(5)仁保-篠目間(篠直) 混み具合 2 並. 惣川採石場のヤードがあった区間で、上り本線手前に引込線のスペースがあるので、複線区間ながら列車の進行左側から引きが取れる。以前は、上り本線手前に信号機器、標識等があり、このポイントから撮影するには500mm以上の超望遠レンズが必要であったところ、最近これらの標識類が撤去され、中望遠レンズで6輌編成が障害物なく撮影出来るようになった。上り列車が東南東を向くストレート区間を北側から狙うため、夏場の早朝 【アクセス】立花駅南口に出て線路沿いの道路を左へ進む。いくつかの踏切を越えさらに進むと前方に県道142号の誇線橋があり歩道橋部分の階段を上がった付近が撮影地となる。駅から徒歩で約15分ほど。車の場合、周辺に駐車スペースはないので駅近辺にある時間貸し駐車場を利用する。阪神高速尼崎東ICより国道43号・県道142号経由で約15分。 篠目のこの場所は行ったことがないです。 相当、山を登られ撮影されたのですね。 このような俯瞰は好きなのですが、なかなか登るのに疲れますよね。 機会があれば探して見たいと思います。 2019/08/16(金) 10:15:27 | url | いたずらな風 #-[ 編集] 【レンズ】105mm, 【アクセス】志賀駅を下車、琵琶湖側の出口を出て前の道路を右方向へ道なりに進む。5分ほどで木戸川を言う小さな河川を越えて10m先にある道路を右方向の上り坂を進む。。線路をくぐり左手に琵琶湖の眺望が開ける周辺が撮影地。徒歩で約10分。車なら湖西道路志賀ICより数分。, 【ガイド】踏切脇の公道から直線コースを進む城端線を手軽に撮影できるポイント。線路東側からの撮影となるため午前中が順光。付近には線路と並行した道路も走っており、城端線名物 ラッピング列車をサイドから捉える構図も組める。, 【アクセス】高儀駅から国道20号へ出て城端方面へ。次の交差点(高儀北)を左折して踏切を越えた付近。高儀駅から約800m 駐車は厳禁。徒歩で約12分。車なら北陸自動車道木之本ICより国道8号経由で約15分。, 【ガイド】海沿いを行く有名撮影区間において、この時期梅の木々を入れて撮影が楽しめるポイント。縦位置で列車を中心に撮るも良し、海をバックに入れるも良し、標準レンズで梅の木々を入れればさらに鮮やかさが増す。朝の下り列車が順光となる。尚梅の開花時期は2月初旬〜下旬頃。, 【アクセス】紀勢本線南部駅下車。42号線(熊野街道)を約1.5㎞西へ行き土産物店のある交差点を左へ約600m歩くと梅林が広がり眼下には紀勢本線と海が望める。, 阪和道みなべICから南下。「みなべ」の交差点を右へ行き途中T字の交差点を左へ進むと望める。, 【ガイド】上り列車の有名撮影地である大カーブあたりからさくら夙川駅を望むと直線区間を走る下り列車の編成が手軽に切り撮ることが出来る。レールは緩やかな起伏があって先頭車輌から長編成の貨物列車を広角から望遠まで好みの写真がものに出来るポイント。光線は終日良くないので曇天向きである。付近は住宅地や学校があるので歩行者は多い。迷惑がかからないように配慮すること, 【アクセス】さくら夙川駅を下車する。芦屋方面の夙川河川緑地内の公園を通り線路沿いの道を5分程度で着く。名神高速道路西宮ICより国道2号を芦屋方面へ約10分。さくら夙川駅周辺のコインパーキングを利用。, 【ガイド】人気の、湖北路を行くSL列車「北びわこ号」の、春には水鏡、夏には青々とした稲、秋には稲穂、冬には冠雪する伊吹山など、四季に合わせて様々な写真を撮影することができる有名なポイント。「SL北びわこ号」運転日には、多数の撮影者が集まる。, 【アクセス】北陸本線虎姫駅から県道263号を長浜方面に進み、姉川を渡ってから一つ目の横断歩道の所を線路の方へ曲がり、そこから西へ進んで、線路をくぐった先が撮影地。北陸自動車道長浜ICから約10分。, 【ガイド】高層ビル群を背景に、夕陽を浴びて西下する貨物列車を関西の貨物ファンには余りにも有名な加島跨線橋。