仕事は一人で行うよりも、高いスキルを持ったスペシャリスト達がチームで... 当記事では上記の悩みに答えます。 Copyright© 2017 ジョブインフォ All Rights Reserved.

私はこの自分の強みを生かし、誰よりも努力し、誰よりも行動し、誰よりも成果をあげる営業マンになっていきます。, 野球というチームスポーツを長年続けてきたあなたは、チームワークの重要性を理解し、協調性を培ってきたはず。, 個人でできることよりも、チームでできることの方が大きく、何よりチームで何かを達成した時の喜びが何にも代え難いことを、野球を通じてあなたは知っています。, 会社はチーム。個人戦ではありません。チームワークを発揮し、時に自分が役割を果たし、時に人を立てる。そんな協調性は、ビジネスの競争を勝ち抜くに当たって必須なのです。, あなたが当たり前だと思っているチームワークの重要性を知らない就活生は意外と多い。ですから十分他者と差別化できる自己PRのネタなのです。是非自信持ってアピールしてください。, 協調性の自己PRの作り方については下記に自己PR時の注意点やコツをまとめていますので、興味ある方は是非ご一読ください。, (理由) 私が通っていた高校の野球部は非常に厳しいことで地元では有名ななのですが、私は、その辛い練習に6年間耐え続けました。, 毎日遅くまでハードなトレーニングがあり、部活入りたての頃は、週に一人くらいのペースで辞めていってました。しかし私は、毎日歯を食いしばり、最後の最後まで残ることで先発メンバーの座を得ることができました。, (まとめの結論) 当記事では、就活のプロアドバイザーが自己PRで企業が重視することや、企業ウケの良い自己PRの作り方を例文通じて解説しています。... しっかりと成長し、ビジネスマンとして他に勝つスキルをつけるためには、すぐに諦めない根性が必須. 「新卒向けの就職エージェントでおすすめのサービスを知りたい。」←本記事では、こういった疑問に答えます。プロの就活アドバイザーの管理人が厳選した3つの就職エージェントとその厳選理由を解説します。... 就活サービスは企業からお金をもらっているケースが多いので、ほとんど無料で利用できますよ!. 「根性」という資質は、どんな仕事でも求められます。 野球部でも、チームメンバーと常にコミュニケーションをとり、得手不得手や性格を理解した上で、試合では自分が目立つことよりも、チームで勝つにはどうしたらいいかを常に考え、行動するようにしていました。, 私たちの野球部は個々人の能力はそこまで高くありませんでしたが、チームワークのおかげで、地域では上位入賞を果たすチームでした。, (まとめの結論) 趣味はサッカー観戦です。

履歴書・面接の特技・趣味を野球観戦、相撲観戦など「スポーツ観戦」にした場合の書き方・例文, 履歴書・面接の特技・趣味をケーキ、クッキーなど「お菓子作り」にした場合の書き方・例文, 履歴書・面接の特技・趣味を掃除、整理整頓、洗濯など「家事」にした場合の書き方・例文, 履歴書・面接の特技・趣味をギター、ドラム、ピアノなど「楽器・音楽」にした場合の書き方・例文, 履歴書・面接の特技・趣味をライブ、コンサートなど「音楽鑑賞」にした場合の書き方・例文, 履歴書・面接の特技・趣味を車、バイク、ツーリングなど「ドライブ」にした場合の書き方・例文.

