キャストに結末を悟られないために3つのエンディングが撮影されており、そのうち2つはテリーが生存するものであった 。 予告編. どうもみやです。本日もお越しくださり、ありがとうございます! 手に汗握る演出と、予測のつかないドラマ展開に夢中になった視聴者も多い24シリーズ。中でもシーズン2は、シリーズ序盤の作品でありながら、24シリーズ最高傑作とうたわれています。そんな24シーズン2のあらすじをネタバレを含めて紹介します。また、主人公を演じたキーファー・サザーランドを始めとするシーズン2のキャストも紹介しています。一度観た方も、まだ見たことも無い方も、24シーズン2のあらすじをご覧ください。, 主人公のある1日(24時間)を、1シーズン24話かけて追う新感覚ドラマで日本を始め、海外で人気を集めた24TWENTY FOURシリーズで、最も人気が高いシーズン2のネタバレを含めたあらすじとキャストを紹介していきます。シーズン2では、シーズン開始から24時間以内に核爆弾の爆発をもくろむテロリストとの攻防を描いた一日がドラマの舞台です。, 24TWENTY FOURシーズン2は、シーズン1から18ヶ月後のある日の午前8:00から物語は開始します。米大統領の元にテロリストによる核爆弾攻撃情報が入り、残り24時間以内にテロ攻撃を阻止すべく、奮闘する主人公の一日を1話1時間で表現した作品です。シーズン1からのキャストも多く出演しています。, 24-TWENTY FOUR-シーズン2は、制作国アメリカでは、FOXネットワークにて2002年10月29日~2003年5月20日にかけて全24話が放送されました。日本では、2004年10月1日~10月10日にかけて複数回まとめて放送されました。1話・1時間のぺースで物語が展開されている独特の演出が、リアリティを増しているでしょう。, 24TWENTY FOURシーズン2は、シーズン1で妻を亡くした主人公ジャック・バウアーがCTU(アメリカの架空の連邦機関のテロ対策ユニット)を休職・キムと離れ失意の日々を送るある日、大統領の元にロサンゼルスに持ち込まれた核爆弾が、24時間以内にテロリストによって爆発されるとの情報が入ります。以下で、各話ごとのあらすじをネタバレを含めて追ってみましょう。, アメリカ合衆国初のアフリカ系アメリカ人大統領と活躍するデイビット・パーマーは、イスラム系テロ集団「第二の波」による核爆弾攻撃を24時間以内に阻止すべくCTUを休職中のジャック・ヴァウアーに電話をかけます。そして、電話を受け取った主人公ジャック・ヴァウアーは、パーマーに説得され、CTU復職することを決意します。, CTUの過去の捜査から、今回のテロ組織と繋がりがあると思わるウォルドの右腕エディの元を訪れたジャックは、エディから信頼を取り戻すことで仲間に引き入れることに成功します。一方、パーマーは会見を開き休暇中から予定変更したいきさつを釈明します。しかし、ベテラン記者ウィ―ランドに異変を嗅ぎつけれてしまいます。, 大量の爆弾とジャックを乗せたエディ達のバンは何故かCTUに向かい、ビル内に侵入します。異変に気付いたジャックは隙を見て大統領やCYUに危険を知らせようにも、NSA(国家安全保障局)に阻まれてしまいます。その頃、核爆弾の組立を行なっていた「第二の波」とCTU支部長のメイソン率いる市警による銃撃戦が行われ核物質が飛散してしまいます。, CTUでは、トニーの機転で爆発寸前で避難するも、多数の死者を出す大惨事は免れませんでした。バン中で甚大な被害を聞いたジャックは、CTUの爆発を阻止できなかったことを悔やむと同時にウォルドの居場所をつかみます。そして、ウォルドから、CTU爆破を持ちかけた人物がジャックの元部下であったニーナであることが知らされます。, その頃、ジャックとは別路線で捜査をしていたトニーは、イスラム系テロ組織「第二の波」のリーダーで核爆弾攻撃の実行者サイエド・アリと関わりがあると目星を付けたワーナー家へ事情徴収へ向かいます。ワーナー家では次女・マリーとテロリストナイールの結婚式が行われるところでした。しかし、長女・ケイトは、ナイールの素性を怪しみ、密かに探偵に捜査を依頼していました。, ジャックに捕まり、尋問を受けるニーナは、口を滑らせて主犯格ファーヒンの居場所を教えてしまいます。一方、パーマーは突然訪れた前妻シェリーから、軍がロサンゼルスから避難していることを聞かされ、内部の人間が機密を漏えいしたと感づきます。