日本には四季があり、それぞれのイメージ(季節感)に合う装いをするのって、とても素敵ですよね。, そんな冬のお呼ばれパーティー、シルエットや素材にこだわったドレス選びをしてみるのはどうですか?, 袖付きや、ケープのような肩を覆うデザインなど、露出控えめなものが冬らしく人気。 寒さを気にせず楽しめる8分袖で、マナー面でも◎。, 微細なラメ入りの生地が、あなたのドレスシーンを華やかに後押ししてくれること間違いなし。 発熱効果のあるストッキングもあるので、うまく取り入れてみましょう♪, もう1つ、ついついやってしまいがちなのが、 ポンチョデザインは、まさに冬のアイテムだけあって、360度冬の季節感を取り入れた装いに。, お洒落に二の腕カバーしてくれるのは、レース使用のケープ袖ならでは。 もしもの時を考えて、事前にできることはしておきましょ♪ 暖かい春に着る「トレンチコート」や、真冬の防寒アイテム「ダウンコート」など様々なコートがありますね。そんな「コートの種類」を名前や襟の違いでまとめてご紹介。さらに、カジュアルな装いからキレイめの装いまで、シーン別にぴったりの一着をMINEが徹底分析。 ブラックの小物で引き締めるのが冬のパーティーにはお勧めです。, アプワイザー・リッシェ (Apuweiser-riche)

冬にぴったりのシックカラーでも、デザイン性の高いボレロを一枚羽織るだけ。 一枚で、羽織りをはおったかのようなお呼ばれスタイルが完成しちゃいます。, ケープ袖でトレンド感を演出しても、大胆に腕魅せしてもOKの、知的2way使用のライトネイビードレス。 レースケープ仕様で、寒い季節の可愛らしさも健在ですね。 やや長め丈なので、Iラインやパンツドレスなどのすっきりとしたドレスとの相性は抜群! ・ホッカイロを持参

次にお呼ばれされるのは、真夏かもしれませんからね。, 年齢に見合ったパーティードレス選びに頭を悩ませがちですが、お好みの雰囲気に「落ち着き感」をプラスするだけで30代らしい着こなしに仕上げることができます。, 40代は年齢に見合わない可愛らしいカラーやデザインを選んでしまうと、“ヒヤッ”としたコーディネートになってしまいます。, 母親または叔母など親族の立場や、上司もしくはその妻として結婚式に参列することが多くなる50代。, ミセス世代のフォーマルドレス選びは、結婚式らしい「上品な華やかさ」をポイントにして選びましょう。, 結婚式にご親族の立場として参列する60代の正礼装というと和装が一般的でしたが、最近では洋装を着用する60代のミセス世代が増えています。, 教会や神前などの厳粛な挙式に比べ、パーティーのような雰囲気のカジュアルな結婚式が増えたことにより、着物ではかしこまりすぎてしまう場面も。, とはいえ特別な機会には、お着物のような“品格”や“マナー”のある装いをしたいですよね。, 洋装でも気品高く、マナーを守って着用いただける60代のためのフォーマルドレスをご紹介します。, ミセス世代の女性に多いフォーマルのイベントといえば、母親や叔母、会社関係など様々な立場でお呼ばれする結婚式ではないでしょうか。, ドレスの選び方、ぴったりのドレス、レンタル可能なドレスショップまで、ミセス世代の疑問にお答えします。, パーティードレスの教科書は、結婚式にゲストとして参列する際のフォーマルドレスの選び方、

