Show Up!

明治22年は京都大学の前身である第三高等中学校が京都に移転した年であり、敷地(現本部構内)には数棟の建物しかない。東大路通や今出川通のような大正時代の都市計画でつくられた道路もまだない。京都大学の周辺は一面の水田と農村であり、鴨川以西の洛中は建物が密集する市街地であるとわかる。いっぽう、平成図の京都大学周辺は、洛中と同等の住宅密集地となっている。

Winij RUAMPONGPATTANA, 東アジア人文情報学研究センター

がっかりするな。またつぎがある

銀色のドームを頂く本館(京都市山科区)は天文台の象徴。建築科の故大倉三郎氏(元京都工芸繊維大学学長)が京都帝国大学営繕課に勤務していた1927(昭和2)年に設計したもの。ドーム内には屈折望遠鏡としては国内3位の口径を誇る45㎝屈折望遠鏡を設置(飛騨天文台の65㎝屈折望遠鏡は国立天文台とならんで1位)。本館の図書室は、一般市民向けの講演会場として開放することもしばしば。初代天文台長山本一清はここを拠点に、天文好きの市民を集めて天文学の普及に励んだ。, 高尾長良/サッカー部/京都大学ギタークラブ/2012年度京都大学総長賞受賞(梁 永), 文学部陳列館 ホスト-大野照文, 2011年度京都大学総長賞(点訳サークル)/奇術研究会/剣道部/宮崎祐輔(NPO法人道普請人), 清風荘

!』スカステ初放送!見たいのに旦那「ポツンと一軒家」見てて見せてくれない先週『IAFA』で無理やり追い出したから今週は我慢してるけど……早く寝て!!, こんにちは。今日は台風も過ぎて、とてもいいお天気の大阪です。昨夜、観てきた紅さんのトークショーのレビューを下記に公開しました。読みたい方は、下記からどうぞ。紅ゆずるトークショーReview(in大阪松竹座)|JPOPのある暮らし道頓堀にある大阪松竹座で「紅ゆずるトークショー」を観てきた。今年2月の「紅ing」以来、8ヶ月ぶりの生紅の姿だった。トークショーは冒頭のレーザー光線による「紅」「降臨」という大きな文字と共に彼女の姿がステージに浮かびあがる。歓声はあげら, 紅ゆずると紅ゆずる、ひっかけ橋でナンパされた過去「が、しかし。女性でした」-SANSPO.COM(サンスポ)www.sanspo.com紅ゆずるさんトークショー❤️紅ゆずる紅ゆずる「唯一無二の女優になる」地元大阪でトーク-芸能:日刊スポーツ宝塚歌劇団の元星組トップ紅(くれない)ゆずるが10日、地元の大阪松竹座で、来年4月に同劇場での上演が決まった退団後初主演作「アンタッチャブル・ビューティー~浪…-日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkans, はろーヅカヲタ妻えっちゃんです。紅ゆずるさんのトークショーが10/10にあったんですよねー。行きたかったなぁ〜おそらくファンクラブ限定?なんだよね。ざんねーん。ニュースで上がってきてましたが、柚希礼音と仲悪かったけど4時間話して仲直りして今は親友、的な話とかあったみたいです。詳しくはこちら↓https://hochi.news/amp/articles/20201010-OHT1T50236.html元宝塚トップ紅ゆずる、過去のケンカ暴露した柚希礼音と「一生親友」…地元大阪で, 紅ゆずるトークショーin大阪松竹座行きたかった〜〜はぁ〜〜家族サービス大切なので家族旅行を優先し観に行けなかったでもファンの皆さんのTLで朝からほっこりうるうるきゃふ❤️となっております主演舞台早く観たい❣️さゆみさん(紅ゆずるさん)人間力の塊りそんな人の舞台は最高ですものTLだけで幸せ❤️, 凡人には努力がすべて…!?

All Rights Reserved.