そして、内部に対する不信感から前妻シェリーに真相を探るように強力を求めてしまいます。しかし、シェリーは、彼に復讐するために訪れていました。, ニーナが吐き出したファーヒンの潜伏先ビザリアへジャックたちが現れます。内部へ潜入・爆弾のありかを聞き出そうとするも、異変に気付いたファーヒンに逃げられるも、拘束します。その頃、NSA長官のロジャーが抵抗勢力の束ね役ではと疑ったパーマーは、主席補佐官のノビックに彼の調査を命じます。, パーマーの釈明会見で大統領の異変を嗅ぎつけていたベテラン記者ウィ―ランドにより、「核の脅威が目の前に迫っているにも関わらず、大統領はその事実を隠蔽している」というニュース報道が流れてしまいます。その頃、サイエド・アリに繋がるファーヒンを尋問するため飛行機でCTUへ向かうも、彼はニーナの手で殺されてしまい、真相を知るのは彼女一人となりました。, ジャックたちを乗せた飛行機がミサイルに追撃されたことを確認したCTUは、完全武装した救助隊を派遣します。その頃、墜落後、軽傷で済んだジャックとニーナの前に、謎の特殊部隊が現れ発砲し始めます。やむを得ず手錠を外されたニーナは、ジャックと共に応戦するも、救助隊が現れると銃をジャックに突きつけ、大統領に核爆弾の情報と引き換えにジャック殺害の免責を要求します。, ニーナから逃げ出すことに成功したジャックは、チームと共に実行犯アリの隠れ家へ突入するも、監禁されたワーナー家の娘ケイトの姿だけが見えた。ジャックはアリの人相を知るケイトの協力を得て捜査を開始します。一方、シェリーの働きでジャック達を襲った特殊部隊が「コーラル・スネーク」でその資金源がNSAと判明し、パーマーは長官ロジャーへの不信感を募らせます。, いよいよNSA長官の裏切りを確信したパーマーは独断でロジャーを逮捕します。詰問に対し「知らない」の一点張りを通す彼にパーマーはさらなる強硬手段に出、真相を聞き出します。その頃、ケイトと共にモスクへ訪れたジャック達は、アリの礼拝が終わる時を待っていました。しかし、いくら待っても出てくる気配がなく、トラブルを察知したジャックが突入すると、目を疑う光景が映しだされます。, 身代わりに焼身自殺させ、地下に潜伏したアリは捕らえられます。その後の詰問にも口を割らないアリが発した最後にかけた電話番号に、思い当りのあったケイトは動揺します。そして、一向に口を割らないアリに対し、ジャックは、事実を話さなければ彼の妻子を1人ずつ射殺すると脅しにかかります。, 司令部では拷問を受けるロジャーから、パーマーがもっと防衛政策に力を入れるように故意に核を国内へ持ち込んだこと、そして、爆破を未然に防ぐために特殊部隊を追跡させていたことを明かします。一方、アリから核爆弾のありかを聞きつけたジャックがケイトと共にノートン飛行場へ向かうと、特殊部隊6人の死体が横たわっていました。, 見つけた核爆弾は偽物であることが判明、ジャックは本物のありかを聞き出そうとパイロットに尋問します。一方、ロジャーから前妻シェリーが陰謀に加担していた事実を知ったパーマーは彼女を追いだしてしまいます。CTUでは、放射能の影響で体を蝕まれたメイソンは、トニーを後任に任命し、去っていきます。, 本物の核爆弾を見つけるも起爆装置が除去できず、誰かが飛行機でセスナ砂漠まで運び自爆するしか被害を最小限に抑える方法がないことを知ったジャックは、パーマーにこの旨を報告し、自ら飛行機を操縦し始めます。一方、CTUでは、アリのアジトから押収した録音データの解読で、今回のテロ行為は、中東3各国が支援していた可能性が浮かび上がります。, 核爆弾積んだ飛行機から命拾いしたジャックは、救助ヘリでCTUへ向かいます。CTUでは、データの声紋認証により中東3ヵ国のテロ支援を確証を得るも、ミシェルだけが録音の真意を疑い、ジャックに相談します。そして護送寸前のアリから録音は合成であることを悟ったジャックは、ただちにパーマーに報告します。しかし、音声ねつ造の証拠がつかめないうちは、軍事報復は中止できないと言い渡されます。, 音声ねつ造の証拠を探すジャックの元に、一本の電話が入った。電話の主の指示で、ケイトを連れて指定された倉庫に向かうと、特殊部隊の7人目の隊員ウォレスが待ち受けていた。ウォレスは、ある人物からの依頼で、中東3ヵ国を陥れる音声をねつ造したことを明かします。一方、ロサンゼルスに戻ったパーマーは、ジャックの言葉が気になり、軍事行動に踏み切れずにいた。