ネタも被ってないし。, 確かに色々大変そうだね。 大変だなあ

でも、私が町中で見る女性の中には、ナオミ・キャンベルのようにサラッサラ直毛の人がいるんです!, 昔のティモテの宣伝(年が分かりますね)じゃないけれど、風になびく髪、指通りなめらかな髪が彼女たちの憧れ。, ヘアスタイルにかける時間も費用も半端なく、アメリカのヘア業界は黒人で持っていると言っても過言ではありません。, また、サラサラヘアへの憧れは、白人に近づきたいという劣等感の現れでもあり、彼女たちの髪の毛に対する意識は社会的なものでもあるんです。, 髪の毛や頭皮へのダメージも強く、下手な美容師に当たり、薬の量や塗布時間を間違えられると、皮膚に火傷を負ってしまうほど強力。, それでも黒人は小さな子どもの時からこのリラックサーを使い、縮れた毛をなんとかまっすぐにしようと必死です。, でも、もうお察しかもしれませんが、リラックサーのパッケージの女性と、先ほどのサラサラヘアのナオミ・キャンベルの髪質、どこか違うと思いませんか?, リラックサーを施した髪の毛は、まっすぐに見えても、ガッシガシで、決してサラサラには見えません。, これは、短くした髪を少しずつ取り、頭の形に沿って細かく編み込みを作り、頭に髪の毛の渦巻き線を作った状態。, ただ、家族の病気を治して欲しい時など、特別なお願いがある時は、ヒンズー寺院に出向き、大事にしてきた髪の毛を剃ってもらい、神に捧げるのだとか。, いや~、今まで余りにも黒人女性の髪の毛については、未知すぎて、映画を見入ってしまいましたよ・・・。, 泣く泣く剃って神に捧げた髪の毛が、黒人女性の付け毛になってると知ったら、インド人女性はどう思うんでしょうか・・・。, 黒人女性にしたって、自分の頭上に神頼みに使った髪が乗っかっているなんて知ったら、心苦しいの極みです。, パーマをかけたくても全然かからないサラサラ黒髪を引っさげて、真剣にリラクサーのパッケージを読み込む私。, 幼少時代から父親の仕事の都合で転校続き。小学校は国内外問わず5回も転校。英語漬になったは15歳から。

ただ、いつも不思議だったのが 彼女たちの髪の毛 。 黒人 の地毛ってもっとチリチリ、フワフワじゃなかったっけ? 昔の鶴瓶師匠みたいな・・・。 もしくは、ジャクソン・ファイブみたいな・・・。 でも、私が町中で見る女性の中には、ナオミ・キャンベルのようにサラッサラ直毛の人がい� もっとも古代縄文人は茶髪系だったという説もあるからDNA継承に基づく嗜好なのかも知れない, 白人も癖毛多いらしいよね~ 髪の悩みにより、世界へ向けて色々な技術が発達し、発信出来ているので、そこの部分の発想やアイディア、髪の文化は、社会貢献にもなっていると思います。 Write CSS OR LESS and hit save.

言われるのは必ず「白人になろうとしてる」, 知りたかったネタなので、管理人さんに感謝です。

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。, それを聞いちゃった後では、女の子たちは「長いストレートのユーラシア・ヘアこそが美しいのだ」と思ってしまうはず。その後の人生、ずーっとね。70年代では、カールヘアは黒人という誇りだった。アフロはデカいほうがよかったし、アフロはふわっふわでハッピーな感じだった。, 若いときの両親の写真を見ると、アフロは普通で標準的な髪型とされているし、三つ編みに編み込むのとか、ねじったり、ふわふわにしたり、ドレッドとかそういう黒人的な髪型はみんな普通だった。ウィッグとか付け毛とか縮毛矯正とか、50年前だったらどういう風に思ったんだろう。, 親が若かったころと今の時代とで何か変化があったんだろうかと不思議に思うよ。 やってる人は、たぶん正当化して「地毛を管理するよりカンタンだから」とか言う。でもあれはただ「自分の頭からあの髪が生えてるなんて恥ずかしい」っていう決まりわるい事実を認めるのがイヤなだけ。無意識かもしれないけど。, 稀に、アフロが好きじゃないからって言う人もいる。同意さえしないけど、心の底ではそう思ってるように見える。西洋社会は、黒人のアフロや、ナチュラルなスタイルを嫌ってる。奴隷制度の遺産。差別は先天的に、白人と黒人のどちらにも浸透してる。