元プロ野球選手であり、南海ホークスにおいて通算23年の監督人生で1773勝を挙げ、プロ野球史上最多勝監督として知られる故・鶴岡一人氏の言葉である。, 巨人の原辰徳監督も今年の9月11日に通算1067勝を挙げ、故・川上哲治氏の通算勝利数を上回り、球団歴代1位に躍り出たが、鶴岡氏の勝利数と比較すれば、まだまだ…それだけに含蓄のある言葉だと感心してしまう。しかし、である。, 元プロ野球選手、高木豊氏が自身のYouTubeチャンネル〈高木豊 Takagi Yutaka〉において、10月15日に〈【コンビニ感覚で車を購入!?】一般人には理解できない二世野球選手事情について語ります!〉とタイトルをつけ投稿したところ、視聴者のコメント欄に、〈グラウンドでお金を拾わなくても、銀行口座に有った。〉と冗談めかしてヤユされる元プロ野球選手がいた。ご存知、長嶋茂雄氏の長男であり、現在はタレントとして活躍している長嶋一茂氏である。, 高木氏いわく、身体の強さ、肩の強さ、ボールを遠くへ飛ばす力(打力)は、父親を超える素質があったと絶賛された一茂氏。しかし、「コンプレックスから人の成長は始まるじゃない?」との持論を高木氏は持っており、「ハングリー精神がない」「育ちがいい」…ゆえにプロ野球界では大成しなかったのではないかと分析した。, また、高木氏はあくまで“一説”“聞いた話”であり“真実かどうかは別問題”と断りながら一茂氏の口座には学生時代に絶えず500万円ほどが入金されていたという噂があると話した。さらに“本当に聞いた話”と前置きして、一茂氏はキャッシュカードで車を買いに行ったという話も紹介した。, 現在、コメンテーターなどで目にする一茂氏は、金持ちキャラを活かしつつ、視聴者目線の意見が好感を持たれているように見受けられる。「素質」と「適性」は、また別の話になるのかもしれない…などと考えさせられた。, 「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…, ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…, “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…, ふわしゅわ食感がクセになる! 『ベイクチーズタルト』の新作「チーズスフレ」が魅力的, そのまま飲むだけじゃもったいない! 「午後の紅茶」を使ったアレンジティーレシピとは?.

アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?.

高木 豊(たかぎ ゆたか、1958年 10月22日 - )は、山口県 山口市生まれ 、同県防府市育ち の元プロ野球選手(内野手・外野手、右投左打)・コーチ、野球解説者、野球評論家、YouTuber、タレント。 二塁手シーズン守備率日本記録保持者(.997)。 copyright(c)TOKUMA SHOTEN@All Rights Reserved. 元プロ野球選手、高木豊氏が自身のYouTubeチャンネル〈高木豊 Takagi Yutaka〉において、10月15日に〈【コンビニ感覚で車を購入! 8月7日発売のフライデーでは、元プロ野球選手の高木豊さんの再婚を報じています。 そのお相手は2018年に開設した、自身のユーチューブチャンネルのアシスタントを務める女性だということ。 なんと19歳年下の超美女なのです! 高木豊の再婚相手はYoutTubeアシスタント!