つい先日(11月7日)には、青森県で、国道を走っていた自衛隊の迎撃ミサイルシステムを担う大型特殊車両が民家に突っ込む事故が発生していますが、またしても、一つ間違えば民間人の命が奪われていたような重大事故が起こってしまいました。, この前の青森の事故も、普通ではなかなか考えられないような交通事故だったけど、今回のも、にわかに信じがたいような重大事故だね。 HOME » 日本のにゅーす[政治・経済・社会] » 【ヤバすぎ】陸自訓練で迫撃砲(実弾)が国道脇に着弾!70代男性が乗っていた自動車の窓ガラスが割れる!滋賀・饗庭野演習場, 2018年11月15日 ‚Æ‚µ‚č‹B—¤ŒRŽåÃ‚ÌŽËŒ‚‹£‹Z‰ï‚ÉŽQ‰Á‚µ‚½BŽQ‰Á‚Ü‚Å‚ÌŒP—û‚Å‚Í‘S‘‚Ì•”‘à‚©‚ç—DG‚ÈŽw“±•”‹y‚ÑŒó•âŽÒ‚𓾂Ďw“±•”‚͍ð”N10ŒŽ‚©‚çAŒó•âŽÒ‚͍¡”N1ŒŽ‚©‚ç—û¬‚ðŠJŽnB@2“x‚Ì‘Il‰ï‚ðŽÀŽ{‚µ¬eŽè8–¼A‹@ŠÖeŽè4–¼(ŒeŽèŒ“–±)‹y‚Ñ‘_Œ‚Žè2–¼‚̍‡Œv14–¼‚Ì“ú–{ƒ`[ƒ€‚ð•Ò¬‚µŽQ‰Á‚µ‚½B—û¬ŒP—û‚Å‚ÍŒó•âŽÒ‚ªØáö‘ô–‚µ—û“xŒüã‚ð}‚è‘Il‚ð–ÚŽw‚µ‚Ä‹Ù’£Š´‚Ì‚ ‚éŒP—û‚ðŽÀŽ{‚µA‘I‚΂ꂽ14–¼‚Ì‘IŽè‚͐ɂµ‚­‚àŒ´‘à•œ‹A‚Æ‚È‚Á‚½39–¼‚ÌŽv‚¢‚ðˆø‚«Œp‚¬‹£‹Z‰ï‚É—Õ‚ñ‚¾B. 5月15日放送の「ダウンタウンなう」にて 元女性自衛隊員が自衛隊の裏側&自衛隊の手当について語っていました 怖すぎて胃潰瘍になる人が続出の訓練の話や意外な自衛隊の手当のことなどを紹介していました 危険と比例しない手当の安さにスタジオでは疑問の声が続出でした

国際射撃競技大会でチーム6位 金2、銀3、銅2のメダル獲得 陸自富士学校(学校長・武内誠一陸将)は、aasam15(平成27年度豪州における射撃訓練)の担任を命ぜられ、普通科部長を訓練部長として豪州陸軍主催の射撃競技会に参加した。 事故直後、A一尉は記憶の混乱(攻撃動作3回中2回発射ボタンを押していたことによる)から、当初「火器管制主スイッチを作動位置にしていないが、(誤射の際)発射ボタンを押したか否かは覚えていない」としていた[11]が、11月24日までに誤射の際に発射ボタンを押したとした[12]。また、小松基地帰還直後の調査では火器管制主スイッチはオフ位置になっていた[5]。発射ボタンと誤射の関係性が高いことから、当初は火器管制系統のトラブルとの見方が広まっていた[3]。杉山蕃航空幕僚長(当時)らも航空機側の不良との立場をとっていた[2]。 持ってる物を民間人のいる所に落とすというのは本当にやばい…幸い、死傷者が出なくて済んで良かった。, 自衛官も人間だ、ミスをしないなんて事はないが、2度とこの様な事は起きて欲しくないな, ちなみに饗庭野でやらかした迫撃砲って、このタイプのヤツね。この前の桂で撮っておいた。 pic.twitter.com/25JgfldyHA, NHKは、迫撃砲の着弾により道路のアスファルトの破片が車を損ねたという、いかさま報道。迫撃砲は実弾であり、弾が炸裂して有効半径のものを損ねる。

訓練自衛官小銃乱射事件(1984年) 自衛隊機乗り逃げ事件(1973年) 航空自衛隊 f-15僚機撃墜事件(1995年) 青竹事件(1957年) 災害派遣. ョン映画の一覧, 日本と世界のダムの決壊・崩壊・越流事故の一覧, 日本と世界のトンネルの崩落・陥没・落盤事故の一覧, 日本と世界のトンネルの火災事故の一覧, 日本と世界の橋の崩落・崩壊・落橋事故の一覧, 日本と世界の洪水と水害の一覧. 普通科射撃 富士学校普通科部(部長・富樫勇一陸将補)は1月15~3月18日まで、第47期幹部特技課程「普通科射撃」及び第5期陸曹集合教育「普通科射撃」の教育を実施した。 普通科部では射撃に関し三つの取り組みを推進している。 第拾雄洋丸に対する実弾射撃(1974年)

