@“ì‹{è11221128‹{è‹ó`11591754”Ž‘½2340055–åŽi` たざわは、日本国有鉄道(国鉄)と東日本旅客鉄道(JR東日本)が盛岡駅 - 秋田駅・青森駅間を田沢湖線・奥羽本線経由で運行していた特急列車である。, 田沢湖線および、関連の深い北上線・奥羽本線横手駅 - 大曲駅 - 秋田駅間で運行された昼行優等列車の歴史・沿革についても記述する。, 「たざわ」は、1966年(昭和41年)10月20日の田沢湖線全通開業により、盛岡駅 - 秋田駅間で運行を開始した急行「南八幡平」を前身とする。1968年(昭和43年)10月1日に急行「たざわ」に名称を変更し仙台駅・盛岡駅 - 秋田駅の運行となった。1982年11月15日の上越新幹線開業に伴う東北新幹線の増発および田沢湖線全線電化に伴い、東北新幹線と接続する盛岡駅 - 秋田駅の電車特急列車となり、エル特急に指定された。1985年には青森駅まで運転区間が延長されている。, 1996年3月には秋田新幹線運行に向けた改軌をはじめとする工事のため田沢湖線全線が1年間全列車運休となったため、「たざわ」は運転区間を秋田駅 - 青森駅間に変更し、従来の「たざわ」の役割を担う特急「秋田リレー」が北上駅 - 秋田駅間(北上線経由)で運行された。この「秋田リレー」についても「たざわ」と同様エル特急指定がなされ、その後、2002年(平成14年)12月1日のダイヤ改正時にJR東日本管内で完結する列車についてエル特急の呼称が廃止されたため、JR東日本で最後に新設されたエル特急となった。また、経由の北上線が非電化であったことから、JR東日本発足以降唯一、自社保有の気動車で定期運行された特急列車でもある。, 1997年3月の秋田新幹線開業に伴い、「秋田リレー」は廃止。「たざわ」も「かもしか」に改称されて廃止された。, 秋田新幹線建設工事開始の時点で、「たざわ」は14往復運行されており、うち2往復が青森駅発着となっていた。この14往復が「秋田リレー」に変更され、「たざわ」は青森駅発着の2往復のみの運行となった。, 「たざわ」には、南秋田運転所(現在の秋田車両センター)所属の485系電車が使用された。, 「秋田リレー」には、南秋田運転所(現在の秋田車両センター)所属のキハ110系300番台が使用された。同系列唯一の特急形車両として落成したが、暫定運転であったことから普通車のみで、3 - 4両編成(北上駅発最終のみ7両編成)で運転された。運行終了後には200番台に改造されて、一般形気動車として使用されている。このうち長野総合車両センター所属の2両は2014年にジョイフルトレイン「おいこっと」に再改造されている[1]。, 本節では、列車沿革上密接な関連性が認められる田沢湖線や北上線、(エル特急「たざわ」、急行「きたかみ」などを中心に)奥羽本線横手駅 - 秋田駅間で運行された昼行優等列車の歴史・沿革を記述する。なお、エル特急「たざわ」後継列車となった新幹線「こまち」の詳細は「こまち (列車)」を、本節以外の奥羽本線で運用された優等列車については「つばさ (列車)#奥羽本線昼行優等列車沿革」を、1996年3月30日の田沢湖線改軌工事に伴って秋田駅 - 青森駅間で運行された特急「たざわ」やその後継の特急「かもしか」については、「つがる (列車)」を参照。, 「北上」・「きたかみ」は、かつて東北本線を走る急行列車名(前者は夜行列車、後者は昼行列車)であった。詳しくは東北本線優等列車沿革を参照。, 当時の列車号数は、現在のように下り奇数、上り偶数ではなく、上下ともども時間の早い順に1号・2号とつれられ、列車によっては「第1○○」・「第2○○」のように付けられた列車もあり、一度1968年(昭和43年)10月1日のダイヤ改正で「第1○○」・「第2○○」はやめた, この時「たざわ」に編入されなかった列車のうち、下り1本は山形発特急「つばさ1号」を青森駅まで延長する形で格上げ編入され、残り1往復は秋田駅 -, 『歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 通巻21号 釜石線・山田線・岩泉線・北上線・八戸線 23頁, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=たざわ_(列車)&oldid=79143817, ( )は、一部の列車が停車。また、小岩井駅と刈和野駅については、一部期間のみ数本臨時停車。, 下りの「第1南八幡平」と上り「第1南八幡平」・「第2南八幡平」は、奥羽本線大曲駅 - 秋田駅間で急行「千秋」に併結して運転されていた, 奥羽本線大曲駅 - 秋田駅間では、下り「たざわ1号」は急行「千秋1号」と、同「たざわ2号」は急行「きたかみ1号」と、上り「たざわ1号」は急行「きたかみ1号」と、同「たざわ2号」は急行「こまくさ」と併結して運転していた, 奥羽本線大曲駅 - 秋田駅間では、下り「きたかみ1号」は急行「たざわ1号」と、上り「きたかみ1号」は急行「たざわ1号」と併結して運転していた, 1971年(昭和46年)3月20日:仙台駅 - 秋田駅間を東北本線・北上線・奥羽本線経由で運行する臨時特急, 当初は臨時列車扱いで、市販の各時刻表には「当分の間運転」と記載された。なお、半年間は普通車のみの編成であったが、10月には, 1975年(昭和50年)11月25日:特急「つばさ」の電車化に伴い、車両運用の都合上「あおば」を廃止し、急行「きたかみ」に格下げ, 線内を3往復運転。仙台駅 - 秋田駅間が2往復(1, 2, 5, 6号)、青森発着は1往復(3, 4号)。, 11月15日:上越新幹線開業・東北新幹線本格開業に伴うダイヤ改正に伴い以下のように変更。. 1980年代.

