「考察」とは「よく考えること」という意味ですが、レポートやプレゼンで考察を書こうと思っても、なかなかうまく書けないことがあるかもしれません。 そこで今回は「考察」の意味や類語、英語表現に加えて、レポートでの考察の書き方やポイントを例文と併せて解説します。 結果 しかし、結果からなぜそのような結論が導き出されたかを詳しく解説するために「考察」が存在します。, 「まとめ」とは「ばらばらだったものを集めて整理し一つにしたもの」という意味です。

「考察」には自身で調べて導いたオリジナルの考えが含まれます。「まとめ」には独自の思考が伴わず、単純に情報を体系化・整理したものを指します。, 「推察」は「他人の心中や事情をおしはかること」です。 レポートに取り組む時、その最後には必ず「考察」というものを行わなければいけません。結果や意味との違いをふまえた上で、例とともに「考察」とは何かを説明していきます。考察の方法や書き方、実験の仕方、「考察」を書くときのポイントなども参考にしてください。, 考察の意味は「物事を解明する仕方」というものですが、この物事の解明のために、しなければならないことがあります。それは、解明にいたるまでの手順や参考にしたもの、てがかりなどをしっかりと提示することです。また、そういったものを論理立てて記述しなければ「考察」をしていることにはならないのです。, 「考」という字がついているので、「よく考えることだろう」と思い違いをしている人が多いですが、ただ考えただけでは「考察」にはなりません。自分の考える時の方法を冷静に観察して提示できなければいけないのです。, 考察と、結果や結論との違いは、プロセスとゴールの違いです。考察は、出された「結果」に対して加えていくものです。つまり「結果」というゴールになぜたどり着くことができたのかと考えていくことが「考察」なのです。, そして、「結論」は、考察のゴールです。つまり、「結果」に対して重ねた「考察」からどんなところにたどりついたのかを示すのが「結論」なのです。結果も結論もとてもよく似ているので「一緒じゃない?」という勘違いをしてしまいます。でも、実は全く違う上に、その違いを理解していなければ正確な考察を行えません。, 考察の意味は、レポートの書く順番と方法の中にもあります。「考察」というものが、レポートの中でどんな位置にあるのかということがわかれば、自ずと、「考察」という言葉の意味も理解できるのです。, 考察を含むレポートの一般的な書き出しと書く順は、「タイトル→序論・問題提起→仮説→目的→方法(仕方)→結果→考察→参考文献」です。今回は、レポートの終結部分を担う「考察」について説明していきますが、基本的な考察を含むレポートのあり方も、しっかり理解しておきましょう。, 勿論「考察」部分はかなり重要な位置を占めますが、前半の「序論・問題提起」や「仮説」といった土台がしっかりしていなければレポートは成立しません。裏技的に、文学についてのレポートなどであれば、「どのような考察をしたいか」を決めてから「序論・問題提起」をたてたり「仮説」をたてたりするという方法もあります。, レポートの考察の書き方ポイント5つのうち1つ目は、最初に一般的なことを述べるというものです。どんな書き出しにすればよいかという迷いは、誰しもが抱くものですが、考察の場合は、誰もが同意するであろう一般的な認識というものを書き出しにするとよいです。, 冒頭から自分だけの考えや意見を述べてしまうと、客観的視野が欠けている考察やレポートだと思われてしまいます。一般的な考え方やものを見る方法がどんなものか、さらにその例まで示すことができれば、あなたの考察やレポートは一気に客観性を増します。, また、一般的に通用している説や物事に対する考えを、あなたのレポートが変えてしまえるなら、「一般とは違う」ということをレポートの中で、アピールしなければいけないのです。一般的な見解とあなたの「考察」が同じなら、同じであるということを書けばいいし、まず「一般論を」というのが「考察」の1つの方法です。, レポートの考察の書き方ポイント5つのうち2つ目は、他人の考察や結果と比較することです。これも1つ目のポイントと同じで、考察やレポートを客観的なものにするために欠かせない手順です。また、他者との比較をすることによって、あなたの考察の独自性やよいところが浮き彫りになるという効果もあるのです。, 実験などを行い、実験結果に対する「考察」を書くのであれば、特に「他者の実験結果」や「実験方法」との比較は必要です。あえてその他者の実験方法と違う方法で実験したことで、どんな違った結果が生まれたのかということを説明していくべきなのです。過去に同じ実験が行われている場合は、その結果との比較でもよいです。, 文学的なものや歴史的なものに対する「考察」の場合も、同じ資料を見た他者とは違った視点で、その資料を見ましょう。例としては「〇○氏は~という視点で△△という資料を解析しているが、私は~という観点から、△△という資料を読んでみた。」