お父さん、お父さん! 私の娘が君の面倒を見よう 父親は恐ろしくなり 馬を急がせた

Es ist der Vater mit seinem Kind; Er hat den Knaben wohl in dem Arm, Er faßt ihn sicher, er hält ihn warm.

― ヴィルスト ファイネル クナーベ ドゥー ミット ミール ゲーン, Meine Töchter sollen dich warten schön ;

― "Mein Sohn, es ist ein Nebelstreif. 歌詞は、ドイツの詩人ゲーテによる同名の詩『魔王』から採られたもの。1782年の歌劇『漁師の娘(Die Fischerin)』のために作詞された。 挿絵:ゲーテ「魔王」挿絵(作:モーリッツ・フォン・シュヴィント Moritz von Schwind/1804–1871) 魔王が僕を苦しめる!. Es scheinen die alten Weiden so grau.

"Mein Sohn, mein Sohn, ich seh es genau, Es ist der Vater mit seinem Kind; 枯葉が風で揺れているだけだよ, "Willst, feiner Knabe, du mit mir gehn? 今になって色々社会勉強中。. 歌や踊りも披露させよう」, "Mein Vater, mein Vater, und siehst du nicht dort "Mein Vater, mein Vater, jetzt faßt er mich an! In dürren Blättern säuselt der Wind.

『魔王(Erlkönig)』は、オーストリアの作曲家シューベルトにより1815年頃に作曲された歌曲。, シューベルトがまだ10代の頃に完成された傑作で、1820年12月1日にウィーンの私的な集会で初めて演奏された。, 歌詞は、ドイツの詩人ゲーテによる同名の詩『魔王』から採られたもの。1782年の歌劇『漁師の娘(Die Fischerin)』のために作詞された。, 挿絵:ゲーテ「魔王」挿絵(作:モーリッツ・フォン・シュヴィント Moritz von Schwind/1804–1871), 熱を出した息子を医者に連れて行くため、息子を腕に抱いて夜の闇を馬で駆け抜ける父親。, 息子は高熱にうなされ、幻聴に襲われる。風に吹かれた枯れた葉や木々が、まるで魔王の囁きに聴こえるのだ。息子は結局途中で息絶えてしまう。, ゲーテの『魔王』のストーリーは、デンマークの伝承をベースにした『ハンノキの王の娘(Erlkönigs Tochter)』に基づくという。, 「ハンノキ」とは、カバノキ科ハンノキ属の落葉高木。「ハンノキの王」は、樹木の精霊の王という超自然的な存在として描かれている。, 『魔王』には、「語り手」、「父親」、「息子」、「魔王」の4人の人物が登場する。一人の歌手によって歌われるのが通常だが、4人の歌手によって別々に歌われることもある。シューベルトは4人をそれぞれ異なる音域に配置し、それぞれに固有のリズムを持たせている。. ― エス イスト デル ファーテル ミット ザイネム キント, Er hat den Knaben wohl in dem Arm, マイン ファーテル マイン ファーテル ウント ヘーレスト ドゥー ニヒト, Was Erlenkönig mir leise verspricht ?

ドゥー リーベス キント コム ゲー ミット ミール, gar schöne Spiele spiel’ ich mit dir ; ", 魔王:「お前が大好きだ。可愛いその姿が。 Mein Sohn, was birgst du so bang dein Gesicht ?

"Siehst, Vater, du den Erlkönig nicht? エル ファスト イーン ズィッヒャー エル ヘルト イーン ヴァルム, Mein Sohn, was birgst du so bang dein Gesicht ? In seinen Armen das Kind war tot. ガール シェーネ シュピーレ シュピール イッヒ ミット ディール, Manch’ bunte Blumen sind an dem Strand ;

あれが見えないの? Erlkönig hat mir ein Leids getan! エルルケーニヒステヒテル アム デュステルン オルト, Mein Sohn, mein Sohn, ich seh’ es genau : ドイツ語の Erlkönig は文字通りには「ドイツおよびデンマークの伝承では魔王は死の前兆として登場し、その意味ではアイルランドの別の解釈としては、妖精の王に触れられた者は必ず死に至るという伝承が元になったという説もある。 魔王翻訳. ザイ ルーイヒ ブライベ ルーイヒ マイン キント, In dürren Blättern säuselt der Wind. 王冠とシッポをもった魔王が Und wiegen und tanzen und singen dich ein, <語り手> ズィースト ファーテル ドゥー デン エルルケーニヒ ニヒト, Den Erlenkönig mit Kron’ und Schweif ? ", 魔王:「素敵な少年よ、私と一緒においで Wer reitet so spät durch Nacht und Wind? お父さんには魔王が見えないの? Gar schöne Spiele spiel ich mit dir; マイン ファーテル マイン ファーテル イェッツト ファスト エル ミッヒ アン, Erlkönig hat mir ein leids getan ! イッヒ リーベ ディッヒ ミッヒ ライツト ダイネ シェーネ ゲシュタルト, Und bist du nicht willig, so brauch’ ich Gewalt.“ ― マイン ファーテル マイン ファーテル ウント ズィースト ドゥー ニヒト ドルト, Erlkönigstöchter am düstern Ort ? Meine Mutter hat manch gülden Gewand.

