陥没・開放・動揺・轢音: な し. 平成26年度医学部4年 救急・災害医学 試験問題 ... 頸部轢断で頭部が体幹から分離している。 ... ③ 頸静脈の怒張 ④ 両下腿の浮腫 ⑤ 起立時の血圧低下 24. 水様下痢が持続し乏尿となった若年男性の検査結果を示す。血圧86/52 mmHg。 3061 0 obj <>stream 学籍番号は左詰めで記入・マークせよ ! h�b```���R3�@���� �9V��24�$������ʌW��Mc`P����"��6�w��ƶ9�/5���>��#��{�K���. %PDF-1.6 %���� 鎖骨 ・ 肋骨 : 捻挫 ・ 腫脹 ・ 脱臼 ・ 変形 ・ 非開放. 剤の漏出に注意する.頸 部血管系の損傷が疑われれ ば,と くに上頸部と下頸部(upper and base of neck) の損傷では,血 管造影が有用である.頸 動脈などの 損傷による血栓,偽 動脈瘤,さ らには塞栓につき診 断する. このように「轢断」では、切断面の開口部が閉塞状態(グシャっと潰れた状態)になりますので、出血しにくくなります。また、「轢断」では、� 3040 0 obj <>/Filter/FlateDecode/ID[<9F30392E7E92E346BCC10DE1A57D7EE4><0C2FC8F5AD98BE43A2F10AB69156B925>]/Index[3015 47]/Info 3014 0 R/Length 112/Prev 1089575/Root 3016 0 R/Size 3062/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream ��!�������������@����������E �8��iq V���� �������y��Ʋ�$X��Ė,��`�{z����]z ��^00�q��. 腹部膨隆、内臓露出、頸部又は胸部の皮下気腫、血気胸疑: 多指切断、四肢の切断、腹壁緊張、腹膜刺激症状、腸管損傷. h�bbd```b``�������D�ˀH60;D��HV50���| �!,>l�6�d̞����Db^��N`r��E#�]�``bd����HW�?�w�� �v %%EOF 0 3015 0 obj <> endobj 各設問には①から⑤までの5つの選択肢があるので、そのうち質問 に適した選択肢を選び答案用紙に記入すること。 平成26年度医学部4年 救急・災害医学 試験問題 2014.7.14 8 : 45~10:15 ! ‚ê‚΁u‹ÆŠE‚Ì‘åŽSŽ–v \\ “dŽq”Å2020”N8ŒŽ†, Intelu10nmƒm[ƒhv‚̉ߋŽAŒ»ÝA–¢—ˆ \\ “dŽq”Å2020”N7ŒŽ†. 救急救命センターに勤めていたころ、飲酒運転で電信柱に突っ込んで、フロントガラスで無数の傷を顔に負った患者が運ばれて来ました。「内臓はどうもない、それは自分で分かる」と言われたので、観察入院になったのですが、その晩に急変し、内臓破裂で緊急オペになりました。元気に話していたのにと思うと、救急医療の難しさを感じました。, トリアージするには、見かけの傷に惑わされない事が大事です。一見、何でもない傷やアザでも重症化している場合があり、そちらを見分ける目の方が大事です。, トリアージするためには、小さな傷やアザでも(そこに内部損傷があるかもしれないという事)受傷した際のエピソードを大事に問診と視診を行い、バイタルサインや循環動態、全体像から、看護師に出来る範囲の鑑別診断をしておくと、患者の変化についていけるようになると思います。(質問者さんの患者さんはたぶん、ハンドルで体幹部を強打していたのを問診でとらえていたので、緊急でもオペに繋がったのだと思います。), 以上のような所見に加え、他にも色々ありますが、看護師として何か変だなという直観を大事に探してみると良いと思います。それらは、これから急変が予想されるものもあれば、反対にメデューサの頭や、頸動脈の怒張などのように、それだけでは緊急処置が必要とはならない事もあります。, 吐血(顔面の外傷時に鼻血や口の中の出血を飲み込んでも吐血し、腹部損傷はなくても外傷後ストレスによる消化管潰瘍によって吐血する)窒息に注意します。, 項部硬直(仰臥位にして看護師が患者さんの首を持ち上げた場合、そのままもとにもどらない)などの髄膜刺激症状, バルト兆候(耳の生え際の後ろが黒くなる)や耳からの髄液漏は中頭蓋底骨折で認められる事が多い。, メデューサの頭(腹部静脈に放射状に広がる静脈血管の怒張)肝硬変や門脈圧の高進などの為見られる。目の黄染は肝硬変のときに見られます。, 半坐位や坐位でも見られる頸動脈の怒張(右心不全を起こす肺梗塞、慢性閉塞性肺疾患などの肺の疾患や、うっ血性心不全、脱水などを示唆する場合があるが、普段と比べてどうか、バイタルサイン全体で重症であるかどうかは判断する。), グレイ₋ターナー兆候(体側で腰部の皮下出血)カレン兆候(臍部の皮下出血)が見られるのは重症所見であり、急性膵炎、膵損傷を示唆する。, 吸運動時に胸郭が不自然に動揺する(フレイルチェスト)多発肋骨骨折や肋骨骨折と胸骨骨折を合併した場合に起こる。疼痛、無気肺、肺挫傷が問題となる。, 状況的に胸骨と椎体心臓が圧迫された場合に(心挫傷とタンポナーゼ)を生じる。心音減弱と静脈圧の上昇、血圧の低下が特徴(ベックの三徴)で、心原性ショックの原因となる為、緊急で外科的処置が必要になります。, 皮下気腫と気胸…皮膚の膨隆と触診した時の握雪感(皮下気腫があると気胸が存在したり、肺や気管支の破裂を疑う。)緊張性気胸が緊急度が高い。. 半坐位や坐位でも見られる頸動脈の怒張(右心不全を起こす肺梗塞、慢性閉塞性肺疾患などの肺の疾患や、うっ血性心不全、脱水などを示唆する場合があるが、普段と比べてどうか、バイタルサイン全体で重症であるかどうかは判断する。) グレイ₋ターナー兆候(体側で腰部の皮下出血)カ�

切断 ・ 轢断. endstream endobj startxref