ラテン語の聖句や格言 1.Doninus mortificat et vivificat, 主は殺し、また生かし、よみに下し、また上げる。(Iサムエル記2:6-7) 2.littera enim occidit, Spiritus autem vivificat.

Et:また、しかもその時に、dixit:言った、DEUS,:神は、Sit:ある、(接続法三人称単数現在)lux,:光が、et:また、同時に、facta:創造された、生じた、est:ある、lux.:光が、, 1.3.しかもその時に、神は光があるようにと言われた。同時に創造された光があった。, 「そして一夜を過した」が、その平安を意味することは、「一夜を過すこと」の意味が休むこと、また内意の中で平安を持つことであることから知られよう。その事柄は次のように有する。霊的なものが自然的な人間に専有される時、やがて不安を引き起こすような悪い欲望と間違った原理の確信は離れる。そして平安を招くような真理への情愛のものが近付く。というのは、凡ての不安は悪と間違った原理からあるからであり、また凡ての平安は善と真理からあるからである。平安が何か、またその状態がどのようなものかは、92, 93, 1726, 2780番に認められよう。(天界の秘義3170), 各々の人間に内なるものと外なるものがあり、またその内なるものは内なる人間と呼ばれ、またその外なるものは外なる人間と呼ばれる。しかし内なる人間と外なる人間が何かは僅かな者達しか知らない。内なる人間は霊的な人間と同じであり、なお加えて、外なる人間は自然的な人間と同じである。霊的な人間は天界の光により理解し、また賢明である。他方において、自然的な人間はこの世の光により理解する。この両方の光については、3138番に示された。というのは、天界の中には霊的なもの以外なく、他方において、この世の中には自然的なもの以外ないからである。人間に霊的なものと自然的なものがあるように人間は創造された。即ちその霊的なものと自然的なものが調和するように人間は創造された。或いはそれらが一つのものを造るように人間は創造された。しかしその時、霊的な人間は自然的な人間の中の凡てのものを管理しなければならず、なお加えて、自然的な人間はしもべ(奴隷)がその主人に従うように、霊的な人間に服従することをしなければならない。(天界の秘義3167), 聖言の中の全体的なものも個別的なものも、その最高の意味において主に関係することを有する。それ故、主は聖言の生命そのものであり、また聖言は主であるので、更に主御自身の王国にもまた関係する。なぜなら、主はその王国の中の凡てのものであるからであり、主御自身の王国の中の主からの神的なものがその王国を造るからである。それ故、天使、霊、および人間が主からの善と真理のものを受け入れるほど、また主からの善と真理のものを信じるほどそれだけ主御自身の王国の中に居る。それに反し、主からの善と真理のものを受け入れないほど、また信じないほどそれだけ主御自身の王国の中に居ない。従って主からの神的なものの中に居ない。主からのそれらが主御自身の王国を作る。即ち天界を造る。(天界の秘義2904), 「私達の主人よ、あなたは私達の真ん中で神の君主です」が、彼らの許の神的な善と真理に関する主を意味することは、「主」の意味から、また「神の君主」の意味から、「私達の真ん中で」の意味から知られよう。善が取り扱われる所で「主」が言われることは、旧約聖書の聖言から知られよう。というのはそこで、エホバは或る時はエホバ、また或る時は神、また或る時は主、また或る時は神エホバ、また或る時は主エホビ、また或る時は万軍のエホバと呼ばれており、それは秘義の理由からである。それらは内意からでなければ知られることが出来ない。一般的には愛の天的なものについて取り扱われる場合、即ち善について取り扱われる場合、その時、エホバが言われ、他方において信仰の霊的なものについて取り扱われる場合、その時、神が言われる。両方について一緒に取り扱われる場合、神エホバが言われる。しかし善の神的な力について取り扱われる場合、即ち全能について取り扱われる場合、その時、万軍のエホバ、即ち大軍のエホバと言われ、更に主もまた言われる。そのように万軍のエホバと主は同じ意味、また同じ意義である。それ故、即ち善の力から人間達も天使達もまた「主人」と言われ、また反対の意味で何も力がない者達か、主人達から力がある者達は奴隷(しもべ)と言われた。それらからここで「私の主人よ」が、内意において善に関する主を意味することが知られることが出来よう。そのことは後に続く箇所において聖言から説明されるであろう。(天界の秘義2921), 「見よ、リベカはあなたの前に居る。