洗口液を用いれば歯磨きが必要ないというのは誤解で、歯磨きを行わないと沈着した歯垢などを除去することが出来ない。水で洗い流すと効果が薄れるので、うがいによって洗わない方が望ましい場合もある。, 【ザ・リッツ・カールトン京都】宿泊体験ブログ記事「夷川邸でチェックイン&ピエールエルメを堪能」, 【ザ・ホテル青龍 京都清水】宿泊体験ブログ記事「小学校がホテルに~懐かしい気持ちになる旅」, 月刊「米を炊く」第4号 エバニューTi570カップとアルコールストーブで米を炊く【リベンジ】シルバーウィークスペシャル後編, 月刊「米を炊く」第4号 エバニューTi570カップとアルコールストーブで米を炊く【リベンジ】シルバーウィークスペシャル前編, 作品『脚前挙』お薬飲みましたか?しあわせです感謝#お薬飲みましたか#しあわせです感謝. ベサノイドの維持療法はしていません。, 50代男の急性リンパ性白血病闘病記です。2011年発症、骨髄移植クリア。現在服薬中ですが復職しました, HTLV−1HAMという脊髄疾患闘病中、成人T細胞白血病(ATL)に。日々の闘病記等綴っていきます。, 診断を受けた時の記録 運営チーム一同、今回の決定を大変残念に思っていると同時に、3年半の間に微力ながら誰かのお役に立てたのではないかと考えております。 これからの治療の事についてや独り言を綴っていこうと思いま, 2017年10月急性骨髄性白血病と診断され即入院。M0、7番染色体異常と2つの予後不良を抱え同年12月臍帯血移植。翌年3月退院。2020年3月念願の復職。振り返り闘病記です。, 発病から「7年目」かつ「3回の移植」を受けたもののいまだに治らず。そんな私の今後の白血病治療を受けながら、色々な事に挑戦していくブログ。治療を終えればより時間をかけて物事に挑戦していく, 2015/1急性骨髄性白血病発病。2016/6再発、2016/10移植、ランナー復活目指してます, 2014年急性リンパ性白血病発症~2015年造血幹細胞移植〜2020年移植後5年クリア~現在ぬるぬる療養中, 2018年にB細胞リンパ芽球性リンパ腫/白血病、骨髄移植をしました。その経験と経過を綴ります。, 脳腫瘍と悪性リンパ腫を2016年に完治。2017年4月に急性骨髄性白血病のさい帯血移植, 2014/11急性骨髄性白血病を発病 地固め中に再発 2015/6骨髄移植 退院して元気にしています, 2019.1.31、22歳で急性リンパ性白血病になりました。
ホーム ピグ アメブロ. ということは皆「個性」がありますし Jumpの山田涼介が 初主演する「母さん、俺は大丈夫」が22日 午後9時頃放送されます。 実話をモチーフにしている、生きることについて考えさせる ドラマスペシャルです。 Ameba新規登録(無料) ログイン. 突然のお知らせとなってしまい、大変申し訳ございません。 同じような志を持ち暮らしている あなた。。
どうやって付き合ったらいいの? もの凄くおこがましいのですが誰かの参考になれば。, 我が家に産まれた次女はダウン症です。 コワバルなあ・・・朝方手が。 本日をもちまして、『闘病ログ』のサービス提供を終了させていただきました。 リウマチが辛いなあ 何卒よろしくお願い申し上げます。.

