最近では、高周波で点灯するインバータ式が主流となっています。

本記事では蛍光灯やLEDの寿命の違いや見分け方、蛍光灯を付ける安定器の交換時期などを解説していきます。自宅の照明を見比べながら、交換時期の参考にしてください。, 一般的な家庭用蛍光灯は、メーカーや種類・電圧などによっても寿命が変わってきます。メーカーによってはかなり長い寿命のものも販売されていますが、まずは多く販売されている通常の蛍光灯がどのくらいもつかを知っておきましょう。, 蛍光灯の寿命は6000~1万2000時間が一般的だ。仮に1日8時間点灯させた場合の寿命は2~4年という計算になる。ただ各メーカーで改良を重ねており、従来の数倍も平均寿命が長くなっている製品も増えてきている。, メーカーによっても変わりますが、蛍光灯の一般的な寿命は6,000~12,000時間ほどです。一日8時間点灯した場合約3年半ほど使える計算で、使用方法や点灯時間によっても使用できる期間は異なります。

   リモコンの場合は、電池の確認を忘れない 他の部屋に移動が困難なら知識のある人に見てもらう他ありませんが、 自分で何かできないかと過去質問を見たのですが、疎いせいかドコを見てどうすればいいか全くわかりません(>_<) 今見てこれは!って言うのはわかりますでしょうか?, 「蛍光灯 器具」に関するQ&A: 蛍光灯器具(電源直結式)にN表記がありません, ほぼつけっぱなしの居間の蛍光灯が古くならない理由は

蛍光灯を1日に8時間程ご使用致しますとどれ位の年数をご使用頂けるのでしょうか? 特に安値で販売されているLEDライトは電子回路の部品があまりいい物を使っていない可能性もあるので、急にライトが点かなくなってしまうこともあります。また照明器具と一体型になっているLEDライトは、照明器具自体の寿命を基準に10年ほどで交換しておくと安心です。, 消耗品である蛍光灯やLEDの交換はよくするけど照明器具はもう何十年も変えてないという方は、照明器具の安定器を点検してみてください。安定器のチェックの仕方などを紹介します。, 照明を使う上でとても重要な部品である安定器は、ランプの電流をランプに合った値に制御してくれる役割を担っています。安定器に異常が起きると電流の値が多すぎたり少なすぎたりするので、電気がうまく点かなかったり火事の原因にもなる可能性があります。 蛍光管は1年ほどで暗くなるので、切れなくても交換するもの、と言われますが、これは本当なのでしょうか? 蛍光灯の寿命を知って切れる前に交換する.

もう一回つけなおすとOKっていう。 蛍光灯を燃えないごみとして処理する場合は必ず割らずに処分してください。, 蛍光灯の寿命がきて買い替えを検討されている方には家電量販店やスーパーなどに設置されている回収ボックスを利用して処分する方法もあります。 まあ素人の方で出来ることはこんなことでしょうか?, まず照明器具の種別ですが、40形1198mmを2本使用するタイプとある所から 60Wの電球を5個取り付けるタイプの照明器具なのですが器具の不良なのでしょうか? (4)天井に付いているシーリングボディと電気配線の接触不良  最近では、高周波で点灯するインバータ式が主流となっています。 1年ごとに、交換するようになっています。 蛍光灯の場合室内の温度などによって光が変わってきますが、LEDの場合はどのような状況下でも安定した光を放ち、電気代も蛍光灯の約1/2です。外の電気でも虫が集まりにくく見た目も美しいので、イルミネーションにもよく使われています。, LEDの明るさが当初の70%に落ちるまでの時間を寿命とするように業界で決めていますということは、4万時間以上使えるということです。 pic.twitter.com/i1tSEWyK3r, 光が点滅したり本体の色が変わってしまう蛍光灯と比べて、LEDの寿命がきたときの症状の見分け方は少し判断しにくいです。LEDの電力を70%ほど使い切ると、少しだけ光が弱くなります。その時点で40,000時間使い切っている場合が多いので交換時期ですが、完全に消えてしまうことはありません。 ps.当店ホームページでもランプに関することを、取り上げたいと 関連の仕事をする私の経験上から言いますと、8割以上の確率で(1)の可能性が大きいですよ。