あなたは受け取り、また行け、そしてエホバが話したようにあなたの主人の息子の妻にせよ」が、主から吹き込まれた合意を意味することもまた言葉の個々の説明から知られることができよう。これは内意の中で彼らの全般的な結論である。その事柄そのものは次のようにそのことを有する。, 「私に告げよ、またもし、為したくないなら私に告げよ」が、彼らの熟考の自由な状態を意味することはこの言葉の意味から明らかである。, 教会の初めにおいて仁愛が根本的にあり、その時、誰でも他の者を兄弟のように愛し、また自分のためではなく、隣人のため、共同体のため、主の王国のため、また凡てのものの上に主のため善により働きかけられる。しかし時の進行によって仁愛が冷たくなることと何もなく為されることを始め、その後、相互の憎しみへ行く。誰でも法律の下の社会的な仲間関係の中に居るので、また憎しみが外なる拘束で閉じ込められるので、例え外なる形において憎しみが見えなくても、それでもなお、内部の心に抱かれる。外なる枷は自己愛と世俗愛からもたらされる。そしてそれらは名誉への愛と高位への愛、利得への愛と同じくそこからの権力への愛、そのように名声への愛である。それらの愛の下に隣人への憎しみを隠す。凡ての者達を支配することを欲するような愛、また他の者の凡ての物を所有することを欲するような愛が非難される時、心にその隣人に対する軽蔑を隠し、復讐をたぎらせ、その破滅を喜ぶ。それどころか、残酷をあえて出来る範囲で行う。最終的に教会の仁愛はその終結の時、そのようなものに変わり、またその時、もはや何も信仰がないことが言われる。なぜなら、仁愛のない信仰は信仰でないからである。(天界の秘義2910), 誰でも足を洗うことは何も悪と間違った信念から清めないが、しかし足に付く汚れについてだけ清めることを認めることが出来よう。だが聞き給え、教会の中の儀式の中で命じられたので、何か特別なこと、正確には霊的な沐浴、即ち人間の内部に膠着する彼らの汚れから清めることを含むことが付随する。またそれ故に、彼らの間でこれらのことを知った者達は、同時に、心を清めることについて、或いは自然的な人間からの自己愛と世俗愛の悪の除去について考えた。そしてそれを凡ての熱意で行うことを試みた。彼らは洗うことの儀式を神の掟による外なる礼拝のように果たした。それに対して、そのことを知らなかった者達、知ることを欲しなかった者達は、衣服、皮膚、手、足を洗うことの儀式だけを考えそれらを清め、単にそのように行うことで霊的な汚れである貪欲、憎しみ、復讐、無慈悲、冷酷の中で生きることが彼らに許されると考えた。(天界の秘義3147), 表象の教会において水で「足を洗うこと」は習慣的なことであり、またそれによって自然的な人間の汚れが洗い清められた。自然的な人間の凡ての汚れは自己愛と世俗愛であり、それらが洗い清められた時、やがて真理と善が流入する。というのは、特にそれらが主からの善と真理の流入を妨げるからである。(天界の秘義3147), 善い働きは、もし自己愛と世俗愛のものが遠ざけられていなければ悪い働きである。なぜなら、自己愛と世俗愛が遠ざけられる前に、善い働きが行なわれる時、外部に善が見えるが、しかし内部に悪があるからである。というのは、名声のためか、利得のためか、自分の地位のためか、報酬のために行なわれるからである。そのようにそれらは功績を得るために為されるか、偽善的なものであるからである。(天界の秘義3147), 信仰のあることは、もし理性の中で信仰が善と結ばれなければ、決して信仰の真理は何かの生命を受け取らず、そこから何かの実は作られない。なぜなら、信仰の実と言われる凡てのものは善の実であるからであり、それは信仰である真理を通した愛と仁愛のものであるからである。もし愛の熱である霊的な熱のない信仰の真理である霊的な光によって働きかけるなら、人間は冬の時期の如く凍結した大地の如くそれによっては何も成長せず、まして実を結ばない。というのは、熱なしに光は何も生み出さないからである。そのように愛なしに信仰は何も生み出さないからである。(天界の秘義3146). こうして印刷された聖書本文が広く流布するようになった。 グーテンベルグが1455年ごろ最初に印刷したのはラテン語訳ウルガタ聖書で、『42行聖書』と言われる。 まもなくヘブライ語聖書の印刷も始めら …