新型コロナウイルス感染症の流行・拡大の影響により事業整理が必要となったため、協議の末に本サービスの提供終了を決定いたしました。 ライブドアブログの「闘病記」カテゴリの人気ブログランキングです。 ... 高校生(7608) 専門学校生(1405) 大学生(12482) ol(5477) サラリーマン(10417) 主婦(14597) オヤジ(6590) シニア(1756) 闘病記(2598) ... 24. 慢性化しているなあ 闘病ブログ・病気の治療記録・体験談ブログなどを、効率よく検索・閲覧することができるサービスです。このページでは「車椅子ユーザー高校生のヒトコマ(タイトル一覧表示 / 4ページ目)」に関する情報を掲載しています。 ライブドアブログの「闘病記(がん)」カテゴリの人気ブログランキングです。 ... 高校生(7608) 専門学校生(1405) 大学生(12482) ol(5477) サラリーマン(10419) 主婦(14598) オヤジ(6589) シニア(1756) 闘病記(2599) 田舎暮らし(1995) ... 24. 極度のストレスがかかる職種や、一定の期間に過度の緊張とストレスの下に置かれた場合に発生する。会社の倒産と残務整理、リストラ、家族の不慮の死と過労などに多いと言われている。, 洗口液(せんこうえき)は、即時に口臭を消したり、歯磨きの代用に用いられる薬品。歯磨きに時間がかかって忙しいという人のために、また従来の歯磨きだけでは歯垢や歯周病菌を除去しにくいというコンセプトで開発された液状の歯磨き粉代用品で、デンタルリンス、マウスウォッシュとも呼ばれる。 私もバブルを経験し贅沢な暮らしもしたけれど 公式ジャンル「入院・闘病生活」の総合ブログランキングページです。入院・闘病生活ジャンルで一番人気のブログは「13歳の娘が骨肉腫と戦った316日の記憶」です。 余裕のある社会を目指しませんか? 何故かアクセス数が増えて通知が鳴り止まないです!私の拙いブログを読んで下さってありがとうございます。3年前までは、いつも隣にいてくれた旦那さん、突然姿を消してしまった。まだまだひとりに慣れない毎日…話し相手が居ないというのは、ほんとうに寂しい。切ない…寒い夜は、松茸の土瓶蒸しをご馳走してくれた…ヒレ酒も飲んだな。ふたりで美味しいものを食べて飲んでそんなことが当たり前だった日々…「なんでもないようなことが 幸せだったと思う…」とらぶりゅーさんの歌詞の通りかも。でも当たり前なんかじゃなかったんだね…気づくの遅すぎた…私の事を誰よりも大事にしてくれた旦那さん。思い出すほどに、その深さを感じる。いまは、ひとりになってしまった。完全に想定外 笑アタマも心も寒い私ですが 笑皆さんの あたたかいコメントやいいねにハゲまされておりますいつもより心強い夜です! また 明日から書きます。私の不運な人生…まだまだ続きます 笑3年前 楽しかった夜…戻りたいよ…, 治療を受ける病院に初めて受診した時のお話。紹介状を受付で渡して名医の診察を待つ。事前にネットで拝見したそのお顔は穏やかな笑みをたたえておられた。診察室に呼ばれた。入った瞬間、名医(以下C先生)の表情はものすごく険しいのがわかった。しっかり挨拶はしたものの、事前に想像していた印象と違い、緊張は一気に高まる。C先生は事前にお渡ししたCTやMRIの画像を元にお話を始めた。治療の選択肢として、① 手術+同時化学放射線療法② 同時化学放射線療法のみ③ 術前化学療法後に手術がある。ただし①の場合、癌を手術で全部取ろうとすると脚に行く太い動脈に傷がつき、術後脚が壊疽して脚切断になる恐れがある。②の場合、転移のリンパ節が大きすぎるため、放射線をそこにたくさん当てなければならず、合併症としてほぼ間違いなく骨盤骨折を来たし、杖歩行生活となる。③の場合、術前の化学療法が効けば良いが、効かなかった場合に手術が手遅れになる可能性がある。膝の上でハンカチを握る私の手にものすごく力が入っていた。C先生 「大丈夫?気分悪くない?かなり顔色悪いけど、大丈夫?」確かに、大丈夫ではなかったけれど、気分が悪いとか倒れそうとかそういうことではなかった。