージョンは色々と改善されていて使いやすい(2年もたてばそんなもんか。。)。次はEclipseとの連携方法について記載しようかな。, Eclipse, Linux, Redmine, Ruby

Excelファイル操作をプログラミングする前に、まずはxlsxをzipに変えて内部構造を見てみよう, CentOSでremiとEPELを使いphpのバージョンをアップ/ダウングレードする方法. 2013/8/25 プロジェクト管理ツール RemineのインストールCentOS7にRedmineをインストールする手順のメモ書きを残します。Redmineとはプロジェクト管理ツールであり、使い方はその人次第という部分が大きく、私の場合はとりあえず仕事の障 CentOS7にRedmineをインストールする手順のメモ書きを残します。Redmineとはプロジェクト管理ツールであり、使い方はその人次第という部分が大きく、私の場合はとりあえず仕事の障害管理台帳およびQ&Aのナレッジを蓄積したいという目的で使ってみようと思い立ちました。, 必要なソフトはなるべくyumを使ってインストールしていきます。まず開発環境はインストールされているという前提でデータベース ( MariaDB ) をインストールします。, 設定ファイルは/etc/my.cnfになり、/etc/my.cnf.d以下の設定ファイルがインクルードされる形となっています。この中で/etc/my.cnfを編集し文字コードを設定しておきます。, systemctlコマンドでmariadbを有効にしてから起動します。 ( 有効にしてからでないと起動しませんでした ), 続いてMariaDBの初期設定を行います。初期セットアップコマンドがあり対話形式に進めていきますので、それを実行します。rootパスワードを設定するところのみ入力する必要がありますが、その他についてはそのままEnterで大丈夫です。, 次にImageMagickとヘッダファイル、日本語フォントのインストールを行います。依存関係のパッケージも多数インストールされます。, 次にApacheをインストールします。こちらも依存関係のパッケージが多数インストールされます。, RedmineはRubyで書かれた言語なのでRuby本体もインストールします。CentOS7の場合はRubyのライブラリ管理ツールのgemも合わせてインストールされました。これはperlでいうcpanみたいなものであってruby用ライブラリはこのgemコマンドを使ってインストールすることができます。, rpmパッケージ名でバージョンはわかりますが、下記のコマンドでもrubyのバージョンを確認できます。, Redmineが使用するGemを一括インストールするためのツール、bundlerをインストールします。, http://www.redmine.org/projects/redmine/wiki/Download, 2014/10現在、最新バージョンは2.5.2なのでこれをインストールします。tar.gzを展開したフォルダを任意の位置に配置するのですがMariadb ( mysql ) が/var/libに配置されていますので、/var/lib/redmineにしてみました。, データベースの接続設定ファイルを作成します。/var/lib/redmine配下にdatabase.ymlというファイルを以下のように作成します。なお、database.yml.exampleというファイルが既に存在していますのでこれを編集してもOKです。, 次にメールサーバの接続設定を行います。/var/lib/redmine配下にconfiguration.ymlというファイルを以下のように作成します。なお、configuration.yml.exampleというファイルが既に存在していますのでこれを編集してもOKです。, 続いてsecret_tokenの作成とDBマイグレーションを行います。/var/lib/redmineで以下のコマンドを実行します。, Redmine本体のインストールは完了しましたが、Apacheと連携する必要がありますので、それに必要なPassengerをgemからインストールします。, 続いてPassengerのApache用モジュールをインストールします。これは対話形式で進めていきます。事前に必要なパッケージが入っているかチェックが走りますが私の場合、libcurl-develが入っておらずエラーとなりましたので事前にこれをインストールしました。, 上記の太文字の部分はApacheに追加が必要な設定となりますので控えておく必要があります。