ラテン語の名言・格言をまとめてみました。多くの偉人たちの言葉には、歴史の積み重ねから生まれた教訓と未来へのメッセージがあるのではと考えています。 ラテン語は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派の言語の一つ。ラテン・ファリスク語群。 Et:また、そしてそれから、dixit:言った、DEUS,:神は、Progerminare:芽を出すこと、発芽すること、faciat:~させる、為す、(接続法三人称現在単数)terra:地、herbam:植物、草、teneram,:柔らかい、柔軟な、herbam:植物、草、seminificantem:生み出している、(現在分詞)semen,:種子、arborem:木、樹木、fructus:果実、実、facientem:結んでいる、生じている、fructum:果実、実、secundum:~に従って、~に沿って、speciem:種、種類、suam,:それ自身を、in:~の中、~において、quo:それから、そのことから、semen:種子、ejus,:それの、彼の、super:上に、越えて、terra;:地、et:また、そして、factum:為された、行われた、ita.:そのとおり、そのように、, 1.11. )であった。, それに対してキリストは「君が民衆を捨てて逃げるというなら、(君の代わりに)もう一度磔になるためローマへ行く」と返す。, この言葉に目が覚めたペトロは殉教を覚悟してローマに戻り、捕まってネロ帝に磔刑に処された。, 上記の聖書中のエピソードを悔いていたペトロが、師が語った「後についてくることになるだろう」という言葉通り、今度こそ師の歩んだ道を追ったと解釈することもできる。, ペトロは死亡したがそれは後のキリスト教の発展につながりカトリック教会から初代ローマ教皇とみなされている。, ちなみに「このやり取りがなされた場所である」という伝承がある場所がイタリアに存在しており、入り口に「DOMINE QUO VADIS」(ドミネ・クオ・ヴァディス)と記された小さな教会が建っている。公式名称はサンタ・マリーア・イン・パルミス教会なのだがもっぱらドミネ・クオ・ヴァディス教会と呼ばれている。, ラテン語としては「Domine, quo vadis?」や「DOMINE QUO VADIS」などと表記される。, 「domine」が「主よ」、「quo」が「どこ」、「vadis」が「行く」にあたる。「domine(主よ)」を除いた「quo vadis」(どこへ行かれるのですか?)のみでもよく言及されるフレーズである。, 日本語表記は冒頭の「ドミネ・クオ・ヴァディス」の他、元々外国語なので様々なカタカナ表記がなされる。「ドミネ」の部分はあまり変わらないが、「クオ・ヴァディス」の部分は「オを大文字ではなく小文字とする場合がある」「ヴァではなくワやバと表記する場合がある」「中点(・)を付けない場合がある」ことから、「クオ・ワディス」「クォ・ヴァディス」「クォ・ワディス」「クォヴァディス」などの様々な異表記がある。, カタツムリ化してなお立ち向かってくる往生際の悪いナルシソ・アナスイにプッチ神父が放ったセリフ。ジョジョの奇妙な冒険78巻、ストーンオーシャン15巻に収録されている。, 「どこへ行かれるのですか?」に読み仮名としてふられている。『おまえは「磔刑」だ―――ッ! とは言え、地は人の気配がなく、また実もなく、そして暗黒が深遠の面の上にあった。また神の霊がそれ自身を水の面の上に揺り動かしていた。, 自然的な人間の中の真理の何かの形成は、決して自由なしにはなく、そこから理性の中に呼び出すこともなく、またそこで善との連結もない。それらは自由の状態の中で行なわれる。というのは、善からの真理への情愛が自由を造るからである。真理は情愛により学ばれなければ、従って自由の中で学ばれなければ、植え付けられず、まして内的なものに向かって上げられず、またそこで信仰は造られない。凡ての改心は自由の中で行われ、また凡ての自由は情愛のあること、また主は人間を自由の中に保つこと、人間が自分自身からの如く、また自分の固有性からの如く真理と善に働き掛けられること、またそのように再生されることは、2870-2893番に認められよう。(天界の秘義3145), 第四の状態は人間が愛により影響を及ぼされ、また信仰により照らされる時である。確かに、彼は前に敬虔に話し、また善を生み出したのであるが、しかしそれらを試練と悩みから行ったのであって信仰と仁愛から行ったのではない。それ故に、信仰と仁愛が内なる人間の中でその時、灯され、そしてそれらは二つの光源体と呼ばれる。(天界の秘義10), しかし自然的な人間は堕落によって霊的な人間の上にそれ自身を上げることを始め、従って神的な秩序そのものを逆にした。その結果として、自然的な人間は霊的な人間から分離し、更に霊的な人間は自然的な人間に、言わば裂け目を通して以外入ることが出来なくなり、考えることと話すことの能力を与えること以外出来なくなった。しかし霊的な人間が再び自然的な人間に流入するために主により再生されなければならなかった。即ち真理が自然的な人間から理性の中の善に導かれ、また連結されなければならなかった。, それが行なわれる時、自然的な人間に霊的な人間が携わる。