①−③全部あまりにも重すぎる選択肢だったから、その重さに聴きながら必死で耐えていた顔が、先生にそう見えてしまったのだろう。入った瞬間から先生の顔が厳しかったわけもわかる。ただ、真剣な話の中にも、患者の様子を観察して気遣う配慮を忘れない、きっと本当の優しさがある先生なのだ。もしこれが僕の親戚だったら、というお話もあった。C先生は本気で悩んで下さっていた。ただ、いくら名医とはいえ、その場で結論が出るわけではない。PET検査を追加で予約。病院のキャンサーボード(*)で話合って、私にとって最良の治療を決めます、とのことになった。骨盤骨折で杖歩行、左脚を切断という可能性を聞いた時。衝撃はあったけれど、「それでもいい、もし治るなら」という気持ちが自然とあった。脚なんかなくてもこどもたちと一緒に生きられるのなら。A先生の言葉「長く生きたものが勝ちなのよ」覚悟はできていた。C先生は最後に私に確認した。「どんな合併症があっても、できるだけ長く生きる可能性が高い治療を選びたい、ということですね?」「はい。宜しくお願いします。」(*)キャンサーボード:手術、放射線療法及び化学療法に携わる専門的な知識及び技能を有する医師や、その他の専門医師及び医療スタッフ等が参集し、がん患者の症状、状態及び治療方針等を意見交換・共有・検討・確認等 するためのカンファレンスのこと, …ら言われた言葉ですがんに対しての抗がん剤治療をされたものの副作用で治療継続は難しいと判断それでも家族、本人からの強い希望「なんとしても治してほしい」「抗がん剤を死んでもいいから投与してほしい」よくありますいちかばちか患者さんは「苦しい治療はいやだなぁ」とぽつり娘さんはことばをたたみかけて「なんでそういうこと言うの?」「治療しなければ生きられないんだよ?」「抗がん剤やらなきゃ死んじゃうんだよ?」患者さん「やったって治らん」「なら、すきにさせてくれ」治癒は難しい状況治療は延命のために行うべきでそれにより命が縮まることがあってはならない患者さんは家族に説得され治療をおこなうことをしぶしぶ承諾したしぶしぶそして、投与した一週間後に足早に旅立った家族は「こんなに急に」「抗がん剤うったら治るって思っていた」「話がちがう」と、医療者につめよった「こんなに早くわるくなるなら緩和ケア病棟にいかせてください」「間に合わないじゃないですか?」「なんでもっと早く言ってくれないんですか?」何かちがうボタンがかけちがっている悲しみは正常に考えることを停止させるから抗がん剤についての情報が根本的にちがうこんなに急に、になってしまったのはもしかしたら抗がん剤の、影響では?抗がん剤をうたなくてももう少し生きれたかもしれないそのことを伝えていたらまた、変わったかもしれない…患者さんと家族が、えらんだ結果とはいえ限られたじかんをもう少しなんとかならなかったのかはがゆいなぁくやしいなぁ悪い知らせと良い知らせがあるとき悪い情報が9良い情報が1聞く側からしたら1の良い情報が10にも100にもなり悪い知らせは脳裏から消えるよい知らせにすがりたいそれが当たり前の心理だものそれは心を守るために自然に行われることだれもわざとじゃないの言ったはず、聞いたはずじゃだめだから医師は悪い知らせもしっかり伝えていく責務があるんだよしっかり伝えて支える覚悟ないならがん診療やっちゃだめだ悪い知らせをにごして曖昧にすることでだれもハッピーにはならない急に、になったらどれだけ悔やむか患者さんのつらさにむきあわず自分はやるだけやったんだ患者さん、家族の気持ちをくんだんだって思えるのかな?それは違うなぁ…ちがうんだなぁ…死ぬことから目を背けるなら医者をやっちゃだめだ最大限患者さんの生きることに尽力することは何がなんでも闘うってばかりじゃない体調にあわせて生活にあわせてうまく調整してくれる病気だけじゃなくひとをみる腫瘍マーカーだけじゃなくひとをみるこんなに急に、がおこるかもが予測されているのに、とわかるときやるせないつらいよ急にわるくなりましたあとは緩和にっていうからおかしくなるんだと思うよ見捨てちゃだめだよねぇ緩和ケアは症状緩和しつこくいうけどがん治療の柱だから, C先生の診察が終わった。「何卒宜しくお願いします。」精一杯の挨拶をして、診察室をでた。出た途端に、ふと力が抜けて涙が溢れてきた。