あれは灰色の古い柳だ, "Ich liebe dich, mich reizt deine schöne Gestalt, ", お父さん、お父さん! 息子よ、確かに見えるよ ―. エル ヘルト イン アルメン ダス エヒツェンデ キント, Erreicht den Hof mit Mühe und Not ; いやがるのなら、力ずくで連れて行くぞ」 Und bist du nicht willig, so brauch ich Gewalt." エルライヒト デン ホーフ ミット ミューエ ウント ノート, In seinen Armen das Kind war tot. エス シャイネン ディー アルテン ヴァイデン ゾー グラオ, „Ich liebe dich, mich reizt deine schöne Gestalt ; マイン ゾーン ヴァス ビルクスト ドゥー ゾー バング ダイン ゲズィヒト, Siehst, Vater, du den Erlkönig nicht ?

『魔王』の話はデンマークで「Elveskud」と呼ばれる伝説に基づいており、その伝説に従って書かれたデンマークのバラードをヨハン・ゴットフリート・ヘルダーがドイツ語に翻訳した『ハンノキの王の娘』(Erlkönigs Tochter)がゲーテの詩の元になっている。 マイン ゾーン エス イスト アイン ネーベルシュトライフ, „Du liebes Kind, komm, geh mit mir !

マイネ テヒテル ゾッレン ディッヒ ヴァルテン シェーン, Meine Töchter führen den nächtlichen Reihn. ―

Was Erlenkönig mir leise verspricht?" イン デュレン ブレッテルン ゾイゼルト デル ヴィント, „Willst, feiner Knabe, du mit mir gehn ? Erreicht den Hof mit Müh und Not; ― 暗がりにいる魔王の娘たちが! Er hält in dem Armen das ächzende Kind, <語り手>

Den Erlenkönig mit Kron und Schweif?" ― Wer reitet so spät durch Nacht und Wind? ― ―

夜の風をきり馬で駆け行くのは誰だ? Manch bunte Blumen sind an dem Strand, ヴァス エルレンケーニヒ ミール ライゼ フェルシュプリヒト, Sei ruhig, bleibe ruhig, mein Kind ! イン ザイネン アルメン ダス キント ヴァール トート, 現代のドイツ語ではrは多く母音化してヴェーァのような発音になりますが、歌では古い発音を保つのでヴェールと発音します。rのルは舌を震わせる音です。(以下同様), ただし語によってもちろん発音のされ方は変わります。werのrは下のreiten等に比べると弱い音です。, hat has 持つ ドイツ語は進行形が無いのでこの場合はこれで抱えた状態でいることを表します。, warm warm 暖かい ドイツ語は形容詞が副詞になるのでこれで”暖かく”という意味になります。, den Erlkönig 魔王を(日本語でいうと魔王が) ErlはErleで”はんのき”のこと。königは王, Es これは形式上の主語で、本当の主語はdie alten Weiden 年老いた柳, ~ihn warm.というところとwar totが対照をなして強い効果がありますね。, 魔王はちょっと怖いですが、ゲーテの詩には美しいものがたくさんありますから、興味がある人は是非読んでみてください。, 対訳でのせられている訳は逐語訳的なもので、美しくはないので、他のものと合わせて見るのもよいと思います。, シューベルトの他のリートについてはいくつか記事を書きましたから、興味があれば読んでみてください。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 大学では社会情報を専門にするも、音楽と語学の勉強に勤しんだため見事な情報弱者となる。 落ち着くんだ坊や

), <オーガニックコーヒーを箱買い>小川珈琲店の有機ドリップコーヒーがおいしくておすすめ. 魔王のなりたち; シューベルト作曲・ゲーテ作詞魔王.