・昭和43年:所属サロ481全車をクロ481-50番台に改造。 1990年代. 1970年代. è16181828”Ž‘½d“ì•Ÿ‰ª 57-11改正 上野口特急列車編成表(高崎・信越編) 57-11改正以降の上野駅に入線する特急列車の編成表です。 1983(昭和58)年4月現在でまとめています。 新前橋区185系については’83 新前橋電車区165系・185系編成表をご覧下さい。 ‚É‚¿‚è‚ñ(5)A‚©‚à‚ß(—ÕŽž0.5) TOMIXのクロ481セットを基本編成を基にしてひばり13両編成が組めるようになったのは先のブログの通りです。, もともとは13両のフル編成を目標としていたわけではないので、初期型のみの車両で集めていたわけなんですが。, 一方で昭和47年から485系クハ481は電気釜といわれた貫通扉付きの200番台が登場しており、中間車も200番台に準じた仕様で製造されました。, 当時ひばり運用を担当していた仙台運転所に所属のサロ481は全てこの200番台に準じた車両だったはずです。, そうなんです、その頃の仙台所属のサロ481はAU13クーラーを搭載した車両なんですよ。, 13両編成のひばりでは、AU12クーラー搭載のクロ481とサロ481が連なる編成って実在しなかったようなんですよね。, 仙台運転所のサロの経緯は以下の通りですから、13両編成化ひばりの登場時にはAU12搭載サロの配置はありません。, ・昭和40年:新製配置⇒サロ481-19~25(AU12搭載車) たざわは、日本国有鉄道(国鉄)と東日本旅客鉄道(jr東日本)が盛岡駅 - 秋田駅・青森駅間を田沢湖線・奥羽本線経由で運行していた特急列車である。. 正直、485系はなんだかんだで4編成あるんでしばらくはもういいです。 (寄せ集め車両による485系はつかり12編成にはモハユニットがもう1ユニット必要ですけどね) ... でも...1000番台は気にな … @“ì‹{è5581154”Ž‘½15302118“ì‹{è

‚©‚à‚ß(—ÕŽž0.5)A‚É‚¿‚è‚ñ(—ÕŽž1) 1972年(昭和47年)3月 山陽新幹線岡山開業に伴い,「つばめ」は岡山~博多・熊本間,「はと」は岡山~下関間に運転区間を変更.「つばめ」の車両は向日町運転所の481・485系に変更された.481・485系の「つばめ」は1975年新幹線博多開業まで続く.「つばめ」の時刻表を表20に示す.もはや,「つばめ」「はと」は特別な列車ではなくエル特急となった. 1990年3月. (寄せ集め車両による485系はつかり12編成にはモハユニットがもう1ユニット必要ですけどね), かもしか色の485系は別ですよ(笑) @”ì‘OŽRŒû13101358”Ž‘½, TcM'MM'Mc~2@Š—v—ÕŽž2 485系の動き 配置および編成・運用の移り変わり 金沢 ... 加越(8)、しらさぎ(2)(臨時+1)、北越(4)(臨時+1) 休 金沢950 1303名古屋1410 1807富山 富山540 838米原1029 1234金沢1335 1546米原1629 1835金沢 金沢1005 1216米原1400 1604金沢1705 1916米原1951 2247富山 富山601 708糸魚川738 849富山1131 1532名古屋1610 1920金沢 金沢1137 1346米原1500 1704金沢1849 2100米原2137 2344金沢 金 … 本項では、交流60 Hz対応の481系・交流50 Hz対応の483系ならびに交流50/60 Hz対応の485系を基本に信越線の協調運転にも対応した489系についても解説を行う。 