やっぱり、脚切断だの骨折だの一がバチかだのという話は、相当ショッキングだ。一緒に付き添ってくれた夫が「大丈夫だよ、今まで知らなかった新しい治療法も提示して下さったじゃないか」と言った。冷静で前向きな意見ではある。冷静に話を聞いてくれたる人が隣にいてよかった。診察後に指示された検査や手続きなど、何も頭に入ってなかった。夫に指示されるままに歩いて回った。私の頭の中はただ、これから私の身体に起こるかもしれない壮絶な変化への不安と、それでもこどもたちのためになんとしてでも生きたいという願望がぐるぐると巡っていた。その日の夕方も、いつもと同じように保育園からこどもたちは元気よく帰ってきた。元気なこどもたちを前にすると不思議といつも通りのことができる。乾杯の時には、いつものように「今日は最高の日だナア」と長男がニヤニヤしながら言ってくれる。(言わない時はお願いして言ってもらう)そうすると最高に幸せな気分となる。この日も、そうやって寝る時間になった。癌とわかってから毎日、ベッドに家族4人ぎゅうぎゅうで寝ている。電気を消して、両脇のこどもたちはおしゃべりをやめ、しばらくしてからだった。急にものすごい「不安」が襲ってきた。なんと表現したらいいか分からないが、今の病気のあらゆることに対する不安に身体全体を支配されていて苦しく怖かった。隣の隣にいる夫の腕を掴むように力いっぱい握りしめてないと、不安で自分が保てないような、どうにも身の置き所のない感じがあった。掴まれている夫はわけがわからなかったと思う。こどもたちは静かにしていたが、まだ眠っていなかった。こどもたちにバレてはいけない、というわずかな理性の部分により、襲ってきた不安の塊を必死に息をこらえるようにして抑え込んだ。そのあとは、知らない間に眠っていた。あれは「パニック」ってやつだったのだろうか?自分がまさか「パニック」になろうとは信じられない。精神科医師の友人に後日この夜のことを相談してみた。やっぱりいわゆる「パニック」らしい。ただ、「その日に相当なショックがあった」と理由がはっきりしているし、そんなに心配することないよ。夜は、睡眠薬をもらってスパッと寝てしまうのがいいよ。とアドバイスしてくれた。「どんな合併症があっても長く生きられる治療法を選びたいです」覚悟を決めて先生にそう言ったものの。そんなに格好良く、なんでも受け止められる訳ではない。今までに、パニックはそれ一度きりなのは幸いだ。, …介状を持って、大き病院へ行った。主治医から最初に聞いた言葉。「残念ながら命は救えません。」残酷すぎる宣告…難治性の消化器系のガンだった。すでに数か所に転移していてオペは不可。「抗がん剤をしても一年は持たないでしょう」重すぎて受け止められる訳ないのに主治医は、淡々と話している。 「あなたは近々死にますよ」って言ってるんだよね?やけに簡単に言うよね…先生は、最悪の事を想定して、大げさに言っているのだと思った。100%死ぬなんて言いすぎだ…どうしても信じたくなくて、1万分の1の確率でも治る可能性があるなら、その1万分の1になろうと思った。「どんな事をしても旦那さんを助ける!」と、強く思った。そして初めて気づいた。「失いたくない。。。」私が何度も病気になった時、「死ななかったらそれでいい」と言ってくれた人。いつもそばにいて、私を見守ってくれた人。許してくれた人。私がいま生きているのはあなたが救ってくれたから。「死んでしまう??」絶対にそんなことさせない。どんなことがあっても私が救うから!3年前の寒い冬の日。ふたりで泣きながら約束した。「絶対離れない」ってギューッと手を繋いだ。どこにも行かないように…それから7ヶ月。。。ある暑い夏の日、彼は、ひとりで空に旅立った。「俺の方から離れることはないから」っていつも言っていたのに。約束守れなかったね…ひどく痩せて、手はもの凄く細くなっちゃったけど、暖かくて大きくて優しい手だった。最後の最後まで手は離さなかったけど、旦那さんは冷たくなってしまった。あなたを救うと約束したのに守れなくてごめん。。。旦那さんが居なくなってもうすぐ2年半…まだ夢かな?と思う時がある。元気だった頃の笑った顔を思い出す。岡田将生みたいにかっこよくて、私には特別優しかった笑顔「私と結婚してくれてありがとう!」