北方貨物線を行く下り列車に対し、望遠から標準まで、あらゆるアングルが得られるが、福島区の高層ビル群を背景にした縦アングルが人気。当地を16:39に通過する75列車の光線がベスト。2013年末現在、新鶴見区のEF65PFが牽引している。但し、このアングルで列車に陽が得られるのは、2月中旬〜10月中旬に限られる。2013年3月のダイヤ改正で、この75列車の15分続行で、吹田区のEF210牽引77列車が設定され、効率良く撮影出来るようになった。, 【アクセス】東西線加島駅下車。東海道本線沿いの道路を塚本方へ徒歩約7分。阪神高速道路空港線の南行側道の歩道が撮影ポイント。名神高速道路豊中ICより、阪神高速空港線沿いに側道を約3km南下したところ。, 【ガイド】藍本駅の相野方、最初の踏切が「酒滴(さかだれ)神社踏切」。このアウトカーブ側から、藍本駅を発車または通過する上り列車が、ダイナミックな構図で撮影出来る。当地を13:37頃に通過する3014M「こうのとり14号」の光線がベスト。遮断機からある程度離れた方が良いアングルが得られるので、道路脇から安全に撮影可能。午前中は、線路から少し離れて標準系レンズで狙えば、順光で撮影出来る。, 【アクセス】藍本駅下車、相野方最初の踏切なので、すぐに判る。徒歩約4分。国道176号で、藍本駅を目指す。駅の南側すぐ。, 【ガイド】中国山地を縦断する山岳路線の伯備線だが米子を出てしばらくはのどかな雰囲気の平野部を進む。そこをやって来る上り列車を午後より撮影するポイント。線路と水路で隔てられた道路上から安全に撮影できる。バックに高速道路のジャンクションがあるが、列車で隠れる。, 【アクセス】伯耆大山駅を下車、駅前の道路を南へ直進。10分ほどで米子バイパスをくぐるのでそこを左に進む。さらに10分ほど行くと線路沿いの舗装道路に出るので右折。突き当たりになる周辺が撮影地。駅から約30分程度。車なら山陰道路米子バイパス日野川東ICより5分, 【ガイド】相野西方の「第一西相野踏切」周辺は、篠山口以南の複線区間ながら、四季折々の風景が見られる区間。稲穂が刈り取られる前後の時季から、農道脇のコスモスを前景に配した構図が得られる。光線は午後、特急電車なら3014Mが良い。このポイントを更に西へ約1分歩くと、午後の下り列車向きポイントもある。こちらは、3015M向き。作例は、3014Mに数分先行する2752Mで、新鋭225系ML編成6連が運用に就いている。, 【アクセス】相野駅下車。線路北側の道路を西(藍本方)へ徒歩約15分で、「第一西相野踏切」に至る。この踏切の南西側。舞鶴若狭自動車道三田西ICより、県道92号を東進、突き当りの「溝口」交差点を左折、相野駅を越えて約1km西進すると、右手に「第一西相野踏切」が見える。, 定価の8%OFF! 送料無料全国どこでもお届け! この通常の特典に加え、2013年12月31日までに新規で1年購読の定期購読へお申し込みいただくと、ホビダスマーケットで使える2,000円分のギフトポイントがもらえます。詳しくは https://www.hobidas.com/teiki/ をご覧ください。, 【ガイド】 rm-guide@neko.co.jp 伊藤 洋(長野県) 【アクセス】黒坂駅正面をまっすぐ進み、突き当りを右折。橋を渡り国道180号を上菅方面へ20分ほど。車の場合は、米子道江府ICから約30分。, 【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。, 【ガイド】高山本線の有名撮影地の一つで、障害物が少なく背景もスッキリとしており、繁忙期に10輌編成となる「ワイドビューひだ」も問題なく収まる。午後の遅い時間帯が順光。作例の「ワイドビューひだ16・36号」の通過時刻は17:06頃で、陽の長い時季以外は山の陰に入るので注意。, 【アクセス】下麻生駅を出て左折し、最初の十字路を左折する。踏切の手前を右折して線路沿いを中川辺方面へ。羽賀神社踏切の脇がポイント。駅から徒歩約15分。 車によるアクセス:東海環状自動車道 美濃加茂ICから約6㎞。, 【国土地理院1/25,000地形図】上麻生 〔件名〕を 「わが国鉄時代 線区名 ご投稿者のお名前」(例:お立ち台通信 函館本線 目名-上目名 山下修司)にして、 にお送りください。, ■お立ち台通信のバックナンバーはこちら