キレイな花も咲いて Wer reitet so spät durch Nacht und Wind ? ― Dem Vater grauset's, er reitet geschwind, Meine Töchter führen den nächtlichen Reihn, Und wiegen und tanzen und singen dich ein.“, Mein Vater, mein Vater, und siehst du nicht dort. マイネ ムッテル ハット マンヒ ギュルデン ゲヴァント, Mein Vater, mein Vater, und hörest du nicht, (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); シューベルトの魔王は「野ばら」等と同じようにゲーテの詩にシューベルトが歌詞をつけたものです。, 今回はシューベルトの魔王をゲーテの書いた原詩で味わうためにドイツ語の歌詞とその意味を紹介します。, 魔王はもともとゲーテの詩ですが、 Herderの訳したデンマークの物語詩に基づいて1782年につくられたものです。, Erlkönigという題はHerderの語訳で、本当ならElfenkönig(妖精王)とすべきだったようですが、しかしそれがかえってゲーテの詩想を刺激することになります。, Erleがハンノキを表しますから、Erlkönigで樹木の精の王を想像させたようです。, 「1815年12月のある午後、そのころヒンメルプフォルトに父親とともに暮らしていたシューベルトを訪ねると、彼はゲーテの魔王を大声で読んでいた。彼は本を持って部屋野中を歩き回っていたが、そのうち急に座ってものすごい速さでこの曲を紙に書いた。」, Wer reitet so spät durch Nacht und Wind ? Jo Van Nelsen - Der Erlkönig, https://www.youtube.com/watch?v=ca9827m3HUc, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=魔王_(ゲーテ)&oldid=78847150. デム ファーテル グラオゼッツ エル ライテット ゲシュヴィント, Er hält in Armen das ächzende Kind, Er faßt ihn sicher, er hält ihn warm. エルルケーニヒ ハット ミール アイン ライズ ゲターン, Dem Vater grauset’s, er reitet geschwind, 父親は子供を腕にかかえ

Mein Vater, mein vater, jetzt faßt er mich an ! 魔王が僕をつかんでくるよ! Erlkönigs Töchter am düstern Ort?" しっかりと抱いて温めている, "Mein Sohn, was birgst du so bang dein Gesicht?"

Er hat den Knaben wohl in dem Arm, 今回はシューベルトの魔王をゲーテの書いた原詩で味わうためにドイツ語の歌詞とその意味を紹介します。 シューベルト作曲の魔王 Erlkönigを聴く. 腕の中の息子は息絶えていた. Mein Vater, mein Vater, und hörest du nicht. デン エルレンケーニヒ ミット クロン ウント シュヴァイフ, Mein Sohn, es ist ein Nebelstreif.