お気に入りだったサングラス最後にくれた手紙, に初めて受診した時のお話。紹介状を受付で渡して名医の診察を待つ。事前にネットで拝見したそのお顔は穏やかな笑みをたたえておられた。診察室に呼ばれた。入った瞬間、名医(以下C先生)の表情はものすごく険しいのがわかった。しっかり挨拶はしたものの、事前に想像していた印象と違い、緊張は一気に高まる。C先生は事前にお渡ししたCTやMRIの画像を元にお話を始めた。治療の選択肢として、① 手術+同時化学放射線療法② 同時化学放射線療法のみ③ 術前化学療法後に手術がある。ただし①の場合、癌を手術で全部取ろうとすると脚に行く太い動脈に傷がつき、術後脚が壊疽して脚切断になる恐れがある。②の場合、転移のリンパ節が大きすぎるため、放射線をそこにたくさん当てなければならず、合併症としてほぼ間違いなく骨盤骨折を来たし、杖歩行生活となる。③の場合、術前の化学療法が効けば良いが、効かなかった場合に手術が手遅れになる可能性がある。膝の上でハンカチを握る私の手にものすごく力が入っていた。C先生 「大丈夫?気分悪くない?かなり顔色悪いけど、大丈夫?」確かに、大丈夫ではなかったけれど、気分が悪いとか倒れそうとかそういうことではなかった。①−③全部あまりにも重すぎる選択肢だったから、その重さに聴きながら必死で耐えていた顔が、先生にそう見えてしまったのだろう。入った瞬間から先生の顔が厳しかったわけもわかる。ただ、真剣な話の中にも、患者の様子を観察して気遣う配慮を忘れない、きっと本当の優しさがある先生なのだ。もしこれが僕の親戚だったら、というお話もあった。C先生は本気で悩んで下さっていた。ただ、いくら名医とはいえ、その場で結論が出るわけではない。PET検査を追加で予約。, のキャンサーボード(*)で話合って、私にとって最良の治療を決めます、とのことになった。骨盤骨折で杖歩行、左脚を切断という可能性を聞いた時。衝撃はあったけれど、「それでもいい、もし治るなら」という気持ちが自然とあった。脚なんかなくてもこどもたちと一緒に生きられるのなら。A先生の言葉「長く生きたものが勝ちなのよ」覚悟はできていた。C先生は最後に私に確認した。「どんな合併症があっても、できるだけ長く生きる可能性が高い治療を選びたい、ということですね?」「はい。宜しくお願いします。」(*)キャンサーボード:手術、放射線療法及び化学療法に携わる専門的な知識及び技能を有する医師や、その他の専門医師及び医療スタッフ等が参集し、, 患者の症状、状態及び治療方針等を意見交換・共有・検討・確認等 するためのカンファレンスのこと, 治療をされたものの副作用で治療継続は難しいと判断それでも家族、本人からの強い希望「なんとしても治してほしい」「, を死んでもいいから投与してほしい」よくありますいちかばちか患者さんは「苦しい治療はいやだなぁ」とぽつり娘さんはことばをたたみかけて「なんでそういうこと言うの?」「治療しなければ生きられないんだよ?」「, やらなきゃ死んじゃうんだよ?」患者さん「やったって治らん」「なら、すきにさせてくれ」治癒は難しい状況治療は延命のために行うべきでそれにより命が縮まることがあってはならない患者さんは家族に説得され治療をおこなうことをしぶしぶ承諾したしぶしぶそして、投与した一週間後に足早に旅立った家族は「こんなに急に」「, うったら治るって思っていた」「話がちがう」と、医療者につめよった「こんなに早くわるくなるなら緩和ケア病棟にいかせてください」「間に合わないじゃないですか?」「なんでもっと早く言ってくれないんですか?」何かちがうボタンがかけちがっている悲しみは正常に考えることを停止させるから, をうたなくてももう少し生きれたかもしれないそのことを伝えていたらまた、変わったかもしれない…患者さんと家族が、えらんだ結果とはいえ限られたじかんをもう少しなんとかならなかったのかはがゆいなぁくやしいなぁ悪い知らせと良い知らせがあるとき悪い情報が9良い情報が1聞く側からしたら1の良い情報が10にも100にもなり悪い知らせは脳裏から消えるよい知らせにすがりたいそれが当たり前の心理だものそれは心を守るために自然に行われることだれもわざとじゃないの言ったはず、聞いたはずじゃだめだから医師は悪い知らせもしっかり伝えていく責務があるんだよしっかり伝えて支える覚悟ないなら, 診療やっちゃだめだ悪い知らせをにごして曖昧にすることでだれもハッピーにはならない急に、になったらどれだけ悔やむか患者さんのつらさにむきあわず自分はやるだけやったんだ患者さん、家族の気持ちをくんだんだって思えるのかな?