, 情報提供と引換にケイトをウォレスの元に引き渡し倉庫から出た瞬間、銃弾がジャック達を襲い、ウォレスが被弾します。ジャックはウォレスを救急センターへ連れていきます。その頃、核爆弾の情報が市民にも広がってしまいロサンゼルスを中心に暴動が発生しました。パーマーは州兵を率いて暴動を鎮圧するも、市民に死者が出るほどの大惨事を引き起こしてしまいました。, ウォレスの体から見つかった音声ねつ造の証拠が隠されたマイクロチップには、追跡装置が仕掛けられていた。そこでジャックは自身は追跡装置を持って囮となり、マイクロチップをCTUへ届けるようにケイトへ託します。そして、ジャックが音声ねつ造の証拠をつかんだとの情報を聞きつけたパーマーは即座に中東3ヵ国への攻撃中止を決断します。, 追跡装置を持ち出し囮になったジャックは、キングスレイという男に雇われた手下たちに捕まり、口を割らない彼は壮絶な拷問を受けていた。そして、マイクロチップを持っていたケイトもロサンゼルスで起こった暴動に巻き込まれてしまい、足止めを食らっています。一方、米副大統領のプレスコットの画策で、ホワイトハウスに閣僚たちが集められます。しかし、その中には大統領パーマーの姿はありませんでした。, CTUでは、本部から来たシャペルによりジャックの護衛打ち切りをトニー達が指示されていました。一方、ジャックは、強靭な精神力で部屋から脱出、ケイトを助け出すも、肝心のチップは破損していました。しかし、音声ねつ造のハッカーを突き止めたミシェルの情報を聞きつけ、その男のロフトで待ち伏せしていると、また以外な人物が現れます。, 一方、ホワイトハウスでは、プレスコットと彼に召集された閣僚たちが大統領の職務能力を問うテレビ会議が始まるのを待ち構えていた。しかし、ノビックに呼び出されたパーマーは、何も知らないまま会議室へ向かいます。, アレックスのロフトに現れた人物に真実を問うジャックに対し、パーマーへの復讐心から石油業界の大物キングスレイに加担していたこと、そしてアレックスを説得する見返りとして免責を求めます。その頃、パーマーが大統領職を解任、新たにスプレコットが大統領に就任したニュースが報道され、CTUではシャペルの指示でジャックへの協力が禁止されてしまいます。, ジャックに証言を求められたアレックスは、パニック状態を起こしてしまい不意をついて逃亡します。その頃CTUでは、ジャックへの協力を禁止されていながら援護を続けるトニーとミシェルが、本部のハモンドに気づかれ拘束されてしまいます。一方、軟禁されているパーマーは、訪れた顧問弁護士にキングスレイの調査を依頼します。, 一連の黒幕が、実業家のキングレイーによるものだと判明しました。彼の目的は、ロサンゼルスで「第二の波」による核爆弾爆発を起こさせ、それを中東3ヵ国が支援したように見せかけて米国と中東の戦争による原油価格の高騰を目論んでしました。しかし、本当の黒幕は、この事件の立案者でキングスレーに指示を与えていたドイツ人武器商人・マックスであることがシーズン終盤で発覚します。, ここまで、24シーズン2のあらすじをネタバレを含めて紹介しましたが、24シリーズが人気になったのは、脚本だけでなく出演するキャスト陣の演技力の高さも加わり、世界中でヒットしたでしょう。以下では、24シーズン2に出演したキャストを紹介します。, 主人公・ジャック・バウアーを演じるキーファー・サザーランドは、イギリス生まれでカナダ国籍を持つ俳優・声優・プロデューサーです。子役時代を得て1983年に映画デビューし、ドラマ「24-TWENTY FOUR-シリーズ」が世界中でヒットし、2006年度エミー賞ドラマ部門で主演男優賞を受賞します。, 24-TWENY FOURシーズン2のもう1人の主人公・デイビット・パーマーを演じた、デニス・ヘイスバートは、アメリカ・カリフォルニア出身の俳優です。1979年に俳優デビューを果たし、映画「メジャーリーグ」シリーズやドラマ「24」を始め、映画・テレビの両方で活躍し、日本へは2008年に来日しました。, 的確な指揮判断でスタッフを引っ張っていくエリート出身のトニー役を演じたカルロス・バーナードは、アメリカ・イリノイ州出身の俳優です。大学卒業後に舞台俳優として活躍後、ドラマ24シリーズではシーズン7まで出演しました。私生活では、「24」で共演したキーファー・サザーランドらとの交友関係がみられます。, 24シリーズでは、憎まれ役のポジションであったメイソン役を演じたザンダー・バークレーは、ニューヨーク出身の俳優であり、1980年代から映画やドラマで活躍し続けています。