私は営業職を志望しておりますが、お客様の心を動かす前提として、誠実で真面目であることが第一に求められると思うからです。また粛々とスキルアップに励むことも求められると考えています。, (具体例・エピソード) 記載されている内容は2017年08月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, 履歴書にスポーツ経験を書きたいけど、どこに書けばよいか分からないと思ったことはありませんか?スポーツから得られる経験は大きなものなので、履歴書にも記入しておきたいところですね。今回はスポーツ経験に関する履歴書の書き方をご紹介します。, スポーツをして汗を流していた青春時代。部活動のように複数人での活動でも個人的にでも、スポーツを通じて得た経験や気持ちは大きな財産です。せっかくのセールスポイントですので、履歴書にもアピールのために記入しておきたいものです。しかし、どの欄に書けばいいのか分からない、どのように書いたらいいのか分からない。そんな悩みを抱えている方もいらっしゃることでしょう。履歴書ひとつでも大きな差がついてしまうので、できるだけ上手に書いておきたいものです。そこで、今回は履歴書にスポーツの経歴を上手に書く方法や、面接時に会話のきっかけとするための便利な使い方をご紹介します。, スポーツ経験は履歴書の「自己PR・資格」の欄に書くのが最も一般的になっています。書き方としては大きく分けてふたつあります。ひとつは「柔道 初段 ◯◯年取得」や「全国高校サッカー大会ベスト8」などと簡素に書いていく書き方です。ふたつめが「野球(スポーツ)を通じて、チームワークや日々の努力を怠らないことの大切さを知りました」と具体的に学んだことを挙げる書き方です。履歴書の項目の書き方ひとつで印象も変わってきます。次は、ひとつめとふたつめの書き方のメリット・デメリットをご紹介します。, ひとつめのメリットは、簡素化して書いているので、採用担当側から見易い点です。何十何百もの履歴書を見なくてはいけない採用担当者に、負担の少ない配慮の行き届いた書き方として喜ばれる場合もあります。履歴書で具体的に述べるのを避けている分、面接のときにどんな質問をしてみようか、と相手に考えさせることができるのも良いところです。相手が考えている分だけ、注目度も上がります。面接で会話が膨らんでいけば、アピールとしては上出来でしょう。デメリットは、面接でどんな質問が飛んでくるか想定しにくい点にあります。「なぜスポーツを始めようと思ったのか?」「何年くらい続けているのか?」「なぜ続けているのか?」「辞めたのであればなぜ辞めてしまったのか?」など、面接官から多岐にわたる内容を問われる可能性が高いです。それは、履歴書を簡素化した分だけ情報が少ないからです。不意の質問に対して柔軟に応答ができるのであれば、こちらの書き方が良いでしょう。突発的なことに対処するのが苦手な方はこちらの書き方は避けたほうが無難です。, ふたつめの書き方のメリットは、履歴書に具体的に書いている分だけ、採用担当者には多くの情報が伝わっている点です。たとえば「チームワークの大切さを学んだ」などと書いてあれば、この人はチームワークを重視している人だなと思ってもらえます。また、面接で対応しやすいです。なぜかと言うと、そのスポーツ経験をどう会社で活かせるか?そのスポーツから学んだ大事なものは何か?など、自身が履歴書に記入したことをベースに話が展開されやすいからです。具体的な記入がある分、面接官としてはさらに掘り下げた内容を聞きたいのでしょう。デメリットは、採用担当者を飽き飽きさせてしまう可能性があることです。スポーツ経験などの過去の経験よりも、これからだけに焦点を絞っている採用担当者もいます。そういった方が何十何百とこのような履歴書の文言を見るわけですから、辟易してしまうのも致し方ないでしょう。「他の人と同じようなことを言っているな」と飽きられないように、掘り下げた内容について熟考しておくことが肝心だと思います。, 結論から言うと、履歴書に趣味をスポーツ観戦と書いても差し支えありません。たとえスポーツ経験が無くても、趣味をスポーツ観戦としておくと、面接でコミュニケーションを取れるチャンス作りになります。大勢のファンがいるメジャースポーツでも、日本ではあまり流行っていないマイナースポーツでも大丈夫です。会話のきっかけとして良いとされているのは、意外にもマイナースポーツの方です。どのようなものなのか知りたいから、採用担当者から興味をもたれやすいという話もあります。本来の面接なら、受験する側が一方的に聞かれる場合がほとんどです。しかし、受験生側から目上の人に教える不思議な空間ができたことで、打ち解けられたような印象を与える作用があるのでしょう。