【国土地理院1/25,000地形図】雨中, 【ガイド】日の出前後と通過時間が重なる時期となり、その姿を手軽に写し止めることが出来るポイント。迫力のある編成写真を狙える。光線は背後の山から太陽が昇るので逆光ぎみ。日没前後の時期は背景の空の変化に期待できる。またこの近辺はいろんな角度から撮影できるポイントが点在する。, 【アクセス】谷浜駅を出て右折し県道269号にでる、そのまま線路に平行した道を1.0kmほど有間川方面へ。北陸自動車道名立谷浜ICから約14分、9.3km。 #篠目駅に関するブログ新着記事です。|ガスの掛かる山をバックにC571|篠目|昨年のゴールデンウイークはd51200撮影です 山口線 5月2日|d51200「slやまぐち号」Ⅲ 篠目駅俯瞰|篠目駅発やまぐち号 ちなみに、保路第ニ踏切、徳佐のS字、白井の里で撮影してきました。, 吉澤様 ■国鉄時代バックナンバーのご案内 【レンズ】135mm にお送りください。, ■わが国鉄時代バックナンバーはこちら の光線が良く、作例の3006M(9時02分通過)は、日の短い季節には、列車側面が若干翳る。曇りの日なら、381系の3012M(11時59分通過)も撮影対象となる。, 【アクセス】宝塚駅南側の歩道を生瀬方向へ。駅西の「溜池踏切」を越え、暫く線路沿いに歩くと地下道があるので、これをくぐって線路北側へ出、生瀬方向へ歩いてすぐ。駅から徒歩約7分。車でのアクセスは不可能。, 国鉄色381系「こうのとり」を俯瞰で捉える 車なら北陸自動車道砺波ICから約4km。, 【ガイド】近い将来引退が予想されるウグイス色103系6輌をゆるいカーブで狙う。午後から順光。駅至近でアクセスが楽で今年に入って駅前にコンビニが開店したので食料・飲料水の購入が容易になった。, 【アクセス】高井田駅より東へ徒歩10分、修徳学園踏切。西名阪道柏原ICから15分。, 【ガイド】下り列車を午後より撮影できる場所。時間がたつにつれ車輌前面にも光が当たるようになる。背景に見える山並みと田んぼの組み合わせが季節感あふれる表情を見せてくれる。頻繁に行きかう農作業車に十分な配慮をしたい。, 【アクセス】坂田駅の西側出口を出て右手に進む。駅北側にある神社の境内を抜けると二車線道路に出るので左折。次の交差点を右折し道なりに行くと10分ほどで琵琶田川という小さな河川に出るのでその土手を線路方向に進んだ周辺が撮影地。駅から徒歩で15分程度。車なら北陸自動車道米原ICより国道21号、8号経由で約10分。, 【ガイド】JR福知山線の谷川駅から近く、午前中の上り列車は順光で撮影可能だが、作例の様に午前中の下り列車もサイドからの光線で後ろに送電線も入らないため、背景がすっきりとした写真が撮れる。, 【アクセス】谷川駅下車、右手に線路沿いに歩き、加古川線と福知山線の踏切を渡り、県道を柏原方面に150m程歩き、左手の線路沿いの道を約300mほどの所。谷川駅から徒歩約10分。舞鶴若狭道丹南篠山口ICから約30分。, 【ガイド】望遠効果で編成美を撮る。車輌と同じ目線で撮影できるので、線路際の雑草もさほど気にならず、車体の反射も比較的綺麗。光線は終日恵まれないので曇天の日向き、晴天の日は午後がやや良好になる。ポイント付近の踏切横からも撮影はできるが、柵がないのでこの場所がおすすめ。撮影地付近には駐車場がないので、下滝駅からの徒歩となる。, 【アクセス】下滝駅より丹波大山方面に道沿いに進み、一つ目の踏切を渡って県道77号を丹波大山方面へ進む。日本容器の工場が見えてきたら右手の踏切を渡ったすぐがポイント。約20分。車なら下滝駅まで行き、県道77号線を約1.6km。, 【ガイド】比良山系から北に続く山並みを背景に上り列車を撮影できるポイント。