, この質問にかかわらず、この手の質問があった時に、なんでもかんでも『グローランプが悪い』と堂々と言ってのける人が多いのには笑ってしまいます。 球の種類には大きく分けて、グロー式(FL-40○○と表示あり)のものと ただ古い球を持参したとのことですので、間違いはないものと思います。  思いますが、なにぶん通常業務が優先でページの更新が出来ません。 この様な蛍光灯の寿命の様々な疑問について解説致します。, 蛍光灯の寿命はメーカーや蛍光灯本体の使用状況、蛍光灯の使用場所や蛍光灯のスイッチのON、OFFの切り替え頻度等様々な要因によって寿命の長さが大きく異なります。 それでもう一回つけようとすると、 間違うと点かないので要注意です。 蛍光灯の仕様状況に応じて蛍光灯のスイッチのON、OFFの回数を制限すると良いでしょう。, 蛍光灯の寿命を縮める原因のもう一つの原因は蛍光灯の使用場所が大きく関わってきます。 蛍光灯をつけるためには電圧を供給する必要がありますが、蛍光管が必要としている電圧を供給できていないと点灯しない場合があります。, 点灯するが暗い 明るさになるようです。  FLRは「ラピッドスタート型」と呼ばれ、主に店舗、電車内など業務用に使用されている方式で、40ワット型がほとんどです。 質問文から、正確に原因を特定する事は難しいですが、可能性の高い順に申し上げます。 ただ、最初に変えたのが、4年くらい前で、 明かりをつけたときに、ピシッという音とともに切れます。 しかし、実際には安定器が原因による事故は稀である。, グロー式の器具にラピッドスタート省エネ型(36W)を点けてしまったがために、騒音が大きくなる、点かなくなることがある。, 1957年1月から1972年8月までに製造された業務用・施設用の蛍光灯器具や水銀灯器具、低圧ナトリウム灯器具の安定器内部に組み込まれている力率改善用コンデンサの絶縁体にはPCBが使われており、近年、学校に設置された蛍光灯器具内の安定器が破裂して漏れ出したPCBが児童に降りかかる事故が発生している。これらPCB使用照明器具の安定器は設置から40年以上が経ち既に寿命を迎えている。危険なので早急な交換が必要である。PCB含有安定器は排出者が厳重に安全に保管しなければならない[1]。, シーリングライトなどの蛍光ランプが直接見えない構造の器具の場合は、光を透過するプラスチックが蛍光ランプから出る紫外線によって劣化し、黄色く変色することがある。こうなると照度は低下し、効率が悪くなる。現在は変色しにくく透過率が高いカバーが、メーカーによってクリーンアクリルなどと名づけられて採用されることが多い。, 器具本体とは別の寿命だが、袋打ちコードと呼ばれるこたつコードにも似た発熱に耐えられるコードのみで吊り上げている蛍光灯器具の場合、コードが老朽化し、器具の重さによって床に落下するケースもある。心配ならば、鎖で吊り上げるとよい。ほとんどの蛍光灯器具には鎖をかけられる孔が開いている。これは天井側が普通のコンセントかあるいは電球ソケットにセパラボディという組み合わせに考慮したものである。蛍光灯器具によっては引掛シーリングをコンセント用に変換できるプラグを購入しなくても上部のフタを取り外すとコンセントに差し込めるプラグが包まれている場合もある。, これは一般的なHf蛍光灯昼白色32ワット形直管の型番である。FHFはHf式の直管を、32は32ワット形であることを、EXは三波長を、Nは昼白色(ナチュラル)を示している。FL式においてはSSは直径28mmであることを、18は実際の定格消費電力を現している(ただし器具によってはこれより高低がある場合もあり、特にインバーター器具では消費電力もそれぞれである)。, 直管(FL・FHF)型蛍光灯の場合、メーカー・種類・光色表記がパナソニック ライティングデバイス・三菱電機照明・ホタルクス製品は左側に、東芝ライテック・日立アプライアンス製品は右側にそれぞれ書かれている。: なお、表記中のME、TSP、HLK、SOC、N(「▲▼」のような表記)、PRINCE.D.(またはIWASE.P.D.