また画家や彫刻家としても活動しており、私生活では、24シリーズでニーナ役を演じた女優・サラ・クラークと結婚しています。, 24シーズン1では、CTUの職員としてテロ組織との間で二重スパイをしていたなど、謎多き女性として描かれたニーナを演じた女優は、サラ・クラークです。サラは、アメリカ・ミズーリ州の出身です。人気ドラマ「Dr.house」を始め、多くの映画・ドラマに出演しています。, 24シリーズと言えば、豪華なキャスト陣に、回を追うごとに、真の黒幕が次々と変わっていく予測のつかない展開に、思わず見入ってしまうことでしょう。24シリーズの中で、最も評価が高いとされているシーズンの魅力をあらすじとネタバレと共にもっと見てみましょう。, 24シリーズ1では主人公・ジャックたち部下に憎まれ口をたたく上司・メイソンの最期に思わず泣いてしまった視聴者もいるでしょう。メイソンは、シリーズ2の中盤で自ら殉職する道を選びますが、その決断と行動力に誰もが驚いたことでしょう。, どのシリーズでも、ジャックを軸に物語が展開されますが、特にシーズン2では、ドラマ後半あたりから視聴者の期待をいい意味で裏切る演出がなされ、視聴者の好奇心をそそります。また、シーズン2での、ジャックを中心に多数の視点を組み合わせて展開される複雑なストーリー仕掛けが、人気の理由の一つでしょう。, 24シリーズ2で起きた一連の事件の黒幕は、終盤まで名前が挙げられることのなかった人物でした。視聴者は、これまでCTUがリストアップした人物のうちの誰かが黒幕だろうと思うから、期待を裏切られた時の快感が、シリーズ最高傑作にさせたのでしょう。, 複雑に絡み合った物語の展開や手に汗握るシーンに魅力あふれるなキャスト陣まで、見る人を虜にしてきたドラマ24-TWENTY FOUR-の多くのシリーズの中で、初期の作品でありながらシリーズ最高傑作とうたわれるシリーズ2「核爆弾テロ事件」を、ここまでネタバレを含めたあらすじで紹介しましたがいかがだったでしょうか?一度視聴したことがある方もDVDで見てみませんか。, 24 TWENTY FOURシーズン2のネタバレあらすじ!シリーズ最高傑作?のページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。, 海外ドラマ「24 - TWENTY FOUR -」公式サイト。作品情報、キャスト情報、動画、スケジュール、番組視聴方法など。, 皆さんは、ドラマ「24-TWENTY FOUR-」をご存知でしょうか?2001年にシーズン1が放送された「24-TWENTY FOUR-」は現在でも人気を博しています。これから、このドラマを見たいと思っている人や、あらすじを知りたい人も多いのはないでしょうか。この記事では、そんなドラマ「24-TWENTY.

海外ドラマ24シーズン1の「第16話」15:00~16:00のあ... どうもみやです。本日もお越しくださり、ありがとうございます! 海外ドラマ24シーズン1の各話のあらすじと感想をまとめました。 ... どうもみやです。本日もお越しくださり、ありがとうございます! どうもみやです、本日もお越しくださり、ありがとうございます!

海外ドラマ24シーズン1の「第10話」9:00~10:00のあら... どうもみやです。本日もお越しくださり、ありがとうございます! そして、シーズン4〜6に出演していたオードリー・レインズとジェイムズ・ヘラーもメインキャストとして登場している。他にも過去のシーズンに出演したことのある人物として、中国のチェン・ズィーも …

テレビドラマシリーズ『24 -TWENTY FOUR-』(24)の第1シーズンは、アメリカ合衆国では2001年11月6日から2002年5月21日に放送された。シーズンではカリフォルニア州大統領予備選挙の1日を午前0時から描かれる。, シーズンのメインプロットはカリフォルニア州の予備選挙の日、民主党の大統領候補を争うメリーランド州出身のデイビッド・パーマー上院議員の暗殺未遂事件が中心となる。主人公は元デルタフォースでテロ対策ユニット(CTU)のロサンゼルス支局の捜査官ジャック・バウアーである。バウアーは暗殺計画の黒幕たちが自身の妻のテリーと娘のキムを誘拐したことで、事件に個人的にも関与してゆく。, フォックスは当初13話までしか発注していなかったが、序盤の好評を受け、フルシーズンの製作を決定した。