しかも、訓練に使用していたのは実弾で、人を殺傷する能力を持つ迫撃砲が一般の車が多く行き交うエリアに着弾したというのは、絶対にあってはならない事態だ。, 何故ここまで目標を大きく外れてしまったのか、軍事に詳しい専門家の間でも首を傾げるような事態みたいだけど、万一人的ミスや機器の異常が起こったとしても、民間人を巻き込むような事故にならないように、何重にも安全対策を施す必要があるし、相次ぐ自衛隊の事故を深刻に受け止めつつ、危機感を持って万全の事故防止策を行なってもらいたいところだ。, 「北朝鮮のミサイルよりもよほど自衛隊や米軍の方が危険なのでは」との皮肉の声も上がっている状況ですが、国民の命を守るはずの自衛隊が逆に国民の命を奪ってしまうようなことがないように、徹底した安全対策を行なってほしいですね。, 【自滅】下村博文氏、内定していた憲法審幹事を辞退へ!野党への「職場放棄」発言が致命傷に!野党だけでなく与党からも批判相次ぐ!, 【ヤバすぎ】陸自訓練で迫撃砲(実弾)が国道脇に着弾!70代男性が乗っていた自動車の窓ガラスが割れる!滋賀・饗庭野演習場, 訓練中に発射された81ミリ迫撃砲が本来の目標を大きく外れ、国道303号線の脇に着弾する事故, 人を殺傷する能力を持つ迫撃砲が一般の車が多く行き交うエリアに着弾したというのは、絶対にあってはならない事態, 万一人的ミスや機器の異常が起こったとしても、民間人を巻き込むような事故にならないように、何重にも安全対策を施す必要, 青森県で、国道を走っていた自衛隊の迎撃ミサイルシステムを担う大型特殊車両が民家に突っ込む事故, 消息不明のカショギ氏、トルコのサウジ総領事館内で「生きたまま切断」!?ムハンマド皇太子が関与している疑いが世界で報じられる!, カトリック教会の聖職者による少年への大規模”性的虐待”が全世界で報道!ドイツで3600人以上、米国でも数千人規模の子供たちが被害!, 【驚】日大学長の会見に謎のおばさんが乱入し、学長を恫喝!「お前らがしっかりしないからだ!いいか!」→関係者につまみ出される!, 日大アメフト部の宮川泰介選手が謝罪会見!「内田監督・井上コーチの強い指示があった」「被害選手に謝罪に行くのを監督に止められた」, 日大側が宮川泰介選手の会見内容を否定!「監督は反則プレーを指示していません」「意思疎通が不足し、誤解を招いたとすれば心苦しく思います」, 【殺人タックル】日大・内田正人監督が「相手のQBにケガをさせる」との指示があったと報道!→日大側が「それは有り得ない」と全面否定!, 日大・内田正人監督が辞意表明するも、自身の指示の有無については語らず!「ピンクのネクタイ」&「かんさいがくいん」の”読み間違い”にも批判の声が!, 山口達也の早々の「起訴猶予処分」決定に、ジャニーズ事務所の「警察コネクション」か!メンバー4人が会見を開き、山口の”TOKIO脱退の意向”を報告!, 【中間報告】11月1日~15日時点で集まった運営費(ご支援額)の報告…現在目標額を下回っておりますので、何卒ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします!, 菅総理がRCEPに署名!中国を中心とした巨大自由貿易圏が誕生へ!ASEAN諸国に2億ドル以上の医療支援も!「バイデン氏当確報道」とともに「習近平勢力の再興隆」が進む可能性!, 【しつこい】”二度目のゾンビ復活”の安倍前総理、「国民投票法の今国会成立を」と改憲を再びゴリ押し!