銘柄によっては、もう少し株価上昇あるかもしれない。 ・遠隔医療 テクマトリックス(医療情報の保管・活用・共有) 2350円 2935円(2/13) 1.2倍 2563円

日清食品ホールディングス(2897)過去10年間の株価月間上昇・下落率一覧表を掲載。上昇・下落しやすい月など推移がわかります(過去10年間で8回以上!上昇・下落した月がある他の銘柄も探せます)。また、チャートや年間高値・安値、配当金、株主優待なども掲載しています。 ハウス食品グループ本社(2810)の株価の推移と特徴について知りたいです。ハウス食品のチャートや配当の実績や株主優待、今後の株価の予想についてはどんな感じですか?, 食品業界大手のハウス食品。業績は絶好調で株価も直近10年で右肩上がりの上昇基調です。 【6082】ライドオンエクスプレスホールディングスは+202%!【2484】出前館は+280%!!, 新型コロナによる外出自粛を背景に、UberEatsや出前館といったフードデリバリーで特需が発生しています。, 新型コロナをきっかけにUberEatsや出前館を利用するようになった人は非常に多く、UberEatsの配達員という新しい働き方も話題になるなど、フードデリバリーはニュースでも話題になることが増えています。, フードデリバリーは新型コロナ以前から外食産業の成長エンジンとなっており、新型コロナはあくまで成長を加速させたに過ぎません。新型コロナ収束後にも市場拡大は続くものと見られます。, 今回は、堅調な市場拡大を続ける外食市場の中でも急成長セクターとなっているフードデリバリーに関連した銘柄に注目していきます。, 従来は、寿司やピザ、ラーメンといった一部の飲食店のみがデリバリーサービスを手掛けていましたが、デリバリーサービスを行う飲食店が増加しています。, 日本の外食産業を統括する日本フードサービス協会によると、加盟店舗の合計売上高が2018年6月まで22ヶ月連続で前年同月を上回っており、外食産業は堅調に市場を拡大しています。, 外食・中食市場情報サービス「CREST」を提供するエヌピーディー・ジャパンによると、2016年から2017年に掛けてのフードデリバリー市場規模は前年比+11%増の4,039億円となっています。, また、日本の外食産業におけるデリバリー比率は3.2%で、イギリスの8.6%や中国の7.0%、ドイツの6.6%の半分に過ぎず、まだ成長の余地が大きいと見られています。, この急成長市場を逃さまいと、マクドナルドや吉野家を始めとした大手外食チェーン店各社がデリバリーサービスに力を入れています。, 特に、日本のデリバリー市場が急成長を遂げた背景には、アメリカの大手ライドシェア企業Uberが参入したことがあります。, 一例を挙げると、外食チェーン大手のマクドナルドは独自のデリバリーサービス「マックデリバリー」を手掛けるとともに、2017年6月からUberと提携して「UberEATS」を導入しています。, 「UberEATS」とは、多くのお店のデリバリーサービスを注文することができるスマホアプリで、マクドナルドやケンタッキーなどの大手チェーン店から個人店まで多くの料理店が登録されています。, 「UberEATS」で注文した料理の配達は、その料理店が行うのではなく、「UberEATS」に登録したドライバーが行います。, 店舗側は料理を用意するだけで自前の配送員を用意する必要がなく、手軽にデリバリーサービスを開始できる点から注目が集まっています。, Uberは、本業のライドシェア事業は白タクとして規制されているため、日本で中々存在感を発揮できていませんが、デリバリーサービスにおいては大きな影響力を発揮し始めているのです。, フードデリバリーサービス「出前館」を運営する【2484】出前館は、フードデリバリー関連銘柄の代名詞的な銘柄です。マーケットにおいては、フードデリバリー関連銘柄=出前館と言っても過言ではありません。, なお同社は2019年11月29日付で「夢の街創造委員会」から「出前館」へと社名変更しています。, 同社の株価は、2020年1月初めには1,105円を付けていましたが、コロナショックでは3月13日に524円まで売られました。, つまり2月や3月の段階では、まだ出前館には大きな注目が集まっていなかったことが分かります。, しかし、その後は緊急事態宣言が出されたことなどから出前館がニュースでもたびたび取り上げられるようにもなり急伸。, 5ヶ月近くに渡る上昇トレンドとなっており、8月11日には1,992円まで上昇しています。, なお、2020年6月26日に発表した20年8月期第3四半期決算では、積極的な事業展開が負担となり営業赤字に転落しています。, とはいえ、成長が期待される企業であることは間違いなく、赤字決算によって一時的に売られたものの、その後すぐに上昇に転じています。, 寿司「銀のさら」や釜飯「釜寅」を展開する【6082】ライドオンエクスプレスホールディングスは、宅配に強い外食株として注目されるフードデリバリー関連銘柄です。, 同社は、宅配寿司「銀のさら」や宅配御膳「釜寅」、宅配寿司「すし上等!」を展開しているほか、他社の飲食物を届けるフードデリバリーサービス「ファインダイン」も手掛けています。, 同社の株価は、2020年1月初めには2,140円を付けていましたが、コロナショックでは3月13日に880円まで暴落。, 出前館と比べてしまうと、どうしても流動性やボラティリティーは劣るものの、フードデリバリー関連銘柄としては出前館に次いで投資家に注目されている銘柄と言ってよいでしょう。, 過去1年間の安値から高値までを算出し、最も上昇率の高かったデリバリー関連より上位3銘柄を発表致します。, 夢の街創造委員会やライドオンエクスプレスホールディングスなどのデリバリー関連銘柄は、この1年で大きな上昇を遂げています。, 単身世帯の増加には歯止めが掛かっておらず、また共働き家庭も急増していることから、ライフスタイルの変化を背景に外食産業は更なる成長を遂げると期待されます。, それらのことからも、デリバリー関連のニュースにはアンテナを張り、関連銘柄の動向も合わせてチェックしておきましょう。, サポート体制には自信があり、銘柄相談も無料にて承っておりますので是非ご活用下さい。厳選3銘柄も先行配信しております。, 契約締結前交付書面を日本投資機構株式会社の配信メールに記載されているURLから確認又はPDFダウンロードにて受領し、契約締結時交付書面をご契約後にメールにて受け取る書面の電子交付サービスに同意する, ※ご登録頂くコンテンツは、日本投資機構株式会社が運営するサービス名『キングトレード投資顧問』です。, [免責事項] 当サイトのコンテンツは細心の注意を払い作成しておりますが、その再現性、および正確性を保証するものではありません。実際の取引につきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。 当サイトの運用手法に基づいて被った如何なる損害について、当サイトは一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。 また、当サイトに掲載している広告はアフィリエイト広告です。また当サイトのコンテンツの全ての内容を当サイトの許可なく転載・掲載することを禁じます。.