メルセデスベンツCLAと競合する小型の4ドアクーペ.

bmwクリーンディーゼルのエンジン音についてですが、実際に地元のディーラーに行って調べてきました。 試乗車は、2016年登録のX3のxDrive20dです。 まずは、 アイドリング時のエンジン音 を確認しましたが、運転席にいた時は本当に静かでした。 2014年11月:試乗? X35d, お伺いした営業スタッフの話では、やはり購入してから3年以内で故障するケースもあり、保証を有効に使って頂きたいと言っていました。, ただ、走行した分のメンテナンスを怠ると、そのままコンディションに影響してきますので、ディーラーと、信頼出来るショップを探すことが必要なのではと思います。, ちょい乗りやeco pro運転で1500rpm前後ならインテークマニホールドに Copyright (C) 2020 SINSYA1.NET All Rights Reserved. 新型BMW 5シリーズ ディーゼルに試乗。各所にEクラスを上回る一面も . 2030年までにガソリン・ディーゼル車の販売停止を求めているようです。, この事があってなのでしょうか、ドイツの自動車メーカーであるダイムラーは、従来からある内燃機関(ガソリン、ディーゼル)に加え、PHV(プラグ・イン・ハイブリッド)、EV(電気自動車)の3つを同時に開発していくと伝えており、その他ドイツ勢のVWやBMWもEVに相当の力を注いでいます。, もちろん、上記の法案が通るには様々な問題がありますし、実際には不可能ともいわれていますのでそんなに簡単には内燃機関がなくなるとは言えないでしょう。, そして、いつか必ず来るかもしれない審判の日。その日までに一度は乗って見たいBMWのディーゼル車。, 今回はその中でも人気のディーゼルXシリーズ三兄弟X5、X3、X1に焦点を当てていきます。, 2012年、BMWの日本市場にて、初めてディーゼルエンジンモデルが導入されたのがX5でした。, そして2016年10月、BMWのXシリーズ三男坊『X1』にも、待望のクリーンディーゼル搭載車がデビューしました。, BMWのディーゼルエンジンの燃費はかなり良いです。特にX5は2200kgという重量で14.0km/Lという数字は驚異的です。, これがガソリンエンジンだと、同じ3000ccでも燃費は10.3km/Lまで下がりますし、重たい車重のクルマではトルクの太いディーゼルエンジンが非常に有効です。, ディーゼルに相性の良いターボを搭載し、低回転から発生する最大トルクは運転のしやすさに影響します。, 扱い易く、燃費も良いとなれば何の問題もないと思いますが、一つだけ気になる事がありますよ。, BMWクリーンディーゼルのエンジン音についてですが、実際に地元のディーラーに行って調べてきました。。, まずは、アイドリング時のエンジン音を確認しましたが、運転席にいた時は本当に静かでした。よく聞けば独特のカラカラ音は聞こえてきますが、全く問題ないレベルです。, ただ、アイドリング中に車外に出てみると、残念ながらディーゼルのエンジン音だとはっきり分かります。, ここが一番「ディーゼルらしさ」を感じる部分かも知れませんが、あくまでディーゼルエンジン車に乗っている事が分かるレベルですので、これも全く問題ありません。, 最後に加速時ですが、これはディーゼルエンジンだと言われないとわからないレベルです。, BMWのディーゼルエンジンが日本市場に最初に導入されたのは2012年。遮音や排ガス対策により、ガソリン車より値段が高くなる事が多い中、差額を20万円前後に抑えた事により日本でも人気が出ました。, そして、2015年には乗り心地の改善をメインとする改良が加えられ、それ以前の3シリーズで感じる事が多かったゴツゴツ感をしなやかなセッティングに変更し、快適性を手に入れました。, 2016年の新型ディーゼルエンジンの投入により、他メーカーのクリーンディーゼル(マツダや、ボルボ)と比べた時の振動や音も大幅に軽減されています。, そして、最近のコンパクトSUV人気により各社がこぞって新型を発売してきている中、BMWが2015年に発表した二代目X1は、初代X1がFR車だったのに対し。