、IT担当è€, 中堅・中小規模製造企業に対してDX推進を支援する組織・団体の方(ITコーディネータ、地方自治体、ITベンダー等), 製造業のDXにおける課題やポイントについて、それぞれ30分程度の動画で知ることができます, 製造業3社の事例のポイントを、実際の事例企業による講演動画で知ることができます. https://www.tegaki.ai/user-case-fabric-tokyo/, https://it.impressbm.co.jp/articles/-/18679, https://news.microsoft.com/transform/starbucks-turns-to-technology-to-brew-up-a-more-personal-connection-with-its-customers/, https://www.salesforce.com/jp/customer-success-stories/glico/, https://www.nttdata-gsl.co.jp/case/snowpeak.html, https://japan.zdnet.com/extra/terrasky_toyota_201906/35139036/, https://www.k-evolva.com/case/ict/rpa.html, https://it.impressbm.co.jp/articles/-/19447, https://jpn.nec.com/press/201909/20190912_01.html, https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1902/15/news089.html, https://jpn.nec.com/press/201907/20190719_01.html, https://blog.global.fujitsu.com/jp/2019-09-10/02/, https://www.anahd.co.jp/group/pr/201903/20190326.html, http://cargo-news.co.jp/cargo-news-main/2083, https://solutions.toppan-f.co.jp/feature/4430/, https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001027.000002302.html, https://www.slideshare.net/GoogleCloudPlatformJP/cloud-onair-2018712, https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1225025.html, 初心者でもわかるディープラーニング ー 基礎知識からAIとの違い、導入プロセスまで細かく解説, LINEバイト、AIが全案件の電話応募に対応、将来的にはAIが面接する可能性も示唆, 機械学習をどこよりもわかりやすく解説! 教師ありなし学習・強化学習だけでなく5つのアルゴリズムも完全理解!. ソリューション/事例紹介 . AI(人工知能)の話題が連日のようにニュースに登場するようになりました。富士キメラ総研による「2019 人工知能ビジネス調査」によると2018年度には5,301億円だったAIの市場規模は、2022年度には1兆20億円に拡大し、2030年には2兆1,286億円になると予想されています... 社内の会話でも、説明なくRPAという言葉が出てくることも多くなったのではないでしょうか。企業のRPA活用が進んでいます。この記事では、「RPA」について「どんなものかまだわからない!」という方に向けてRPAの全体像をわかりやすく紹介します。RPAとは何かRPAとはR... DX(デジタルトランスフォーメーション)に注目が集まっています。AIなどの技術発展を背景に、デジタル技術の利活用が企業にとって事業拡大の鍵となっているからです。アメリカの「GAFA」を台頭に、集まったデータとAIなどの最先端のテクノロジーを活用して価値の提... ©Copyright2020 AI専門ニュースメディア AINOW.All Rights Reserved. ここ数年、世間では「業務効率化」「生産性向上」「デジタル化」などと叫ばれてきた 学習院大学で政治学を専攻中です。 製造業のdx事例:デジタルツインで業務の自動化を目指すge. 