と、他者との違いを明記する書き方があげられます。, レポートの考察の書き方ポイント5つのうちの3つ目は、考察は結果の部分との書き分けを明確にすることです。結果と考察で違いがあると分かっていても、考察を書く際に、どうしても、結果の内容を繰り返してしまうという人がいます。そんな時は、書き出しだけ結果にふれ、後は「上記のように」と述べる方法をとりましょう。, 「結果」というものは、基本的に、起きた事実や実際に残されていた資料のことしか書きません。「考察」は、その「結果」に対するあなたの考え方を筋道立てて説明するものなので、「考えていること」「考える方法」という、あなたの頭の中にしかないものがメインとなるのです。, そのあなたの頭の中にしかないものを、他者に理解してもらえる方法を探しながら、レポートを作成しましょう。「考察」の仕方として、自分自身の考えを追求するというものがありますが、自分の中で追求するだけで終わると、「結果」と「考察」を混同したようなレポートが出来てしまいます。読み手を意識する必要もあります。, レポートの考察の書き方ポイント5つのうち4つ目は、感想との違いに留意するということです。これは、3つ目のポイントともよく似ているのですが、感想と考察で違いがあると分かっていても、考察を書く際に、どうしても、結果に対する感想を書いてしまうという人がいるのです。「思った通りの結果に安堵した」は感想です。, 「予想した内容と違う結果になったことは誠に残念だ」も感想なのです。気持ちは、わかります!でも、その気持ちはレポートに記入してはいけないのです。「考察」は、常に、「論理的な説明」を求められているのです。というと、その「論理的が難しいんだ」と思ってしまう人も多いでしょう。でも、そんなに難しくはないです。, 「論理的な説明」というのは、「筋道をたてて説明すること」をさすので、順序良く、ひとつひとつの考え方を丁寧に、そして明確に書けばよいだけなのです。詩的な表現や、ロマンティックな言い回しを求められているわけではないので、「順序」と「わかりやすさ」を意識して、冷静にレポートを書きましょう。, レポートの考察の書き方ポイント5つのうち、最後のポイントは、次のことは言わないということです。特に、実験結果に対する考察などの場合は、「次にこのような仕方をすれば…」とか、「次は違った条件で同じ実験をしてみて…」という思いを書いてしまいがちです。しかしそれは、「結果に対する考え」を逸脱しています。, あなたの中では、「結果」に対する考えであったとしても、それは、他者から見れば、あなたの「想い」でしかないのです。そのあなたの「想い」を「考察」に変える方法があります。, それは、「〇○という方法を▲▲という方法に変えることで、今回の結果よりも△△パーセントほど●●の値が増加すると考えられる」という表現にすることです。これはあくまでも一つの例ですが、数値化し、今回の結果との比較を行えば、あなたの「想い」は「考察」として捉えられるのです。, レポートや論文の書き方が学べるおすすめの書籍1冊目は「日本の思想|丸山眞男」です。日本政治思想史学者である丸山氏のベストセラー「日本の思想」は、全編が「考察」です。世の中の具体的な例に対して、感情を差し挟まずに明確に「考察」を行っていくさまは、まさに圧巻の一言につきます。, なかなかの長編であり、多くの例をあげてご自身の主張というものを明確にしていきますが、丸山氏の「考察」には全くゆるみがありません。「時効」というものについて説明する仕方も、一般的な、「被害者が気の毒だ」という意見もおさえた上でご自身の「考察」を繰り広げていきます。, 他者の「考察」や他国の一般的な意見についてもふれており、ありとあらゆるものと比較しても、ぶれることのない冷静で客観的な「考察」の仕方は、レポートや論文を書く際の、「参考」というよりは「目標」になるでしょう。読みこなすだけでもかなり、あなたの頭を鍛えてくれる一冊です。, ポートや論文の書き方が学べるおすすめの書籍2冊目は「論文の書き方|清水幾太郎」です。なんと、1959年に発行された1冊ですが、今もなお根強い人気を持つ1冊です。もちろんhowto本として活躍してくれますが、この本自体が「考察」的な書き方なので、論理的に説明を行う際の参考にもなります。, 単純にどう書くか…というだけでなく、書くまでの思考のプロセスも例をあげてかなり丁寧に説明してくれているので、「論理的思考」を身につけてくれる本だということもできるでしょう。「日本の思想」同様、読むだけでも、あなたの思考のレベルをあげてくれます。, 「考察」は、あなたの頭を大いに鍛えてくれる素晴らしい課題です。「考察」や「論理的思考」ができることで、あなたの視野はひろがり、きっと人生がかわります。そう考えて「考察」してみましょう。後に考えることについての関連記事を載せておきます。合わせて読んでみてください。. 「結果」は「ある行為から生じたもの、それを記録したもの」です。 ツイート; スポンサードリンク. 5.