それは違うなぁ…ちがうんだなぁ…死ぬことから目を背けるなら医者をやっちゃだめだ最大限患者さんの生きることに尽力することは何がなんでも闘うってばかりじゃない体調にあわせて生活にあわせてうまく調整してくれる病気だけじゃなくひとをみる腫瘍マーカーだけじゃなくひとをみるこんなに急に、がおこるかもが予測されているのに、とわかるときやるせないつらいよ急にわるくなりましたあとは緩和にっていうからおかしくなるんだと思うよ見捨てちゃだめだよねぇ緩和ケアは症状緩和しつこくいうけど, へ行った。主治医から最初に聞いた言葉。「残念ながら命は救えません。」残酷すぎる宣告…難治性の消化器系の, をしても一年は持たないでしょう」重すぎて受け止められる訳ないのに主治医は、淡々と話している。 「あなたは近々死にますよ」って言ってるんだよね?やけに簡単に言うよね…先生は、最悪の事を想定して、大げさに言っているのだと思った。100%死ぬなんて言いすぎだ…どうしても信じたくなくて、1万分の1の確率でも治る可能性があるなら、その1万分の1になろうと思った。「どんな事をしても旦那さんを助ける!」と、強く思った。そして初めて気づいた。「失いたくない。。。」私が何度も病気になった時、「死ななかったらそれでいい」と言ってくれた人。いつもそばにいて、私を見守ってくれた人。許してくれた人。私がいま生きているのはあなたが救ってくれたから。「死んでしまう??」絶対にそんなことさせない。どんなことがあっても私が救うから!3年前の寒い冬の日。ふたりで泣きながら約束した。「絶対離れない」ってギューッと手を繋いだ。どこにも行かないように…それから7ヶ月。。。ある暑い夏の日、彼は、ひとりで空に旅立った。「俺の方から離れることはないから」っていつも言っていたのに。約束守れなかったね…ひどく痩せて、手はもの凄く細くなっちゃったけど、暖かくて大きくて優しい手だった。最後の最後まで手は離さなかったけど、旦那さんは冷たくなってしまった。あなたを救うと約束したのに守れなくてごめん。。。旦那さんが居なくなってもうすぐ2年半…まだ夢かな?と思う時がある。元気だった頃の笑った顔を思い出す。岡田将生みたいにかっこよくて、私には特別優しかった笑顔「私と結婚してくれてありがとう!」お気に入りだったサングラス最後にくれた手紙. Ameba新規登録(無料) ログイン. 水泳!最近は暑すぎるんで市営のプールによく行っています。25mプールを50周くらい泳ぐのですが(そのせいで筋肉痛ですw)終わったら45分以内にプロテインを飲む…, 30℃超えると・・・。クーラーが必須になりますね・・・(´д`)只今外から帰ってきたところでクーラーをONしました。死にそうです・・・・。自転車でバァーッとこ…, テスト終了!やっと終わりました期末テスト( ̄▽ ̄)いろいろ燃え尽きました・・・。いろんな意味で今度の登校日に返却されるそうなんですが、、、憂鬱です。まあ水曜日…, おいしい飲み方!エレンタールの飲み方っていうか食べ方wなんですが、エレンタールってやっぱクッソマズイイメージがあると思うんですが、うちではゼリーにして食べてい…, 長野へ、、、合宿してきました!先週の事なんですが、なんか農業について学ぼう!みたいなイベントで玉ねぎとったり、藁敷いたり、博物館行ったり........大変で…, 母の日のプレゼント!母の日のプレゼントをまだ渡していなかったので楽天で探していたら........いいのがあんまり見つからず......ほしいものを聞いたらU…, 初めてのブロク開設!今日初めてブログというものを開設しました!基本的に日常のこと、病気のこと、聞いて欲しいことなどを書いていこうかと.....お見苦しいブログ…, 指定した記事をブログ村の中で非表示にしたり、削除したりできます。非表示の場合は、再度表示に戻せます。 Say ! また、ブログ情報をご提供いただいた皆様におかれましては、弊社事業にご協力いただいたこと、心より感謝申し上げます。 移植なし化学療法のみで治療中。

