ファインダーに視力補正レンズを付けたら、やり易くなるのでしょうか。 すずめやハト、カラスならどうにかなるかもしれませんが・・。 夜間や遠くにある天体を観察または撮影をする目的に作られていますので もし野鳥を撮りたいのでしたら、

野鳥撮影は野鳥がメインですから被写体で露出を測ります。 撮影ポイントとは別になるかと思いますが、 http://www.nikon-image.com/products/camera/compact/coolpix/performance/p100/index.htm

ご回答有り難う御座いました。, 沢山教えて頂いて有り難う御座いました。 携帯性も結構重要ですよ。

但し以下の場所は除きます。

泉北地域には他にもへら鮒の釣れる野池が多かったのですが、釣り禁止になったところも多数見受けられます。残念なことです。, 現在、Canonの「KissDX」+SIGMA「18-200mm F3.5-6.3 DC OS」にて、 このレンズでも大丈夫かなと思います。 野鳥のこと自体を理解しないと難しいのではないかと思います。 よろしくお願いいたします。機種サイバーショット DSC-W220です。, 野鳥は警戒心が強いので近づくと駄目だと思いますよ。 どちらの方がいいかをアドバイスお願いします。 最後に少しだけアドバイスですが、 動物たちが生き生きできる工夫があちこちに満載... 紙の専門商社・「竹尾」のショールーム兼ショップ「竹尾 淀屋橋見本帖」が「淀屋橋odona」にオープンします。 そうしますと当然被写体の野鳥は露出不足で暗くなります。 その他でお薦めがあれば教えて下さい。 カメラはペンタックスのKXです。レンズはSMCM50mmF1.4を主に使っています。

ただコンパクトのデジタルカメラですとやはり難しい対象になるかと思います。 http://kakaku.com/itemlist/I1050105010N101/ お手軽海外旅行を楽しめる「アジアフェア」に参加してきました。 ご回答有り難う御座いました。, 南港の野鳥園は今期行く予定になっています。 あなたが知らない人に追いかけられたり、ライオンに追いかけられた 居住地を移し、そこの住民になる人も沢山います。 お近くのところの野鳥の会の探鳥会などに参加されて野鳥の見方や レビューします! 住まないと撮れないことが多いということがあるので 【関西の穴場絶景スポット】2. 最初はトンビなど動きの遅い鳥で練習すると良いかと思います。 ですので、まずは「絞ること」=「被写界深度深くすること」です。ボケ味云々の前に「ピンボケ写真の量産」じゃあ、どうしようもありません。高感度フィルムを使い、ある程度絞り込んで(F4~5.6程度)撮影するようにして下さい。レンズ開放でのボケ味云々の話は「F4~...続きを読む, 11月上旬~中旬に奈良県生駒市から大台ケ原へのドライブを計画しています。平日に日帰りで行くことになると思います。 ですので、まずは「絞ること」=「被写界深度深くすること」です。ボケ味云々の前に「ピンボケ写真の量産」じゃあ、どうしようもありません。高感度フィルムを使い、ある程度絞り込んで(F4~5.6程度)撮影するようにして下さい。レンズ開放でのボケ味云々の話は「F4~5.6程度でちゃんとピントあった写真が必ず撮れるようになってから」の話です。 ただカワセミとかみたいに飛びまくらない鳥だったら どうしても撮影したいのでしたら、 このレンズでも大丈夫かなと思います。

単眼鏡(望遠鏡)を購入されて撮影されるのが良いかと思います。 よろしくお願いします。, 背景が明るいから露出が背景に引っ張られます。 熱中症予防にはOL女子的にはやっぱり冷たいものですよね! 「70-300IS」掲示板での「鳥&撮影」のキーワードで

http://photozou.jp/photo/list/302172/1103883 ここは、都市開発によってとても整備された街なのに、人通りがそんなに多くはないんです。, マリンパーク駅は六甲ライナーの終点ですが、そこから降りて、六甲野鳥公園は徒歩3分ぐらいです。, ここから見られる野鳥は、カワラヒワ、マガモ、カルガモ、バン、ヒヨドリ、ムクドリ、モズ、アオサギということですが、マガモやカルガモ、ヒヨドリなどは名前では聞くけれど、実際には見ることもないので、ぜひこちらで一目みてみたいものですね。, こののぞき穴ですが、どうも大きさがちょうど子供の胴体ほどの大きさで、子供がどうも遊具と間違えるのか、この穴をよじ登るようなのです。. 自分自身が動いて被写体との距離を一定に保てる技術が身につけば、その「動いている間」に更にピントをきっちり合わせる余裕が出来ます。そうして初めて「絞り開放で猫が撮れる」んですよ。, 50mm/F1.4開放、撮影距離2mだと、ピントが合う範囲は前後5cmあるかないか・・・という事はご存知ですか?要は「顔をアップで撮るならば、目にピントを合わせると鼻はピンボケ」なんですね。それほど「絞り開放」のピント合わせは難しいんです。 森の野鳥等ははなからシャッタースピードは上がりません。 何年もかけて観察し続け良い時期、タイミングを見つけます。 そうしますと当然被写体の野鳥は露出不足で暗くなります。 近づいても餌をくれると思って寄って来るくらいですから・・・。 http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/compact/x90/feature.html 教えて頂いたスポットで、特に野鳥が多いお薦めのスポットがあればよろしければ教えて下さい。

ご回答有り難う御座いました。, 私が知っているスポットは鳥飼大橋から下流(左岸)辺りか十三の辺りなのですが、それ以外でご存じなら良ければ大体の場所を教えて下さい。 アドバイス有り難う御座いました。, 住吉大社ですか。懐かしいです。 素人にはなかなか見つけられないものですよ。 近々橿原昆虫館にハチドリを見に行こうと思っていましたので、柏原神宮を教えて頂けて嬉しく思います。