FFベースとなって生まれ変わりました。, 先代X1よりも15mm短い全長4439mmというコンパクトなサイズながらも動力源、駆動系、操舵系をフロントのスペースに集約する事により、居住スペースの大幅な改善されました。, 日本市場を見れば、マツダのCXシリーズやホンダのヴェゼルといったコンパクトSUVはすべてFFがベースとなっていますので、選択肢の一つとして相当視野にはいってくるハズです。, 高速走行などしなくても交差点をひとつ曲がっただけで分かるコーナリングの良さはもう別格だと思います。, 悪い評価は、あえて言うとすれば荷室の狭さです。ライバルのVWティグアン(知名度は低いかも)やアウディQ3と比べると少し狭い様に思います。, 第一印象はうるさく感じました。少しガッカリです。 公開日 : 2019/11/21 17:55 隙のないラインナップ . 本来ならBMWが対策すべき事項と考えますが. どなたか対策案がありましたら教えてください。 昨年10月、BMWとしては初のFF(フロントエンジン+前輪駆動)モデル、またミニバンというボディタイプを採用して登場して話題となった「BMW2シリーズ アクティブツアラー」。登場時に放映されたCMソングも、あのMr.Childrenの「fantasy」が使われるなど、車ファン以外にも注目を集めました。た … ブローバイガスの油分が堆積し分解掃除が必要と言われていますが、

すべてみる 全31枚; BMW 523d ラグジュアリー “打倒Eクラス”の意気込みがヒシヒシと伝わる. BMW 320d xDrive M Sport BMW 320d xDrive M スポーツ . BMW 3シリーズ セダンを、価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、エクステリア・インテリア・エンジン性能など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源 … 2017/03/20 00:10 carview!

2014年10月:試乗車X35d xLine, トルクの太さやハンドリングの良さを体感すると、多少の音や振動は気にならなくなりました。 最終更新日 : 2019/11/21 17:55, 今年1月に日本デビューを果たした時点で、BMWの新型3シリーズ・セダンは320i SE/320i スタンダード/320i Mスポーツ/330i Mスポーツの4モデルのみだった。その後、ディーゼルやPHEVなどが追加され、いまでは320d xDrive/320d xDrive Mスポーツ/330e Mスポーツ/M340i xDriveを含む計8モデルとなり、価格は461万円(320i SE)から980万円(M340i xDrive)と幅広い設定になっている。, また、ワゴンボディの“ツーリング”も発表され、PHEVを除くセダンに倣う7モデルが展開されている。価格はセダンの+20〜30万円。3シリーズの価格のイメージは乗り出しで500万円くらいなので、「980万円」なんて数字が並ぶと思わず二度見してしまう。ツーリングのM340i xDriveに至っては1000万円を超えているので、3シリーズもいつの間にか立派な高級車になったのだなあと感慨深い。1000万円を超えていいのはM3(かM4)だけだと信じていた自分は、どうやら時代に取り残されているらしい。, BMWは、2019年1月に7代目新型3シリーズ(G20)を日本発売。おって5月にディーゼルの「320d」、PHEVの「330e」、直6搭載の「M340i」を日本へ導入した, 3シリーズが属するDセグメント、5シリーズのEセグメントでは、中核をなすセダンをまず発表して、随時パワートレインやボディタイプを追加していく手法がドイツ車では一般的である。ずっと昔からこのやり方を踏襲しているから、3シリーズがフルモデルチェンジすれば、じきにワゴン、クーペ、コンバーチブル、そしてM3やM4がやってくるであろうということが顧客には容易に想像できる。