、もしくはNSD)はそれぞれ実際の製造メーカーであるパナソニック ライティングデバイス、東芝ライテック、日立アプライアンス、三菱電機照明、ホタルクス、プリンス電機を指している。そのため、たとえばメーカーがホタルクスでもMEと表記されていればパナソニック ライティングデバイスが製造した製品ということがわかる。, 器具については、磁気安定器式の製品は安く、インバータ式の製品は高い。ただし、デザインやリモコンなどの付加価値をつけた製品はさらに高価であるため、点灯方式による価格差はさほど大きくない。インバーター式でも、オーソドックスなペンダント型器具であれば環形2灯式で5,000円程度、直管1灯式のベースライトであれば3,000円程度のものもある。近年は、磁気安定器かインバーターかというよりも、環形では従来管かスリム(スリムツイン)管か、直管では従来管かHf管かという点に注目ポイントが移りつつある。, 蛍光管については、かつては高価なもので、1950年の大卒公務員初任給が4000円強の時期に20W管が450円から600円、40w管900円であった[4]。2010年代には一般型(演色性・明るさが低い)の製品が100円ショップで売られるようになり、まれに電球型蛍光灯も100円で売られることがあるが、ある程度の品質を持った製品は数百円台である。三波長タイプの相場としては、20W直管は300円台、30W環形は500円程度、40W環形は800円程度となっている。ただし、残光型や長寿命型などはより高価である。高演色型は、SDLは三波長タイプより少し高め、EDLは三波長タイプの2倍程度の価格である。ただし明るさが低いので、三波長形と同じ光量を得るには1.5倍程度の本数が必要である。また、美術館やデザイン用途向けの色評価用や紫外線カット、食品製造現場向けなどに飛散防止フィルムコート、誘虫防止型など、特殊用途向けの製品も多数存在し、これらは付加価値に応じた価格となっている。一般型のうち昼白色のものについては、各メーカーとも独自の名称(「ホワイト」が付くことが多い)を与え、やや高価な価格設定をしていることが多い。スタータ型とラピッドスタート型の価格差はあまりない。環形の物については、1ランク下のサイズの管が管の内側に納まるサイズであることと、両方の管を使う器具が多いことから、2種類のサイズの管を同梱して売る場合も多い。, ランプにほこりや塵が付着すると光出力が減衰するため省エネルギーの見地からも定期的な清掃が必要になる[1]。ランプの清掃にはスポンジが好ましく、清掃時には導電部分、ソケット、安定器、配線部などに水がかからないようにする[1]。, ランプの交換はランプの価格、交換費用、交換作業、美観などを総合的に判断し、定格寿命の70%程度を経過したときに行うのが経済的とされている[1]。一般家庭においてはランプが点灯しなくなった時点でそのランプを新品と交換する個別交換でよいが、カバー付き照明器具のように蛍光ランプが直接見えずそのうち一個が不点になってもわかりにくいものも多くなっている[1]。ランプの交換には次の方法がある。, 蛍光灯はガラス製品のため衝撃を加えると破損するおそれがある[1]。また、取り付けが不十分だと点灯せず落下したり、接触不良によりランプの寿命が短くなったり発熱の原因となる[1]。蛍光灯は点灯中や消灯直後は熱くなる性質がある[1]。なお、エアコンなどによって風の当たりやすい部分には黒化や斑点現象がおきやすい[1]。, 蛍光灯は点灯に際し安定器が必要であるが、適合電源周波数で使用しないとさまざまな問題が生じる。施設照明器具の市場の大半を占めるパナソニック(旧:パナソニック電工、松下電工)と東芝ライテックでは、周波数区分が容易に判るように、器具型番のシールと電線色を分けている。, これは、安定器内部のコイルは周波数の高い交流ほど流しにくくなり、逆にコンデンサは周波数が高いほど交流を流しやすくなるためである。このため、一般の安定器を使用する器具を周波数の違う地域で使用する場合、安定器を交換しなければならない。ただしインバータ式安定器は日本国内であればどこでも使用できる。