, シーズンでは5人のメインキャラクターであるジャック・バウアー、テリー・バウアー、ニーナ・マイヤーズ、キム・バウアー、デイビッド・パーマーの他、悪役のマンディ(最初の3時間のみ)やアイラ・ゲインズ、ビクター・ドレーゼンの視点から描かれる。現在進行中の出来事と5人のキャラクターの関係から成る1日のシチュエーションは、以下のようなサブプロットを形成する。, 第1シーズンは午前00:00で始まって終わる。第1シーズンの前半はデイビッド・パーマー大統領候補を暗殺しようとするアイラ・ゲインズ率いるテロ組織との攻防が中心となる。彼らはジャック・バウアーの妻と娘を誘拐し、彼を脅してパーマーを暗殺させようとする。ジャックは最終的に妻と娘を奪還する過程でゲインズ一味を倒すが、そこで彼らを操っていた第二のテロリスト集団の情報につながる。第二の集団はこの日の事件の黒幕であるアンドレとアレクシス・ドレーゼンが首謀者である。, この日から二年前、ジャック・バウアーはデイビッド・パーマー率いる委員会の極秘決定により、スロボダン・ミロシェヴィッチの「影」であるビクター・ドレーゼンを暗殺するためにチームでコソボに派遣されていた。このナイトフォール作戦の秘密性を保持するため、委員会と工作員チームは互いの素性が隠されており、したがってパーマーとバウアーも互いを知らなかった。ドレーゼン兄弟はパーマーとバウアーが父を攻撃して妹と母を巻き込んで死なせたことを知り、パーマーを暗殺してバウアーにその罪を着せて投獄に追いやり、さらにその家族を殺害するというこの日の復讐計画を練ったのであった。, 最後の数話で、ナイトフォール作戦でバウアーのチームが暗殺した人物はドレーゼンの影武者であったことが判明する。本物のビクター・ドレーゼンはアメリカ合衆国政府の非公式の囚人として捕らえられており、ドレーゼン一味の真の目的は彼を解放することであった。, ビクターを奪還したドレーゼン一味がバウアーの娘のキムを再び攫って彼に再度パーマーを暗殺させようとすると、バウアーはパーマー死亡の偽情報を流す。キムは自力で脱出し、またドレーゼンはパーマーは未だ生存していることを知る。ビクターはCTU内通者のニーナ・マイヤーズにキムの死体が沿岸警備隊によって発見されたという嘘をジャック伝えて誘き寄せるように命じる。マイヤーズはもしもドレーゼンたちがジャックの殺害に失敗した場合、自分が内通者であることが露呈することを危惧しつつもジャックに嘘情報を教えた。, ドレーゼンたちの作戦は裏目に出てしまい、ジャックは彼らのアジトとなっている港に突撃して全滅させる。その後ジャックは沿岸警備隊に娘の亡骸を引き渡すように頼むが、警備隊員は死体は発見されていないと言われ、ニーナが内通者であると確信する。バウアーはジョージ・メイソンに連絡してマイヤーズの拘留を頼むが、その間に彼女は自分に不利となる情報をCTUのコンピュータから消去し、逃亡の準備を始めていた。CTUで保護されていたテリーはマイヤーズが内通者であったことに気付くと、マイヤーズはテリーを椅子に縛り付ける。マイヤーズは逃亡しようとするが、直前の所でCTUに戻ってきたバウアーによって妨害され、逮捕される。その後ジャックは胸に銃弾を受けて息絶えているテリーの姿を発見する。シーズンはテリーを抱きかかえて謝罪し続けるジャックの姿で幕を閉じる。, テリーの死という結末で終わった第1シーズンであったが、製作側は生存する結末も撮影しており、そちらはDVDボックスに特典として収録された。, 第1シーズンが何年の話なのかは述べられないが、後のシーズンで「ナイトフォール作戦」は1999年の出来事であると描かれる。第1シーズンでナイトフォール作戦はちょうど2年前のことであることが語られており、したがって同シーズンは放送年と同じ2001年であることが推測できる。しかしながらCTUのアレクシス・ドレーゼンのファイルでは彼の誕生日は1967年1月であり、シークレットサービスのファイルには35歳と記載されているため、第1シーズンは2002年の設定であることが覗える。脚本家たちは『24 -TWENTY FOUR-』の時期設定は「永遠に続く今」であると述べており、正確な日付と年は不確定となっている[4]。, 第1シーズンでは以後の全シーズンで使用されるスプリットスクリーンが導入される。編集技師たちは当初、オーバーラップさせるために別々のキャラクターを表示するボックスを望んだが、スティーヴン・ホプキンスはこれを使わなかった[5]。