砲弾の総称[1]。一般的には単に「弾(たま)」とも言う。, 銃や砲から発射され飛ぶ物体を、まとめて指すための用語が「弾丸」である。射手の狙い通りに弾丸が目標に当たれば、目標に物理的損傷を与えることになる。, 一言で「銃弾」と言っても、現代では一般に、飛んでゆく「弾」はそれ単体で銃にこめられるのではなく、「弾」を発射するための火薬類や着火用の雷管などとともに「薬莢」と呼ばれる一種の容器に収められ一体化した形で事前に用意されている。弾頭・発射薬・銃用雷管が薬莢に収められ一体化した状態を「実包」や「弾薬」という。, 弾頭の材質や構造はいくつかあり、たとえば広く用いられている「フルメタルジャケット」というタイプは、弾の中心部分(「弾芯」、英: core コア)は鉛合金であり、それを銅合金の覆い(「被甲」、英: jacketジャケット)で覆った構造になっている。, 現代の銃弾の分類法としては、弾頭の構造・形状・材質などにもとづいて「フルメタルジャケット / ソフトポイント / ホローポイント...」などと分類されることが多い。→#銃弾の種類, 一方、散弾銃の散弾では、実包は円柱の形にまとめられ、発射と同時に、多数の球状の小さな弾丸が「ばらまかれ」るようにして、ばらばらの状態で飛んでゆく。, 現代の砲弾は構造としては、弾体・炸薬・信管・弾帯からなる[2]。使用目的により、榴弾・徹甲弾・照明弾・焼夷弾・ガス弾などがある[2]。, 実包型で一体式になっている物もあれば、射程を加減するために弾頭と装薬が分離している形式もある。, 鉄砲や大砲が生まれた時代、弾丸はその名称に「丸」という漢字が入っていることからも分かるように、元々は金属を球形にしたものであった。, ライフリングがない時代、球形の弾は銃口から発射された後、飛んでゆくあいだ空気抵抗が大きく弾速が落ちやすく弾は遠くまで飛びづらく、またジャイロ効果を持たない弾道も野球の変化球のように変化しがちで安定せず、目標に的中する確率も低かった。, マッチロック式銃の場合、1発撃つたびに、まず銃を垂直に立てるように持ち、銃口から装薬を注ぎ入れ、次に銃口から弾を入れて「さく杖」と呼ばれる棒で押して固め、火蓋(=火皿の蓋。一種の安全装置)を開いて火皿に着火薬を入れて閉じ、「火挟」に火縄をセットする、という手順である。この一連の装填作業に要する時間は、結局、射手の腕によってまちまちであり、たとえば不慣れな射手では1 - 2分ほどかかり、熟練の射手が落ち着いて行う場合でも、数十秒程度かかったなどと推定されてもいる。これは発火装置が異なるフリントロック式銃でもパーカッションロック式銃でも、前装式である限りは変わらなかった。, 「弾込」の時間を短くするために、火薬を粉の状態のまま銃口から入れるのではなく「あらかじめ所定量を紙の袋に入れておき、それを銃口から入れる」という紙製薬莢のもっとも素朴な形態は、14世紀には一応発明されていた。が、実際に広く使用されるようになったのは、後の時代である。, 弾頭・発射薬・着火薬が薬莢で一体化されたものは、1808年にパリで、スイスの銃職人のJean Samuel Paulyとフランスの銃職人François Prélatによって開発された。弾頭は球形で、薬莢は真鍮製もしくは紙製であった。これも普及したのは後の時代である。, 米国では南北戦争の時期(1861年-1865年)にライフル銃が普及し、ミニエー弾が使われるようになったが、その中でシャープス銃が用いられた。この銃の特徴として発射薬+弾という方法で装填することもし、一体型の紙薬莢で装填することもできた。後に金属薬莢方式にも改修されている。1850年代にはペッパーボックスピストルが、1860年代-1870年代になると多くの銃製造業者が回転式拳銃を製造し、連発銃時代を迎える。この中でスミス&ウェッソン社からは金属製の薬莢に入ったリムファイア実包が実用化され、メタリックカートリッジの普及が進んだ。現在、使用されている実包の直接の先祖である。, 後に、弾の形状は弾速を増大させるために後端をすぼめたボートテイル状に進化したものが開発されたり、着弾した時に人体ダメージを大きくすべく、あえて弾頭の先が平らな形状や窪んだ形状のものなども開発された。, かつて用いられた「球形の弾丸」は現代では廃れてほとんど戦場では見られなくなったが、キャニスター弾で使われる散弾がその名残を今に伝えている。, 戦国時代の日本では鉄砲の需要にともない弾丸の材料である鉛の需要も高まったが、長篠古戦場から出土した弾丸の分析結果から、7割が国産であり、3割が外国産で、タイ産鉛も確認されており(後述書)、これは南蛮貿易により 取り寄せられたものとみられる[3]。他の金属製の弾丸の場合、鉛製弾丸に比べて飛距離が短いという欠点があるが(前掲書 p.42)、西日本から出土する弾丸のほとんどが鉛製であり、東日本では銅や鉄製の弾丸が多く、地理的要因による物流の格差がみられる(前掲書 p.42)。平山優は武田軍の軍役定書から長篠の戦いにおける銃器保有率は武田方も織田方も大差はなかったとしており、問題だったのは、銃弾の材料の方であったとする(前掲書 pp.36 - 39)。, 大昔は概して、弾は撃ったがなかなか的に当たらない、などということが一般的で、射手はそれに悩まされていたが、