空を大きく取り入れたアングルとなるので、快晴の日に狙いたい。望遠系のレンズで線路から離れた場所でバックの山並みと列車をひきつけたり広角系で広がりを出したり、アングルのバリエーションは豊富だ。昼前までが順光。, 【アクセス】近江中庄を下車、右に出て湖西線をくぐりすぐに左手マキノ方面に進む。線路沿いに行くと5分ほどで右手に水道施設がありそこを越えた周辺が撮影地。車なら国道161号湖北バイパス日置前王塚交差点から県道534・54号経由で約15分。, 【ガイド】春分からの日照時間の長い季節、ほぼ北に向いて走る下り「トワイライトエクスプレス」を順光で立山連峰をバックに撮れる。残雪の美しい時期は爽快な眺めである。, 【アクセス】生地駅から県道2号魚津生地入善線に出て南に1.5kmほど。黒部漁港口交差点を左折し、県道53号若栗生地線を東へ400mほど行くと撮影地となる跨線橋がある。車なら北陸道黒部ICから県道53号若栗生地線を西へ5.3km。ただし、付近には駐車場はない。, 【ガイド】和歌山地区で運転されている日根野区の117系は一日一往復奈良県の王寺まで顔を出すがその復路にあたる473Mを記録できるポイント。この列車以降は山の影に編成がかぶってしまうがお昼過ぎから夕方まで架線柱を気にせずに順光で撮影が可能だ。, 【アクセス】掖上駅を出て右方向へ。踏切を渡り郵便局を右手に見て行くと突き当たりになるのでそこを左折。道なりに進み、10分くらいで家並みが途切れると左手に田んぼと線路が見えてくる。道路から田んぼに農道を少し進んだ周辺が撮影地。駅から徒歩で20分程度。車なら大和御所道路御所ICより県道118・133号経由で10分。, 【ガイド】広島を出た芸備線は狩留家あたりから山間部に入り、三篠川と県道37号(広島三次線)と沿うように走っているが、川を渡る場面は少なくこの第1三篠川橋梁は希少スポットとなっている。, 【アクセス】狩留家駅から県道37号に出て左(三次方面)へ徒歩約20分。車なら山陽自動車道広島東ICから県道70号線で上深川方向へ、37号線へ出て右へ、狩留家駅口の信号(点滅)から約2分ほどで自販機コーナーがあり若干の駐車スペースがある。インターから約20分。, 【ガイド】能登半島をバックにエメラルド色の海沿いを走る氷見線を国道沿いに設けられた見晴しスペースから撮影できるポイント。雨晴駅から1kmほどの距離にあり、駐車スペースも完備しておりアクセスも容易。午前中、上り列車を順光で捉えることが出来る。, 【アクセス】雨晴駅を出て左折し、国道415号線を高岡方面へ。義経岩を過ぎて500mほど進んだ所。雨晴駅から約1km。車なら能越自動車道高岡砺波道路高岡ICから約15km。, 【ガイド】紀勢本線の白浜、新宮方面行き列車が午前中早い時間に撮影できるポイント。以前あった木製の展望台はなくなっているが、少し階段を下りた場所より撮影出来る。, 【アクセス】両駅中間地点、国道42号にある、「井上梅干食品」から海側へ約2km。広場の奥の階段を下りる。阪和道、みなべICより国道42号へ向かい、42号を御坊方面へ。約2.5kmで「南部ロイヤルホテル」の看板に従い左折、細い道を道なりに進むと未舗装の広場に出る。広場の一番奥にある「千里観音」の看板に従い階段を下りると右側に撮影ポイントとなる視界の開けた場所がある。阪和道みなべICから広場まで10分。, 【ガイド】ここは、ロケーションのいい城端線の春を感じさせるポイントのひとつ。沿線には柿の木が点在し、作例は新緑の葉が出始めた時期だが、秋に柿の実が美しく色づく頃にも、ぜひ訪れてみたい。踏切付近から安全に撮影できる。午後から夕方にかけて順光になる。, 【アクセス】越中山田駅を下車したら、線路に沿った道を城端方向に歩くと、東海北陸道の下をくぐ、間もなくポイントの踏切に達する。踏切名は「大塚踏切」(27km878m)徒歩で4〜5分程度。車だと東海北陸道の福光ICのすくそば。付近の農道は狭く、農作業の支障とならないように、安全な場所に駐車して、徒歩でアクセセスしてほしい。