産業用機器に組み込まれる高信頼性・高性能のコンピュータ、コントローラなどの開発・製造・販売で豊富な実績を持つのがアドバネットだ。その知見を生かし、顧客のニーズ…, 本資料は、エプソンの業務用PCラインアップとその利用シーン、そして同社製品を利用するメリットについて詳しく紹介したものである。, 弊社株式会社システムインテグレータは、前職で日本初(出典1)となるERPパッケージを企画・開発したエンジニアによって創業された 、デジタル化による業務改善がミ…, 5Gの商用サービスが始まった。普及はこれからだが、5Gの「高速・大容量」「低遅延」「多接続」という特徴を生かしたサービスやソリューションの実証実験や開発が進む…, 「工具ONE」は、各種センサーを搭載したIoT機器やRFID装置と連携し、工具や計測器等の重要資産に「ICタグ」や「バーコード」「QRコード」を取り付け、マル…, ものづくりの現場においてDXが叫ばれるいま、デジタルによる革新的なものづくりの未来像を描き、競争力を強化することが求められている。, インターネットに接続されるコネクテッドデバイスの数は、2020年末には500億個に達するといわれ、IoTが今もなお急激な成長を遂げ、浸透するにつれ、業種を問わ…, デジタルトランスフォーメーションによる競争力強化や他社との差異化を検討する企業が増えている。しかし、新しい取り組みは不確定要素が多く、試行錯誤を重ねることにな…, 現在世界中が直面している新型コロナウイルスによる様々な困難。そして同じタイミングでやってきた働き方改革の波。リモートワークへのシフトや少人数での業務対応を受け…, 本資料は、各種産業用ボードコンピュータおよびシステム開発、ファームウエア開発を行っているアドバネットの2020年版最新ソリューションカタログ。開発、品質管理ま…, 複数の材料を使用したフルカラー・テクスチャーに対応した3Dプリンターを最大活用することで、デザイナーは自分のアイデアを素早くリアルに表現できる。それによりチー…, 昨今のAI技術の発展に伴い、様々な製造業向けAIサービスが提供されるようになってきた。しかし、AIの出力根拠が不明、AIの品質保証が不十分かつ不明瞭といった課…, 本資料はビジネス現場でのデータ活用を実現するSplunk Augmented Reality (AR) について、その特長と実際にどんなことができるかを簡単に…, 本資料は、統合化部品表を中核に製造業すべての分野をサポートする生産管理総合ソリューション「ECObjects」について、全体概要から分野別の課題解決策、中核シ…, "弊社株式会社システムインテグレータは、WEB-ERPパッケージを企画・開発したエンジニアによって創業された、デジタル化による業務改善がミッションの技術者集団…, ReliaCOR 34-19は、CPUにインテルの次世代 Xeon-Dプロセッサを採用した多くの高速インターフェースを搭載する高速大容量のデータの取り込みと保…, ストラタシスは、デザイナーやチームによる迅速なフルカラー・デザイン・リアリズムをあらゆる場所で可能にする新製品Stratasys J55 3Dプリンタ(オープ…, Celbは、インターネットでどこからでもアクセス可能な、お客様独自のものづくりデータベースを構築できる、コンパクトなクラウド型の部品表サービスです。, "ものづくりの現場において、DX(デジタルトランスフォーメーション)は、今や必須の命題となっています。一方で、「未来に渡りサステナブルであるためのDXとはなに…, OMNIedgeは、今年の1月より提供を開始いたしました製造業向けIoTサービスです。機械要素部品にセンサを取り付けるだけで部品の状態を見える化し、最適なメン…, 「収蔵位置管理ソリューション」とは、博物館・美術館の要望を標準機能にした、IoT機器やRFID装置を活用した重要資産管理システムです。「展示品」や「付属収納品…, 新型コロナウィルスの影響より、リモートワーク、テレワークに全面舵切りし、それを現在も継続している企業もあれば、出社を前提としながらも、選択肢としてのリモートワ…. アドバネット.

製造業のdxでは、iotの活用は欠かせません。ge(ゼネラル・エレクトリック)もセンサー技術とiotを活用し、データを収集。機械学習によって業務プロセスの自動化を進めています。