旦那は私の顔を上の中と言います。だったら上の上がいたら私は捨て... 40代で30万円の貯金ってすごいんですか?先日、同棲してる彼氏が『親が30万円の貯金があるからスポーツカー(WRX)買うらしい』と言ってきました。それも自慢げに。 観察、考察、洞察の違いって何だろう? 42. 4. 昨日、彼氏が家に泊まりに来て、子供を寝かしつけたあとに行為をしました。途中(いつから見てたのかハッキリはわかりませんが。)子供がいつの間にか起きていてバッチリ行為を目撃されてしまいました。

正しい選択肢を選ぶことよりも、選んだ選択肢を正しくしていく姿勢が常に求められます。そのためにも「考察」はなくてはならないビジネス習慣の1つです。, 上記のように、事実・結果・データを踏まえて、次の施策の繋がる分析のことを「考察」といいます。 「考察」は分かるようで分かりづらい言葉です...「考察」の意味とビジネスでの使い方を解説していきます。類語には「感想」「結果」「結論」「推察」「まとめ」などがあり、どれも似ています。それらとの違いも説明します。最後に英語表現も記載しています。 言葉・表現. メンタリストとして活躍する筆者が、日本人が陥りやすい効率の薄い勉強方法や勘違いを指摘し、科学的根拠に基づいた正しい英語学習方法を示してくれています。 タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。 お願いします。, ママ友との会話で旦那が工場勤務とか土方は嫌だよね〜って話題になりました。そのママ友には言っていないのですが旦那が土方仕事をしています。 結婚したことを後悔しています。私と結婚した理由を旦那に聞いてみました。そしたら旦那が「顔がタイプだった。スタイルもドンピシャだった。あと性格も好み。」との事です。 「考察」は類義語の並列で成り立った熟語です。 「結論」とは目的に対する最終的な意見です。 「まとめ」というのは既存の考え方や分析されたデータがあり、それを単に整理したものです。 ビジネスにおける「考察」は、仮設を元にサービスやプロダクトを展開した後にそのデータを分析し、原因や本質を明らかにし、次にどのような施策を実施すべきか決める過程を指します。 3. 「感想」には「分析する、よく調べて考える」という意味合いは含まれません。あくまでも「心に浮かんだ思い」です。

小中高でも理科の実験で「考察」を書いた経験がある人もいるのではないでしょうか?

結論 He investigated veganism from an environmental point of view. 旦那が東大卒なのを隠してました。

考察 「推察」の同義語に「推量」「推測」があります。 ビジネスシーンでは、レポートやプレゼンを書くときは結果と結論だけでは説得力がありません。 ↓ 参考文献 月が綺麗ですね、星が綺麗ですね、のような言葉であまり知られていないマニアックなものとかありますか?(意味も教えて下さると嬉しいです)良ければ教えてください!

↓ Copyright 2020 BELCY All Rights Reserved. ・真ん中の、「ふくろうのみつめるさきに」とい... さっきアメリカが国家非常事態宣言を出したそうです。ネットで「これはやばい」というコメントを見たのですが、具体的に何がどうやばいんですか?. ↓ 別に学歴なんて気にしてませんでしたし、そこそこ大きい企業に勤めて給料にも不満がありませんでしたし、私も働いていますし「専門技術だけで大きい企業に勤めるなんて凄... 先日、息子が彼女にプロポーズして、相手両親に挨拶に行きました。彼女は一人娘で、彼女の父親から、氏名だけでも彼女の姓を名乗ってもらえないかと言われたと息子より相談の連絡がありました。まだしっかりと話はしていないので、息子の考えや彼女の考えもわかりませんが、いずれこのような相談があるだろうと私自身前... 子供に行為を見られました。シングルです。