, 昨今のSUVブームの影に埋もれてしまい、ワゴンは最盛期ほどの台数は出ないものの「それでもツーリングをお待ちのお客様が必ずいらっしゃるので、我々はその期待に応えなくてはなりません」と、やめたくてもやめられない複雑な心境をBMWの関係者は漏らしていた。, セダンを軸に、ワゴンやエンジンバリエーション違い、高性能モデルなどを小出しにしてバリエーションを増やしていくドイツ車戦略。ほぼ確定路線だから顧客も安心するし、モデルのプレゼンスもキープできる, この手法のメリットは色々考えられるけれど、定期的にニューモデルを追加することで、その度に市場の目を3シリーズに向けることができるというのもそのひとつだろう。今回、こうしてGENROQ Webでディーゼルエンジン仕様を取り上げるように、継続的に3シリーズの存在を世に周知することができるというわけだ。, 3シリーズをひとつのブランドとして扱うブランド戦略のようにも見える。例えばレクサスがISやGSを登場させてもバリエーションの拡大を試みないように、日本の自動車メーカーがどうしてこの方法を真似しないのかよく分からない。, 3眼カメラと高性能プロセッサー、レーダーを用いる最先端の運転支援システムを量産グレードへ標準装備。渋滞する高速道路上で作動する「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」も搭載した, 今回の試乗車は320d xDrive Mスポーツである。車両本体価格は641万円。これに22万8000円の“イノベーション・パッケージ”(レーザーライト/ヘッドアップ・ディスプレイ/ジェスチャーコントロール)、11万7000円の“コンフォート・パッケージ”(オートマチック・トランクリッド・オペレーション/トランク内12V電源ソケット/荷物用フックなど)、20万5000円の“ハイライン・パッケージ”(ランバーサポート/ウッド・インテリアトリム)、19万1000円の“サウンド・パッケージ”(ハーマンカードン社製サラウンドシステム)、4万8000円の“アクティブ・プロテクション”(急ブレーキや衝突の危険をセンサーが検知するとシートベルトの締め付け/シートポジションの適正化/サイドウインドウやサンルーフの自動クローズなどを行う)、6万2000円の“パーキング・アシスト・プラス”(縦列駐車をサポートする機能)などを装備して735万3000円の仕様となる。, 3シリーズは、ハンズオフが可能な“ドライビング・アシスト・プロフェッショナル”など先進の安全装備がSE以外の全車に標準で、CクラスやA4ではオプション扱いのメルセデスやアウディと比べるとこの点に関してBMWは極めて良心的と言える。, 3シリーズ・セダンはランフラットタイヤが全車標準。テスト車は、電制ダンパーを備える「アダプティブ M サスペンション」は非装着だった, これまでに自分が試乗した新型3シリーズは330i Mスポーツと330e Mスポーツのみで、いずれもMスポーツサスペンションや19インチタイヤ&ホイールやMスポーツ・ディファレンシャルなどを装着した、いわゆるよりスポーティな乗り味に仕立てるためのオプションが惜しげもなく投入されている仕様だった。, この試乗車もMスポーツではあるものの、タイヤ&ホイールが18インチであることとMスポーツ・ディファレンシャルや電子制御式ダンパーが装着されていない点などが、これまでとは異なるポイントとなる。, 今回のテスト車のタイヤはミシュランのパイロット スポーツ 4 ZP。サイズはフロントが225/45R18、リヤが255/40R18を装着していた, ランフラットタイヤの標準装着に見切りをつけたメルセデスCクラスに対して、3シリーズは依然としてランフラットタイヤを採用し続けている。乗り心地よりもスポーティな走りを好むオーナーなら、ランフラットタイヤ特有のたてばね剛性の高い乗り味も寛容に受け入れてくれるだろうということかもしれない。, 自分はどちらかと言えばそれが気になるほうで、19インチを履いた仕様では乗り心地がもう少しマイルドだったらいいのにと思っていた。 だから18インチ仕様には少なからず期待していたのだけれど、やはり18インチのほうが乗り心地はよかった。