ペプラムデザインで、女性らしさもしっかりと押さえたうえで、二の腕カバー力抜群♪, エルモソ リュクス (Hermoso luxe) 大人の雰囲気を醸し出す柔らかなとろみ素材は、綺麗なシルエットをつくり出してくれる優れもの。 軽いシフォン素材のドレスにも、ブラックの羽織り物をONすれば、ぐっと落ち着いた印象になり、冬にもOKに。 ボリュームのある物や、こっくりとした深いカラーを選べば、冬らしく◎。, こっくりと深いローズカラーのバッグは、冬のパーティーシーンに最適。 デザインビジュマスタードクラッチバッグ, ビックリボンモチーフのゴージャスなマスタードカラーのクラッチバッグ。 冬(12月・1月・2月)の結婚式 パーティードレス選びのポイント. クリスマスシーズなどにもお勧めカラーです。, モカカラーは、冬によく合う落ち着いた雰囲気を漂わせてくれます。 落ち着いた色味のブルーカラーなら、寒い季節にも浮くことなく着こなせますよ。 そんな時は、レンタルするのがお勧めです。

フル丈よりも、8分袖位が手首を華奢に綺麗にみせてくれパーティーにお勧めです。. 冬に出番がくるまでクローゼットの中で眠り続ける事に。

ケープ袖Iラインマスタードドレス, マスタードカラーで、SNS映え完璧。 胸元から袖にかけてのシースルーデザインは、二の腕カバーを兼ね備えつつ、女性らしさ全開。, ケープ付きデザインは、程良い肌見せが可能になり、華やかさをプラスしてくれます。

高級感のあるシャンタン素材は、大人っぽくもあり、こなれ感を演出できちゃいます。 しっかりとした生地感は、寒い季節のお呼ばれスタイルには最適です。, ストロベリーフィールズ (STRAWBERRY-FIELDS)