画像が取得されていないときは、ブログ側にOGP(メタタグ)の設置が必要になる場合があります。, テーマは同じ趣味や興味を持つブロガーが共通のテーマに集まることで繋がりができるメンバー参加型のコミュニティーです。 いい代替療法は無いかな? QOLを高めて生きてゆきましょう!, 心臓・コレステロール・動脈硬化などの病気を治療していたり、又は家族をお持ちの方は、治療状況や日々の生活で気をつけていることなどをブログに書いたらトラックバックしましょう。, 五月病(ごがつびょう)とは、新人社員や大学の新入生などに見られる、新しい環境に適応出来ない事に起因する精神的な症状の総称である。4月には新しい環境への期待があり、やる気があるものの、その環境に適応出来ないでいると人によってはうつ病に似た症状がしばしば5月の連休明けに起こる事が多い事からこの名称がある。「さつきびょう」は誤読。, 燃え尽き症候群(もえつきしょうこうぐん、英:Burnout Syndrome)は、一つのこと(職務)に没頭していた人が慢性的で絶え間ないストレスが持続すると、意欲を無くし、社会的に機能しなくなってしまう症状。一種の外因性うつ病とも説明される。 痕(マーク)のある方々も居ますし そう思った貴方とご家族へ 毎日・・痛いなあ・・・・。 2007年08月19日記載中学生・高校生だった頃、24時間テレビがとても嫌いだった。酷く偽善的に見えていた。それでは今はその見方が変わったかというと、そんなに変わっていない。多少の意味はあるのかなとは思うようになったが、やはり好きにはなれない。 闘病記録・通院・薬の他、家計管理なども綴っています。, 闘病した経験を活かし皆様のお力になれるよう活動しております☆白血病のレジェンド続編です, 急性骨髄性白血病(M1)FLT3-ITD異変、予後不良群。その後wt-1にてガン細胞発覚し再移植。, 留学中に緊急入院・白血球26万個・白血病宣告!大学生のときからCML治療中の現在25歳のブログです^^, 2014/12急性骨髄性白血病で余命ひと月との宣告。2015/12さい帯血移植を受け自宅療養中, 1歳の娘を残し、急性骨髄性白血病と突然闘う事になったわたし。長い入院生活等で思ったことを綴ります。, 2013年に発病。再発を繰り返し緩和ケアと維持療法に入りましたが、今度3回目の移植を受けます。, 2016年2月急性骨髄性白血病発症、8月に造血幹細胞移植、10月に退院〜2017年現在、自宅療養中。, 2005年4月に慢性リンパ性白血病(CLL)と告知されました。2020年に自営業を廃業して趣味のギターの弾き語りと木工加工(DIY)を楽しんでいます❣趣味とCLLを中心に綴っていきたいと思っています(^_-)-☆, 32歳、突然やってきた急性骨髄性白血病に必ず勝つために、超ポジティブで挑む白血病闘病記です。, 急性骨髄性白血病(M3)となり、二度は完全寛解になるも再再発。現在、骨髄移植をし治療中, 急性リンパ性白血病で非血縁者間造血幹細胞移植後、'14年で5歳になる(元)看護師の歩みです。, ごろちゃんの闘病日記です 本日のラ … ユニークフェイスの活動を支援します ちょっと個性的な顔を持つ方々です いろいろ悩みも語りながら末永く これが住み易い社会ともいえるのです。

その時に受けた治療院のおかげで 心室中隔欠損症と白血病を乗り越え、日々を過ごしています。, 慢性骨髄性白血病(CML)、急性転化、皮膚浸潤、同種造血幹細胞移植について クスリの副作用は怖いな? 現在経過観察中。 公式ジャンル「入院・闘病生活」のページです。ガンや珍しい病気など肉体的な病に立ち向かう方の闘病記や、家族側の看病の記録、看護師の視点から綴られたブログが集まっています。闘病生活での … 高校生の息子が白血病になりました。 高校生の息子が慢性骨髄性白血病になりました。つい先日まで元気だった息子。自分を奮い立たせるために書いてます* この先どうなっちゃうんだろうな?

後縦靭帯骨化症(OPLL)