建設業の事例 バックホウ自律運転システム. 現在、日本だけでなくすべての国の製造現場においての変革、ノウハウのデジタル 化が求められています。今回は、ものづくりの現場でデジタルトランスフォーメー ション(dx)を成功させるためのポイントや事例についてご紹介します。 参照:https://www.tegaki.ai/user-case-fabric-tokyo/, 株式会社アシストは、人事部門にRPAを導入しています。およそ20体のロボットを稼働させて、1年あたり約370時間削減することに成功しています。特に、勤怠システムからデータを抽出して加工する作業は、間違いが許されず複数人でチェックしていたため、膨大な時間がかかっており、効果が大きかったとのことです。, 参照:https://it.impressbm.co.jp/articles/-/18679, スターバックスのモバイルアプリは、強化学習の技術を使って、ユーザーに最適化された、オススメの商品を提供するようにしています。最寄りの店舗の在庫、任期商品、ユーザーの注文履歴などを反して、オススメの商品を推奨します。, 参照:https://news.microsoft.com/transform/starbucks-turns-to-technology-to-brew-up-a-more-personal-connection-with-its-customers/, 江崎グリコ株式会社は、商談率をあげるためにセールスフォース・ドットコムによるマーケティングオートメーション(MA)を導入しました。特に、法人向けの備蓄食料サービスで成果がでており、問い合わせからの受注率が100%になりました。, 参照:https://www.salesforce.com/jp/customer-success-stories/glico/, 『骨付鳥・からあげ・ハイボール がブリチキン。』を中心に、バルやダイニングなど12業態を運営する株式会社ブルームダイニングサービスは、原価管理をデジタル化し、事業拡大に繋げています。具体的には、商品の価格や規格が数字ではっきり分かり、簡単に管理できるようになったといいます。, 参照:https://www.infomart.co.jp/case/0135.asp, 京セラ株式会社は、社内DXに多額の資金を投じている企業です。具体的な内容は明らかにしていませんが、今後数年に年あたり100億円以上を投じるとしており、社内DX担当の求人も行っています。, 株式会社スノーピークは、NTTデータグローバルソリューションズの支援のもと、IT基盤にSaaS型ERPソリューションを採用しました。同社は、韓国や台湾などに海外進出を進めていましたが、IT基盤は統一されおらず、事業横断的な活用ができていない課題がありました。そこで新たに、英国と米国に進出するのに際し、SaaS型のERPソリューションを導入。日本から、海外の子会社をマネジメントしやすくなったとのことです。, 参照:https://www.nttdata-gsl.co.jp/case/snowpeak.html, トヨタ自動車は、オンプレ基幹システムとクラウド型CRM(顧客管理システム)を「Salesforce」を連携させ、顧客情報を横断的に活用できるようにしました。これにより、販売会社の営業活動効率化を図るのが狙いです。, 参照:https://japan.zdnet.com/extra/terrasky_toyota_201906/35139036/, コニカミノルタ株式会社は、オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社のRPAソフトウェアを導入することによって、約24,000時間の業務時間の削減を実現しました。例えば、相場情報に関するレポート作成や商品化計画の配信や、受注登録や販売実績集約にRPAを導入しています。, KDDIエボルバの西日本物流センター、東日本物流センターでは、法人向けスマートフォン、タブレット、データカードなどの初期設定業務を請け負っています。そこで、RPAを導入して、キッティング自動化システムを自社開発。androidの場合は、78%、iOSの場合は、35%の自動化を実現しています。, 参照:https://www.k-evolva.com/case/ict/rpa.html, アズビル株式会社は、製品ライフサイクル管理システムの業務にRPAを導入しています。利用者登録・削除、登録情報の閲覧許可などの典型業務に対して、20以上のロボットが稼働。作業時間を5カ月間で約200時間削減し、入力ミスなどの人的エラーもゼロにできたといいます。, 参照:https://it.impressbm.co.jp/articles/-/19447, 株式会社リコーは、RPAを導入した業務改革を進めていると言います。