・羽織りものを持参 私もそうですが、気付いた時には体調を崩してしまったなんてことも。。。 しっとり大人の雰囲気を楽しめる一着。, 暖かみのあるツイード素材と×程良い光沢のあるシャンタン素材は、「季節感」と「華やかさ」を兼ね備えた、冬のお呼ばれパーティーに最適なドレスです。, ウール素材は、冬の装いのみに与えられた特権ともいえる素材。 凄くもったいない! なかでも、これだけは知っておきたい、旬の 「コートの種類」 をまとめてご紹介いたします♪, 隠しボタン(比翼仕立て)で、第一ボタンのみ外付けされ、留めても外しても着られるのが特徴のステンカラーコート。ベーシックな形でどんな装いにも合うのでファンも多いはず。, 襟が立ったクールな印象のスタンドカラーコートはオフィスシーンで大活躍します。以前はメンズアイテムの認識だったけど、近頃はレディースアイテムとしても広く浸透しています。, 襟がなく、首元がすっきりしたノーカラーコート。マフラーやストールを合わせたり、タートルネックのインナーを合わせたり、首元のおしゃれを楽しめるのがポイント。, 春や秋はもちろん、ライナーの着脱により冬の寒さもOKの万能なトレンチコート。普遍的なデザインのアイテムでしたが、最近では異素材ミックスや、シルエットに特徴のあるデザイントレンチも増えてきました。, スーツのジャケットを長く伸ばしたような形が特徴のチェスターコート。「チェスター」は一番最初にこのデザインを着用した、チェスター伯爵が由来というのが有力。スマートなシルエットは着回し力もあり、まさに今の旬コート。, ボアコートはカジュアルコーデをグレードアップしてくれるので、MINE女子にも近年人気となっているコート。毛足の長い織物のボア生地を使ったコートのことで、裏だけがボア生地のものや、表まで全体がボア生地のものなど様々。名前の由来は南米に生息する体長4Mの蛇だというから驚き!, Pコートは主に厚手のウール素材で、ダブルボタンの前、腰くらいの丈のアウターのこと。最近は長め丈のPコートも見かけるように。このデザインはオランダ発祥で、イギリスでは軍服に使用され、フランスでは漁師が好んで着用するそう。ダブルボタンの前は左右どちらに留めてもOK、 風向きによって入れ替えられる仕様に。, ダッフルコートもPコート同様に漁師の仕事着として使用され、イギリス海軍の防寒着として使われるように。フード付きのアウターで、前はトグル(toggle)と呼ばれる留め具で着脱するかたち。ボタンと違い手袋をしたまま留め外し可能なのが特徴。, ダウンコート(ダウンジャケット)は、もとは短め丈のジャンパータイプのアウターのこと。近頃は長め丈の上品な形のコートも定番となっていますね。ナイロン素材生地をキルティング加工して中にダウンフェザーを詰め保温性に優れていて、とても軽いことが特徴。アメリカ空軍パイロトの制服として大ヒット。広く世界で着用されるように。, 定番襟のステンカラーコート。第一ボタンを外すと開襟となり違った表情が楽しる。カジュアルにもキレイめにも着れるベーシックな形。ロング丈だと今っぽい。バレエシューズにキャップを合わせて、小物に技ありのコーデに。, その名のとおり襟が立っているのが特徴のコート。もとはメンズのアイテムということもあり、襟を立てる着こなしはクールな印象。オフィスシーンで大活躍。写真のように広がりのあるワイドパンツを合わせて女性らしさを演出しても◎。, 襟がなく首元がすっきりしているノーカラーコート。マフラーやストールを巻いたり、インナーにハイネックニットを着たり、自分流のレイヤードを楽しめるのが嬉しい。キャメル色のコートは上品な印象に。ホワイトのタートルニットをINしてスマートな大人の雰囲気にマッチ。, 冬に着るだけがコートじゃない。春だって、寒の戻りもあるし、朝晩冷え込む日もあるし、結構コートが活躍しますね。とはいえ冬用のコートは重く暗い雰囲気になるからNG 。 明るく軽やかな春コート で気分まで明るくしてみて♪, パッと目を引く、コルセットベルト付きのデザイントレンチ。ベルトはリバーシブルで使用できるので何通りものコーデを楽しめちゃう。お気に入りのコートで春のお出かけを楽しんで!, 最近はやっているナイロンロングコートはまさに旬の一着。暖かい春の陽気にさらりと一枚羽織ってお出かけしたら、気温と一緒に気分もアップしちゃう。デニムにホワイトTの定番コーデを今っぽくシフトチェンジしてくれる優れもの。, インナーに何を着るかによって印象が変わってくるのがアウター。ではありますが、着ていく場所によっても、 TPOに合わせてふさわしいコート を選びたいもの。そこでシーン別にぴったりのコートをご紹介いたします。まずはカジュアルコート!, デニムにボーダートップスを合わせて、足元はホワイトスニーカーのカジュアルスタイルに今っぽい長め丈のPコート。ショート丈のPコートより大人っぽい仕上がりに。しっかり防寒して冬のスポーツ観戦にGO!, カジュアルスタイルの寒さ対策といえばダウンジャケット。休日の公園だけでなく、キャンプやトレッキングのアウトドアまでOKの頼れる防寒着です。, ここではキレイめコート♪ お出かけやオフィススタイルにぴったりのコートをご紹介いたします。, キレイめに着こなすといったらこれ! チェスターコートは背広を伸ばしたような形なので、フォーマルにも対応可能。インナーをオールホワイトにして上品に。差し色としてキャメル色のバッグとパンプスを添えて。上品な仕上がりを約束してくれる一着です。, もとは漁師の作業着として生まれたダッフルコート。もちろんカジュアルアイテムとの相性はいいけど、制服指定のコートとして使われたり、スーツのアウターに使用されたり、日本ではきちんとしたシーンで活躍することも多いデザイン。インナーをオールブラックにして大人の通勤スタイルが完成。, サイドの編み込みアレンジは、横顔を華やかに見せてくれる簡単アレンジ。鏡をみながらトライできるので初心者さんでも簡単にできるスタイルです。今回はそんなサイド編み込みのやり方…, コーディネートの外し役として欠かせないスニーカー、やっぱり優秀です♡ スニーカーで抜け感が叶う、大人のこなれコーデをピックアップ。, ざっくり、ゆるっとしたニットトップスに、今っぽいロングスカートを合わせる着こなしが大人可愛いを作るのにぴったり! 適度な脱力感で、甘くなりすぎないのもこなれる秘訣。, 今の時期にぴったりな厚手ニットカーディガン、そのぷっくり感が可愛いけれど、ともすれば着膨れと隣合わせ……!?