, 子供用学習机に付帯される蛍光灯照明は「チラツキが少なく目に優しい」としてインバータ式の普及が急速に進んだため、現在では見かけることはまずないが、スタータ式の照明の時代には周波数切り替えスイッチが取り付けられているものが多く、これを切り替えることにより周波数の異なる地域でもそのまま使用できた。, 適正な周囲温度は5℃から40℃で5℃以下になると点灯直後は暗くちらつきなどを起こす[1]。, 特に、複数方式に対応するランプフリーの安定器を搭載しているなど方式そのものは問題がない場合であっても、器具全体としては管の支持方法やカバーの取り付け、放熱設計など種々の制約により適合ランプを限定している場合があるので、たとえ下記記述で互換性があるとされる場合であっても、取扱説明書や器具本体の表示等を必ず確認すること。, 蛍光灯には水銀を含むガスが封入されているため、割って埋め立て処分するなどの方法では、割った際にガスが環境中に放出されたり、最終処分場が水銀で汚染されてしまうなどの問題がある。そのため適切に回収され再資源化することが望ましい。, 米国では廃蛍光ランプは専門業者が回収を行い、この際割らずに回収させなくてはならず、割れた場合には高額な回収費用が請求される。回収された廃蛍光ランプは専門の設備により口金金属部、管状部に丁寧に分割され、中の水銀は銅キャニスターに回収される。残りの部材はアルミ、電極、ガラス、蛍光体へと分別され、完全リサイクルされる体制が確立されている。北欧では、廃棄蛍光灯の総量を減らすため、蛍光灯の長寿命化への取り組みが盛んである。, 一方、日本では、回収して水銀をリサイクルできる専用の施設(例: イトムカ鉱山を参照)に処理を委託する方法がとられつつあり、環境マネジメントシステム ISO 14000 の認証を取得している企業などではこちらの方法が一般的である。一般家庭から廃棄される蛍光灯は、一部の自治体が回収を行っているものの、現在でも多くの地方自治体が燃えないごみに出すように定めており、環境意識の高まりとともに改善を求める声があがっている。自治体が回収を行っていない地域であっても、一部の家電量販店や電器店・ホームセンターなどが「蛍光管回収協力店」として店頭で無料で回収している場合、または蛍光灯購入を条件に回収している場合、などがある。また、大日本プロレスが試合会場や郵送で無料回収している。回収された蛍光灯は実際に蛍光灯デスマッチに使用される。, ガラス管の外面全体にポリエステルフィルムの合成樹脂で被膜を施した蛍光管。Pタイプと呼ばれている[1]。, 万一の破損に対し、樹脂フィルムで落下や飛散を防ぐ。防飛型とも呼ばれる。薄いガラス素材である蛍光管は、破損の際に非常に細かい破片が飛散し、人の目や口腔をはじめ、気管にも到達する危険がある。そのため異物の混入が事故となる現場や、破片の除去・清掃が困難な製品や機器を扱う環境で利用されている。, 公共施設や鉄道・路線バスを始めとする輸送機械、加工食品の工場、学校で使用されている[1]。また、サーバ・コンピュータルーム、国際宇宙ステーションでも使用されている。高価なため、一般家庭には普及していない。, 蛍光管の表面に酸化チタンの被膜を施した蛍光管[1]。PCタイプと呼ばれている[1]。光触媒の作用でランプ表面に付いた有機物の汚れを分解し、室内の臭いを軽減する機能もある[1]。, 夜間活動性の昆虫は明るいところでは視機能が低下する性質を利用して果樹園などでの吸害被害を防止するための蛍光管(黄色蛍光ランプ)[1]。Yタイプと呼ばれている[1]。, 夜行性昆虫の捕虫用の蛍光灯で近紫外域の光を効率よく発するようにした蛍光管[1]。BLタイプと呼ばれている[1]。, 生鮮食品や食肉を新鮮で美味しく見せるための食品展示用の蛍光灯[1]。冷蔵・冷凍ショーケース内では低温下でも明るさの低下が少なく始動性に優れた低温用蛍光ランプが使用されている[1]。, 青色と赤色の発光成分を組合せたランプで、観葉植物や熱帯魚の観賞用と光合成を促進する植物育成用がある[1]。BRタイプと呼ばれている[1]。, 蛍光管の内部に紫外放射吸収膜を施した蛍光管[1]。NUタイプと呼ばれている[1]。美術館などで作品の色への影響を軽減するために利用される[1]。