二年間の付き合いで 別れようとか別れたいとかいう言葉を口にしたことはありませんでした。 それは彼にとっては宝でかけがえの無いものです。

はちに刺されたとかは、ヒスタミンショックというもので、アレルギーをつかさどる物質の一つであるヒスタミンという物資が沢山血液中に入ると体中でアレルギー反応が起こり、体の中のあらゆる組織がうまく動かなくなってしまうことで起こります。

詳しい方 よろしくお願いいたします。, 撃たれる場所にも因りますし、銃の種類にも依ります。 それとも電磁波を浴びた瞬間に脳の中の水分子がいっせいに振動して頭がぐらぐらするような感覚に襲われるのでしょうか? もちろん、そのまま放置すれば死に至るでしょう。 怪我したり、死んだりしますが 弾が掠っただけで死んだって話は個人的に人体構造上起こりえないと思うので別の機会にでもまた質問出させてもらおうと思います, 「ショック死」に関するQ&A: 親がある日突然死んだショックを引きずっています, 「フィリピン 戦争」に関するQ&A: 日本軍がいた国で、なぜ親日国と反日国があるのですか, ホームセキュリティのプロが、家庭の防犯対策を真剣に考える 2組のご夫婦へ実際の防犯対策術をご紹介!どうすれば家と家族を守れるのかを教えます!, なぜ銃で撃たれると死ぬ(場所にもよりますが)のでしょうか 勢いよく玉をぶつけられるからですか?それな, コンビニでお酒を買う時について教えてください。18歳の大学1年生です。 友達が、未成年だけどコンビニ, タオルやネクタイで首吊り自殺をしたという話を聞きますが、一体どういう結び方をしているのでしょうか?ロ, アクション映画にはよく銃で撃たれて負傷する場面がありますが、 はるかに甚大な影響を与えます。傷は再生可能ですが、

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。 毎日大すき!っと言ってくれていました 一般的に撃たれると??

言ってました・・

どうして銃弾を摘出するのでしょうか? あなたまで悩むと、彼はますます辛くなりますよ。 他に体の中で血が固まってしまう、DIC(播種性血管内凝固症候群)によるショックもいろいろな病気、ある種のへびにかまれたなどで起こります。

その場合、大概、助からないで死んでしまうんだけど。

銃で胸を一発撃たれた人がすぐ活動を停止する映像が映画などでよくありますが、2cm足らずの穴が一個あいただけです そうしないと周りの部位を損傷するからです。 というのが機械の原理なわけですが、生きた人体にその電磁波が当たるとどうなるのでしょうか? 外傷性ショックで、多いのは大量の出血で血圧が維持できなくなり、心臓が動いていても血が巡らず、脳や心臓などの組織が急激に消耗し死に至る、いわゆる出血性ショックですが、他にも体が広範囲に打撲、押しつぶされたなどの場合に、つぶされた細胞の中に沢山含まれるカリウムという物質が血液中に流れ出し、この物質の血液中の濃度が高まって心臓を止めてしまうカリウムショック(挫滅症候群)などもあ...続きを読む, オウムの村井邦夫氏が刺された時に当時の印象として「多分助かるだろう」と思ったんですが、帰らぬ人となりました。