購買単価の分析データの作成、評価用プリントジョブ作成業務の自動化など、200以上のロボットを稼働させています。結果として、月1600時間分の業務削減にも成功しています。4人の技術者を含む専門部隊を作ったのがポイントとのことです。, 株式会社セブン銀行と、日本電気株式会社は、2019年9月顔認証技術を搭載した次世代ATMを開発し、搭載を進めています。顔認証技術を通じて、スムーズな本人確認を実現しています。, 参照:https://jpn.nec.com/press/201909/20190912_01.html, 横浜銀行は、2020年3月までに約300業務で年間20万時間以上の業務量を削減するという目標を打ち出しています。2017年10月の本格導入から約半年間で、5業務を対象に5000時間の削減に既に成功しているとのこと。例えば、デスクトップPCから社内イントラを通じて自社の顧客管理システム、取引履歴検索システムなどにアクセスし、照会内容を入力した回答書を印刷する業務などが自動化の対象となりました。, 参照:https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1902/15/news089.html, 栃木銀行は、渉外営業スタッフの事務作業時間を年間2万1000時間削減に実現しています。複数の書類に必要だったサインの簡素化や事務処理の効率化によって実現したといいます。システムには、インテックのクラウドCRMサービス「F3(エフキューブ)クラウド」が導入されています。, 参照:https://japan.cnet.com/article/35145767/, 株式会社大林組、日本電気株式会社、大裕株式会社は、土砂の積み込み作業を自動化するシステムを開発しました。建設業は、労働力不足が問題になっており、自動化は生産性向上の一助となると考えれます。, 参照:https://jpn.nec.com/press/201907/20190719_01.html, 株式会社NTTドコモ、埼玉高速鉄道株式会社、株式会社ビズライト・テクノロジー、株式会社 LIVE BOARDの4社による、車両内に搭載する「ダイナミックビークルスクリーン」の活用が進んでいます。AIが電車のなかにいる人を認識、分析することで、最適化された広告がスクリーンに流れます。効率的な広告運用が可能です。, https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52678160X21C19A1L72000/, https://www.s-rail.co.jp/public/dynamic-vehicle-screen-faq.php, Uberは、配車をお願いしたいユーザーと、車と時間が余っているユーザーを繋げるサービスです。日本では、法規制との関係で一般の人がドライバーとなることは実現していません。このサービスは従来の配車サービスの、料金表示をデジタル化することで、事前に利用料金が分かるようになっています(日本では実現していない)。また、ドライバーの質を担保するために、デジタル端末上で、評価をする仕組みも導入されています。, 富士通はA*Quantum社と共同で、日本郵便様の埼玉県新岩槻郵便局における運送便の最適化に取り組みました。輸送コストを、最小にてきような、ルートをデータを用いて算出。量子コンピューティングに着想を得た組合せ最適化問題を高速に解く新技術を使ったとのことです。従来⼿法と比べて便数を52から48に削減することが可能にしています。, 参照:https://blog.global.fujitsu.com/jp/2019-09-10/02/, シンガポール海事港湾庁(MPA)と富士通は、船舶の衝突リスクを予測するAIを開発しました。下手すると大事故に繋がりかねない海上交通の安全確保は、常に研究が進められてきました。特に、船舶業務や船舶とセンター間の意思疎通が複雑になった分、衝突リスクの予測が一層求められます。そこで、AIを使ったシステムを使うことで、海上交通の安全性を向上させることができます。, 全日本空輸株式会社は、九州佐賀国際空港を、佐賀県の協力のもと、イノベーションモデル空港と位置付けています。具体的には、ロボットスーツを活用し重量物の運搬の負担を軽減したり、航空機の移動をリモートコントロールで行えるようにしたりしています。, 参照:https://www.anahd.co.jp/group/pr/201903/20190326.html, 日本通運株式会社は、定型的かつ単純な業務に対してRPAを積極的に導入する方針を打ち出しています。