「学術会議は完全に民間の活動としてやるのがいい」とも!, 【ゆるねと通信】俳優・窪寺昭さんが急死・芸能人の「自殺の連鎖」が止まらず…、宇野重規東大教授・安倍政権時でも任命拒否されていたことが判明!、夕刊フジが「菅政権12月衆院解散説」を報道!, 【禁句】西村経済再生相、コロナ第3波襲来で「GoTo使うかどうかは皆さんの判断」!政府としての責任を”完全放棄”で、生命・健康にかかわる判断を国民自身に丸投げ!, 【いいね!】菅総理のブレーン、竹中平蔵氏に対するTwitter抗議デモが盛り上がり!「#竹中平蔵を政治から排除しよう」がトレンド入りに!, 【特権階級】安倍前総理、今でも警察が「年間2億円規模」の異例の”厳重警備”!「次期総裁選出馬」を見越しての可能性も!?→ネット「刑務所だったら警備費タダだろ」「安全な所に入ればいいだけ」, 菅官邸がNHKニュースウォッチ9に「最大級の圧力」!「学術会議問題」を問い質した有馬キャスターについて、山田真貴子内閣広報官がNHKに「総理怒ってますよ」と恫喝電話!, 宮城・女川原発の再稼働を村井知事が同意!東日本大震災の被災地で初!福島原発事故の記憶を葬りつつ、「脱炭素社会」を口実に「with原発社会」がますます加速!, 新型コロナ「過去最多感染数」でも菅政権は”GoTo続行”!PCR検査も引き続き抑制!意図的にコロナウイルスを蔓延させ、世界支配層が作り上げた”奴隷化ワクチン”を全国民に打たせようとしている菅政権!, 【酷い…】菅氏のブレーン、アトキンソン氏が修復を手掛けた日光東照宮がボロボロに!日光市議「なぜこんなことに…」専門家「6年かかる予定の修理が4年で終わったことが関係してるのかも」, 【出たぁ】竹中平蔵氏「首を切れない社員なんて雇えないですよ」!「朝生」で歪み切った本性を露呈!菅総理が「全幅の信頼」を置く竹中氏によって、日本の労働者がもれなく”地獄”へ!, 【突っ込み殺到】政府分科会・尾身会長が「コロナ禍の食事作法」を発表!「箸右手、左手でマスク、ごくんと飲み込んで、またマスク」!→ネット「大丈夫?」「政治が学問に介入するとこうなる」, 【森友】財務省秘書課長が、安倍前総理の「総理辞める」発言がきっかけで文書改ざんに繋がったことを認めていた!赤木雅子さんとの面会で語る!財務省の報告書も信ぴょう性が崩壊!, 【ヤバすぎ】中央道の耐震補強工事の手抜き、「橋台の鉄筋が入っていない」ことが判明!問題の悪徳業者を宮内秀樹農水副大臣(自民二階派)が全面的に支援!, IOCが「東京五輪の中止」を決断か!「一月万冊」清水有高氏と本間龍氏が最新情報を入手!すでに日本政府、組織委、電通に伝達済みとのこと!→ネット「得体の知れない大阪万博も中止で!」, 菅総理、国会でも「学術会議任命拒否」の理由語らず、議場が怒号に包まれる!さらに「出身や大学に偏りがある」とのイチャモンも嘘だったことが判明!, 菅総理に「第二の森友事件」が浮上!菅氏の支援者の在日韓国人が横浜市の公有地を”格安”&”特別扱い”で購入!その後、”契約違反の転売で2億円近い利益を手にした可能性も!?. :0123-33-3137 元陸上自衛官のレトロ軍曹です。陸上自衛隊では嫌な思いを沢山しましたが、もし自衛隊生活にメリットがあったとしたら、それは間違いなく「普通に生活していたら体験できないようなことが体験できた」という、この一言に尽きると思います。その中の代表で言え ピックアップ, 日本のにゅーす[政治・経済・社会], 気になるにゅーす 木更津駐屯地の所属のヘリコプターah1sが陸上自衛隊東富士演習場で夜間射撃訓練でホバリングを行っていた際に、高度が下がり不時着する事故が発生しました。 この事故でヘリコプターの脚部が折れているのが発見されています。 浜松基地航空祭でのt-2ブルーインパルス墜落事故(1982年) 不祥事. 2018年11月14日午後1時20分頃、滋賀県高島市の陸上自衛隊饗庭野演習場において、訓練中に発射された81ミリ迫撃砲が本来の目標を大きく外れ、国道303号線の脇に着弾する事故が発生。70代の男性が乗っていた自動車を破損させ、窓ガラスが大きく割れたものの、男性にケガはなかったという。