また、店舗や食品工場では誘虫を防ぐため白色系のランプが利用される[1]。, 繊維、塗装、染色などの分野で利用される表面色評価用の標準光源として自然光に近似した光を出す蛍光灯[1]。色評価用ランプは印刷工場、写真現像所、美術館・博物館でも使用される[1]。, 近紫外光のみを有効に放射する、文書や鉱物の鑑定・鑑識、舞台や看板用などの効果照明用のブラックライト蛍光ランプが使用した蛍光灯[1]。BL-Bタイプと呼ばれている[1]。, 半導体工場のクリーンルーム内に使用される純黄色の蛍光灯[1]。Y-Fタイプと呼ばれている[1]。, 省エネと環境負荷低減の観点から、2010年代以降はLED照明への移行が急速に進み、一般照明としての蛍光灯と水銀ランプは終息する方向にある。, 赤崎勇、天野浩、中村修二らによる、実用的な青色発光ダイオードの発明と高輝度化への成功、これを応用した高輝度白色LEDの開発により、2000年代に実用化したLED照明は、蛍光灯より消費電力が少なく、かつ長寿命のため長期間にわたりランプ交換も不要という利点により、急速に普及し低廉化、日本においては2011年3月11日の東日本大震災に伴って、日本の原子力発電所が全基停止措置による電力不足が普及に拍車をかけた。, これを受け日本の大手電機メーカー各社は、蛍光灯照明器具の新製品発表を2012年以降取りやめており(乾電池や充電式電池で駆動するアウトドアランタンはLEDへ完全移行し、蛍光灯を用いるランタンの生産は終了)、中でも照明器具国内シェア首位のパナソニックは、先陣を切って「2015年度を以て蛍光灯及び白熱電球を用いる一般住宅向け従来型照明器具生産を終了し、今後はLED器具へ完全移行(蛍光ランプ及び電球型蛍光ランプは交換用途のみに絞って生産を継続)する」旨を公式発表した(2014年3月4日付、朝日新聞経済面記事にて報道。なお卓上型の電球&蛍光灯器具生産は、2011年限りで終了しLEDへ完全移行)。こうした「脱蛍光灯」の動きは、今後他社にも広がる可能性がある。なお白熱電球生産は(一部特殊用途を除き)2012年度を以て、日本の製造メーカー全社が完全終了した。, 従来型蛍光ランプ(Hf器具専用スリム管も含む)・電球型蛍光ランプ・点灯管・ミニクリプトン電球は「交換用途に絞って」生産が継続されているが、日立グローバルライフソリューションズは「LED器具&電球の普及で従来型蛍光ランプの需要が減少傾向にあり、かつ材料価格高騰で製品の安定供給が今後困難となることが予想されるため、蛍光灯・白熱電球器具に続き蛍光ランプ・点灯管生産を2019年12月限りで完全終了し、今後はLED電球及びLED照明器具のみの生産へ完全移行(日立製蛍光ランプ・点灯管は2020年3月までに在庫品限りで販売終了)する」と発表。蛍光ランプ生産からの完全撤退は、日立グローバルライフソリューションズ(旧・日立ライティング)が大手電機メーカーで初となり、翌2021年3月には三菱電機照明が蛍光ランプ・点灯管・ミニクリプトン電球生産を完全終了(LED電球とLED照明器具のみの生産へ完全移行する)予定。東芝ライテックは2016年限りで蛍光灯の自社生産より撤退し、以降(「メロウZプライド」シリーズを中心とする)「TOSHIBA」ブランド蛍光灯生産はパナソニックとホタルクスへの委託へ切り替わっている。, 今後、日本の蛍光ランプ&点灯管メーカーはパナソニックとホタルクス(NECブランド)のみとなり、日立系列店「日立チェーンストール」と三菱系列店「三菱電機ストアー」で販売される蛍光灯は今後パナソニック「パルックプレミア」・東芝「メロウZプライド」・NEC(ホタルクス)「ホタルック」などの他社製品へ置き換わっていく[5]。, 2015年11月26日の複数の報道で、日本国政府が省エネ法の政令を改正し、2020年度をメドに蛍光灯や白熱灯の生産や輸入を、実質的に禁止する方向であると報じられたが[6][7][8]、経済産業省は「これらを一律禁止するものではない」として、報道内容を否定した[9]。, 蛍光灯が使用する水銀は『環境負荷物質』として、EU域内では、RoHS指令による規制の対象であるが、蛍光灯を代替できる他の技術が確立されていなかったことや、蛍光灯が広く普及していたこと、発光原理上水銀を使用せざるを得ないことを理由として、蛍光灯への使用は許容されている。