というのはその時、天界の光が流入するからであり、なお加えて、自然的な人間の中のものを照らすからである。またそれはその時、光を受け入れ、自然的な人間の中で善が光の熱、即ち愛と仁愛を受け入れることを行うからであり、他方において、自然的な人間の中で真理が光の光線、即ち信仰を受け入れることを行うからである。そのように、それらはそこから自然的な善と自然的な真理に霊的なものを受け入れることを行うからである。, 自然的な善はその時、霊的なものに仕える目的により凡てのものが楽しいものと快いものになる。従って隣人に、更に社会に、更に一層、主の王国に、また凡てのものの上の主に仕えることの目的により凡てのものが楽しいものと快いものになる。また凡ての教義の事柄と科学的な(事実に基づく)ものである自然的な真理は賢明であることの目的のために、即ちそれらの善を行うことの目的のために凡てのものが楽しいものと快いものになる。(天界の秘義3167). 商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。, chokotty[ちょこってぃ]|知る・比べる・やってみるで、ちょっと幸せに。[ chokotty - ちょこってぃ - ]. ‚Å‚à—p‚¢‚ç‚ê‚Ä‚¢‚éB Ž‘—¿IDF260433i‘ŽÚ×‰æ–ʂ֐ڑ±j, @@ ドミネ・クオ・ヴァディスとは、「主よ、どこへ行かれるのですか? 」という意味のラテン語である。. 聖書 失恋の名言 愛は寛容であり、愛は情け深い。また、ねたむことをしない。 愛は高ぶらない、誇らない、無作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。 ラテン語訳の聖書にも古ラテン語訳とウルガータの2種類がある。 ウルガータは、5世紀にローマの聖人で聖 書翻訳家および釈義家でもあったエウセビウス・ヒエロニムス(Eusebius HIERONYMUS, 342?-420?)によってヘブライ語およびギリシア語から翻訳され、西洋文化に根源的な影 響を与えた。

chokotty[ちょこってぃ] | 知る・比べる・やってみるで、ちょっと幸せに。, ラテン語の名言・格言・ことわざをご紹介しています。恋愛に関する有名な言葉や、素敵でかっこいい言葉、また面白い言葉など、さまざまなラテン語の格言について解説しています。どの言葉も重みのある言葉ばかりです。ご自身の座右の銘にされてみてはいかがでしょうか。, ラテン語の有名な名言・格言・ことわざの①~③をご紹介します。どれも有名な格言やことわざばかりで、現在でも戒めの言葉として用いられることがあります。, ラテン語の有名な名言・格言・ことわざの④~⑥をご紹介します。「死」を意味する言葉を使った格言がとても多いことが分かります。, ラテン語の有名な名言・格言・ことわざの⑦~⑨をご紹介します。ラテン語の格言には、アメリカの州のモットーになっている言葉が多くあります。, ⑨不正を行うより不正を受ける方がいい(Accipere quam facere injuriam praestat.), ラテン語のかっこいい名言・格言・ことわざを⑩~⑫でご紹介します。古代ローマで有名だった人物の言葉もとても多いことが分かります。, ラテン語のかっこいい名言・格言・ことわざ⑬~⑮をご紹介しています。古代ローマらしく、戦いを持ち出している言葉も多くあります。, ⑮汝平和を欲さば、戦への備えをせよ(Si vis pacem para bellum.), ラテン語のかっこいい名言・格言・ことわざ⑯~⑱をご紹介しています。今聞いても、救いとなるような言葉が多いことが分かります。, ⑯我々は知らない、知ることはないだろう(Ignoramus et ignorabimus.), ⑱炎は黄金を証明し、苦難は勇者を証明する(Ignis aurum probat; miseria fortes viros.), ラテン語の恋愛の名言・格言・ことわざ⑲~㉑をご紹介しています。とてもロマンチックな言葉が多いですね。ラテン語文化の恋愛観が伝わるようです。, ⑳愛したことのない人は明日は愛するといい、愛したことのある人も明日愛するといい(Cras amet qui numquam amavit quique amavit cras amet.), ㉑恋人たちの喧嘩は、恋の回復である(Amantium irae amoris integratio.), ラテン語の恋愛の名言・格言・ことわざ㉒~㉔をご紹介しています。ぜひラテン語の恋愛の格言を、ご自身の座右の銘としてみてはいかがでしょうか。, ㉓恋する者には何事も困難ではない(Nihil difficile amanti.), ラテン語の恋愛の名言・格言・ことわざ㉕~㉖をご紹介しています。