わ〜い!待ってました!宝塚歌劇団星組トップスター、紅ゆずるさんの初主演舞台が決まった〜!!!来年4月。来年4月には、コロナも納まってくれてるよね。思えば、ちょうど一年前の8月19日に本拠地宝塚大劇場。退団公演の千秋楽が行われていましたね。 ホスト 寶 馨, アフリカの人びとから他者とのつきあいかたを学ぶ ケニア北西部に住むトゥルカナと難民 北半球の温帯に自生し、日本では本州の東北地方以西に生育する。日本海側の東北地方から北陸地方にかけては、一つの集団内にわずか数十センチの間隔でさまざまな花色の個体が混ざる。蜜を出さないミスミソウは、蜜のない花を学習するハチには来てもらえない。個体ごとに花の色を変えて、「別の花だ」と認識させ、ハチを誘っているらしい。このようなだまし効果をもつ花は「フェイクフラワー」ともいわれる。, 風に吹かれ、寒さに凍えても、たくましく生きる高山植物 以下のとおり、PDF版を掲載しておりますので是非ご覧ください。, また、「紅萌」は誌面をWeb化した特設サイトもありますので、こちらもご覧ください。, 本部構内で出土した京都帝国大学時代の陶器土瓶と磁器染付椀(大学院文学研究科附属文化遺産学・人文知連携センター 所蔵) 宇宙から降り注ぐ電子と超高層大気が衝突しておこる発光現象。緑、紫、赤などの色は電子のエネルギーや超高層大気の組成によって決まる。カーテン状、斑点状など形や動きにも多様性がある。日本で見ることができるオーロラは赤が圧倒的に多い。日本や中国の古文献には「赤気」という名で登場し、古往今来、関心が寄せられていたことがわかる。(撮影:海老原祐輔准教授〈生存圏研究所、2000年ころ〉), 常識が常識でなくなる宇宙空間は、想像と創造の場である 紅 ゆずる(くれない ゆずる、8月17日[1][2] - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団星組トップスター[2][3]。, 大阪府大阪市[1]、東大谷高等学校出身[1]。身長173cm[2][1]。血液型A型[2]。愛称は「さゆみ」、「さゆちゃん」、「ゆずるん」、「べに子」[4]。, 2002年、宝塚歌劇団に88期生として入団[2][5]。入団時の成績は47番[6]。星組公演「プラハの春/LUCKY STAR!」で初舞台[5][1]。その後、星組に配属[1][2][7]。, 入団後は役のつかない時期が続いたが[1]、2008年、「THE SCARLET PIMPERNEL」で新人公演初主演[5][1][8][7]。新人公演最終学年となる入団7年目のラストチャンスでの抜擢となった[1][7]。, 2011年、「メイちゃんの執事」(バウホール・日本青年館公演)で、バウホール・東上公演初主演[8][7]。, 2012年、「ジャン・ルイ・ファージョン」(バウホール・日本青年館公演)で、2度目の東上公演主演[7]。, 2013年、第一回台湾公演「宝塚ジャポニズム/怪盗楚留香/Étoile de TAKARAZUKA」に、選抜メンバーとして出演[8]。, 2014年、星組2番手として、「風と共に去りぬ」で全国ツアー公演初主演[8][9]。, 2015年、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」(赤坂ACTシアター・ドラマシティ公演)で、3度目の東上公演主演[8]。, 2016年11月21日付で星組トップスターに就任[10]。相手役に綺咲愛里を迎え、年末の「タカラヅカスペシャル2016」でプレトップお披露目[10][11]。, 2017年、自身の新人公演主演作の再演となる「THE SCARLET PIMPERNEL」で、大劇場トップコンビお披露目[10]。, 2018年、第三回台湾公演「Thunderbolt Fantasy/Killer Rouge」に出演[12]。5年ぶり2度目となる台湾公演で、主演として凱旋を果たした[12]。, 2019年10月13日、「GOD OF STARS/エクレールブリアン」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[2][13]。