開庁時間:午前8時45分から午後5時15分まで(土曜・日曜・祝日を除く), 陸上自衛隊による演習のお知らせ. 北恵庭駐屯地・南恵庭駐屯地より、次のとおり連絡がありましたのでお知らせします。1 射撃訓練等の実施日・時間帯(対象期間11月15日~30日)北恵庭駐屯地(演習場島松地区)・ 16日(月曜日)~20日(金曜日)、22日(日曜日)、23日(月曜日)、28日(土曜日)、29日(日曜日)7時~20時 … F-15僚機撃墜事故(F-15 りょうきげきついじこ)は、1995年(平成7年)11月22日に石川県能登半島沖で発生した航空自衛隊による事故。第6航空団所属のF-15J戦闘機が、訓練中に誤って僚機を撃墜した。, 1995年(平成7年)11月22日、空中戦闘機動(ACM)訓練中、攻撃側のF-15J戦闘機(シリアルナンバー62-8870、操縦:A一等空尉)が、誤ってAIM-9L空対空ミサイルを発射し、敵役のF-15J戦闘機(シリアルナンバー52-8846、操縦:B二等空尉)を撃墜した。B二尉は直ちに射出座席で脱出し無事だったが、機体は海へ沈んだ。, 航空自衛隊にとって通算8機目のF-15墜落事故[1]かつ自衛隊史上初の「撃墜」であるとともに、F-15が航空機によって(=空対空戦闘によって)撃墜された世界初の事例でもある。, 1995年(平成7年)11月22日午前8時23分、第6航空団第303飛行隊所属のF-15J戦闘機2機が空中戦闘機動(ACM)訓練のため小松基地を出立した。一番機はA一等空尉(当時29歳)、二番機はB二等空尉(当時30歳)であり、両機とも緊急発進の予備機(「三時間待機」の状態)だったためミサイルを二発ずつ搭載していた[2]。A一尉は飛行時間1,000時間超の中堅パイロットであった。また、実弾射撃は訓練予定に含まれていなかった。, A一尉の機と敵役のB二尉の機は、正面から向き合う状態で開始しすれ違ってからドッグファイトに入る手順の戦闘訓練を3度行い、3度目の訓練でA一尉の機が敵役のB二尉の後背に付きAIM-9Lで攻撃動作を行った際[3]に事故が発生した。先立つ2度の訓練では、A一尉は2度中1回発射ボタンを押したが、発射に先立つ兵装選択でAIM-9Lとは異なる兵装を選択したためミサイル発射には至っていない。事故が起きた3度目の戦闘訓練状況は以下の通り[4][5]。, B二尉は緊急脱出し洋上で漁船に救助された後、小松基地所属の救難ヘリで同基地へ戻ったが、打撲などの軽傷を負っていた[6]。沈没した機体は、11月27日に発見され、翌年2月25日に引き揚げが終了した。, 事故同日の11月22日午後3時頃、村山富市首相(当時)は記者団からの質問ではじめてこの事件を知った[7]。ただし官邸には早い段階で誤射を含めた事故の報告が入っていた。, この事故の影響で、航空自衛隊は所有する全戦闘機の緊急安全点検を行った。小松基地では飛行訓練を中断していたが11月29日に北栄一郎小松市長(当時)が同意したため、12月1日にミサイル搭載無しで訓練を再開した[8]。, 12月5日にはミサイル装備なしで全国のF-15を警戒待機に復帰させた[9]。1996年(平成8年)6月10日に小松基地以外の基地でミサイル搭載が再開され、7月9日に小松基地でも再開した。, その後、航空事故調査委員会の聞き取り調査で、パイロットは「当時、操縦桿の機関砲の引き金にはピンが入った状態で引けない状態であった」と証言している。[10]