1991年3月 1992年3月 1992年3月 1992年7月 1993年3月 1994年3月 1994年7月 1995年4月 1996年3月 1996年7 … 1975年3月. @²‰ê10461122”Ž‘½ 田沢湖線および、関連の深い北上線・奥羽本線横手駅 - 大曲駅 - 秋田駅間で運行された昼行優等列車の歴史・沿革についても記述する。 @¬‘q10051310²”Œ/²”Œ13101551¬‘q, M'M~14 M'Mc~3 Tc~8 Tsc~7 Thsc~7 T~5. @²‰ê11191158”Ž‘½d²‰ê15191558”Ž‘½, TscM'MM'Mc~7@Š—v6(—ÕŽž+1) 左:481系赤スカート、右:483系 : 485系0番台 485系0番台は、50Hz、60Hzの両方に対応した形式であるが、先頭車は481・483系と同じ形式。JR発足後も、東北から九州まで幅広く活躍した。 1987.3 「白鳥」:直江津駅: 1991.3 「白鳥」:青森駅: 1989.8 「加越」:金沢駅 1980年10月. 「しらさぎ」(名古屋~富山) 1964年、「雷鳥」とともに初の485系特急として登場した列車です。途中、583系が併用された時期もありましたが、485系では一貫して国鉄特急色の車両・編成が用いられ続けた、この車両系列を代表、というより”象徴”する特急・・・・・でした。 @“ì‹{èd‹{è703717‹{è‹ó`d“ì‹{è8071354”Ž‘½14302025“ì‹{è 1975年8月 1975年10月 1976年7月 1978年6月 1979年3月 1979年10月. 左:481系赤スカート、右:483系 : 485系0番台 485系0番台は、50Hz、60Hzの両方に対応した形式であるが、先頭車は481・483系と同じ形式。JR発足後も、東北から九州まで幅広く活躍した。 1987.3 「白鳥」:直江津駅: 1991.3 「白鳥」:青森駅: 1989.8 「加越」:金沢駅 @“쉄‰ª6061051”Ž‘½13301931‹{è‹ó`19572002“ì‹{è @“ì‹{è10381044‹{è‹ó`10591655”Ž‘½18302318“쉄‰ª

‚邽‚߂ɁC‰º‚è—ñŽÔ‚͍‘•{’ÁC‘åŠ_‚ɁCã‚è—ñŽÔ‚͏À’ÂɁC30•b’âŽÔ‚µ‚½DŒã•”•â‹@‚́C‚¢‚¸‚ê‚àC‘–s’†‚ɐ؂藣‚µ‚ðs‚Á‚½D‰^“]‚ðŠJŽn‚µ‚½“–Žž‚́u‰v‚É“W–]ŽÔ‚Í‚È‚­CŒÂŽº‚Ì‚ ‚éˆê“™Q‘äŽÔ‚ð˜AŒ‹‚µ‚Ä‘ã—p‚µ‚½D—‚1931”Niº˜a6”Nj‚ɐV»‚Ì“W–]ŽÔ‚ª˜AŒ‹‚³‚ꂽD“W–]ŽÔ‚͈ꓙŽÔ‚ŁCæŽÔ’èˆõ‚Í“W–]Žº‚ª10–¼Cˆê“™‹qŽº‚ª14–¼C“ñ“™ŽÔ‚ª120–¼CŽO“™ŽÔ‚ª226–¼‚Å‚ ‚Á‚½D. 485系電車(485けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が設計・製造した交流直流両用 特急形 電車である。. ・昭和48年:新製配置⇒サロ481-84~86(AU13搭載車), TOMIXの1975年当時の編成例として13両編成のひばりが載っていますが、クロもサロもAU12クーラー搭載の車両で組まれています。, 東北線系統としては、青森にAU12搭載のサロ481が在籍していたはずなので、ひょっとしてAU12クーラー搭載車で統一された13両編成も年代や故障車救援などによってはあったのかな?, ちなみに、保有車両を見てみたら、サロ481はもう一両ありますが、1000番台(TOMIXの単品旧製品、もちろん中古)。