, ばね上の細かい動きが完全に収束しきれないのは電制ダンパーを装着していないことによるものだと推測できるが、全体的な乗り心地は悪くない。ただし、Mスポーツサスペンションとの相性という観点では19インチのほうがしっくりくるように思う。タイヤとサスペンションの組み合わせは本当に難しい。, 2リッター直4のディーゼルユニット(B47型)は、過給システムに低圧、高圧それぞれにターボを備える2ステージ式を採用した, 2リッターの直列4気筒ディーゼルエンジンは、過給機のシステムが刷新されている。これまではシングルターボだったものがツインターボとなり、低圧用ターボと高圧用ターボを効率的に使うことにより、エンジン回転数の全域で十分なトルクの発生と、レスポンスの向上が図られている。, 400Nmの最大トルクの発生回転数は1750-2500rpmだが、どの回転域でスロットルペダルを踏み込んでも力強い加速が得られるだけでなく、過給機によるサポートをほとんど感じさせないスムーズな吹け上がりが気持ちいい。, 1680kgの車体を動かすには余りあるパワーであり、その瞬発力と加速力には驚かされた。本国で6気筒ディーゼルターボを搭載したツーリングに乗って「やっぱり6気筒はいいなあ」と知ったような口を叩いてしまったことがちょっと恥ずかしい。これなら4気筒でもまったく不満はない。, 車内の遮音性にくわえ、エンジン自体の音・振動が少ないため、走っている最中にネガティブな面でディーゼルを意識させられることはない。むしろ太いトルク感といった、ポジティブ面の方が強く感じられる, ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの違いは燃料以外にも、空気と燃料の混合気をシリンダー内へ送り込むガソリンに対して、空気を送り込んで圧縮した後に燃料を噴射するディーゼル、点火プラグによる火花着火のガソリンに対して自己着火のディーゼルなどといった違いが挙げられる。, 加えて、ディーゼルのほうが一般的に燃費がいいとされる理由が空燃比の違いである。空燃比とはシリンダー内に供給された空気の重さをシリンダー内に供給された燃料の重さで割って求めるもの。つまりこの数値が大きいほど使用燃料が少なく燃費がいいことになる。 ガソリンの空燃比はおよそ13-18と言われているが、ディーゼルは15-160。15は高負荷時で160は低負荷時である。, ディーゼルの力強いパワーは、四輪駆動システムxDriveを通して路面へ伝達される。基本は後輪へ100%トルクを伝え、路面や操舵、速度などに応じて前輪へも適宜配分を行う仕組み, 発進時や加速時などの高負荷時のディーゼルの空燃比はガソリンと大差ないが、一定速度による巡航時などの低負荷時にはガソリンのわずか12%ほどの燃料で走っている計算になる。 空気をギリギリまで圧縮して少ない燃料で大きな爆発力を得ることで効率的なパワーを得る。, これがディーゼルエンジンの特徴だけれど、大きな爆発力と熱に耐えうる頑強で耐久性のあるシリンダーブロックが必要だし(=重量増)、窒素酸化物(NOx)の処理もしなくてはならない(320dはアドブルーを使用)。, ディーゼルにまつわるさまざまな問題は、技術革新によって黒煙を吐き出していた頃に比べれば飛躍的に改善されていまに至っている。ドライバビリティやパワーはガソリン並みで排出ガスもきれいになり、何よりランニングコストに長けているため、日本でもディーゼルがもてはやされるようになった。確かに320dのディーゼルユニットなら、日常の使い勝手もいいだろう。, 3シリーズは1975年に登場して以来、世界で1500万台を販売してきたBMWの中核モデル。ディーゼルやPHEV、直4から直6まで、パワートレインひとつとっても可能な限りの選択肢を用意している, これまでMスポーツ・ディファレンシャル装着車しか試乗してこなかったが、それがなくてもハンドリングは予想通り悪くない。シャシーの素性がいいことは分かっていたし、FRらしいコーナリングが楽しめる。, ただし、このクルマはxDriveであり、日本で3シリーズのディーゼルを買おうとしたら4WDしか選べない。 