事故. F-15僚機撃墜事故 (F-15 りょうきげきついじこ)は、 1995年 ( 平成 7年) 11月22日 に 石川県 能登半島 沖で発生した 航空自衛隊 による事故。 第6航空団 所属の F-15J 戦闘機が、訓練中に誤って 僚機を撃墜 した。 手榴弾で死んだ奴は、アスファルののかけらで死ぬのか? 稲田に聞きたい。, 「間違っちゃた!てへへ」じゃ済まないぞ! 国会の安全保障委員会でも異常な電流が操縦桿より流れて、撃墜に繋がったとの認識をしていた[10]。, しかし、その後ヘッドアップディスプレイ(HUD)に発射準備完了のサインが出ていた(つまり火器管制主スイッチが作動位置にあり、火器管制装置が作動状態であった)ことが判明した[13]。さらに、F-15の製造元である三菱重工が調査にあたったが異常は発見されず[14]、人為的ミス(パイロットエラー)の可能性が濃厚となった。, 1996年(平成8年)6月13日、防衛庁(当時)は杉山蕃統合幕僚会議議長(当時)、小泉進航空総隊司令官、早瀬洋一中部航空方面隊司令官、以下関係者計8名への処分を発表した。A一尉は停職10日とともに、パイロット資格を剥奪された。, 同年9月3日までに、航空自衛隊はA一尉を過失航空危険罪の疑いで金沢地検へ書類送検した[15]。10月25日、金沢地検は、Aがすでに操縦資格剥奪などの制裁を受けていることを理由に起訴猶予処分とした[16]。, 同年11月11日、航空自衛隊は、A一尉が無意識のうちにミサイル発射系統の回路を導通状態にした(=安全状態を解除した)として、この事故がAの全面的な過失によるものだったと発表した。なお、航空評論家の石川潤一は、事故直後の時点で無意識の操作の可能性について指摘していた[5]。, 機体(52-8846)の残骸の一部(コックピット)はスクラップとして払い出され、市川市の大型ゲームセンター大慶園に残置されている(2018年5月現在)。, 1995年11月23日 朝日新聞「空幕長、故障の可能性を示唆 空自のF15戦闘機ミサイル誤射事故」, 1995年11月25日 読売新聞「空自の僚機撃墜事故 「発射ボタン押した」 ミサイル誤射、安全装置が働かず」, 1995年11月23日 毎日新聞「防衛庁、交信内容の一部を公開--小松基地、F15のミサイル誤発射事故」, 1995年11月23日 朝日新聞「暴発ミサイル深まるナゾ 機械故障?人為ミス? 自衛隊機誤射」, 1995年11月23日 読売新聞「空自僚機撃墜 F15のサイドワインダーに何が… 苦渋の防衛庁幹部」, 1995年11月23日 読売新聞「空自ミサイル誤射事故 村山首相「聞いていない」 記者団から初報」, 1995年11月23日 毎日新聞「ミサイル誤射事故 電気系統に異常か 小松基地、訓練見合わす」, 1995年11月25日 毎日新聞「ミサイル誤射事故で「発射ボタン押していた」 安全装置のトラブル?」, 1996年1月11日 読売新聞「空自の僚機撃墜 パイロットミスか ミサイル発射の準備完了表示見逃す」, 1996年6月1日 朝日新聞「機体異常見つからず パイロットミス絡む F15機誤射で防衛庁発表 」, 1996年9月4日 読売新聞「石川・能登半島沖の僚機撃墜事故 空自がパイロットを書類送検 」, 1996年10月25日 読売新聞「能登半島の僚機撃墜パイロット、起訴猶予処分に/金沢地検」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=F-15僚機撃墜事故&oldid=77608815, 午前8時40分23秒 - A一尉が火器管制主スイッチが切れているのにAIM-9Lが発射された旨を報告. 