総二郎は帰国後すぐに優紀と連絡を取り、つくしの近況について話した。 優紀は総二郎と付き合い始めてから、西門流に弟子入りして本格的に茶道に取り組んでいた。 「つくし、元気にしてるんだ… よかった。逢いたいな。総二郎さんだけずるい…」 茶会の打ち合わせが終わったあと、久々に街をふらついていたら、視線の先に面白いもんを見つけた。, 男たちの慣れた手付きと声掛けは、明らかに業者の匂いがプンプンする。牧野みたいなウブな学生を食い物にして働かせるつもりなのか。, ゆっくり奴らに近づくと、「学生?可愛い顔してるね。綺麗なドレスと流行りのメイクして、お金稼がない?」なんて、口説いてやがる。, 「時間ないので。」そう言って振切ろうとする牧野の腕を男が掴んだ瞬間、俺の中の何かがブチッと切れた。, ブッ…咄嗟のカップル芝居にガチガチ緊張してる牧野。そんなこいつをもう少しからかいたくなった俺は、牧野の背後に回り、後ろから抱きしめる。, 男たちがペコリと頭を下げて逃げていく。完全に視界から消えたところで、腕の中の牧野が言った。, そんな噂の司と言えば、愛しい彼女を置いてNYに修行の身。1年に数回しか会えないこのちんちくりんの牧野を、遠い地で溺愛してるバカなやつ。, 今のうちにバレないように女遊びでもしりゃーいいのに、相変わらず牧野一筋で愛を貫き通してる司は俺からしたら天然記念物もいいところ。, すげぇ嬉しそうな顔で食いつく牧野を見て思う。しょーがねぇな、ダチの大事な女だから守ってやるしかねーだろ。, 原作者の神尾葉子さんのツイッターに、総二郎とつくしの「落書き」という名の神イラストがあげられています。それを元に小話を書いてみました。短いですが、この二人ならこんな感じかなーと笑, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 花より男子の二次小説サイト。 おすすめは↓Rに載せてます。. 「牧野・・・牧野つくしと申します。西門でお世話になってます・・・」 「そうみたいね。ねぇ、総二郎君と寝たの?」 「・・・は?!」 今、何て言った?! 総二郎様と・・・ 寝た?! 「寝たって言うのは”おやすみ~”の寝たじゃ・・・ないですよね? 結局つくしの行方を知る者は一人もいなかった。. 京都での大学生活中、つくしは京都にやってくる総二郎とは都合のつく限り会うようにしていたし、総二郎の勧めで、同門の師匠から茶道の稽古も定期的に付けてもらっていた。総二郎の時間が許せば、西門家の京都の別邸で稽古をしてもらうこともあった。 楽天マニア、ヘビーユーザー❤ äºŒéƒŽã€é¡žã¯çŸ¥ã£ã¦ã‚“じゃないか?」

ハッピーエンドで綴ります。

おっ、面白いもんみーっけ。茶会の打ち合わせが終わったあと、久々に街をふらついていたら、視線の先に面白いもんを見つけた。『男2人にナンパされてる牧野。』男たちの慣れた手付きと声掛けは、明らかに業者の匂いがプンプンする。牧野みたいなウブな学生を 昨夜西門さんから頂いた、お菓子の手配に関する発歴が、一番最後だったんですね。 それで連絡を受けたその場で、つくしと花沢さんに相談したら、 本職は調理師やってるよ〜。 英徳学園のf4と呼ばれる、花の4人組道明寺司、美作あきら、西門総二郎、そして花沢類 4人共セレブで容姿端麗。 今日は暇で3人が花沢邸に集まった。 「おい、類… 司ラブの管理人がすべて つくしに、総二郎は何故か心がほっこりした。 あんな話をした翌日だけに、変に余所余所しくされたらどうしようかと危惧していたのだが、 目の前にいるつくしを見る限り、そんな心配は無用そうだった。 うかちゃん様、こんばんは。コメントありがとうございます。あはは!笑っていただけました?悩まずに書いていたらそんな風になったんですよ何故に総ちゃんをそんなに落とすかな?とは自分でも思うんですが気が付いて欲しいですね~~(笑)まぁ、ボチボチLOVE度が上がってきましたから・・・むふふ♡でもまだまだ先かもこのつくしちゃんですからお話はまだ半分も行ってないので、のんびりお付き合い下さいませ♡いつも応援、ありがとうございます♡, パール様、こんばんは。コメントありがとうございます。あっはは!そんなに?(笑)嬉しいわぁ~~~♡喜んでいただけて♡あら♡私って意外と道明寺家を書いても大丈夫なのかしら(笑)多分色々違ってるんだろうけど、それでもいいなら書こうかしら♪調子に乗っちゃいそうで怖いわ~~魔法使い・・・最初は悪魔って書いてたんだけど。それじゃあ可哀想だから魔法使いに変えたの(笑)媚薬作りが専門って感じでいいでしょ?得体の知れない薬草入り(笑)あれ?椿さんってこんな人じゃなかった?(笑)気品があったんだ・・・いや、あるよね、そりゃさぁ、この先どうなるか!って事ですよね?デビちんのLOVE度が上がるかどうか・・・って、そんな訳ないでしょーーーっ!書くのは私なんだからっ!司君の得意技「・・・・・・・・・」で行くしかないと思っています・・・。, 花より男子の二次小説サイトへようこそ。原作の時から大好きな類、二次で好きになった総二郎を中心に書いています。ただ、文才もなく表現力もございませんし、誤字脱字も多いと思います。気を付けてるつもりなんですがドジなものですからご容赦下さい。こんな展開ありか?ってことばかりだとは思いますが楽しんでいただけたらうれしいです。また、どんなお話しかを知りたい方は「お話しの説明」というカテゴリからお読み下さい。お気に入りのものが見つかると良いのですが。★ここは私の妄想の世界のお話しです。原作者様、出版社様とは何の関係もございません。こんな駄文ではございますが著作権と言うものも放棄しておりませんので、転記転用はしないで下さいね。尚、二次小説に抵抗を感じられる方、読んでご自分には合わないと思われた方はご退出下さいませ。(その時に悪質だと思われるコメントを残された場合には削除させていただきます), ★Un gâteau d'anniversaire (2019類誕イベント) (13). 「いいえ、ご存じないようです。あたしフランスに電話して直接お尋ねしましたから。花沢さんも先輩のことご心配のようでしたわ」