一枚でさらりと着こなせるのも魅力です。, 袖付きドレスといっても、形も丈も様々にあります。

ハイデザインブラックドレス, ブラックカラー単色ですが、飽きさせませんよ! 一枚で上品さと可愛らしさを兼ね備えた着こなしが叶います。, すっきりとしたIラインドレスにサーキュラーカフスがワンポイントに。 µã‚³ãƒ¼ã‚¹, 経験者応援きもの特別進学講座, 【全国に200教室】協会認定教室, 公式YouTubeチャンネル(会員向け). パールクリスタルが一際目を引く人気デザインです。, お花畑のようにフラワーモチーフがふんだんにあしらわれているパーティーバッグ。 寒い冬のお呼ばれパーティードレス、どんな基準でセレクトしますか? 日本には四季があり、それぞれのイメージ(季節感)に合う装いをするのって、とても素敵ですよね。 重厚感あるしっかりとした生地感で体に程良くフィットしてくれるので、体感温度はかなり上がります。 ミディ丈は、冬の寒さもカバーしてくれ、動きに合わせて揺らめくドレスラインがとても女性らしいですよ。, ユナイテッドアローズ (UNITED ARROWS) 異素材使いとモード感溢れるデザイン性の高さが光ります。

冬によく似合うピンクブラウンカラーなら、華やかでも浮くことなくいいアクセントに◎。

クリスマスシーズンにもおすすめのお色味。, ミベル ミューズ (mebelle muse)

・タイツはNG! シンプルながらハリのあるやや厚手の生地で綺麗なフレアシルエットが実現。

二次会などパーティーのお呼ばれや、謝恩会にお勧めです。, ノーカラーですっきりとしつつ、可愛らしいフレア袖のボレロは、スタイリッシュにも、フェミニンにもどちらにもなれちゃう有能な羽織りもの。 冬のパーティーにはこんな、しっとりエレガントな印象がよく合います。, 冬のお呼ばれパーティーでは、ブラックドレスはとても人気。 装い同様に、日本では当然の仕草や振る舞いが海外では誤解を生む可能性がある、と安積さんは著書で触れていましたが、“特に外国では避けた方がよい、日本人が無意識にやってしまいがちな仕草”について教えてください。 袖を通さないので、適度なヌケ感も出せ、冬のお呼ばれパティーに人気です。, Iラインのスッキリデザインに、ケープ袖のふんわり感がフェミニンなドレス。 体のラインを拾い過ぎないので、こなれ感まで演出できちゃいます。, シースルーのお袖が、女性らしさをさり気なく演出。

この季節、シックなドレスを選びがち、そんな時にはぜひ持っていただきたい。 「マタニティーやお子様連れ・ブライズメイドなどの特別な事情」「コーディネート」など10の視点から、 襟付きケープ袖ブラックジャケット, トレンド感溢れるケープ袖のジャケット。 冬のお呼ばれウェディングの服装において、気付かぬうちにやってしまいがちなNGマナー知っていますか? 全体が軽いシフォンのボレロより、しっかりとした生地感のものを選ぶのがポイントです。, いつものドレススタイルを、冬仕様にチェンジしてくれるファーボレロ。 内に秘めた本物の価値を粧い、 新鮮な魅力で伝えること。 “装い”は“粧い”。 内なる美を粧い、魅せる。 “内粧(ないそう)”というコトバには、 内粧瓦の誓いと誇りが込められています。 内粧瓦ブランドサイト そんなときは、「コーディネート」で「冬」を演出すれば大丈夫♪

着こなしを学べる情報メディアサイトです。 ・ファーや動物の革製品はNG!

オーガンジー&レースがま口ブラックバッグ, シンプルなコーディネートにプラスワン。 冬といえど、パーティー会場は空調がきいていて快適です。

全体の印象を引き締めてくれ、落ち着いた印象にしてくれるので、一気に冬仕様にシフトしてくれます。