(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 日に日に寒さが増していきますが、屋外で金魚を飼育している場合は冬越し準備をする必要があります。また、これまで屋内で飼育していた人でも、来年は金魚の繁殖に挑戦してみたいという人は、冬場に金魚を屋外で過ごさせることを考えてみまませんか。 ... 初めて金魚を飼う時、たいていの人は水槽で飼育を始めると思いますが、何を準備して、どのように飼育を始めれば良いのでしょう 金魚は... 金魚を飼い始めて初めての遠隔地への引越が決まった、車での金魚の引越はどうすればいいの? まさか水槽ごと持っていくわけに... 金魚を飼い始めてもすぐに病気にしたり、死んでしまう場合があります。 なぜでしょうか それははっきり言うと、飼い方が間違っているか... 金魚を飼っている人は大勢いると思います。 所が、金魚の繁殖を行ったことのある人は意外に少ないです。 1度経験すれば、金魚... 金魚はとても飼いやすい動物ですし、水槽の中をひらひら泳いでいるのを見ると精神的にも癒やされます。 ところが、結構間違った飼い方... 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 【スポンサードリンク】

セミリタイアして自由に生きよう。煩わしい人間関係も時間の束縛も解き放とう。そんなささやかな生活です。, 2016/7/7

【種類】なんと100種類以上!, 金魚の原産地は中国です。西暦3~4世紀頃に突然変異の黄赤色のフナが現れました。これが「金魚」の語源となったそうです。約1500~1600年前の中国では、金魚はペットとして飼育されていたと記録されています。その美しさに惚れ込んだ人たちが金魚が変異した種を交配させ、沢山の品種を生み出したのです。, 金魚の種類は数多く、なじみ深い和金やコメットからランチュウ、ピンポンパールまで100以上の種が数えられます。もちろん、わたしたち素人が気軽に購入できる金魚もあり、一般的に販売されている金魚だけでも30種近くあります。, 日本人の私たちにとっては、物心ついた頃から馴染みのある金魚。 サイトマップ.

最新情報をお届けします. //

Privacy Policy ■猫や鳥類など、野良の動物が金魚を襲う可能性があるので、金網などで蓋をする工夫をしたい。, 室内とはまた違った面で、金魚へのケアが必要となってきます。