脚本家たちは最終回のテリー・バウアーの死を意図的に隠したがった。キャストに結末を悟られないために3つのエンディングが撮影されており、そのうち2つはテリーが生存するものであった[5]。, 第1シーズンの予告編は2001年4月から11月のあいだに放送された。予告編ではデイビッド・パーマーが史上初の黒人大統領になる可能性があり、またジャック・バウアーが大統領暗殺計画と自身の所属機関の腐敗を知ることが示されている。アメリカ同時多発テロ事件の発生を考慮し、予告編からは飛行機爆破のシーンが削除された[6]。, 第1シーズンはMetacriticでは27件のレビューで加重平均値は88/100となった[7]。キーファー・サザーランドはゴールデングローブ賞テレビシリーズ主演男優賞(ドラマ部門)とサテライト賞テレビシリーズ主演男優賞(ドラマ部門)を獲得した。2009年、第1シーズン最終回の「11:00 p.m. - 12:00 a.m.」は『TV Guide(英語版)』の歴代トップエピソード100で10位に選ばれた[8]。, The 9th Annual Screen Actors Guild Awards, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=24_-TWENTY_FOUR-_(第1シーズン)&oldid=80422296, ジャックはCTU捜査官のリチャード・ウォルシュから彼がデイビッド・パーマー暗殺計画関係者から追跡されているという知らせを受けると娘を探す計画を棚上げした。ウォルシュは同じくCTU捜査官のスコット・ベイラーと会うが、彼は殺されてしまう。マンディ(ミア・カーシュナー)は暗殺計画主導者のアイラ・ゲインズ(マイケル・マッシー)に死亡した(大統領候補の)カメラマンのIDを渡す。テリーが捜索している間、キムは自分と女友達のジャネット・ヨーク(ジャッキー・マックスウェル)が危機的状況にあることを理解する。途中からジャネットの父親アラン・ヨーク(リチャード・バージ)も捜索に加わる。ジャックとウォルシュは暗殺者から逃げようとするがウォルシュは射殺され、その寸前に彼はジャックにCTUの内通者の情報が含まれるカードキーを渡す。, ウォルシュのカードキーの解析結果はニーナ・マイヤーズ(サラ・クラーク)が内通者であることを示した。キムとジャネットは誘拐犯から逃げ出す一方、テリーとアランは捜索を続ける。, ジャックはウォルシュのカードの情報を基に捜査を続ける。CTUではニーナ・マイヤーズとジェイミー・ファレル(カリーナ・アロヤヴ)がジョージ・メイソン(ザンダー・バークレー)の命令に反してジャックを助けることに決める。ジャネットは病院に搬送され、キムはゲインズへと引き渡される。, パーマーはレポーターのモーリーン・キングスレー(デヴィカ・パリク)と会い、彼女は彼の息子のキース・パーマー(ヴィセラス・シャノン)が娘のニコール(メガリン・エキカンウォーク)を強姦した犯人を殺害したという情報源が2つあることを説明する。キムとリック(ダニエル・ベス)はゲインズのキャンプへと連れて行かれる。ジャックは車の中でゲインズに繋がる身元不明の遺体を発見する。アランとテリーはジャネットが手術を受けた病院で待っている。, ジャックとテリーは病院で再会し、ジャックは医師に誰もジャネットに近づけないように警告する。ゲインズはジャックに連絡してキムを誘拐したことを伝え、ジャックは彼の命令に従うことになる。テリーはキムを捜すためにアランと共に病院を出る。パーマーは家族全員が自分に隠し事をし続けていたことを知り、キングスレーが暴露する前に公表することを決意する。ジェイミーは遺体の身元確認を手伝い、ニーナは電話でテリーにそれが本物のアラン・ヨークであることを話し、一緒にいるアラン・ヨークが偽物であることを理解する。, ゲインズの命令に従い、ジャックはCTUに戻ってカードキーの解読作業を妨害する。しかし、すぐにニーナらが妨害に気づいて疑われる。テリーは偽アランからの逃亡を試みるが、ゲインズの仲間たちによって捕らえられる。, ニーナ・マイヤーズとトニー・アルメイダ(カルロス・バーナード)はジェイミーがCTU内部のスパイで、ゲインズと連絡を取り合っていることを突き止める。ゲインズの命令により、ジャックは機材を持ってパーマーが会見するサン・クラリタ発電所へと潜り込む。