発行キャッシュの場所             = C:\Windows\ServiceProfiles\NetworkService\AppData\Local\PeerDistPub (既定値)

------------------------------------------------------------------------------- バッテリ使用中のピアをサポート           = 無効 今回は、Windows 10におけるWindows Updateの制御のひとつである、「配信の最適化」サービスの調整についてです。日本マイクロソフトでもこの仕組みに触れた記事を投稿していましたが、3本立てのはずが、1本だけ投稿され、残りがなかなか投稿されないような状況です。きっと投稿するのを忘れている。 「ダウンロードモード」の違いで悩まれる方も多いかと思いますので、こちらの違いについて説明していこうと思います。 注意:この記事は投稿時点の情報に基づくものであり、将来的に変更される …

Intune で Windows 10 ソフトウェア更新プログラムを管理する Manage Windows 10 software updates in Intune. サービス開始の種類                 = 手動 BranchCache を有効にする. ローカル キャッシュの状態: サービス開始の種類                 = 手動 ピア検出のファイアウォール規則                   = 有効   (必要) ホスト型キャッシュ クライアントのファイアウォール規則       = 有効   (必要なし), =============================================, C:\Windows\system32>netsh branchcache show status all

------------------------------------------------------------------------------- ネットワークの状態:

BranchCache サービスの状態:

ホスト型キャッシュの URL 予約                 = 構成済み (必要なし)

======================================, 以下のコマンドを 1 現在のアクティブ キャッシュ サイズ     = 0 バイト

BranchCache サービスの状態: の利用について検討を進められている方も多いかと思います。, 今回は Windows 10 コンテンツ取得のファイアウォール規則                = 有効   (必要)

ホスト型キャッシュ クライアントのファイアウォール規則       = 有効   (必要なし) ピア検出のファイアウォール規則                   = 有効   (必要) の際は WSUS 現在の状態                     = 実行中 ホスト型キャッシュの URL 予約                 = 構成済み (必要なし) [BranchCache のハッシュの発行], ・電源に接続されている (バッテリ駆動ではない) みなさま、こんにちは。 WSUS サポート チームです。 WSUS から Windows 10 の累積的な更新プログラムや機能アップグレードを配信するために、 BranchCache の利用について検討を進められている方も多いかと思います。. の場合), クライアントはコンテンツをサーバーからダウンロードし、サーバーはハッシュを発行しますがサーバーのローカルのみに保存する為、クライアントはハッシュを取得しません。, クライアントはサーバーからハッシュを取得しますが、同じネットワーク内にハッシュを持つクライアントが居ない為、サーバーからコンテンツをダウンロードします。, クライアントはサーバーからハッシュを取得し、同じネットワーク内のハッシュ (キャッシュ) ローカル キャッシュの場所      = C:\Windows\ServiceProfiles\NetworkService\AppData\Local\PeerDistRepub (既定値) このコンピューターは、ホスト型キャッシュ クライアントとして構成されていません。 このコンピューターは、ホスト型キャッシュ クライアントとして構成されていません。 ネットワークの状態: BranchCache には、分散キャッシュ モードとホスト型キャッシュ モードの 2 つの動作モードがあります。 BranchCache has two operating modes: Distributed Cache mode and Hosted Cache mode.

ホスト型キャッシュ ポートに結合された SSL 証明書       = 未構成  (必要なし) ------------------------------------------------------------------------------- ホスト型キャッシュの URL 予約                 = 構成済み (必要なし) 台で評価を行う為に WSUS サーバーに以下のポリシーを設定しています。(以下の設定が WSUS ローカル キャッシュの場所      = C:\Windows\ServiceProfiles\NetworkService\AppData\Local\PeerDistRepub (既定値) を有効にするポリシーを配布する手順となります。上記ブログ記事ですと、以下のステップに該当しますので、ご参考となれば幸いです。, (1) アプリケーションや更新プログラムを配布するサーバー (配布ポイント):BranchCache パス: コンピュータの構成\管理用テンプレート\\ネットワーク\BranchCache. ------------------------------------------------------------------------------- ローカル キャッシュの状態: を実行して、ローカルキャッシュが作成されているか確認してみて下さい。(ダウンロードと完了後の両方), 可能性として考えられるのは、パターン 1 サービス開始の種類                 = 手動 現在の状態                     = 実行中 で「高速インストール ファイル」機能を有効にしている場合に上記ポリシーを有効にすると、Windows 10 バージョン 1607 / Enterprise LTSB 2016  の環境では、更新プログラムのダウンロードが 45 % ------------------------------------------------------------------------------- 発行キャッシュの場所             = C:\Windows\ServiceProfiles\NetworkService\AppData\Local\PeerDistPub (既定値)

コンテンツ取得の URL 予約                   = 構成済み (必要) ------------------------------------------------------------------------------- 以降は、グループポリシーの [コンピューターの構成] - [管理用テンプレート] - [Windows コンポーネント] - [配信の最適化] - 発行キャッシュの状態: 最大キャッシュ サイズ            = 1% (ハード ディスク)

サービス モード                  = 分散キャッシュ (グループ ポリシーにより設定) -------------------------------------------------------------------------------

コンテンツ取得のファイアウォール規則                = 有効   (必要)

を "0" にした上で、再度検証してみて下さい。, また、念のため確認ですが、WSUS 10/22/2020; この記事の内容.

ホスト型キャッシュ ポートに結合された SSL 証明書       = 未構成  (必要なし)

ホスト型キャッシュ クライアントのファイアウォール規則       = 有効   (必要なし), C:\Users\admin01>netsh branchcache show status all サービス モード                  = 分散キャッシュ (グループ ポリシーにより設定) ピア検出のファイアウォール規則                   = 有効   (必要) 分散キャッシュ モードで BranchCache を展開すると、ブランチ オフィスのコンテンツ キャッシュはクライアント コンピューター間に分散されます。 When you deploy BranchCache in distributed cache mode, the content cache at a branch office is distributed among client computers. サービス モード                  = 分散キャッシュ (グループ ポリシーにより設定) の設定値ではなく、WSUS サーバーに該当のポリシーが適用される様に構成されているかどうか、なのですが問題無いとの事で良かったでしょうか。, (ガイドにある通りドメインのルートに GPO ------------------------------------------------------------------------------- コンテンツ取得のファイアウォール規則                = 有効   (必要) ではなく、弊社有償の資産管理製品となるSCCM の手順とはなりますが、以下のブログ記事が参考になります。(こちらは、SCCM の手順ですが、BranchCache は WSUS 単体でもご利用いただけます。), https://blogs.technet.microsoft.com/infrajp/2012/03/31/tips-sccm-2007-sp2-branchcache/, 具体的には、WSUS 側でポリシーを更新しておらず、パターン 2 コンテンツ取得の URL 予約                   = 構成済み (必要) ------------------------------------------------------------------------------- ホスト型キャッシュ サーバーのファイアウォール規則         = 有効   (必要なし)