2017/6/13 【体長】水槽のサイズによって変わります。 プライバシーポリシー 金魚を野外飼育したい方のために、調べました。外飼いの際の注意点はありますが、しっかりと気をつければ金魚の野外飼育は可能です。これから外飼いをしたい方、金魚の野外飼育に挑戦したい方、ぜひこちらの記事をご覧ください。, 【分類】コイ目・コイ亜科・コイ科・フナ属 また、暑さによって水が蒸発しやすく、水が汚れやすいので、こまめな水替えと水の補給が必要になります。, ■雨水が大量に入ってしまうと、水のPH値が変動し、肌荒れや充血を起こしやすくなってしまうので、梅雨の時期などは雨対策が必要 // ]]> 金魚を屋外で飼う時の容器についてですが、やっぱり睡蓮鉢とか水槽、プラ舟が多いようですが、バケツ、タライ、園芸用プランター、衣装ケース、コンテナ、漬物樽とかいうのもありますね。それから発泡スチロールの箱とかも。ポイントは金魚の数に対して十分に広いことということのようです。あとは各々使いやすいものを使えばいいということなんでしょう。, 金魚に限りませんが小さな魚は水温の変化に弱いです。体が小さいので体の体積に対して表面積が大きくなり水温の影響をもろに受けることになるからです。特に夏場は気温が大きく変化しますし、直射日光が当たれば水温が40度を超えても不思議ではありません。池のように水量が大きいのであれば急激な水温上昇はありませんが、小さな容器で飼っている場合は急激に水温が上がりますから十分に気をつける必要があります。, 対策としては出来れば直射日光が当たらない風通しの良い日陰に移すのがよく、それが出来なければ、よしずを立てるなどして対策を取る必要があります。, 室内で飼う場合なら余り考える必要はありませんが、屋外では外敵から守る必要があります。猫、カラス、蛇、などなかなか手ごわいです。猫が相手なら単純に底の深い容器にして水面も下げるというの対策はありますが、カラスが相手なら鳥よけに網をかぶせたほうがいいようです。適当にかぶせたのでは突破されますのである程度厳重にかぶせた方が良さそうです。, 場合によっては、容器の上にちゃんとした金網を置いたほうがいいかもしれません。寒い時期には透明な波板をフタ代わりにするのもいいようです。いずれにしても、猫やカラスは強敵ですから網を破られたりひっくり返されたりしないようにそれなりの対応が必要でしょう。, これはなかなか難しいところもあるんですが、餌のあげすぎに注意してください。金魚はかなり空腹に耐える魚なんだそうです。しかも屋外の場合はグリーンウォーターになればプランクトンを食べますし、水草が生えれば水草を、苔があれば苔を、ボウフラがわけばボウフラを食べますのでほとんど餌をやらなくても生きていけるそうです。むしろ、餌をやりすぎて食べきれずに水質が汚染されていくほうがまずいんだとか。屋外で飼うと決めた時から過保護にしないという決断が必要なんだそうです。, これは意見が色々あります。あまり水換えせずに減った分だけ水を足す感じでグリーンウォーターで飼うほうが良いという意見もあれば、エアレーションしてバクテリアも入れてそれなりに水換えして掃除もして透明な環境で飼うのが良いという意見もあります。鑑賞するなら透明な水のほうがいいわけですが、屋外で飼っていることを考えたら自然に近い環境であるグリーンウォーターで育てたほうがいいのではないかと思われます。, なお、容器に雨水が入るようにする場合は、水と一緒に金魚が流出しないように、容器のある程度の高さのところに小さな穴を開けておくといいようです。, これも使うべきという意見と使わなくてもいいという意見があります。風が水面を揺らすような環境であれば水面から酸素が溶け込むので無理に使う必要はないようです。金魚が水面に浮いて口をパクパクさせているようなら使わないとまずいようですが。ただ、あまり水流が激しくなると金魚が疲れますので程々にしておく必要があるそうです。, 金魚は室内より屋外のほうが手間がかからず飼いやすいそうですが、注意点はそれなりにありますね。なかでも外敵が一番厄介で、昨日まで元気だったのにごっそりいなくなったりしたらそのショックはあまりにも大きいと思います。特にこれには十分注意をしてください。. ポンプなしで金魚鉢で簡単に金魚の飼い方について書いています。大きな水槽や酸素のポンプなしでも、充分金魚を長生きさせることができます。ぜひ、金魚を育ててみましょう。 金魚を屋外で飼おう!といっても池で飼うわけではなくて、水槽とか睡蓮鉢なんかで飼う場合どうしようか、ということです。それはやっぱり室内とは違った注意点があると思うんですよね。室内に金魚鉢を置いて泳いでいるのを見て涼しい気分になるのもいいですが