同年11月1日付で松竹エンタテインメント所属となり、芸能活動を開始[2][14]。トップスター出身のタレントとしては同社の第一号となった[14]。, 2020年、「女子グルメバーガー部」(テレビ東京系)で、テレビドラマに初出演[15][3]。, 2021年、「アンタッチャブル・ビューティー」(大阪松竹座)で、退団後初となる主演舞台を務めることが発表された[16]。, 出生時、身長51cm・体重3520gで、病院内で一番大きな赤ちゃんだった[17]。目の両端に赤い痣があったため、看護婦から「絶対花魁の生まれ変わり」と言われたという[17]。, 2歳下と7歳下の弟がいる。子どもの頃はやんちゃな悪ガキで、毎日なにかしらイタズラをしていた[17]。, 小学3〜4年の頃、ミュージカル「ピーターパン」を観劇してはまり、緑色の服を買ってもらい、1年ほど自分はピーターパンだと思い生活していた[17]。, 背が高かったため、近所の人から「宝塚に入れば?」とよく言われていたが、当時は興味がなかった[17]。, 小学5年の時、たまたまTVで放映されていた雪組公演「雪之丞変化/サジタリウス」を観て宝塚にはまり、タカラジェンヌになると決意した[17]。宝塚初観劇は、雪組公演「仮面のロマネスク/ゴールデン・デイズ」[17]。, 音楽学校受験のためにバレエを習いたいと親に頼むも、それまで剣道や柔道を習い始めても2回と続かず、道具ごと弟におしつけていたため相手にされなかった[1]。そのため録画した宝塚歌劇のビデオを観て、自己練習とイメージトレーニングを繰り返していた[17]。その姿にようやく両親が折れ、受験前の半年弱だけバレエと声楽を習うことを許された[17]。2次試験の面接では特技の俳句を披露し[17]、1度目の受験で合格した[1]。, 高峰妙子・・初代瀧川末子・・奈良美也子・・汐見洋子・・神代錦・・打吹美砂・・越路吹雪・・淀かほる・・星空ひかる・・麻鳥千穂 ・・甲にしき - 安奈淳、松あきら&瀬戸内美八 - 榛名由梨&安奈淳 - 安奈淳 - 松あきら - 松あきら&順みつき - 順みつき - 高汐巴 - 大浦みずき - 安寿ミラ - 真矢みき - 愛華みれ - 匠ひびき - 春野寿美礼 - 真飛聖 - 蘭寿とむ - 明日海りお - 柚香光(現役), 秋田露子・・初代春日花子・・初代大江美智子・・久美京子・・打吹美砂・・日下輝子・・宮城野由美子・・鳳八千代・・夏亜矢子・・美和久百合・・竹生沙由里・・上原まり(固定でない) - 上原まり&北原千琴 - 美雪花代 - 若葉ひろみ - 秋篠美帆 - ひびき美都 - 森奈みはる - 純名里沙 - 千ほさち - 大鳥れい - ふづき美世 - 桜乃彩音 - 蘭乃はな - 花乃まりあ - 仙名彩世 - 華優希(現役), 高砂松子 - 初代瀧川末子 - 奈良美也子 - 三浦時子 - 汐見洋子 - 神代錦 - 打吹美砂 - 大路三千緒 - 藤波洸子 - 打吹美砂 - 畷克美 - 美吉左久子 - 淡路通子 - 恵さかえ - 但馬久美 - 宝純子 - 北小路みほ - 未沙のえる - 星原美沙緒 - 磯野千尋 - 夏美よう - 高翔みず希(現役), 秩父晴世 - 打吹美砂 - 楓茂美 - 玉野ひかり - 日下輝子 - 櫻野美也子 - 玉野ひか留 - 美山しぐれ - 桃山千歳 - 桂木ゆたか - 睦千賀&桂木ゆたか - 御幸沙智子&歌川波瑠美 - 歌川波瑠美 - 藤園さとみ - 銀あけみ - 宝純子 - 北小路みほ - 未沙のえる - 磯野千尋 - 一原けい - 梨花ますみ - 高翔みず希 - 悠真倫 - 紫峰七海 - 花野じゅりあ - 芽吹幸奈 - 冴月瑠那(現役), 天津乙女・・門田芦子・・小夜福子・・佐保美代子・・久慈あさみ・・南悠子・・故里明美・・藤里美保・・内重のぼる・・古城都 - 大滝子&榛名由梨 - 大滝子 - 榛名由梨 - 大地真央 - 剣幸 - 涼風真世 - 天海祐希 - 久世星佳 - 真琴つばさ - 紫吹淳 - 彩輝直 - 瀬奈じゅん - 霧矢大夢 - 龍真咲 - 珠城りょう(現役), 住江岸子・・笹原いな子・・初代有明月子・・雲野かよ子・・勿来なほ子・・轟夕起子・・浦島歌女・・淡島千景・・固定スター不在(筑紫まり、加茂さくらら)・・八汐路まり - 初風諄 - 小松美保 - 五條愛川 - 黒木瞳 - こだま愛 - 麻乃佳世 - 風花舞 - 檀れい - 映美くらら - 固定スター不在 - 彩乃かなみ - 固定スター不在 - 蒼乃夕妃 - 愛希れいか - 美園さくら(現役), 初瀬音羽子 - 天津乙女 - 門田芦子 - 小夜福子 - 佐保美代子 - 室町良子 - 美吉左久子 - 畷克美 - 故里明美 - 沖ゆき子 - 美山しぐれ - 水代玉藻 - 麻月鞠緒 - 朝みち子 - 汝鳥伶 - 邦なつき - 汝鳥伶 - 立ともみ - 夏河ゆら - 出雲綾 - 越乃リュウ - 飛鳥裕 - 憧花ゆりの - 光月るう(現役), 山部志賀子 - 野花千代 - 天城月江 - 沖ゆき子 - 葦城まこと - 朝倉道子 - 畷克美 - 清川はやみ - 睦千賀 - 恵さかえ - 恵さかえ&岬ありさ - 小柳日鶴 - 葉山三千子 - 榛名由梨 - 有明淳 - 汝鳥伶 - 京三紗 - 葵美哉 - 梨花ますみ - 夏河ゆら - 光樹すばる - 嘉月絵理 - 越乃リュウ - 花瀬みずか - 憧花ゆりの -綾月せり - 光月るう - 夏月都(現役), 高峰妙子・・雪野富士子・・初音麗子・・春日野八千代・・明石照子・・真帆志ぶき・・郷ちぐさ&汀夏子 - 汀夏子 - 麻実れい - 平みち - 杜けあき - 一路真輝 - 高嶺ふぶき - 轟悠 - 絵麻緒ゆう - 朝海ひかる - 水夏希 - 音月桂 - 壮一帆 - 早霧せいな - 望海風斗(現役), 御垣悦子・・初代紅千鶴・・櫻町公子・・深緑夏代・・乙羽信子・・固定スター不在(東郷晴子ら)・・新珠三千代・・浜木綿子・・加茂さくら・・大原ますみ・・摩耶明美&高宮沙千 - 高宮沙千 - 東千晃 - 遥くらら - 固定スター不在 - 神奈美帆 - 鮎ゆうき - 紫とも - 花總まり - 月影瞳 - 紺野まひる - 舞風りら - 白羽ゆり - 愛原実花 - 固定スター不在 - 舞羽美海 - 愛加あゆ - 咲妃みゆ - 真彩希帆(現役), 2代目若菜君子 - 桂よし子 - 秋月さえ子 - 初音麗子 - 春日野八千代 - 天城月江 - 東郷晴子 - 登代春枝 - 美吉左久子 - 大路三千緒 - 睦千賀 - 曽我桂子 - 銀あけみ - 真咲佳子 - 京三紗 - 箙かおる - 飛鳥裕 - 梨花ますみ - 奏乃はると(現役), 千村克子 - 梢音羽 - 清川はやみ - 壬生櫻子 - 緋櫻陽子 - 水原節子 - 淡路通子 - 三鷹恵子 - 三鷹恵子&木花咲耶 - 曽我桂子&葉山三千子 - 曽我桂子 - 岸香織 - 尚すみれ - 真咲佳子 - 沙羅けい - 北斗ひかる - 飛鳥裕 - 灯奈美 - 未来優希 - 麻樹ゆめみ - 奏乃はると - 千風カレン(現役), 春日野八千代・・葦原邦子・・南悠子・・寿美花代・・那智わたる・・上月晃・・鳳蘭&安奈淳 - 鳳蘭 - 瀬戸内美八 - 峰さを理 - 日向薫 - 紫苑ゆう - 麻路さき - 稔幸 - 香寿たつき - 湖月わたる - 安蘭けい - 柚希礼音 - 北翔海莉 - 紅ゆずる - 礼真琴(現役), 梓真弓・・浅茅しのぶ・・宮城野由美子・・初風諄・・大原ますみ - 固定スター不在(衣通月子、奈緒ひろき、初風諄ら) - 遥くらら - 東千晃 - 姿晴香 - 南風まい - 南風まい&湖条れいか - 南風まい - 毬藻えり - 白城あやか - 月影瞳 - 星奈優里 - 渚あき - 檀れい - 白羽ゆり - 遠野あすか - 夢咲ねね - 妃海風 - 綺咲愛里 - 舞空瞳(現役), 門田芦子 - 汐見洋子 -(星組廃止中)- 神代錦 - 水原節子 - 御山櫻 - 天城月江 - 美吉左久子 - 淡路通子 - 葉山三千子 - 一樹千尋 - 夏美よう - 英真なおき - 万里柚美 - 美稀千種(現役), (星組廃止中) - 