2021年度末までに累計500台のロボットを導入し、作業時間を100万時間削減することを目標にしています。例えば通運業務では、コンテナ発送貨物の着通運業者へのスポット発注と支払業務の、自動化を実現しました。, 参照:http://cargo-news.co.jp/cargo-news-main/2083, トッパン・フォームズ株式会社は、購買用Webサイトから発注したデータを自社システムに連携する業務において、RPAを導入しました。これが、年間で約384時間の削減に繋がりました。担当者からも空いた時間で更なる業務の見直しができると好評の声があがっています。, 参照:https://solutions.toppan-f.co.jp/feature/4430/, ディップ株式会社が運営する、日本最大級スタートアップ専門メディア「スタートアップタイムズ」において、RPAを導入。インタビュー記事の自動化を実現しました。これにより、記事作成にかかる時間を9割削減しました。, 参照:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001027.000002302.html, 株式会社リクルートライフスタイルは、Googleの開発したGoogle Cloud Platformを導入することで、サービスの速度・質・規模が変化したと言います。特に、データを集めて加工して、演算して、配信するというプロセスが、大幅に効率化、短縮されました。, 参照:https://www.slideshare.net/GoogleCloudPlatformJP/cloud-onair-2018712, 株式会社フルキャストホールディングスは、スターティアレイズ株式会社の開発するRPAサービスのRobo-Patを導入しました。さまざまな業務にRPAを導入しましたが、特に効果を感じたのコンタクト履歴入力業務だといいます。会社全体で月500時間に削減に成功しています。, 北九州市は、名刺の電子管理ツールのSansanを導入しました。名刺管理において、膨大な工数をかけていました。結果として、人脈が有効活用されない現実がありました。そこで、電子化して管理することで、工数が削減され、時間の創出が進みました。, 参照:https://jp.sansan.com/case/kitakyushu/, 株式会社オープンハウスは、AI・RPAを駆使して、年間25,700時間の工数削減に成功しています。具体的には、AIを活用した区割り提案システム、顧客提案資料の抜粋と編集の自動化、物件関連資料の送信のRPAによる自動化を実現しています。, 株式会社ベネッセインフォシェルは、日立の統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」を採用し、2800時間分のITシステム運用業務の削減に成功しています。JP1は、IT環境全体の運用状況や、RPA利用の可視化などを可能にするシステムです。, 参照:https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1225025.html, このように事例をみていると、やはり現場の課題と技術のミスマッチがないものが成功例になっていると感じられます。, まずは自社の業務を見直して、課題を洗い出してみましょう。そこから、事例を参考にしなつつ、デジタル化の方法論を選んでいくのがおすすめです。, その際AI技術を使ったような、大きな施策をうつ必要はありません。会議をオンラインにしてみる。Googleスプレッドシートで情報共有してみる。こういった小さくて簡単な、効率化を侮らずに進めていくことがDXの第一歩だと考えます。, 『空はまっさお、男は正生』 Copyright © Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved. 第5世代移動通信方式(5G)の本格的な商用サービスがスタートする2020年。いわゆる「5G元年」となるだけに、デジタルトランスフォーメーション(DX)施策を行う企業も増加傾向にあります。以前までは“SFの世界”でしかなかった通信技術や情報伝達の手段が、近未来の現実となりつつあります。, しかし、一口にDXと言っても、技術や用途はさまざま。導入を検討する企業としては、業務内容や目的などを踏まえて自社に適したテクノロジーを吟味することが不可欠です。今回はDXの5つの代表的な技術と活用事例を紹介します。