金魚には胃がなく、直接腸が消化する仕組みになっています。水温の低下は腸の活動を落とすので、そのせいで金魚の食が細くなっているのです。この場合は、エサを控えめにするか、与えないようにしましょう。, さらに水温が下がり、5℃以下になると冬眠モードになるので、エサを食べなくなります。水換えは水量の3分の1程度を1ヶ月に1回程度の割合に抑え、水槽の掃除は春まで待つようにします。, 冬が厳しくなると、水槽に氷が張ります。表面になった氷はフタとなり、厳しい寒さから金魚を守ります。ですので、できるだけ水深のある水槽を用意し、冬の氷に備えておきたいですね。, また、水深が深く、水面が広い飼育容器は水に酸素を取り入れるのにも役に立ちます。広さは金魚同士のストレス軽減にも繋がるので、できれば大きめの容器を用意したいですね。, 直射日光は水温を上げ、金魚の体調を崩してしまいますが、悪いことばかりではありません。自然光・紫外線による水の殺菌作用および金魚の免疫力の向上が望めます。また、紫外線をたっぷり浴びた緑苔をエサにすることで、色揚げ効果(体の色が鮮やかになる)が、室内飼育より向上すると言われています。, 夏場は特に注意が必要です。水温が上がりすぎると、金魚の体によくないため、日よけなどで水温が上がりすぎないように対策をとりましょう。 100種類以上の種類があったり、体調は水槽の大きさによって変わるなど、非常に奥深い生き物です。, 金魚は変温動物で、水温がそのまま金魚の体温となります。冬、水温が10℃を下回ると、金魚の体温も低下してエサを食べる量が減ります。 日に日に寒さが増していきますが、屋外で金魚を飼育している場合は冬越し準備をする必要があります。, また、これまで屋内で飼育していた人でも、来年は金魚の繁殖に挑戦してみたいという人は、冬場に金魚を屋外で過ごさせることを考えてみまませんか。, 室内の水槽飼育でも、環境が良ければ金魚が発情、産卵をする事はありますが、確実に産卵する保証は無く、本格的に繁殖を経験してみたいなら、冬場は金魚を屋外で飼育して、冬眠状態にする必要があります。, 冬眠といっても水の中で生活する動物ですから、完全に熟睡している訳ではなく、水に流されたりしないように、それなりにフラフラとした状態で泳いでバランスを取ったりしてはいます。, そして冬の期間、厳しい環境で過ごして、春になって水温が上がってくると、金魚たちは餌を食べるようになって活力を取り戻し、次第に発情してきます。, ですから、水温が10度近くまで下がるようになってきたら、そろそろ屋外での冬越しの準備を始めます。, 冬越しの準備としては、水温が10度を切るようになってきて、冬越しをさせようと思ったら、まずは餌切りを行います。, 餌切りをするのは、水替えをして冬越し態勢に入ってから糞で水を汚さないようにするためです。, この次に水替えや金魚を入れた容器を掃除するのは春になって、金魚が冬眠を終わった時ですから、なるべく容器は綺麗にしておきます。, ただし、水苔などは冬眠中にお腹の減った金魚が食べたりしますから、完全に取り去る必要はありません。, また、水槽の上には半透明の波板などをかぶせて、ゴミが入ったり、冷たい風が当たるのを防ぐようにします。, 完全に密封してしまうと金魚が窒息しますから、ある程度隙間があっても良いですが、波板などで覆うことで、ある程度寒さが防げます。, 大きな池などで水深が50cm以上確保出来るような所であれば、ある程度安心ですが、日中でも気温が氷点下を上回らず、容器の水が完全に凍ってしまうような地域では、容器での屋外越冬は対策を行わないと難しいです。, 表面が薄く凍る程度でしたら問題ありませんが、さすがに底の方まで水が凍ってしまうような環境では、金魚も生きてて行くのは無理です。, 寒冷地では完全屋外というのはやはりちょっと無理がありますので、屋根のある場所か、それなりに保温の出来る容器などで冬越しする必要があります。, また、豪雪地帯で、飼育容器が完全に雪で埋もれてしまうような場合にも、雪囲いするとか、屋根のある場所に容器を置くなどの対策が必要です。, 小さなたらいだと、すぐに水温が変わってしまったり、最悪全体が凍ってしまう場合もあります。, 平均気温など、地域や置く場所にもよりますが、少なくとも100L以上の水が入る容器が好ましいです。, また、温暖な地域で無い場合は、夜間はシートで覆うとか、容器を半分地面の中に埋め込んだり、保温材で囲むなどの対策が必要かもしれません, 金魚の場合、特に冬などで水温が10度を下回るような環境ではエサをやる必要はありません、というよりはほとんど食べないと思います。, 天気の良い日で水温が10度近くまで上昇するような日もあるかと思いますが、餌を食べるからといって、ついつい餌をやってしまうと水が汚れてしまったり、食べ残しや、, あるいは金魚のお腹の中で消化されない前に水温が下がってしまってずっと消化管の中に食べ物が詰まったままになって、金魚の調子を悪くしてしまうなどの悪影響がありますから、越冬中はエサはやらないようにしましょう。, 多少金魚は痩せるかもしれませんが、長い目で見ればその方が金魚も健康になりますし、らんちゅうなどであればコブの盛り上がりも良くなります。, 餌もやっていませんし、新陳代謝も最小限に低下していますから、水替えしなくても大丈夫です。, 水が蒸発して減った場合には、減った分だけ水温の変化に気を付けて足し水する事はあります。, よほど何かの理由で水が汚れた時には、古水を濾して使い、極一部だけ新水をつぎ足すようにします。, とにかく真冬の気温が下がった時に水をかき混ぜたり、金魚に刺激を与えても良いことは全くありません, 飼育数が多かったりして、どうしても心配なら最小限にして軽くかけても良いですが、冬場は夜間など気温が急激に低下しますから、エアレーションによってかえって水温の変化が激しくなる(水温が下がる)事になるということを理解しておきましょう。, 金魚にとっても、真冬の屋外で越冬するというのはかなり体力を消耗しますから、身体の弱い個体だと春まで持たない可能性があります。, また、冬の間に体力が弱った結果、春になって水温が上がった途端、病原菌などの活動も活発になった時に、病気になってしまう可能性もあります。, 秋口まで健康に飼育していれば、それほど心配することもありませんが、過酷な環境で飼育する分ある程度リスクを覚悟しておく必要があります。, その年生まれた当歳魚などで体長が5cm以下ぐらいまでにしか成長しなかったものなどは、心配であれば室内で飼育しても良いかもしれません。, 春になって、温かくなり、水温が10度を超えるような日も出てきたら、金魚を冬眠から起こす準備をします, 飼育容器を綺麗に洗ったら、とりだしていた水を、金魚用の網や、布などでゴミを濾しながら容器に戻します。, 金魚は長い間、断食をしていますし、この時期まだ体の活動も活発ではありませんから餌の量はごく少量から始めます。, また、餌をやっても全然食べないという場合もありますから、様子を見ながら与えるようにしましょう。, 長い間餌をやっていなかったからと、急に多くの餌をやってしまうと、消化管が詰まったりなどトラブルの元ですから、ゆっくりゆっくり慣らしていくようにします。, 春になって、金魚を起こしてから1ヶ月もしないうちに発情して、産卵の時期を迎えます。, オスに追い星がでてきたり、オスがメスを追いかけ回すようになったら早めにオスメスを隔離します。, 注:追い星:発情した時にオスに出る白いボツボツのようなもので、胸びれの前縁部や、えら蓋の上に出ます。, 春先は金魚も体力を消耗していて病気になりやすくなっていますから、よく観察して病気にならないように気を付けます。, また、春先には体の一部が真っ黒になることがありますが、軽い皮膚病(しもやけのようなもの)ですから気にする必要はありません。ほっておけばすぐに治って元の赤い色に戻ります。, この時期に病気に注意して、しっかり冬眠からの消耗から回復させることで、金魚を上手く繁殖させることが出来ます。, 冬越しが終わると春先には、可愛い金魚たちが元気に泳ぎだして活発に動き回るようになります。. [CDATA[