, 「陰毛のような髪(“Nappy Headed”)」っていう差別用語がある。知ってる?(訳注: ※ Nappyとはナプキン、おしめのことで、これは有名なひどい差別の言葉。Nappyというのは縮れたという意味で、Nappy hairというのは陰毛のことで、この英語が表現しようとしているものは、アフロをアンダーヘアとして比喩しているかと思われます…。現代では使ってはいけない言葉とされています), 最近の若い白人の子たちは、奴隷制度について、まるで「ただ人が人を所有していただけで、いつでもどこでも世界中であったこと」のように話している。「それはアメリカ独特のものであって、しかも人種差別的なものだった」と正しく理解せずに話しているように聞こえる。, 「自分自身は人間以下で、醜く、罪深い」と思わせる。長い時間をかけて、自分自身のすべての面をネガティブにとらえる。多くの世代が、染められた。だから黒人社会の中でさえ、肌の色によって善し悪しが決められてしまう。この精神的な足かせを外すことに、長い時間がかかった。これからもさらに時間がかかる。, ボブ・マーリーが言ってた「自分自身を精神的な奴隷制度から解放せよ」というのは、そういう意味だ。黒人は、技術的に法的に、奴隷制度から解放されている。しかし、メンタリティでは完全に解放されているとはいえない。特に、黒人が黒人を眺めるとき。そして髪の毛は、その一部だ。, 皮肉なことに、今日では、「髪はストレートで」とチェックする圧力が、白人からよりもむしろ黒人からかかるということだ。黒人女性が大人になって仕事をはじめるとき、他の黒人女性が彼らに言うのだ。ナチュラルヘア(黒人らしい髪)で仕事をやってる人は、あんまりプロフェッショナルではないと。, あらゆるネガティブな言葉が、彼らの髪型に対して言われる。ストレートヘアを強要する圧力は、とてつもなく強い。他の黒人女性は、ナチュラルヘアの女の子にこう言う。, 「あら、その髪、法律事務所という職場にふさわしいと思ってるの?あなた、それでプロフェッショナルに見えると思う?」これは、法律事務所だけでなく、あらゆる専門的な場所で応用される。アフロのように、ヘンで無造作なスタイルは、どの場所にも適さないと。, 問題は、黒人である彼らがとっても社交的だということ。なので、彼らの美的感覚は、常にみんなに合わせて、同じ方向に形づけられていくんです。「アフロの女性はあんまり魅力的ではない」というふうに。黒人男性は、黒人女性に、ストレートヘアを望むんです。, 僕は、ナチュラルヘアが好きな黒人男性です。僕は、付け毛(ハーフウィッグ)とか、カツラとか、髪を飾りつける美容的なものが好きじゃない。残念なことに多くの黒人女性はそういうものを着けている。別に僕が好きじゃないと考えていようと、そういうものなんだ。, 本当のところを知りたければ、韓国人とパキスタン人が、インド農民の髪の毛を、西洋の黒人女性たちに売ってるのを見ればいい。黒人女性たちは、黒人に見えると恥ずかしいという気持ちを減らしたいんだよ。ばかげている。, 要約すると:奴隷制度のころから、アフロのカーリーヘアは、醜くて受け入れがたいものだという汚名を着せられているんだ。【黒人男性】, ブリーチやカラーリングのダメージを受けすぎたら、黒人女性たちがしているようにカツラやハーフウィッグをする。黒人女性のきついカールは、ダメージケアのオイルが先端まで届かないから、髪が傷む。, 多くの差別とアンバランスな広告が、黒人女性が育つ環境にはまだたくさんある。それは否定できません。でも一部の人々にとっては、それは単なるファッションのためのチョイス。醜いと言われたからというわけではないと思う。【白人女性】, 黒人は地毛を処理するか、ウィッグをつけることを選ぶ。なぜなら彼らの仲間や、社会が、「そうしなければならない」と言ってくるから。魅力的に見えるため、そして職場にふわさしいプロフェッショナルの髪型に見せるために。, ただ、自分の髪の手入れが大変すぎることについて、文句は言ってた。すごく大変なんだよ、カールがきつくて、クシを通すのも大変。自分たちの髪を手入れするのは、好きじゃなかった。だから髪を短くしたがってた。子供だからね。子供はみんな、綺麗に整えておくのが苦手でしょ。