DXの基本を整理したうえで、自社に導入するイメージを膨らませましょう。, デジタルトランスフォーメーション(DX)の技術として代表的なのが、「IoT」「ビッグデータ」「AI」「ICT」「RPA」です。どれも先進的なデジタル技術として有名ですが、それぞれの機能の違いや定義については認識が曖昧な方も少なくないでしょう。「IT、IoT、ICT」や「AIとRPA」は 、特に混同されやすい傾向にあります。それぞれの技術を最大限に活かすには、それぞれの特徴や違いをしっかりと押さえたうえで、具体的な活用方法や発展の可能性を検証することが重要です。まずは、「IoT」「ビッグデータ」「AI」「ICT」「RPA」について整理しましょう。, IoTは「Internet of Things」の略称であり、直訳すると「モノのインターネット」となります。家電など日常生活で使用するモノにセンサーを装着することで、ネットワークを通じてさまざまな情報が得られる技術はその一例です。IoTは「モノ」「センサー」「ネットワーク」「アプリケーション」の4つの要素で構成されており、センサーが感知した情報をデータ化し、ネットワークを介してアプリケーションへ送信されます。アプリケーションによってデータの抽出や分析、最適化が行われ、これまで抽象的だったモノの使用状況や頻度などを数値によって可視化できます。, ビッグデータの大部分を占めているのはさまざまな種類や形式を含む非構造化データ・非定型的データであり、 従来の管理システムでは記録、保管、解析が難しかった巨大なデータ群を指します。ビッグデータは「データの量(Volume)」「データの種類(Variety)」「データの発生頻度・更新頻度(Velocity)」の3つのVで構成されており 、これらをリアルタイムに高速で処理することで、これまでになかったビジネス視点での洞察や仕組み・システムの開発を可能にします。, AIは「Artificial Intelligence」の略であり、「人工知能」を意味します。人間の誘導なく作業タスクをこなす「自律性(Autonomy)」と、自らの経験から学んでパフォーマンスを向上させる「適応性(Adaptivity)」が大きな特徴です。AIは主に「認識系のAI」「予測系のAI」「実行系のAI」の3つに大別され、さまざまな業界や用途ですでに活用されています。, ICTは「Information and Communication Technology」の略称で、その名の通りコミュニケーションを主体とした情報通信技術を指します。すでに各家庭や企業などで活用されているメールやチャット、SNS、スマートスピーカーなどが最たる例です。情報伝達とコミュニケーションの深度を高めることで、生活を豊かにすることはもちろん、業務や教育の効率化も可能にします。ICTはITやIoTとよく混合されますが、ITは情報技術そのもの、IoTはモノとインターネットをつなぐ技術であることを押さえておきましょう。, RPAは「Robotic Process Automation」の略称。ホワイトカラー業務をロボットが代行する取り組みであり、Digital Labor(仮想知的労働者)と呼ばれるケースもあります。RPAを利用した業務には、class1~3と3段階あり、上位ほど複雑な業務への対応が可能です。, class3ではAIのような自律的判断が備わりますが、あくまでも人間が指示を出す形になります。学習能力があるAIとの違いは、「適応性(Adaptivity)」 の有無と言えます。, 前述したデジタルトランスフォーメーション(DX)の技術は、すでにさまざまな分野で活用・応用されています。今後はいかなる企業においてもテクノロジーの導入が加速化すると予想されるので、自社での活用イメージを具体的に持つことが重要です。以下では各技術の導入事例を紹介します。, 日本の農業は現在、従事者の高齢化や後継者不足、過酷な労働環境など多くの課題を抱えています。その打開策として日本政府も注目しているのが、ロボット技術やIoTなどの先端技術を活用した「スマート農業」です。, 低消費電力で遠距離通信ができるLPWA や超高速通信技術などを農業に活用するなど、DXの推進によって超省力化や高品質生産を実現し、労働環境や収益性の改善に一役買っています。また、最新のIoT技術では24時間365日のデータ計測や収穫量の予測、病害発生リスクの算出なども可能なため、イノベーション領域の1つとして急速に注目を集めています。, スマートフォンやIoTデバイスが浸透している現代では、ビッグデータの最適な活用がビジネスの成否を左右します。