また、以下のコマンドでも再表示することができます。, 上の出力に従ってapacheの設定を変更します。httpd.confに直接追加でもよいですが、わかりやすくするためPassenger用のconfファイルを新たに作成し、そこに設定を追記します。, あとはhttpd.confのDocumentRootを今回インストールした/var/lib/redmine/publicに設定して次の設定を追加します。, ドキュメントルート配下は一見、何もHTMLファイルはないように見えますが、上記で組み込んだPassengerモジュールで自動的にRailsアプリケーションを認識し以下のような画面が表示されるようになります。 Redmine, 2011頃にさくらVPSに構築したRedmine v1.x.xをRedmine v2.3.x系にアップグレードしようと試みたが、DBのマイグレーションが手間なのと、Subversionからのソースコードダウンロードだと今後のupdateがかなり効率化できる為、この際再インストールする事にした。対象環境はCentOS v5.9だが作業中に幾つか引っかかったところがあるので、今後の備忘録も兼ねて下記に纏めておく。尚、作業に際しては原則下記の公式ブログに記載の手法で進めていく。 ruby 2.6.5; redmine 4.1; PostgreSQL 12; 下準備 DeveloperToolのインストール. (01) CUDA 8.0 インストール (02) CUDA 9.0 インストール (03) CUDA 9.1 インストール (04) CUDA 10.2 インストール (05) CUDA 11.0 インストール; Ruby (01) Ruby 2.2 インストール (02) Ruby 2.3 インストール (03) Ruby 2.4 インストール (04) Ruby 2.5 インストール (05) Ruby 2.6 インストール Amazon Lightsail CentOS7にRedmineを入れてみたので、覚書。RedmineはRuby on Railsの上で動作しているようです(今まで仕事で散々使ってきたのに、お恥ずかしながら初めて知ったという笑)。, Apache 2.4.38、MariaDB、Let’s Encrypt(certbot)はインストール済みの前提で進めます。, bundleはrootで実行するな、と警告が出ますが無視。rootじゃないユーザでやったら色々ハマったので。, Railsを動かすためのApacheモジュールであるPassengerをインストールします。ものすごく時間がかかります。Lightsail $3.5の最弱プランで30分以上。, apache2モジュールインストール前に、chmod o+x “/root”でその他ユーザに実行権限を付与しておくのが肝。そして、httpdのapxsのパスを指定します。httpdをyumで入れているまともな人は –apxs2-path の代わりに –autoで良いです。, DocumentRootはRedmineインストール先の /var/lib/redmine/public とし、passenger-install-apache2-module –snippet で得られた応答を、HTTPSのバーチャルホスト内に貼り付けます。HTTPのバーチャルホストは、 HTTPSへのリライト処理のみでOK。, certbot certonlyで、サブドメインを追加します。先にDNS設定をしておくことをお忘れなく。, 実はうまく動かず、4回くらいテスト用インスタンスを作っては潰してを繰り返しました。こういうのができるのがAWSのいいところですね。ただ、インストールすることが目的だったので、使い道は決まっていません。. #redmine RedmineはUnix, Linux, macOS、Windows など、Rubyが実行できるほとんどの環境で実行できます。 さまざまなシステム向けの個別のインストール手順は こちらの一覧 を参照してください。 Rubyインタプリタ. 先日、自鯖のRedmineを公式のUpgrade手順を参考にSubversion経由でソースをupdate後にDBのマイグレーションを実施し... Linux(ここではCentOS)にプロジェクト管理ソフトウェアであるRedmine 1.2.2とバージョン管理システムであるSubvers... (function() { ... ■CentOS7でfail2banのインストール 1.2.