, 一部の人にとっては、髪型を変えることは別に、社会的プレッシャーやステータスのためではない。単純にそれはチョイスの1つで、それはファッションだったり、ちょっとした手抜きのため。髪の手入れにかかる時間を、他のことに使いたいんだよ。, 女の子たちはみんな、自分を可愛くするためにサロンに行ってお金を払う。色やサイズの注文をする。社会的なプレッシャーは、すべての女性が感じているはず。できるだけ美しく、見た目よく。, そこには、彼らを美の最高峰として押し出すメディアによる、差別の例がある。多くの女性が、不健康的に、メディアが提示する理想を追いかける。しかし、特定の人種の女性だけが理想を追いかけることにプレッシャーをかけられていると言うことは、誤りです。, あなたがイメージした「キレイな髪」は、黒人女性が持ってるイメージと同じ。キレイになりたいという心があるけど、自分の髪は「キレイ」に必要な素質を持ってるタイプじゃない。だから借り物でもいいから、「キレイな髪」のイメージに近づけてるんだよ。, メディアの黒人女性たちですら、ストレートの髪をしてる…。だからこの髪はフツーじゃないし、世間に受け入れられるものじゃないって信じてしまった。「品のないチリチリ頭(Nappy Headed)」だって自分で思ってた…。いま考えれば、カワイイ髪型だったけどね。, でも14歳のとき、母親が美容室に行くとき、ついて行ったの。髪を落ち着かせ、縮毛矯正をかけて、切った。からかわれなくなって、周りとフィットしはじめた。でも、まっすぐになるようにずっと手入れをしなきゃいけない。そのうち突然、髪はキレイに伸びなくなった。, 21歳のとき、縮毛矯正やケミカルケアでの髪の傷みがあまりにひどいから、しばらくはウィッグやハーフウィッグをしようって決めた。自然に髪が伸びるまで、続けた。今は毎日、ナチュラルの地毛でいる。自分の髪に誇りを持っているわ。【黒人女性】, 私の髪は多くて縮れてて、見るからにおさえるのが不可能だった。毎週、熱いクシでホット・コーミングして、編んで、コーンローにしたり、頭皮をひっかくスカルプ・クラッチングしたり、洗って、潤いを与えたり…。だれもが、わたしと姉妹の髪は手入れがむずかしいって思ってた。, でもケミカルでストレートにしたら、手入れが簡単になったの。そのころの私は、すでに「白人と髪型について話すのが恥ずかしい」と感じてた。なんでストレートにしたかって聞かれたら、「手入れをラクにするため」って答えるはず。, でももう一人の小さな自分は、「白人のステレオタイプな美しさになりたい」っていう願望があったと認めてもいる。問題は、有色人種であることが簡単ではないということ。マイノリティであることは簡単じゃないし、周りやメディアで賛美されているようなことからは自動的に切り離されてしまう。【黒人女性】, 栄養分が毛根から毛先まで行き渡らない(シャンプーのコマーシャルとかは白人女性向き)。だから特定の長さで、文字通り裂けてしまう。白人女性(とかインディアンとかラテンアメリカとかたぶん他のみんな)の髪には、そんなに深刻にこの問題は発生しない。, でも全ての女性には、健康的に保つのには適した長さがある。黒人でない女性の髪は、長くなりすぎるとふつう、枝毛になる。黒人女性は6-8インチ。その他の女性は15インチまで伸ばすことができる。, 多くの黒人女性は髪を伸ばすことができないから、他の女性の髪(もしくはフェイクヘア)を使う。つけ爪やつけまつげと、何も変わらない。, 私の母や祖母は、黒人なんだけど、好きなだけ髪を伸ばすことができた。なぜかって?ハッキリは分からないけど、ネイティブアメリカンの血を少し引いていたから。祖母はハーフだったと思う。若い頃は、他の黒人の女の子たちに嫉妬されて、ひどい目にあっていた。, (参考)http://www.reddit.com/r/explainlikeimfive/comments/1ip4pq/eli5_ why_do_so_many_black_women_have_hair_weaves, 女性でも黒人でもないからわからないけど、黒人女性つけるウィッグに違和感があるのはわかる。女性は大変だなぁと関心するが、男性にはなかなかわからない領域だろう。, 内容も面白かったけど、なによりも