ジャックはテロリストたちが自分を暗殺犯に仕立て上げるつもりである事を理解する。, シェリー・パーマー(ペニー・ジョンソン・ジェラルド)はモーリーン・キングスレーにスキャンダルを暴露しないように説得する。キムとテリーがゲインズのキャンプで様々な問題を抱えるあいだ、ジャックはシークレットサービスからの逃亡を余儀なくされる。ニーナとトニーはジェイミーから暗殺計画の詳細を聞き出そうとするが難航し、一旦部屋を出た後に戻ってくると彼女は手首を切って意識を失っている彼女が発見される。, テリーは携帯電話を手に入れてジャックに電話をかけ、監禁場所の手がかりを与える。CTUではアルバータ・グリーン(タマラ・チュニー)が到着し、ジャックが逃亡中であることを職員たちに告げる。ジャックはジェイミーのコンピュータの情報に従い、ロサンゼルスの実業家のテッド・コフェルに近づく。, ジャックはコフェルのリムジンの運転手とすり替り、すぐさま家族の居場所を問い詰める。当初ジャックは何の情報も得られなかったが、コフェルの手首を折った際にセルビア語で罵られると一連の事件との繋がりを確信する。直後にコフェルは心臓発作で死亡する。その後ジャックはコフェルが連絡していたケビン・キャロル(アラン・ヨークになりすましていた男)に接触し、問い詰める。キャロルは自分の命を助けることと引き換えにジャックをテリーとキムの換金場所に連れていくことに同意する。ニーナとトニーはCTU内部の更なる内通者を警戒する。ゲインズの雇い主であるアンドレ・ドレーゼン(ジェリコ・イヴァネク)は用済みとなったテリーとキムの殺害を命じる。, ジャックはゲインズのキャンプに到着して家族と再会し、リックの助けを得てバンを手に入れる。ゲインズは意識不明のキャロルを発見し、ジャックの侵入を知る。ジャックたちはキャンプからの脱出に成功するがバンのタイヤを撃たれてしまう。ジャックとリックはゲインズの一味と銃撃を繰り広げるあいだ、テリーとキムは合流地点へと逃げる。リックは負傷するが、辛うじてジャックと共に逃げ切る。パーマーは息子のセラピストのジョージ・フェラガモと話そうとする際、秘密を守るために彼を殺そうとする者が内部にいることを知る。, ジャックとゲインズは最後の戦いを繰り広げた末、ゲインズは死亡する。ジャック、テリー、キムはヘリでCTUへと運ばれる。リックはゲインズとの関わりを罪に問われるのを恐れ、逃亡する。パーマーは検事にフェラガモ博士の死について話すつもりであったが、 カール・ウェブ(ザック・グルニエ)により阻止される。CTUでは第2の暗殺者がロサンゼルスに到着しており、依然としてパーマーの命が危険にさらされていることにニーナが気づく。, キャロルを含むゲインズの傭兵一味の残党たちはアレクシス・ドレーゼン(ミーシャ・コリンズ)によって一掃される。ジャックはCTUに戻ったが、家族と過ごす許可を与えられなかった。トニーはアルバータとライアン・シャペル(ポール・シュルツ)にジャックの行動について知っていることを伝えるのを拒否した。ニーナは病院でキムとテリーを護衛するが、彼らが依然として標的となっていることを察する。パーマーはジャックと自分の繋がりを知ると、今日の彼の行動を問い詰めるためにCTUに行き、ジャックとの面会を要求する。, ジャックとパーマーは顔を合わせる。パーマーは2年前に自身が許可したナイトフォール作戦にジャックが関わっており、彼がその際に部下を失った復讐を理由に自分を暗殺しようとしたのであると考えていた。その作戦の標的はビクター・ドレーゼンというコソボの男であった。ジャックは発電所での行動はゲインズに家族を人質にされたからであったとパーマーに説明する。2人は協力して自分たちへの復讐を企てている輩を探し始め、そしてナイトフォール作戦を手伝ったロバート・エリスの助けを得る。彼らはドレーゼンの息子が復讐を企てていることを知る。テリーは隠れ家での尋問で別居中のジャックとニーナの恋愛関係を知る。ドレーゼンの下で働く男は隠れ家を発見し、エリスを暗殺する。, キースはカールと密会する。パーマーのアシスタントのエリザベス・ナッシュ(カーラ・ゼディカー)は交際中であったアレクシスの正体を知り、打ち明ける。テリーとキムは隠れ家を襲ってきたアンドレの部下から逃げる。, 記憶を失ったテリーは旧友を頼り、一方でキムはリックの家へ向かった。ジャックはエリザベスにおとり捜査を頼むが、その最中に彼女はアレクシスを刺す。