人と人との関係における、今も変わらない真理が伝わってくるようです。, ㉕運も愛も大胆に振る舞う者の味方をする(Audentem Forsque Venusque iuvat.), ㉖もしも愛されることをあなたが望むなら、愛しなさい(Si vis amari, ama.), ラテン語の幸せな名言・面白い格言・素敵なことわざ㉗~㉙をご紹介します。かつての皇帝の言葉が今も残っているのは、ローマらしいですね。, ㉙前進せぬは後退することなり(Non progredi est regredi.), ラテン語の幸せな名言・面白い格言・素敵なことわざ㉚~㉜をご紹介しています。星についての言葉が多くあるのも、ラテン語の特徴です。, ㉚星は私たちの気を惹くが、私たちを束縛することはない(Astra inclinant, sed non obligant.), ラテン語の幸せな名言・面白い格言・素敵なことわざ㉝~㉞をご紹介しています。文化が異なるにも関わらず、日本語と同じ意味の言葉があるのは面白いですね。, ㉝確かな友は、不確かな状況で見分けられる(amicus certus in re incerta cernitur.), ㉞蝉は蝉に親しく、蟻は蟻に親しい(cicada cicadae cara,formicae formica.), ラテン語の短い名言・格言・ことわざ㉟~㊲をご紹介しています。短い言葉の中にも、深い意味が込められていることが分かりますね。, ラテン語の短い名言・格言・ことわざ㊳~㊵をご紹介しています。どの言葉も立派で、自分自身の座右の銘としたいような言葉ばかりです。, ラテン語の短い名言・格言・ことわざ㊶~㊷をご紹介しています。ラテン語には「時」に関することをあらわしている格言が数多くあります。, ラテン語の名言や格言、ことわざについてご紹介しました。有名な言葉以外にも、恋愛のことを表した言葉、素敵な言葉やかっこいい言葉など、どの言葉にも深い意味が込められていることが分かりましたね。ぜひ各国の格言やことわざを知って、その国の文化に触れてみてくださいね。, 商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。 ラテン語の聖句や格言 1.Doninus mortificat et vivificat, 主は殺し、また生かし、よみに下し、また上げる。(Iサムエル記2:6-7) 2.littera enim occidit, Spiritus autem vivificat.

死ぬ事を忘れるな。 quo vadis domine?

そしてそれから、神は地が柔らかい草、種子を生み出す草、その種類に従って実を結び、その中にその種子(がある)果樹を地の上に発芽することを為すように言われた。そしてそのように為された。, 人間が神の存在も創造の全体像も、また聖言の内意も解らなくなったのは、聖言に名利、即ち名誉と利得を求めるようになったからです。名利を目的とする限り自然的な世界だけしか目に入らず、また聖言を読んでも文字通りの意味しか認められなくなります。しかし、名利を自分の役割、仕事、使命等を果たす手段として活用するなら、心は名利の枷を脱して内意も認められます。, 聖言には様々な動物、植物、山、川、海、人物、数字等出て来ますが、それらの凡てに内意があり、天的な事柄、霊的な事柄、即ち善と真理、或いは愛と知恵について書かれています。, 聖言の文字通りの意味からは、人間が欲するどのような教義でも作り出すことが出来るので、事実、様々な宗教、宗派、単立教会が作り出されており分裂しています。, しかしもし、聖言の内意が広く認められるようになれば凡ての宗教は一つになれるでしょう。, 1.3. 1.11. 新約聖書の『ヨハネによる福音書』13章36節に出てくる言葉で作中のクライマックスに用いられている。 また、イエス・キリストの昇天以後の使徒ペトロの運命を伝える伝承中にも登場する。 Ita enim Deus dilexit mundum, ut Filium suum unigenitum illum dederit, ut quisquis credit in eum, non pereat, sed habeat vitam æternam. 