こうした人は「ばかにされたくない」と強く思いすぎており、心休まることなく常にファイティングポーズを取っています。その結果、他者の言動の受け取り方や認識が歪んでおり、自分に発せられた言葉を悪く捉える癖があるのです。 明日会社にしていくメイク、なんて小さな選択も。30歳を目前に転職しちゃおうか、っていう迷いも。結婚するか、子どもを産むか、という大きな決断も。, 「もしかして私って自意識過剰なのでは」「もっとまわりの目を気にしないでいられたらいいのに」と思ったことはありませんか?自意識は悪いものではありませんが、過剰になると自然体でいることが難しくなり、生きづらさを感じてしまうこともあります。, そこで今回は、自意識過剰になってしまう心理や恋愛における影響、自意識過剰を改善するための心がけについて説明します。, 自意識過剰とは、他人から自分がどう思われているのかを過剰に気にしている状態のことをいいます。自意識過剰な人は自分に対する理想が高く、注目されたいという思いを強く持っています。その根底にあるのは自分に対する自信のなさ。自信がないと、自分に対する周囲の評価を異様に気にしてしまいがちです。, そして、自分が期待したような評価を得られていないと感じると、それが大きなストレスになります。自意識が過剰になりすぎると、緊張する、傷つきやすくなる、思い込みが激しく自己中心的になる、という傾向があります。, 開催日時  そうした攻撃的な人は、なぜそのような態度を取るのでしょうか? 明日会社にしていくメイク、なんて小さな選択も。30歳を目前に転職しちゃおうか、っていう迷いも。結婚するか、子どもを産むか、という大きな決断も。, 常に髪型などを気にして、鏡ばかり見ているナルシシストな男性は、自意識過剰すぎて女性ウケが悪いですよね。では男性が思う「自意識過剰な女性」の特徴とは? さっそく男性の意見をチェックしてみましょう。, ・「自撮りをSNSにあげる。自分のことかわいいと思ってそうだから」(23歳/情報・IT/営業職), 自意識過剰な女性は、常に人の目を意識しているのでSNSでのアピールがすごそうです。自撮り写真をアップするのは、自分に自信がないとなかなかできないですよね。, ・「髪をやたら気にしている人です。まわりからの目が気になるんでしょうね」(26歳/情報・IT/その他), ・「電車のガラスやショーウインドウなどの映る場所で、何度も髪や化粧を直す人。そういう人に限って、あまり前後の変化ないから自意識過剰だなって思う」(39歳/食品・飲料/販売職・サービス系), ナルシシストな男性と同じく、髪型や化粧をいつも気にしている女性は自意識過剰と言えそうです。「そういう人に限って前後に変化がない」という意見にグサッときた女性もいるのでは?, ・「ちょっと目が合っただけで文句を言ってくる。『どこ見てるのよ!』みたいな」(29歳/人材派遣・人材紹介/技術職), ・「男と目が合ったら、『何見てるの?』とでも言いたそうに目をそらす」(31歳/自動車関連/技術職), 男性と目が合っただけで「どこ見てるのよ!」と不快感をあらわにするのも、男性から見ると自意識過剰に感じるようです。「別に見てねーし!」という心の叫びが聞こえてきそうですね。, ・「誰も見てないのに、スカートの中をやたらとガードする」(36歳/自動車関連/販売職・サービス系), ・「階段を上がるときにかばんでスカートをおさえる人。のぞいていると思われているのが嫌な気分」(28歳/その他/営業職), ミニスカートなどをはいているときは、いつもより行動が慎重になりますよね。でも男性に言わせると、それも自意識過剰なようです。女性としては下着が見えないように気を使っているのですが……。, ・「男に見られることを前提とした、派手で露出の多い服装をする。男を意識している証拠」(29歳/学校・教育関連/販売職・サービス系), 胸元が開いている服やショートパンツなど、露出度が高い服装をしていると「男性の目を意識している」と思われているよう。でも自意識過剰と言いながら、目で楽しんでいる男性は多そうですよね。, ・「上から目線。他人の顔や化粧のことを指摘する。上から目線の女に限って物事をやらせるとできない確率が高いと思う」(27歳/建設・土木/その他), 他人のことを見下して、常に上から目線の女性は自分に自信がありすぎて「自意識過剰」と見られていることも。「自分のほうが上」という意識は表情や態度などに出るので、気をつけたいですね。, 男性が思う「自意識過剰な女性」の特徴として、髪の毛や化粧を気にしたり、露出が多い服装をしていたりなどが挙げられました。中でも「スカートをおさえる」は、男性と女性で意見がわかれそうですね。女性のみなさんは、これらの行動を自意識過剰だと思いますか?, マイナビウーマン調べ調査日時:2016年11月8日~2016年11月9日調査人数:404人(22~39歳の社会人男性), 2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。, 開催日時  ■原因はある? 攻撃的な人の特徴と心理

家庭環境や後天的なことが原因で、他者の言動の受け取り方や認識が歪んでいるため、そうした人と付き合っていくのは簡単ではありません。 はじめに攻撃的な人の特徴や心理について説明します。 攻撃的な人の特徴と心理。また上手に付き合う方法について、心理カウンセラーの高見綾さんに聞きました。

たとえば自分の後輩が実力をつけたと感じたなら、途端に攻撃して足を引っ張ろうとします。 プライベートや仕事でストレスがたまっている場合に、誰か自信のなさそうな人をターゲットにして攻撃し、ストレスを発散させるケースもありますね。 攻撃的な人は、総じて自信がなく不安でいっぱいです。

その気持ちに気づくことができると、少しずつ攻撃的な性格は変わってくるでしょう。 自信が持てなくても、「自分を認めよう」と自分を受け入れることができればいいのですが、それができない場合は攻撃的な人になってしまうのです。 (文:高見綾、構成:中田ボンベ/dcp) 周囲との人間関係を良好に保つことも大切です。 ◇過剰に反応せずターゲットにされないことが肝心 また、親が攻撃的な人だったり、プロセスよりも結果や勝ち負けですべてを判断したりする人だったケースでも攻撃的な性格になることがあります。心休まる環境がないために、「戦わないと攻撃される」と思い込んでしまうからです。 これは「被害者意識」の強いタイプに多く、こちらが何気なく言ったことでも「私のことをばかにした」と捉え、その仕返しとして陰で悪口を言いふらすのです。 ◇攻撃的な人の心理

攻撃的な人は、誰かれかまわず攻撃するのではなく、実は攻撃する相手を選んでいます。自分より弱いと思う人や、仕返ししてこないような人、攻撃することで自信や自己価値が揺らぎそうな人がターゲットにされやすくなります。 ◇攻撃的な性格は直せる ここまで読んでみて、もしかしたら「自分って攻撃的な人かも……」と感じた人もいるかもしれません。 ◇自分が恐れるものを知る 誰かを批判して蹴落とすことができれば、自分の居場所が確保でき、他人より優位なポジションに立てると思い込んでいるのです。