BMWのFRを楽しみにしている方にとっては残念かもしれないが、xDriveは前後の駆動力配分を随時可変するシステムで、通常は前後がほぼ0:100の駆動力配分となる。必要な時だけフロントにトラクションをかけるので、4輪駆動であることを常に意識させられることはない。, 本国仕様には出力・トルク違いの「318d」、3リッター直6の「330d」も存在する。もちろん本国ならディーゼルでも後輪駆動仕様を選ぶことも可能(318dを除く)だ, そもそもフルタイム4WDにしなかったのは、燃費の向上以外にもBMWがオーナーの趣向や要望をきちんと理解していたからという理由もある。, ディーゼルエンジンとはいえレスポンスよく軽々と回り、4WDでもFRのような走りが堪能できる320d xDriveは、BMW好きの期待を裏切らない乗り味になっている。, 11月20日・21日、六本木ヒルズ・大屋根プラザにアストンマーティンのオールラインナップが集結, フェラーリ SF90 スパイダーがワールドプレミア! 進化したリトラクタブルハードトップを搭載 【動画】, 池沢早人師、21世紀の狼「アルピーヌ A110S」を駆る!【第3回:ツーリング&ユーティリティ編】, マイナーチェンジしたレクサス LSに最速試乗! レクサスの原点「老舗の味」を渡辺慎太郎が吟味する, 新型「キャデラック エスカレード」の日本導入スタート。2021年東京オートサロンで国内初公開【動画】, 世界で唯一のロードコースが千葉に誕生。コーンズがアジア初の会員制ドライビングクラブを2022年に開業【動画】, TOYO TIRES、ニュル24時間レースに向けて始動! 10年ぶりに挑戦する狙いとは【動画レポート】【PR】, BMW 2シリーズ グランクーペとメルセデス・ベンツCLAを国内最速比較! 渡辺慎太郎が吟味する, ヴァンテージの7速MTに試乗! 最新アストンマーティンを島下泰久がマニュアルで操る【動画レポート】, ルノー メガーヌ R.S. BMWは7月から、欧州向けの『2シリーズグランクーペ』(BMW 2 Series Gran Coupe)に2種類の新ディーゼルエンジンを搭載すると発表した。, 「グランクーペ」は、BMWの4ドアクーペに冠される名称だ。現行BMWのラインナップでは、『4シリーズ』、『6シリーズ』、『8シリーズ』にグランクーペを設定する。BMWは『2シリーズ』に、4ドアクーペのグランクーペを拡大展開した。メルセデスベンツ『CLA』と競合する小型の4ドアクーペとなる。, 2シリーズグランクーペは、スポーティかつエレガントな4ドアクーペだ。BMWによると、4シリーズと6シリーズで成功している4ドアクーペのコンセプトを、プレミアムコンパクトセグメントに導入し、ダイナミックなカリスマ性と表現力豊かなデザインを、日常の使い勝手と両立させているという。, この2シリーズグランクーペの欧州仕様車に、7月から2種類の新エンジンが搭載される。ひとつは、「218d」グレードに搭載される直噴2.0リットル直列4気筒ターボディーゼルだ。BMWの最新の「ツインパワーターボテクノロジー」には、2ステージターボチャージャーシステムと、ソレノイドバルブインジェクターを備えたコモンレール直噴システムが採用されている。BMW 2シリーズ・グランクーペ, この新しいエンジンは、最大出力150hp/4000rpmを発生する。最大トルクは35.7kgmで、1750~2500rpmの低回転域で引き出される。0~100km/h加速は6速MTが8.6秒、オプションの8速「ステップトロニック」は8.5秒だ。, もうひとつは、「220d xDrive」グレードに搭載される直噴2.0リットル直列4気筒ターボディーゼルだ。この直噴2.0リットル直列4気筒ターボディーゼルエンジンは、高出力版となっており、最大出力190hp、最大トルク40.8kgmを獲得する。インテリジェントな4WDと8速ステップトロニックを組み合わせて、0~100km/h加速7.3秒の性能を発揮する。, 220d xDriveの環境性能は、欧州複合モード燃費が22.2km/リットル、CO2排出量が119g/km。