CentOS 7に Redmine 2.4.1 をなるべくパッケージでインストールする手順です。 検証環境 CentOS 7 Redmine 3.4 Ruby 2.4.1 PostgreSQL Apache [crayon-5fab816114728671348775/] Yum … Redmine 3.x は MySQL 5.0 と 5.1 にも対応しています 2. まずは簡単なアンケートということで会議の出席確認を行うものを作成してみます。... http://blog.redmine.jp/articles/2_5/installation_centos/. 1. s.parentNode.insertBefore(gcse, s); はじめに 今回、WebサーバーにNginxを、アプリケーションサーバーにunicorn(+ Ruby on Rails + Redmine)を、データベースサーバーにMariaDBをそれぞれ採用して、CentOS7のインストールイメージminimalを使って構築したいと思います。 なお、アプリケーションサーバーの部分に CentOS 7に Redmine 2.4.1 をなるべくパッケージでインストールする手順です。 検証環境 CentOS 7 Redmine 3.4 Ruby 2.4.1 PostgreSQL Apache [crayon-5fab816114728671348775/] Yum Update and Install 2018/9/14

var gcse = document.createElement('script'); #centos. 後続の手順は構築通りに進めればWebブラウザからRedmineを表示できる。以降は、下記の公式ページを参考に初期設定を実施しておく。 データベースの日付形式はISO(PostgreSQLのデフォルト)に設定してください。次のSQL文で設定できます: ALTER DAT… CentOS 7に Redmine 2.4.1 をなるべくパッケージでインストールする手順です。, PeerayaLimpiruch Redmine. ンタックスハイライトの対応形式, 「はじめてのRedmine使いこなし術」を電子書籍で出版(無料ダウンロード可), Redmineヘッドライン 月刊まとめ(2020å¹´10月), 【毎月更新】リリース前の新機能を先行チェック!「プロジェクトの削除」権限追加など(2020å¹´9月コミット分), Redmineヘッドライン 月刊まとめ(2020å¹´9月), Redmineヘッドライン 月刊まとめ(2020å¹´8月), ファーエンドテクノロジー株式会社, アクセス解析ツールの利用について, Apache 2.4.6 (Railsの実行にはPassengerを使用). var cx = 'partner-pub-3016567262646093:4205728732'; 以降はそれ以外の作業や作業中のエラー、留意点、対処法など。, DB上のRedmineの全テーブルと/var/lib/redmineディレクトリ、Apache側の設定、シンボリックリンク等を削除すればそれで完了となる。, 記事の同項目は基本的に全て実施する。v1.x.x系とは若干必要パッケージが異なる為。, 最初のCentOS v5.9ユニークのつまずき。v5.9のyumで導入可能なImageMagickのバージョンは6.2.8とRMagickが必要とする6.4.9より低い。その為、既存バージョンをremove後、新バージョンをソースコードよりビルドインストールする。rpmパッケージによるエラーは依存性の欠如エラーが頻発していちいちインストールするのも何なので今回は採らない。, 参考:ImageMagick: Install from Source 動作環境 OS. PostgreSQL 9.2以降 2.1. Amazon Lightsail CentOS7にRedmineを入れてみたので、覚書。RedmineはRuby on Railsの上で動作しているようです(今まで仕事で散々使ってきたのに、お恥ずかしながら初めて知ったという笑)。 環境 ・CentOS 7.6.1810 ・Apache 2.4.38 ・MariaDB 10.3.13 ・Ruby 2.5.3 ・Ruby on Rails 5.2.2

インストール直後のCentOSにRedmine 1.0をインストールする手順を説明します。 想定環境. Copyright © 2015, GeekFeed Co.,Ltd.. All rights reserved. MySQL 5.6以降とMariaDBは既知の問題があります (#19344, #19395, #17460).

MySQL 5.5 - 5.7 1.1.

はじめに 今回、WebサーバーにNginxを、アプリケーションサーバーにunicorn(+ Ruby on Rails + Redmine)を、データベースサーバーにMariaDBをそれぞれ採用して、CentOS7のインストールイメージminimalを使って構築したいと思います。 なお、アプリケーションサーバーの部分に VS Code: gitのPermission denied (publickey)やInvalid username or password. CentOS6までは/etc/sysconfig/netw... CentOS7のネットワーク周りの設定はNetworkManagerが司っており、手動でDNS関係のresolv.confを編集しても再起動... 従来のApacheでは1サーバ(1IP)につき、1つの証明書しか持たせることができず、複数持たせようと思うと1サーバに複数のIPをもたせて、... UserminというWebブラウザからアカウントを管理するツールがあります。自身のパスワードの変更やメール転送設定、他にもいろいろなことが可... SNMP経由でサーバやネットワーク機器のCPU負荷やトラフィック流量などを計測するツールでcactiというツールがあります。オープンソースの... ■Samba4のインストール CentOS7からはネットワーク周りの設定方法がかなり変わってきています。