訓練自衛官小銃乱射事件(くんれんじえいかんしょうじゅうらんしゃじけん)とは、1984年(昭和59年)2月27日、陸上自衛隊山口駐屯地において、訓練中の自衛官が同僚に向けて小銃を乱射した事件。, 1984年(昭和59年)2月27日昼ごろ、陸上自衛隊山口駐屯地にある第17普通科連隊射撃場で、射撃訓練を受けていた60人の隊員のうち、左端にいた二等陸士A(当時21歳)が振り向きざまに、持っていた64式小銃を居並ぶ自衛官に向けて乱射した。結果、4人が重軽傷を負い、そのうち1人は翌日死亡した。, Aは小銃を携帯したまま、ジープで逃走した。ただちに、自衛隊や山口県警察は厳戒態勢をとり、午後4時40分に山口市内で身柄を拘束した。, Aは、「普段から悪口をいっていた同僚に対し快く思っていなかった。誰でもいいから撃ってやろうと思った」と動機を語ったが、重度のうつ病による心身喪失状態にあったとして起訴されず、精神病院に入院することとなった。Aは1983年6月に入隊したが、当初自衛隊は入隊時の知能テストの成績も優秀であり、採用には問題なかったと主張した。, Aは大阪府内の私立大学中退後、1981年9月に大津市にある教育大隊に入隊し、その後姫路に配属されていた。しかし、1982年7月に無断欠勤し、関西方面を遊び歩いたとして6日間の停職処分を受け、依願退職した前歴があった。, この事件で、Aは懲戒免職処分を受けたほか、防衛事務次官が訓戒処分をはじめ、自衛隊上層部24人が減給から注意までの処分を受けた。, Aの直属の上官の二等陸曹(当時36歳)は、前年暮れからAの奇妙な行動に気づいており、中隊、小隊に早くなじめるよう激励していたが、自衛隊上層部とともに訓戒処分を受けた。この二等陸曹は、処分を受けた4ヵ月後の7月3日に自殺した。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=訓練自衛官小銃乱射事件&oldid=69519592. 2020/11/15 16:20:00 野島埼南西方において、11月16日(予備日17日~20日)の0900~1700、自衛隊航空機による射撃が実施されます。 区域は、北緯34度44分12秒 東経139度38分49秒を中心とする半径5海里の円内海域です。 0, ・2018年11月14日午後1時20分頃、滋賀県高島市の陸上自衛隊饗庭野演習場において、訓練中に発射された81ミリ迫撃砲が本来の目標を大きく外れ、国道303号線の脇に着弾する事故が発生。70代の男性が乗っていた自動車を破損させ、窓ガラスが大きく割れたものの、男性にケガはなかったという。, ・この事態を受けて、岩屋防衛相が謝罪。陸自は原因や調査を行なう方針で、81ミリ迫撃砲の訓練は全国的に当面見合わせる方針だという。, 14日午後1時20分ごろ、滋賀県高島市の陸上自衛隊饗庭野(あいばの)演習場で、訓練中に発射した81ミリ迫撃砲の弾がそれて、国道303号脇に着弾した。アスファルトの破片などが40メートルほど離れた演習場外に停車していた乗用車にあたり、左後部座席の窓ガラスと窓枠が割れた。弾は実弾だったが、運転席の男性(71)にけがはなかった。岩屋毅防衛相は「申し訳ない。極めて深刻に受け止めている」と陳謝した。, 滋賀県警によると、着弾地点は、高島市今津町北生見の路面。防衛省によると、演習場の境界付近で、場内か場外か不明という。信太山(しのだやま)駐屯地(大阪府和泉市)の第37普通科連隊が14日午後1時15分ごろから30分間、81ミリ迫撃砲2門を使った射撃訓練をした。弾は重さ4キロ、全長約40センチ。