1.2. @ƒO[ƒeƒ“ƒxƒ‹ƒN‚̈óü‹@‚Ì”­–¾‚É‚æ‚èAƒˆ[ƒƒbƒpŠe’n‚Ő¹‘‚à‚±‚ê‚܂ł̃}ƒjƒ…ƒXƒNƒŠƒvƒgiŽÊ–{j‚©‚çˆóü‹@‚ªŽg‚í‚ê‚é‚悤‚É‚È‚èAƒCƒ^ƒŠƒA‚Ő¹‘‚̃‰ƒeƒ“Œê–ó‚̍ŠEt:また、とは言え、terra:地、erat:あった、vacuitas:空(から)、人の気配のない、et:~と、および、inanitas,:実のない、空虚、et:また、そして、caligo:暗黒、super:上に、越えて、faciebus:面、外形、abyssi;:深淵、底知れぬ深み、et:また、そして、Spiritus:霊、DEI:神の、se:それ自身を、motitans:しばしば動かしている、揺り動かしている、super:上に、越えて、facies:面、外形、aquarum.:水、, 1.2. Et dixit DEUS, Progerminare faciat terra herbam teneram, herbam seminificantem semen, arborem fructus facientem fructum secundum speciem suam, in quo semen ejus, super terra; et factum ita. !」, 病気やケガでボロボロだった猫が一変……! 優しい飼い主に保護された猫が幸せな暮らしを手に入れる, 伸びた髪を切る時の「圧倒的な断捨離感」が人のために!? 「天界の秘義」を(http://sinjerusalem.livedoor.blog/)で翻訳しています。. 主よ、どこへ生き給うのか? ラテン語名言・名句集. Kahle, P.,The original shape of the biblical text, in : Pisano, S., Il Testo dell'Antico Testamento, in, Josué, Juges, Ruth, Samuel, Rois, Chroniques, Esdras, Néhémie, Esther. ‘–|–ó‰Æ‚¨‚æ‚ÑŽß‹`‰Æ‚Å‚à‚ ‚Á‚½ƒGƒEƒZƒrƒEƒXEƒqƒGƒƒjƒ€ƒXiEusebius HIERONYMUS, 342?-420?j‚É‚æ‚Á‚ăwƒuƒ‰ƒCŒê‚¨‚æ‚уMƒŠƒVƒAŒê‚©‚ç–|–󂳂êA¼—m•¶‰»‚ɍªŒ¹“I‚ȉe

1.11.

生まれつき耳の不自由な人のための手話訳聖書を発行する「日本ろう福音協会」へ。 J-netばいぶる(外部リンク) 聖書をダウンロードできます。 Ein linguistischer Beitrag zur Editionskunde", in, Id., J.Ben Chajim Ibn Adonijah's Introduction to the Rabbinic Bible,

ラテン語名言集 文頭が大文字になっていないのは間違いではありません。 気が向いたら更新。 cogito, ergo sum.

歴史. エマヌエル・スヴェーデンボリ(1688-1772)のラテン語訳聖言を日本語に訳しました。 Et:また、そしてそれから、dixit:言った、DEUS,:神は、Prorepere:徐々に現われること、這って出ること、faciant:生ずる、産する、(接続法三人称複数現在)aquae:水、reptile,:這うもの、animam:命のあるもの、生き物、viventem;:生きている、et:また、そして、avis:鳥、volitet:あちこち飛び回る、super:上に、越えて、terra,:地、super:上に、越えて、faciebus:面、おもて、expansi:伸ばされた、広げられた、caelorum.:天の、, 1.20.そしてそれから、神は水に這う生きている生き物を生じるように、這って出てくることを、また地の上に、天の広がりの面の上にあちこち飛び回る鳥を生じるように言われた。, 解説、内なる人の光源体、即ち善と真理、或いは愛と信仰に外なる人が照らされると「水に這う生きている生き物」、即ち魚である外なる人の科学的な概念が生じます。また「天の広がりの面の上にあちこち飛び回る鳥」、即ち内なる人に理性と知性を生じます。. Hebrew and English;with explanatory Notes, 1867 in, Id., The Massoreth ha-Massoreth of Elias Levita, 1867 in, Id., "The Textual Transmission of the Old Testament", in. @@ 二種の獣 獣には二様の種類があり、有害で悪い獣と穏やかで善い獣が居る。人間の中の悪が、例えば「雄熊、狼、犬」のような獣によって表現され、また人間の中の善と穏やかなものが、例えば「若い雄牛、羊、および子羊」によって、同じくこのような獣によって表現された。

ラテン語の有名な名言・格言・ことわざの①~③をご紹介します。どれも有名な格言やことわざばかりで、現在でも戒めの言葉として用いられることがあります。 1.