そして、こういった趣味や個人的な話が続いている面接のほうが、驚くことに採用されている割合も高いのだとか。そう考えると、面接とはそうお固いものではないのかもしれません。, 履歴書に趣味をスポーツ観戦と書くと良い理由は、スポーツが一定の共通したものであって、知っている、いないが発生しにくい事柄であるからです。たとえば、趣味を音楽鑑賞としたとして、面接官に「どんな音楽を聴くんですか」と尋ねられたとします。「◯◯という人の曲が好きでよく聴いています」と答えたとして、面接官が◯◯さんを知らなければ話は終わってしまいます。「へえ~私は知らないな」で終わりです。20代の受験者が60代の面接官に今時の音楽の話をしても、流行っている音楽が違いますから、わからないケースがほとんどで会話のきっかけとして不十分でしょう。しかし、スポーツであれば経験者同士の会話に発展するかも知れません。どこのチームが好きだとか、大まかには知っているから教えて欲しいとか、色々な会話への転換が可能です。面接の目的がコミュニーケーションを取ることである以上、多角的に繰り広げられるスポーツのほうが会話を成功させやすいと思います。, 目立った成果がなくても、スポーツの経歴は履歴書には書いておくほうが良いでしょう。華々しい記録がなくても、何年間も続けてきたという事実で「物事を長く続ける根気がある」と評価してもらえる場合もあります。先の内容にも記述したように、履歴書に書きたいのはコミュニケーションを取るためのチャンス作りです。いわば、履歴書に種を蒔いておいて、面接で花開かせるといった感じでしょうか。そういった内容を記入しておくのが履歴書のキーポイントだと思います。ただし、短期間で何度も何度も辞めてしまっている場合などは、書かないほうが好ましいでしょう。履歴書に記入するには少なくとも年単位の経験は欲しいところです。, 文化部にしか入ったことがなく、スポーツ経験が無くても全く問題ありません。その際は、履歴書の自己PR・資格欄に所属していた部活動を記入しましょう。実際、スポーツがあまり得意でなくずっと文化部に所属していた人も山ほどいます。文化部であっても面接では同じです。質問されたときに、どれだけ会話を広げられるか、相手に好印象をもってもらえるかに尽きます。, 履歴書に書いたスポーツの事柄から、どのような質問をされるか具体的に想像してみましょう。誰かに面接官役をお願いしてもいいと思います。とにかくありとあらゆる質問をしてもらいましょう。その中で、返答できなかったものは、自分で答えを出しておくと良いです。履歴書に空欄があってはならないので、自身の履歴書が正しく記入されているかもよくチェックしておきましょう。スポーツだけでなく、アルバイトの経験や、ボランティア活動など、自らが決めて実行したことなら伝えないのは勿体無いです。, 派遣で働いている皆さんは、今の時給に満足していますか?もう少し欲しいなと思いますか?実は、派遣で働いている人の中には時給交渉をして、時給アップに成功した人もいます。彼らは一体どうやって時給交渉をしたのでしょうか?今回は時給交渉を成功させるコツをご紹介します。, 面接が苦手という人は多く、緊張するものです。しかし就職を勝ち取るには避けて通れないのが面接です。そこで面接で使う一人称について語りましょう。一人称はあなたの第一印象を決定づける重要な意味を持ちますので、基本的なビジネスマナーを紹介しましょう。, 二次面接で聞かれやすい質問・解答例とはどのようなものでしょう。特に一次面接との違いについても気になるとところです。この記事では、二次面接特有の質問や、転職、新卒などの状況別に、どのように二次面接で解答するか、具体的な例とともに解説したので参考にしてみて下さい。, 就職活動や転職活動などを行っているときに必ず必要となる履歴書。しかし、どんな履歴書を用意すればいいか悩むこともあるのではないでしょうか。今回は履歴書の紙質についてご紹介します。シチュエーションに合わせた紙質の履歴書を使用して、活動の参考にしてください。, 就職や転職をするとなれば自分を売り込むために自己PRを考える必要があります。不動産業界は人気も高いので入念に自己PRを練り上げる必要があります。今回は不動産業界の自己PRの作成のコツを例文を挙げながら新卒や未経験、転職などに分けてご紹介していきます。. 野球にはビジネスで必要な様々な要素が含まれている 場合が多く、野球を頑張ってきた就活生を採用したいという企業は多いです。. 私はコンサルティング職を志望しておりますが、お客様の課題を解決するためには、各方面の専門家たちとチームワークを発揮し、最大成果を出すことが求められると考えるからです。