破裂して周辺に金属片を飛び散らせ、人を殺傷する。, 陸上幕僚監部によると、弾は目標地点から北に1キロそれた。着弾を確認する役割の隊員もいたが、訓練終了後の県警からの連絡で、初めて事態に気づいた。訓練では、弾がそれても演習場内に収まるよう、目標区域の外側に安全区域を設定する。なぜ想定を外れたのか、陸自が原因を調べる。81ミリ迫撃砲は全国的に使用を見合わせる。, 「すさまじいさく裂音で、命の危険を感じた」。国道脇に停車させていたワゴン車の車内にいた川村長太郎さんは、あわや大事故という恐怖を振り返った。, 川村さんによると、かばんから書類を出そうと車を一時停車させたところ、突然、金属音のような爆発音に続いて窓ガラスが「バシッ」という音と共に砕け散った。約40メートル離れた場所で煙が上がり、ワゴン車には何かの破片が当たったようなくぼみが数カ所できていた。, 煙が上がった辺りでは道路の舗装がめくれ、小さな羽根のついた長さ約20センチ、直径約3センチの砲弾片らしきものが落ちていた。滋賀県警によると、付近からは砲弾1発が見つかった。, 饗庭野演習場を巡っては2015年7月、訓練で発射された12・7ミリ重機関銃の銃弾が同じ国道沿いの民家の屋根を貫いた事故があった。当時、2階に男性がいたが、けがはなかった。民家はその後、自衛隊の敷地に組み込まれ、更地になった。, 市民らによる「あいば野平和運動連絡会」の泉勝男事務局長(74)は「またか、と思った。3年前の事故で、自衛隊は市と安全確保に向けた覚書を交わしたのに」と憤った。【塚原和俊】, 【演習場外に砲弾 車のガラス割る】陸自饗庭野演習場で迫撃砲弾を使った訓練中、砲弾1発が誤って場外に。着弾した道路のアスファルト片が近くに止まっていた民間の車に当たり、窓ガラスが割れました。男性が乗っていましたが、けがはなかったということです。, 記事はこちら⇒https://t.co/E80jICX04H pic.twitter.com/COjfaPlMDZ, 訓練中の自衛隊の迫撃砲が演習場場外の男性が乗った一般車両に着弾。今年の6月にキャンプシュワブに隣接する沖縄県名護市の農作業小屋に銃弾が撃ち込まれた問題ではそれが米軍のものだったのかが有耶無耶になっているね。これは自衛隊の「事故」なのだから早急に原因の徹底究明と嘘偽りのない説明を。 pic.twitter.com/gqfAFUKalT, なんか自衛隊の演習の迫撃砲で一般市民に被害が出たみたいだけど、結局飛んでこなかった北朝鮮のミサイルとかより自衛隊機とか米軍機とかの被害の方がヤバくね?たとえ国防のために当然のリスクだとしてもそっちの脅威を周知した方がよくね?(´・ω・`), これはまじでやばいっすね…しかも、実弾やろ……家を吹き飛ばす程の威力を 訓練自衛官小銃乱射事件 (くんれんじえいかんしょうじゅうらんしゃじけん)とは、1984年(昭和59年)2月27日、陸上自衛隊 山口駐屯地 において、訓練中の 自衛官 が同僚に向けて 小銃 を乱射した事件。 迫撃砲の誤射とか。迫撃弾は、直接射撃の砲弾よりも、一層「破片」をまき散らし、兵士を傷つける。そういう砲弾のはず。1㌔はずれましたぁー?バカか。それじゃ上陸してくる敵を撃退出来ないぞ。ヘタクソ。 ところで、実弾1発「いくら」?#自衛隊 #実弾射撃, 陸上自衛隊による訓練で発射された迫撃砲が目標を大きく逸れて国道脇に着弾し、70代男性が乗っていた車を破損させ、窓ガラスが激しく割れる事態が発生しました。

ゆるねとにゅーす 航空自衛隊は、訓練事故の死亡者9人中4人が「持久走」や「3キロメートル走」中に意識を失って死亡した。墜落事故は、05年に起きた新潟救難隊の救難機MU-2Aの墜落、11年7月のF-15戦闘機の2件で、計5人が死亡している。