美吉左久子 - 汐風享子 - 瑠璃豊美 - 由美あづさ - 汐風享子 - 畷克美 - 鳴海潮 - 瑠璃豊美 - 木花咲耶&水代玉藻 - 木花咲耶 - 麻月鞠緒 - 但馬久美 - 新城まゆみ - 萬あきら - 一樹千尋 - 夏美よう - 英真なおき - 万里柚美 - 美稀千種 - 白妙なつ(現役), 姿月あさと - 和央ようか - 貴城けい - 大和悠河 - 大空祐飛 - 凰稀かなめ - 朝夏まなと - 真風涼帆(現役), 花總まり - 紫城るい - 陽月華 - 野々すみ花 - 実咲凜音 - 固定スター不在 - 星風まどか(現役), 1期生 - 2期生 - 3期生 - 4期生 - 5期生 - 6期生 - 7期生 - 8期生 - 9期生 - 10期生, 11期生 - 12期生 - 13期生 - 14期生 - 15期生 - 16期生 - 17期生 - 18期生 - 19期生 - 20期生, 21期生 - 22期生 - 23期生 - 24期生 - 25期生 - 26期生 - 27期生 - 28期生 - 29期生 - 30期生, 31期生 - 32期生 - 33期生 - 34期生 - 35期生 - 36期生 - 37期生 - 38期生 - 39期生 - 40期生, 41期生 - 42期生 - 43期生 - 44期生 - 45期生 - 46期生 - 47期生 - 48期生 - 49期生 - 50期生, 51期生 - 52期生 - 53期生 - 54期生 - 55期生 - 56期生 - 57期生 - 58期生 - 59期生 - 60期生, 61期生 - 62期生 - 63期生 - 64期生 - 65期生 - 66期生 - 67期生 - 68期生 - 69期生 - 70期生, 71期生 - 72期生 - 73期生 - 74期生 - 75期生 - 76期生 - 77期生 - 78期生 - 79期生 - 80期生, 81期生 - 82期生 - 83期生 - 84期生 - 85期生 - 86期生 - 87期生 - 88期生 - 89期生 - 90期生, 91期生 - 92期生 - 93期生 - 94期生 - 95期生 - 96期生 - 97期生 - 98期生 - 99期生 - 100期生, 101期生 - 102期生 - 103期生 - 104期生 - 105期生 - 106期生, 1914年 - 1915年 - 1916年 - 1917年 - 1918年 - 1919年, 1920年 - 1921年 - 1922年 - 1923年 - 1924年 - 1925年 - 1926年 - 1927年 - 1928年 - 1929年, 1930年 - 1931年 - 1932年 - 1933年 - 1934年 - 1935年 - 1936年 - 1937年 - 1938年 - 1939年, 1940年 - 1941年 - 1942年 - 1943年 - 1944年 - 1945年 - 1946年 - 1947年 - 1948年 - 1949年, 1950年 - 1951年 - 1952年 - 1953年 - 1954年 - 1955年 - 1956年 - 1957年 - 1958年 - 1959年, 1960年 - 1961年 - 1962年 - 1963年 - 1964年 - 1965年 - 1966年 - 1967年 - 1968年 - 1969年, 1970年 - 1971年 - 1972年 - 1973年 - 1974年 - 1975年 - 1976年 - 1977年 - 1978年 - 1979年, 1980年 - 1981年 - 1982年 - 1983年 - 1984年 - 1985年 - 1986年 - 1987年 - 1988年 - 1989年, 1990年 - 1991年 - 1992年 - 1993年 - 1994年 - 1995年 - 1996年 - 1997年 - 1998年 - 1999年, 2000年 - 2001年 - 2002年 - 2003年 - 2004年 - 2005年 - 2006年 - 2007年 - 2008年 - 2009年, 2010年 - 2011年 - 2012年 - 2013年 - 2014年 - 2015年 - 2016年 - 2017年 - 2018年 - 2019年, 春日野八千代(1936年雪組へ異動) ・・ 葦原邦子(1939年退団) ・・ 南悠子(1971年退団) ・・ 寿美花代(1962年声楽専科へ異動。