, しかし、水銀の使用と輸出入を2020年以降規制する水銀に関する水俣条約が2017年8月16日に発効、これを受け日本でも廃棄物処理法に新たに水銀含有廃棄物の区分が設けられ、廃棄蛍光ランプも『有害廃棄物』として管理を求められるなど、処分費用の負担が増加することから、産廃処理業者の中には、廃棄蛍光ランプの受け入れを取りやめたり、追加費用を請求する例が出ている。家庭から排出される廃棄蛍光ランプを無料回収していた量販店も、東急ハンズなど一部は有料回収に切り替えている。, 蛍光灯を代替する技術として、LED照明も既に実用化されていることから、日本においては、新築のオフィスビルなどでは全館LED照明を採用する事例も増えている。家庭向けにも蛍光灯照明器具の製造・販売を終息するメーカーが相次いでおり,蛍光灯の使用は淘汰される方向へと情勢が大きく変化している。, なお電球型蛍光灯生産については東芝ライテックとホタルクスが2016年までに完全撤退し、LED電球のみの生産へ完全移行している。, http://www.yomiuri.co.jp/economy/20151126-OYT1T50188.html, http://www.asahi.com/articles/ASHCT5JHKHCTULFA021.html, http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/economic_confe/list/CK2015112702000210.html, http://www.meti.go.jp/main/60sec/2015/20151208001.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=蛍光灯&oldid=80353231, 点灯管を経由して流れる電流が、蛍光ランプ両端のフィラメントを予熱する(蛍光ランプの両端がオレンジに光る), 点灯管内の放電はすでに止まっているので、バイメタルは冷え、元の位置に復帰し、点灯管を経由する閉回路が開放される, キック電圧をきっかけにして、温められていたフィラメントから電子が放出され、蛍光ランプが始動する, 蛍光ランプが点灯している間は、点灯管にかかる電圧が点灯管の放電開始電圧以下に下がるので点灯管が動作することはない(蛍光ランプの点灯前と点灯後では, 同時に、始動に必要な電圧がランプ両端にかかる。このとき始動補助導体とフィラメントとの間に微弱な放電が発生し、すぐに主放電に発展する。, フィラメントの予熱と同時に、始動用コンデンサを経てランプ1に電圧が加わり、微放電を開始する, 続いてランプ2も微放電を開始し、その時の電流と始動用コンデンサの積の電圧で始動する, 即時に点灯でき、高周波点灯により発光効率も上がり、さらにちらつきも少ない。また始動時に適切な時間・電圧で予熱するため蛍光灯の寿命も大幅に延びる。, 他の安定器に比べ、非常に高力率で器内の回路構成部品が小型のため、器具自体の小型・軽量化も可能。, Hfランプ専用以外に、施設用を中心に、従来型(FL・FLR)ランプも使用できる安定器もある。これをランプフリーというが、これはHf管の32Wと従来管の40Wの長さが同じことを利用しているので、長さが異なるランプは不可能である(16WのHf管は日本国内の20W従来管よりも5mmほど長いため、日本国内では16W Hf管と20W 従来管の互換性はない)。しかし、ランプフリーの安定器は専用安定器に比べると多少高価となるため、どちらの安定器を内蔵した照明器具を導入するか判断し選択する。, ビルなどのメンテナンス部署においても、従来型の照明器具が故障した際に照明器具ごと交換するのではコストがかかってしまう。そこで、灯具を解体し、安定器のみを交換する場合があるが、交換用部品として販売されている安定器は大抵このランプフリー・ボルトフリータイプになっている。, 初期照度補正機能により、新品のランプと交換直前のランプの明るさの差をなくし、また初期は明るさを抑えることで省電力にするという器具もある。