目的 「考察」とは「よく考えること」という意味ですが、レポートやプレゼンで考察を書こうと思っても、なかなかうまく書けないことがあるかもしれません。, そこで今回は「考察」の意味や類語、英語表現に加えて、レポートでの考察の書き方やポイントを例文と併せて解説します。, 主にある事柄を客観的に考える場合に用いられる言葉で、データを分析して導き出される過程、またはその思考の結果を考察と言います。, 「よく考えること」という意味で「考察」の類語になり、「勘案」との違いはひとつの事柄を、または複数の事柄をよく考えることの意味で使われます。, 「ある物事に関する考え方や見方」のことですが、「考察」との違いは「見解」は主観的な意見を含まれます。, 英語で「考察」とは議論という意味の「discussion」、または「考え」や「熟考」と訳される「consideration」がいいでしょう。, 「consideration」は「考察」とも訳される言葉で、自分の意見を踏まえた考えのことです。, また「discussion」はカタカナ語の「ディスカッション」としてなじみのある言葉ですが、「ディスカッション」は複数人で話し合うことという意味で使われています。しかし英語の「discussion」は一人で考えた場合にも使われるため、考察の英訳として「discussion」は使えます。, レポートやプレゼンでは考察を書くことがありますが、この場合、考察とはどのようなことが書かれるべきなのでしょうか。, レポートやプレゼンの考察には、ある物事が至った結果を分析して、それをよく吟味したことにより導き出された意見を書きます。つまり、どうしてどのような結果になったのかを説明することになります。, いきなり客観的でかつ論理的に考えろと言われても難しいかもしれません。そこで考察方法のひとつとして、一般的な認識を書くという方法があります。, そのレポートやプレゼンをするにあたり、目的と結果を照らし合わせることで、目的に結びつく結果となった点、またはそれとは異なった点を書くことができます。, また比較材料として、過去に同様のレポートがあればその結果と照らし合わせて比較することもできます。過去の結果を踏まえた考察ならば、時間軸でその結果を分析することもできて、新たな課題も見えてくるかもしれません。, 結果を分析したことから新しい課題や発見があれば、それを考察のひとつに加えることができます。, ただしこの時の書き方として気をつけなくてはならないことは、「次の試みでは○○のようにしたい」といった次のプランを表明しないことです。それでは考察の意図から外れてしまい、次のプランの決意表明となってしまうからです。, そのため新たな課題について書く場合には、「○○のようなことが考えらえる」といった一つの意見として記述するようにします。, それでは考察の一例として、売上に関するレポートのための考察を紹介します。売り上げが目的にかなった結果を出した場合の一例です。, このことから今後とも社員の仕事への取り組み方への関心を常に意識し、社員を人員配置についても慎重に議論すべきだと考えられます。, 考察とは、実験の結果を受けて、それを客観的に分析したことにより導き出された自分の意見を書く部分です。, つい「思うような結果が出なくて残念だった」などの感想を書きやすいのですが、そうした感想は書きません。, もしも何か実験をした結果なのなら「データ結果」が、ビジネスである売り上げについてのレポートやプレゼンでの結果ならば、「売上結果のデータ」が主な内容になります。, 「結論」とは結果や考察の後に導き出される最終的なまとめとなる項目で、結果や考察を受けた自分の意見や考えを述べる箇所です。, 結論には主観的な考えを述べることもできるため、レポートやプレゼンの作成者次第で導き出される結論は変わってくることが考えられます。, 「考察」とは一言でいうと「よく考えること」という意味であるため、考察を述べたり書いたりする時は、感想にならないようにして、結果を客観的に分析して意見を導くように注意しましょう。. あるいは考えすらしてないままなんとなく見てる。 主に視覚的な意味で言えば、目覚めて活動して目を開けてるあいだはだいたい何か . 車はレクサスLSですがローンがあと5万あります。 紅白の米津玄師(よねづけんし)見ました?演出がよくてますますファンになっちゃいましたよっ, シュールの意味をわかりやすく!「シュールな笑い」「シュールな光景」の使い方を例文から解説, 以降とはいつから?以降の範囲って?当日は含む?含まない?詳しい意味から英語表現まで徹底解説!, CHEWYではメルマガサービスの用意を進めております。メルマガでは、編集部選りすぐりの読者プレゼントやアンケートの募集、最新記事や特集記事など、お得な情報をお届けする予定です。サービスが開始しましたらメールをお送りしますので、配信を希望される方は下記よりご登録ください。. ©Copyright TRANS.,Inc..All Rights Reserved. 「感想」の同義語には「所感」「感懐(かんかい)」「所懐(しょかい)」などがあります。, 論文では、

「考え」は普通に思ったこと。 「考察」は実験で得た結果や社会事象などの事実をもとに、論理的に深く考えることです。 「考え」と比べて「考察」は、根拠や論理的な筋道を要するものと考えたらいいのではないでしょうか。