Meine Töchter sollen dich warten schön; ", 息子よ、何を恐れて顔を隠す? 『魔王』(まおう、Der Erlkönig)は、ゲーテの詩。超自然的な存在である魔王(本稿の伝承の節も参照のこと)によって襲われた子供の死を描写している。この詩はゲーテによって1782年のジングシュピール『漁師の娘』(Die Fischerin)の一部として作詞された。, この詩は多くの作曲家によって歌曲の詞として用いられた。中でも最も有名なのがシューベルトによるD328, Op.1である。これはシューベルトの生前において彼の最も有名な歌曲であった。他にもカール・レーヴェによって同時期に作曲されたものなどが知られる。, ヨハン・ゴットフリート・ヘルダーが訳したデンマークの民間のバラード「エルケーニヒの娘」をもとに、ゲーテが自由に作り直したものである[1]。, ゲーテの詩は、少年が父によって馬に乗りながら家へ連れ帰られる途中の場面から始まる。“Hof”は「宮廷」の意味もあるが、「庭」や「農場」なども意味し、最終的に連れ帰られた場所は明確ではない[2]。, 当初この詩は、子供が漠然とした病名不明の病気で危篤状態にあり、死神の妄想を見ているだけではないかという印象を与える。その後、詩はより奇怪な展開を見せ、子供の死によって幕を閉じる。, 一説によれば、ゲーテが友人宅を訪れた際、夜遅くに暗い人影が何かを抱え、馬に乗って急いで門を通っていくのを見たという。翌日ゲーテと友人は、農夫が病気の息子を医者のところへ連れて行ったのだと教えられた。この出来事と後述の伝承とが詩の主な着想になったという。, なお、上記のジングシュピールでは、冒頭において漁に出た花婿と父の帰りを待つ娘ドルトヒェン(Dortchen)が網の修繕をしながら口ずさむ形でこの詩は登場する。初演に当たっては、この娘役の歌手コローナ・シュレーター(ドイツ語版)が自身で詩に作曲したが、その音楽は簡素で民謡調の長調の曲である。実際、ゲーテが好んだカール・フリードリヒ・ツェルターやヨハン・フリードリヒ・ライヒャルトもシュレーター同様に民謡調の音楽をこの詩に付けている。, シューベルトが1815年に作曲した『魔王』は、このゲーテの詩を歌詞にした1人の歌手とピアノのための歌曲である。シューベルトはこの曲を3回改稿し、第4版を1821年に『作品1番』として出版した。彼の死後は、オットー・エーリヒ・ドイチュの分類によりD.328の番号で識別されている。1820年12月1日にウィーンの私的な集会で初めて演奏された。一般への初演は1821年3月7日にウィーンのケルントナートーア劇場で行なわれた。, 4人の登場人物、すなわち語り手、父親、息子、魔王は1人の歌手によって歌われるのが通常であるが、4人の歌手によって別々に歌われることもある。シューベルトは4人をそれぞれ異なる音域に配置し、それぞれに固有のリズムを持たせている。またそれぞれの人物に異なる声音を使おうとする歌手が多い。, 『魔王』は恐怖を呼び起こす素早い音階の演奏と、馬の早駆けを模したオクターヴ奏法の3連符から始まる。後者のモチーフは作品全体を通して用いられる。息子の叫びは後になるほど高く、大きくなっていく。終わり間近では音楽が早まることで父親が馬を急がせることを表現する。目的地への到着とともに音楽はゆっくりとなり、ピアノは一旦止まる。「その腕の中で子は死んでいた」と歌われ、劇的な終止で結ばれる。, この作品は歌唱・演奏が極めて困難な曲として知られる。歌手は登場人物を演じ分けることを要求され、伴奏のピアニストは詩の劇的さと切迫性を表現するために、和音とオクターヴの素早い繰り返しを演奏する必要があるためである。, 『魔王』の話はデンマークで「Elveskud」と呼ばれる伝説に基づいており、その伝説に従って書かれたデンマークのバラードをヨハン・ゴットフリート・ヘルダーがドイツ語に翻訳した『ハンノキの王の娘』(Erlkönigs Tochter)がゲーテの詩の元になっている。これはヘルダーが1778年に出版した『歌の中の人々の声』(Stimmen der Völker in Liedern)という民謡を集めた本に収録されている。ただし、ヘルダーの作品は結婚式を控えた男を魔王の娘が襲う内容で、ゲーテの詩とは大きく異なっている。, 魔王(Erlkönig)がどのようなものであるかは様々な議論がある。ドイツ語の Erlkönig は文字通りには「ハンノキの王」を意味する。対応する英語の Erlking は通常「妖精の王」(Elf King)と解釈されるが、それに当たるドイツ語は「Elfenkönig」になる。よく聞かれる説としては「Erlkönig」がデンマーク語で妖精の王を意味する「ellekonge」または「elverkonge」の誤訳だとするものである。しかし、ゲーテはむしろその「ハンノキの王」から、樹木の精霊の王として魔王を設定し、想像力を膨らませたのである。, ドイツおよびデンマークの伝承では魔王は死の前兆として登場し、その意味ではアイルランドのバンシーに似ている。魔王は死に瀕した人物の前に現れる。魔王の姿かたちや表情が、これからその人物に訪れる死の内容を表す。苦しい表情であれば苦しい死であるし、穏やかな表情であれば穏やかな死であるという。, 別の解釈としては、妖精の王に触れられた者は必ず死に至るという伝承が元になったという説もある。, 日本では『魔王』の題名で親しまれている。シューベルトの歌曲として大木惇夫と伊藤武雄の共訳とともに中学校の音楽の教科書に載っており[3]、授業で触れられるため、ゲーテの詩の中でも一般に対する知名度がとくに高いものの一つである。ただ一部では、歌詞の内容から「『魔王』ではなくて『死神』が正しいのではないか?」という意見もある[要出典]。, 日本語訳は数多く、たいていの『ゲーテ詩集』に入っている。訳したのは、幡谷正雄、藤森秀夫、大山定一、高橋健二、竹山道雄(岩波文庫『ゲーテ詩集』二)、小塩節(『Die Liebe ゲーテ詩集』北水)、星野慎一、井上正蔵、生野幸吉(『ゲーテ全集』)などである。, https://books.google.com/books?id=0AY1AE3zV6AC&pg=PA32, Hypnotic Grooves feat.