■こまめな水差し 風流なセミリタイア生活をしよう。ということで色んな物を飼ってみたいと思ってるんですが、よく考えれば定番は金魚だよなと。金魚は夜店の屋台で売っ... 夏祭りになると縁日の屋台が出て、そこにはだいたい金魚すくいがあります。いくらかお金を払ってトライして、結局網が破れて金魚はすくえないというの... 金魚すくいなんかで金魚をゲットしたら、だいたい水槽で飼うと思います。しかし、庭に池があるのならそこで飼うことも出来るはず。水槽で飼っていて大... 運営者情報 プロフィール 金魚にも色々な種類が有り、基本的には飼い方は同じなのですが、飼育の難易度や特長が違うので、飼うときに注意することなどがあります。 金魚の飼い方について水槽の水が緑に・・ 屋外の水槽で金魚を飼っているのですが、水槽の水が緑になってしまっています。緑になっているのは、微生物がたくさんいて、金魚がそれを食べるのでいいことだと聞きました。 屋外飼育のメリット・デメリットを踏まえて飼育できると良いですね。, 忙しいあなたに、公式アカウントから 金魚の飼い方, 金魚を屋外で飼おう!といっても池で飼うわけではなくて、水槽とか睡蓮鉢なんかで飼う場合どうしようか、ということです。それはやっぱり室内とは違った注意点があると思うんですよね。室内に金魚鉢を置いて泳いでいるのを見て涼しい気分になるのもいいですが、庭に出たら睡蓮鉢があって金魚が泳いでいるというのも風流な感じがするんですよね。ということで、金魚を屋外で飼うならどういう点に注意すべきか調べてみましょう。. 金魚を野外飼育したい方のために、調べました。外飼いの際の注意点はありますが、しっかりと気をつければ金魚の野外飼育は可能です。これから外飼いをしたい方、金魚の野外飼育に挑戦したい方、ぜひこちらの記事をご覧ください。

【寿命】長く、大切に育てると15年生きる場合もあるそうです。 金魚の飼い 方 > 金魚の飼い方 ... 夏は40度を超えるようなら冷却ファンか涼しい場所に置くことで水温を下げ、冬は外で冬眠させるかヒーターで保温してあげましょう。 水温の適応範囲が広いのですが、急激な変化には注意してあげてくださいね。 関連記事. 我が家の水槽は、最近薄いグリーンの濁りが目立ちます。 ちょっとしたグリーンウオーターですね! 日光で栄養過剰になり水中にアオコ(植物性プランクトン)が発生したかもしれません。 底石一面に、藍藻が生え始めました! ■水草を入れて日陰をつくってあげる, 30℃を超えてくる暑さになると、食欲がなくなります。稚魚の飼育、病気治療でこの水温にする場合がありますが、夏場はこの水温にならないように気を付けてあげたいですね。35℃を超えると、金魚は死んでしまいます。ご注意を。, 屋内の場合はヒーターをつかってあげたいですね。金魚は寒さよりも、極端な水温変化に弱いので、ヒーターで水温を一定に維持してあげるのが一番です。, 金魚の世話は手間がかかりますが、手をかけた分、金魚は元気に長生きをしてくれます。