var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; fatal: Authentication failedの解決法, Kubernetes: エラー解決法 requires conntrack to be installed in root’s path, VSCode: エラー解決法 ModuleNotFoundError: No module named ‘flask’, Django: CentOS上でのmysqlclientインストールエラーの解決法, Python: macOS (Catalina)でのpip install mysqlclient エラーの解決法, Mac OS Mail: アカウント登録時の”Unable to verify account name or password”エラーの解決法, 5年保証内の交換方法: Kensington SlimBlade Trackball (K72327), Python: テキストファイルの読み込み – read()、readlines()、readline()メソッド, 【Python】テキストから一文取得、日時を取得して挨拶ツイート文を作るスクリプト | 百合野ハクの備忘録, GCPのCloud Translation APIをPHPとJavaScriptで動かしてみる|ゆーたろうライブラリ. gcse.async = true; 外部公開サーバを日々運用しているとSSHやSMTP Authなどで、ひたすら認証... CentOS6まではデーモンの起動や停止などを行う際には昔ながらの/etc/rc.d/init.d/**** restartなどで行っていま... Cactiはそれ自体だけでも大変便利なツールなのですが、機能をアドオンするプラグインも多数用意されています。プラグイン一覧が下記のサイトに掲... LimeSurveyで実際にアンケートを作成してみます。 CentOS7でSamba4をインストールし、ActiveDirectoryを構築します。 gcse.type = 'text/javascript'; Redmineバージョン: 1.0.5: OS: CentOS 5.5: データベース: MySQL: webサーバ: Apache (Railsの実行にはPassengerを使用) Redmineを実行するのに必要なもの. Redmine v2.3.2をCentOS v5.9へ再インストール 2013/8/25 2018/9/14 Redmine 対象環境はCentOS v5.9だが作業中に幾つか引っかかったところがあるので、今後の備忘録も兼ねて下記に纏めておく。 SELinuxが有効な状態で運用する場合は以下の記事も併せてご覧ください。 SELinuxをRedmine 3.4 + Passenger + CentOS 7の環境で有効にする エディタで /etc/sysconfig/selinux を開き、 SELINUX= の値を disabledに変更してください。 変更後、CentOSを再起動して下さい。 再起動後、 getenforce コマン … })(); # wget http://www.imagemagick.org/download/ImageMagick.tar.gz, # gem install rails --version="~> 3.2.3" --no-ri --no-rdoc, //svn.redmine.org/redmine/branches/2.3-stable /var/lib/redmine, # bundle install --without development test, # export PKG_CONFIG_PATH=/usr/local/lib/pkgconfig, # RAILS_ENV=production bundle exec rake db:migrate, # mkdir /var/lib/redmine/public/plugin_assets, # chown apache:apache /var/lib/redmine/public/plugin_assets/, Redmine 2.3をCentOS 6.4にインストールする手順 | Redmine.JP Blog, configuration.yml によるRedmineの設定 | Redmine.JP Blog, CentOS に ImageMagick, RMagick のインストール | akkunchoi@github, Python: 東京都 新型コロナウイルス(COVID-19)陽性患者発表詳細のcsvデータを積み上げグラフ表示, VS Code: ホストのssh鍵をコンテナから利用/リモートコンテナからGitHubへのpush時のHost key verification failedエラー解決法, Django: エラー解決法 TypeError: __init__() missing 1 required positional argument: ‘app_module’. gcse.src = 'https://cse.google.com/cse.js?cx=' + cx; yukun. Redmine構築メモどうも、合同会社Celalinkの代表をやっているヤナイ( @yusuke_celalink )です。前回はConohaでRedmineを爆速で構築する記事を書きましたが、今回はサーバーの初期状態からインストールする手 CentOS7にRedmine4.1をインストールする . #Linux この記事の4.1版です。 前提条件. Amazon Lightsail CentOS7にRedmineを入れてみたので、覚書。RedmineはRuby on Railsの上で動作しているようです(今まで仕事で散々使ってきたのに、お恥ずかしながら初めて知ったという笑)。 環境 ・CentOS 7.6.1810 ・Apache 2.4.38 ・MariaDB 10.3.13 ・Ruby 2.5.3 ・Ruby on Rails 5.2.2 2011頃にさくらVPSに構築したRedmine v1.x.xをRedmine v2.3.x系にアップグレードしようと試みたが、DBのマイグレーションが手間なのと、Subversionからのソースコードダウンロードだと今後のupdateがかなり効率化できる為、この際再インストールする事にした。対象環境はCentOS v5.9だが作業中に幾つ … //cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.4/ruby-2.4.1.tar.gz, # TYPE  DATABASE        USER            ADDRESS               METHOD, # "local" is for Unix domain socket connections only, # Allow replication connections from localhost, by a user with the, #local   replication     postgres                              peer, #host    replication     postgres        127.0.0.1/32          ident, #host    replication     postgres        ::1/128               ident, //svn.redmine.org/redmine/branches/3.4-stable /var/lib/redmine, # passenger-install-apache2-module --snippet.