, (具体例・エピソード) 野球観戦でええやろ 22: 昼休み速報 2020/04/15(水) 16:34:00.54 ID:gLkIrbOqd 映画が好きなら月に映画館で何回観るとか 読者なら月に何冊読むとか 趣味はスポーツ観戦ですが、中でも高校野球がとても好きです。高校野球の好きな点は日頃からの厳しい練習に耐え汗だくで白球を追う姿、試合で白熱した戦いでの手に汗握る攻防、感動させてくれる守備や追い詰められ後が無い時の起死回生の一打等、本当に感動を与えてくれます。 私の通っていた高校の野球部はとても厳しく毎日ハードな練習をするので、嫌になって辞める人や幽霊部員になる人も多いのですが、私は一度も練習を休んだことはありません。, 私は野球が他の部員に比べて下手だったので、少しでもみんなに追いつきたいと思い、友達からの遊びの誘いもすべて断り、野球部にかけてきました。, (まとめの結論) 履歴書・エントリーシートや面接の質問で特技・趣味を野球観戦、相撲観戦など「スポーツ観戦」にした場合の書き方・例文をご紹介します。, 「スポーツ観戦」は趣味として利用します。特技としては使わないでください。「面接で質問されやすい」「面接で盛り上がりそうな」趣味として使いやすいです。, 「スポーツ観戦」とざっくり書くのはやめましょう。具体的にどのスポーツ観戦が好きなのかまで書いてください。どの大会や選手が好きか、直接会場まで応援しにいくのかなども書きましょう。スポーツは好きだけど運動神経が苦手という人にも使いやすいです。, 「特技・趣味の書き方」「面接で特技・趣味を質問されたときの答え方」も参考にしてください。, 趣味は野球観戦です。特に甲子園が好きで、甲子園の季節になると必ず甲子園球場で応援をするようにしています。, 趣味はサッカー観戦です。名古屋グランパスを応援しており、近くで試合があれば応援に行きます。選手全員の名前や特徴を説明することもできます。, 趣味は相撲観戦です。特に白鵬関が好きです。白鵬関の相撲の取り方や横綱としての考え方が好きで応援をしています。また、相撲観戦で盛り上がることで気分のリフレッシュができます。, 「スポーツ観戦」は趣味として利用してください。観戦がメインとなるので「面接で質問されやすい」「面接で盛り上がりそうな」趣味として利用します。. 履歴書の趣味欄に野球観戦とか書くのもダメなん? 63: 風吹けば名無し 2013/03/27 11:31:01 ID:bVKxBJek 政治宗教のガチのタブーっぷりを野球でジョークっぽくしてる 趣味は野球観戦です。特に甲子園が好きで、甲子園の季節になると必ず甲子園球場で応援をするようにしています。 サッカー観戦. 野球にはビジネスで必要な様々な要素が含まれている場合が多く、野球を頑張ってきた就活生を採用したいという企業は多いです。, というわけで、今回は、「野球」を頑張った経験を自己PRに生かし、面接官の心をつかむためのポイントやコツ、また自己PRで失敗しないための注意点を解説します。, 自己PRで過不足なく、面接官に魅力を伝えるためのおすすめの型はこの4ステップです。, 自分のすごさをアピールするだけではなく、相手が自分を採用するメリットをメインで語ることができる就活生は多くありません。, この辺りの詳細は下記にまとめていますので、なぜこんな型がいいのか、もっと詳しく知りたい方は以下をご覧ください。, というわけでここからは、「野球」というネタからどんな強みをアピールできるのか、例文付きで解説していきたいと思います。, 縦社会にもまれながら、厳しい練習や理不尽な指導を乗り越え、それでも野球を続けてきたあなたには、きっと「ド根性」が備わっているはず。, ビジネスの世界では、楽しいことばかりではなく、むしろ厳しくて辛いことの方が多いといってもいいでしょう。でもだからと言って、すぐに諦めてしまっては、スキルがつかないまま。, しっかりと成長し、ビジネスマンとして他に勝つスキルをつけるためには、すぐに諦めない根性が必須なのです。, 特に現代は、「すぐ諦める若者」が増えていると言われており、根性がある就活生は希少価値も高い存在として一目置かれる可能性もあります。, 「根性」をアピールする自己PRの作り方については下記リンク先の記事に詳細をまとめていますので、野球で培った根性でアピールしたい方は是非ご一読ください。, (理由) 履歴書にスポーツ経験を書きたいけど、どこに書けばよいか分からないと思ったことはありませんか?スポーツから得られる経験は大きなものなので、履歴書にも記入しておきたいところですね。今回はスポーツ経験に関する履歴書の書き方をご紹介します。 私は営業職を志望しておりますが、営業の成果を常に高めるためには、辛い時もうまくいかない時も諦めずに継続し、努力し続けることが重要だと考えるからです。, (具体例・エピソード)