どちらのエンジンも、AdBlueインジェクションを備えたSCR触媒コンバーターを含む最新の排気ガス技術を採用しており、Euro 6d排ガス基準を満たしている。BMW 2シリーズ・グランクーペ, 2シリーズグランクーペでは、ドライビングダイナミクスの面において、プレミアムコンパクトクラスの新たな基準を打ち立てることを目指した。これを支える基盤になるのが、BMWの前輪駆動アーキテクチャだ。2シリーズグランクーペは、車台などの中核技術を、新型『1シリーズ』と共有している。, 最新のサスペンションセットアップや革新的な技術を採用し、すべてのドライビングダイナミクス関連のコンポーネントと制御システムを統合した。これにより、2シリーズグランクーペは、駆動方式FFとインテリジェント4WDのxDriveの両方で、より高い敏捷性を実現しているという。, 2シリーズグランクーペのフロントマスクは、新型1シリーズと共通イメージだ。BMWのアイコンの新しい解釈を表現したダイナミックなフロントマスクを構築する。わずかに角度の付いたヘッドライトは、フルLEDが標準だ。大型のキドニーグリルが装着されている。, ボディサイドでは、4つのフレームレスサイドウィンドウを備えた伸びやかなシルエットが特長だ。リアは、新型『8シリーズ』や『X6』のようなスリムなテールランプを採用した。テールランプの上には、ハイグロスのブラックバンドが配される。, 2シリーズグランクーペのボディサイズは、全長4526mm、全幅1800mm、全高1420mm、ホイールベース2670mmだ。低くスポーティなデザインにもかかわらず、ロングホイールベースによって、室内スペースを追求する。トランク容量は、430リットルとした。40:20:40の3分割で後席背もたれを倒せば、トランク容量が拡大できる。, 【VW ゴルフTDI 新型試乗】ディーゼル色は希薄だが、機能と価格のバランスが魅力…渡辺陽一郎, アウディ A6とA7スポーツバック に2リットルディーゼルを追加 マイルドHV搭載, 【BMW 2シリーズグランクーペ 新型試乗】3シリーズより軽快でピュアな走り…島崎七生人, 【MotorTrend】シボレー・カマロ vs BMW・M2、V6じゃダメなんですか…Head 2 Head, BMWの新世代EVは『iX』、500馬力ツインモーター搭載…発売は2021年内[動画], 日産 キャシュカイ 次期型、大型ディスプレイを激写!ブーメラン型ヘッドライトもくっきり. 少し前になりますが、この地球上からガソリンエンジンやディーゼルエンジンがなくなり、水素を燃料とする乗り物しかなくなったという設定の漫画がありました。, 主人公の少年が、ガソリンエンジンを積んだバイクを見つけそれに乗り、一躍ヒーローになるというストーリーなのですが、もしかしたら近い将来この漫画の様に、本当に化石燃料で動くものがなくなってしまう日が来るかもしれません。, 2016年10月1日から10月16日までパリにて国際自動車ショーが行われましたのですが、このイベントに関して日経新聞は、「今回のモーターショーはまるで『電気自動車祭り』のようだ」と紹介していました。, なぜそのようなイベントになってしまったかというと、現在のドイツ政府は、 文:佐野 弘宗/写真:篠原 晃一. BMW 2シリーズ グランクーペ、2種類の新ディーゼル搭載 7月から欧州で . ブローバイガスの油分をもう少し回収出来る様に出来ませんかね? 2014年11月:所有車X35d Mスポーツ, 確かに、フロントに回り込むとディーゼル音はしますが、不満なレベルではありません。 トロフィー Rに山田弘樹が挑む! 筑波サーキットでタイムアタックを決行【動画レポート】【PR】, ディーゼルでもスポーティ! アルファロメオのSUV「ステルヴィオ」を味わう【動画レポート】【PR】, SUV対決!「ポルシェ カイエン」の実力と魅力は最新のメルセデスやBMWに勝るのか?【動画レポート】【PR】, フォード GT40はいかにして神話になったのか。60年代の英雄たちの物語を辿る【Vol.1】, アストンマーティン初のSUV「DBX」試乗! プロトタイプとは思えない高い完成度を確認.