アレクシスに救命処置を施している最中、彼の携帯電話に着信があり、ジャックはアレクシスのふりをして通話を始める。, デヴィッドとシェリーはキースの証拠を巡って衝突する。キムはリックの家でダン(マシュー・キャリー)の兄のフランク・アラード(エドアルド・バレリーニ)と遭遇する。ジャックはアレクシスのふりをして彼の取引相手に会い、その内容が送電線を止めることであることを知るが、過去にジャックと諍いを起こしたエージェントのテディによって彼は死亡する。テリーはフィル・パーロウ医師(ヴィンセント・エンジェル)と共にテロリストが潜む自宅へと戻ってしまう。, ジャックの家族が行方不明となっていることを知ったニーナは彼に伝えようとするが、任務に集中すべきと考えるメイソンによって妨害される。テリーは自宅で記憶を取り戻そうとし、そこへトレーゼンのテロリストが襲撃する。パーマーは記者会見でマスコミにキースのことを公表する。キムはフランクの麻薬取引の現場に居合わせたことで逮捕される。ジャックとメイソンはアレクシスが送電を止めようとした場所を調べる。, キムは留置所へと連行され、警察は彼女の話を信じない。ジャックは国防省の秘密施設を発見してその警備チームに捕らえられ、テロリストがそこを狙っていることを責任者に警告する。ジャックは施設の者たちに武装させてドレーゼン一味の威嚇して撤退させ、ヘリで搬送されてきた囚人を無事収監する。ジャックは囚人の正体が2年前に殺したはずのビクター・ドレーゼンであったことを知り、衝撃を受ける。ジャックが攻撃が起こる前にドレーゼンを連れて施設から移動しようとした矢先、電力が遮断される。, パーマーはカリフォルニア州だけでなく、全11州の予備選で勝利する。キムはメラニー(ナヴィ・ラワット)の証言により留置所を出る。ジャックたちはアンドレたちからの攻撃を受けてしまい、ジャックはCTUの部隊が来る前に人質となる。ドレーゼンたちは下水道を通って施設を脱出してジャックを殺そうとするが、ジャックはアレクシスがまだ生存していることを話して取引に持ち込む。, シャペルがジャックのためにアレクシスを解放するのを拒否すると、ニーナはパーマーに助けを求める。パーマーとキャンペーン職員のパティ・ブルックス(ターニャ・ライト)は祝賀パーティーを抜け出す。キムはジャックの知らない間にテロリストに捕まる。, パーマーはシャペルの命令を覆し、アレクシスをジャックと交換させる。港ではアンドレとビクター・ドレーゼン(デニス・ホッパー)が負傷して生死を彷徨うアレクシスを回復させようとする。パーマーはパティがシェリーの差金で自分に近づいて来たことを見抜いており、解雇する。ドレーゼンたちはキムを人質にしてジャックを再び操り、パーマーを暗殺させようとする。キムは監禁されている倉庫から脱出し、水中へと飛び込む。アンドレはCTUの内通者と電話し、最新の情報を得る。内通者はニーナ・マイヤーズであることが明かされる。, パーマーは妻のシェリーへ離婚を告げる。ニーナはドレーゼンと共謀し、ジャックにキムの遺体が水辺で発見されたと言って罠に嵌めようとする。ジャックは港へ向かい、ドレーゼン一味との死闘を繰り広げる。ニーナは逃亡計画を聞いてしまったテリーを捕らえる。ドレーゼン一味を全滅させたジャックはニーナから聞いたキム死亡の情報が嘘であったを知り、そしてジェイミーを殺害する彼女が映る監視ビデオを見て内通者であることを知る。CTUに戻ったジャックはニーナの逃亡を食い止め、キムと再会する。さらにテリーを探すジャックであったが、見つかったのはニーナに殺害された彼女の姿であった。画面は死んだ妻を抱きかかえながら号泣するジャックを写しつつゆっくりと暗転する。, 第一幕では、傭兵グループがジャック・バウアーの妻と娘を誘拐することによって彼にパーマー議員の殺害を強要させる。これは最終的にジャックが家族を救出することで一段落となる。, 第二幕では、第二の暗殺者のとの攻防となる。CTUはテロリストを追い、ジャックは自分と議員が標的にされている理由を知る。, 最終幕では、一連の事件の黒幕が明らかとなり、彼はジャックと議員を排除するための最後の計画に移る, パーマー議員は娘が7年前に強姦された際に息子がその犯人を殺害したことを知り、それを巡って苦悩する。, シェリー・パーマーは夫に嘘を吐いて対立し、デイビッドは彼女が政治的野心の実現のために結婚したのだと理解する。, この日以前にジャックがCTUエージェントの横領を告発したことが彼と他のエージェントの間に亀裂を生む。.