データの整理や分析をいかに簡潔に、かつ低価格で行えるかが成果の鍵です。そんな中、競合と差をつける意味でも注目されているのが「データ駆動ビジネス」。データ駆動(データドリブン)とは、効果測定などで得られたデータをもとに次のアクションを起こすことを指します。, 富士通では「データ駆動ビジネス」を促進する製品として、データ利活用基盤「ODMA(Operational Data Management & Analytics) 」を展開しています。導入した食品メーカーでは「どの店舗で」 「どれだけの数量が売れたか」という製品販売状況はもちろん、気候や統計などの外部データとも合わせて蓄積。店舗実績に加え、暑い日や寒い日の売上変動も加味して「価値あるデータ」を見出し、その後の販売戦略や経営戦略への活用までサポートできます。, サッカー・Jリーグの横浜F・マリノスでは、2018年より全席種において「ダイナミックプライシング」を実施しています。ダイナミックプライシングとは、需要や市況、天候、個人の嗜好などに関するビッグデータを踏まえて、AIが試合チケットの適正価格を算出する価格変動型のシステムです。座席によって料金設定がなされていた従来の仕組みと比較しても、非常に革新的だと言えます。, 例えば、天候が悪い日や注目度の低い試合のチケット価格を下げ、観客動員数の増加を図ってくれます。反対に不正高額転売がなされそうな人気カードの場合はあらかじめ価格が高めに設定されるなど、AIが状況を鑑みて算出してくれる点が強みです。一方で人気カードが必要以上に高額になったり、当日券よりも前売り券の方が高くなったりするなど「ユーザーファースト」とはかけ離れてしまうリスクもあり、課題も見え隠れしています。, NTT西日本では、ICTを活用した熱中症対策の可能性を模索しています。2019年に行われたトライアルでは、大阪府吹田市にある中学校のグラウンドと体育館で温度や湿度、日差しの強さを計測し、熱中症の危険度を示す「暑さ指数(WBGT)」を算出しました。まず、設置した計測センサーで該当項目を6分ごとに計測し、そのデータをクラウドサーバへ蓄積。その後、暑さ指数を5段階で表示し、タブレットなどで熱中症危険度を可視化できるようにしました。, この取り組みの最大の特徴は、単に暑さ指数を計測するだけでなく、現場にいる子どもたちや監督責任がある教員たちにいち早く状況を伝えられる点です。グラウンドと体育館に設置したパトランプの色で暑さの度合いを視認できるようにしたり、運動中止の目安となるレベル5の場合はアラーム音で警告したりするなどの情報発信が肝となっています。それにより、タイムリーな判断や対処が可能となります。, 万が一の場合の事故や病気の補償のために加入する保険は、エビデンスが非常に重要であり、契約申込書や承認請求書といった大量の紙データが存在します。そうした膨大の書類を適切に処理するのは煩雑であり、多くの手間や時間、コストを費やす結果となっていました。少子高齢化に伴う労働人口の減少や働き方改革関連法案の順次施行開始もあり、近年ではRPAを導入する保険会社が増えています。, 楽天損保では2018年にRPAを導入し、紙データの引継ぎ作業の自動化に成功しました。導入にあたっては、社内のあらゆる方面から人材を集め、全社的な取り組みとして勉強会を積極的に開催。業務自動化を推進するという社内の意識も高まり、結果として半年で7,259時間という作業時間の短縮を実現しました。, 上記の事例のように、デジタルトランスフォーメーション(DX)はリアリティのない夢の技術ではなく、近未来には一般化もあり得る“現実的な技術革新”であるという認識を持ちましょう。そして、「お客様ファースト」や生産性向上や業務効率化を目指す各企業が今後、DXにより注力することは容易に想像できます。, しかし、自社での導入を検討した際に、ビジネスモデルの変革や新しいデジタル技術への対応は一朝一夕に行えるものではありません。今後、DXの実現により業務改善や業績アップを狙うのであれば、自社に必要な技術選定や導入方法、抱えている事業課題なども含め、まずは専門家に相談することをおすすめします。, コアコンセプト・テクノロジーでは、お客様の目指すべき姿を実現するためにDX(デジタルトランスフォーメーション)による事業変革の支援をしておりますので、ぜひにお問い合わせください。, サプライチェーンの上流⼯程における IoT/AIの活⽤ IoT/AI最新事情〜2019年秋冬〜, class1(RPA:Robotic Process Automation):定型業務・単純作業.