, スタータ型 - 25mmまたは28mm(10・15および省電力形20SS18・40SS37・65SS58)、32.5mm(20S-52S)、38mm(20-65) 口金はG13, 10、15Wは鏡台や門灯など。20、40Wは一般の事務所、家庭用で使われている。30、32、65、52Wはショーケースや自販機・看板などにも使われるほか、事務所などでも使われているが、家庭用では学習机など一部を除き全く使われていない。, ラピッドスタート型 - FLR (管径38mm(20-110H)、32.5mm(20S、40S、40S36)。会社、店舗、学校などで多く使用されている。Hは高出力型、EHは超高出力型を指す。口金はG13(20-65)、R17d(60H-220EH)), 20、32、40、65、(60H)、(80H)、110H、(110EH)、(220EH), 高周波点灯専用型 - FHF (管径25mm。会社、学校、商業施設などで多く使用されている、Hf専用器具で使用する。定格点灯のほか安定器によって高出力点灯も可能。近年では道路トンネルの照明にも用いられる。口金はG13、Rx17d(86Wのみ)), ネジレ形蛍光灯 - トルーライトなどの名前で販売されている。自然昼光に近い演色性を持つ。, AAとAAAがある。全光束は三波長形の6割程度と低いが、演色性がRa90 - 99と高いため、美術的にシビアな色彩処理が要求される場所で使用される。ほとんどが直管の製品(スタンド用コンパクト型もある)。太陽光を再現するために意図的に紫外線も放射する物(蛍光色の物の見え方が違う)や、逆に美術品保護のために紫外線吸収膜をつけたものがある。電球色から昼光色までその色温度ごとに高演色形があるが、白色で演色AAAのものはまれ。, 演色性がRa60 - 75と低く、全光束も三波長形の7.5割 - 8割程度とあまり高くないが、安価である。「一波長形」と呼ばれることもあるが、単色光源ではない。顔色や木質製品の色が悪く見えるため、三波長形が出回る前は蛍光灯を嫌う人も多かった。名称に反して、一般家庭ではあまり使われておらず、スーパーなどでもあまり販売例を見かけないが、インターネット通販やディスカウントストア、100円ショップでは取り扱いが多い。店頭では基本的に安価な包装で販売されているため見分けが付き易いが、特にインターネット通販では販売元の公式サイトやカタログでRa値を確認する必要がある。事務所や倉庫など、色の見え方があまり気にならない場所や、学校のように利用時間帯および太陽光の採光条件がよい環境での補助照明として用いるのに適している。, 点滅が頻繁だったり電圧や電流、安定器が不適切だとフィラメントに負担がかかり早期に出現することがある。ラピッドスタート型のランプはフィラメントの周囲に保護筒があり管壁へのエミッターの付着を防いでいる。ランプ寿命末期に点滅を繰り返したり、両端のフィラメントのみが赤く光るのは、フィラメントのエミッターが消耗してしまい安定した放電を維持できなくなるからである。, ラピッドスタート式の省エネ管をグロー式器具に取り付けると、安定器に過電流が流れ、最悪の場合安定器が焼損する。, 取り付け可能であれば以下のHfインバータ専用管の代替として使用可能である(但し点滅の多い場所にはあまり適さない)。グロースタートタイプの省エネ管は中電圧小電流の設計であるため(ランプ電流:FL40:0.435A、FL40S:0.42A、FL40SS37:0.41-0.415A)、低温での使用には不向きである(使用推奨温度:FL40SS37 - 10-40, グロースタート器具に装着した場合、温度や電圧変動により再始動を繰り返すことがあるので適さない。逆にHf器具はランプフリー化が進みランプ指定がなくなりつつあるが、Hf管のみ指定の器具もあるので注意が必要である(本来の明るさにならない、エンドバンドが出やすい、器具サイズの問題でHf管しか収まらない等)。, 製造記号「TS・TK・TSP」※2016年に東芝ライテックは蛍光灯の生産を撤退し、以降に販売している蛍光灯は、「ME・HLL・▶︎◀︎・IWASE.P.D」のOEM。.