1963年退団) ・・ 那智わたる(1965年演劇専科へ異動。1968年退団) ・・ 上月晃(1969年声楽専科へ異動。1970年退団) ・・ 鳳蘭&安奈淳(1970年5月9日? ▶▶Part2~財産になった2番手時代~, ジャニーズに声優、アイドル、K-POP…コンビやグループでの微笑ましい仲良しエピソードが盛りだくさん!, あのアニメもこのアニメも実はココが作っていた!?次のお休みに絶対見たい厳選アニメを制作会社別にご紹介します!, 気になる情報をユーザーの皆様に調査!あなたの声で順位が変わる!アンケートやランキング記事が目白押しです!!, あの人が持っているあの服・アクセサリーはいったいどこで買ったもの?憧れの芸能人の私物を調査してみました!, 知って得するライブチケットにまつわる様々な情報をご紹介!全然取れないプレミアチケットもゲットできる裏ワザって!?, 多くのグループがひしめく中で結局どのグループが人気なの!?ジャンル別に人気グループ勢力図を総ざらいします!, ※「クリップ」するとお気に入りの記事をリストに保存できます。メールアドレス (ID)を登録して無料のトレタメ会員になるとご利用いただけます。. -師に導かれ魅了された〈モノ〉から挑むサイエンス #紅ゆずるに関するブログ新着記事です。|天飛華音のお宝Play list ️|☆大好きな紅ゆずるさん☆|熱海五郎一座 観たい|星組「スカーレット・ピンパーネル」初演:初めて宝塚を観るなら…|ヅカヲタ夫が宝塚グッズを身につける理由 大阪府 大阪市 、東大谷高等学校出身 。 身長173cm 。 血液型A型 。 愛称は「さゆみ」、「さゆちゃん」、「ゆずるん」、「べに子」 。 所属事務所は松竹エンタテインメント 進行 -内田由紀子, 理学研究科附属花山天文台 現実と虚構に生きる作家という仕事とその日々



出席者 本庶 佑+山中 伸弥+湊 長博, マダイのゲノム編集 「もの」で「こころ」を伝える京都大学総合博物館 紅 ゆずる(くれない ゆずる、8月17日 - )は、日本の女優。 元宝塚歌劇団 星組トップスター 。.

大阪府 大阪市 、東大谷高等学校出身 。 身長173cm 。 血液型A型 。 愛称は「さゆみ」、「さゆちゃん」、「ゆずるん」、「べに子」 。 所属事務所は松竹エンタテインメント 山本章博, 劇団ケッペキ/体育会ゴルフ部/ガオ・ジエ ゲノム編集は、特定の遺伝子を改変し、その働き方を変える技術。農学研究科の木下政人助教は、マダイの筋肉細胞の増加や成長を止めるブレーキとなるミオスタチンの遺伝子の機能を欠損させ、筋肉量を増やした肉厚マダイをつくりだした。マダイの絵は、理学部動物学教室所蔵のシーボルトらが編集した「日本動物誌」から抜粋し、処理により合成した。(画像提供は理学研究科・理学部生物科学専攻図書室), 京大発、「肉厚マダイ」参上 食に革命を起こすゲノム編集と安全 ?1本1万円のネギ, やっぱり紅ゆずるは喋ってなんぼのお方ですな大好きよ紅さんのトーク残り30分位しか見ていないから明日ちゃんと頭から見よ♪, 紅ゆずる退団前のディナーショー『BerryBerryBENNY!

室町時代後期に近衛稙家(このえたねいえ)があつらえたと伝えられる源氏物語の写本。稙家が当時の高名な書家を動員して書写させたと考えられる。のちに、毛利元康の手元に渡り、元康自身や連歌師の里村紹巴(さとむらじょうは)が欠本を補写した。巻ごとに表紙や用紙が異なる。冊子が納められる箱には蒔絵が施され、引き出し、鍵に至るまで細かな神経がゆき届いた造形となっている。文学研究科図書館所蔵。(関連項目は3ページ「巻頭特集」に。画像提供:京都大学附属図書館), Space Jungle