, 【ガイド】氷見線の海岸を走るこの部分は、有名撮影地のひとつだが、レンズ画角や季節を違えることで、様々な意図の写真が撮れる。春のこの季節は、なんと言っても背景の立山連峰の美しさに心を引かれる。楽しいラッピング列車も運転されているので、ぜひ訪れてみたい。, 【アクセス】雨晴駅から高岡方向に徒歩で10分程度の場所。付近の国道は歩道の部分が広くなっていて、展望スペースになっている。ポイントの直近に、加越能バスの「岩崎口」というバス停がある。車だと雨晴の駅を目指すといい。高岡の市街地から20分程度で着く。, 【ガイド】谷間を下ってきた美祢線が国道と接近した踏切から、夕日を受けた岡見貨物の5686レを望遠系のレンズにより迫力十分の構図で撮影できる。通過時刻は午後3時55分ころ。画面左に山が迫っているので冬場は陰る。同所から振り返えれば、朝に通過する5687レをカーブで狙える。 【レンズ】270mm 現在『国鉄時代』はvol.1、vol.9〜21、vol.23〜25が品切れとなりました。他の巻も早めのご購入をお勧めいたします。電話でのご注文はブックサービス(株)0120-29-9625(フリーダイヤル)まで。, 【ガイド】郡山駅と大和小泉駅の間にある直線区間を走る下り列車を撮影するポイント。夕午後遅くなればなるほど光線条件がよくなってくる。平日夕方に運転される、森ノ宮区の201・103系充当の下り447Yが狙い目となり、約50分後には奈良区の103系8連の区間快速もやってくるので合わせて撮影したい。, 【アクセス】大和小泉駅西口を出てすぐにある点滅信号の交差点を右折。道なりに進み5分で高架道路をくぐり直進すると右方向に延びる道路がありそこを入って関西本線の踏切を渡りさらに進む。一つ目の十字路を左折、次の十字路も左折すると前方に「小南第二踏切」が見えてくる。その上り線側が撮影地となる。駅から徒歩で約30分。車なら西名阪自動車道大和まほろばスマートICより約5分。, 【ガイド】王寺駅に向けて大きくカーブを切る下り列車をアウト側から撮影するポイント。平日朝に運転される103系8連の区間快速は逆光になってしまうが後ろから差す光が編成を浮かび上がらせてくれる。この列車の前後には321・207系の直通快速も運転されバラエティに富んだ撮影ができる。周辺は住宅地なので撮影の際は十分な配慮をしたい。, 【アクセス】王寺駅を北側に出て右方向へ。近鉄新王寺駅を越え高架道路をくぐるとD51が保存されている公園が右にあり、さらに進むと三叉路があるので右折。前方に見える関西本線の「舟戸踏切」を渡り、左方向に進んだ周辺が撮影地となる。駅から徒歩で約10分。車なら西名阪自動車道法隆寺ICより約5分。, 【ガイド】田園風景の中で下り列車を撮影するポイント。四季折々、異なった光景を見せてくれる。午後よりサイド順光となり、太陽が高くなる時期には先頭にも光が回るようになる。, 【アクセス】虎姫前の道路を右折。5分で突き当たるので左折し、消防署を右折。姉川を渡ると道路が線路に近づく。築堤の小さなトンネルをくぐった周辺。駅から徒歩で約25分。北陸自動車道長浜ICより国道8号経由で10分, 【ガイド】大糸線の列車は南小谷〜中土の間で姫川を渡る。その光景を国道148号線の旧道のスノーシェルターの中から撮影する。交通量は少なく大型車はほとんど通らないので安全だが三脚使用はスペースの関係上、足をあまり開かないような工夫が必要。晴れていれば順光になる。大糸線のこの区間は通常1輌の気動車による運行だが2輌編成の場合もあるようだ。, 【アクセス】中土駅から駅前の道を南小谷方向に500m程度。または南小谷駅から2.5km程度。(トンネルに入る前に左に折れる旧道に入る)そのほか時間が合えば小谷村の村営バスが利用できる。国道148号を長野方面から北上、上述の通りトンネル前で旧道に入り新道の高架をくぐりスノーシェルターに入ったあたり。スノーシェルターの手前に無料で駐車できるスペースがある。 その子も篠目俯瞰を探していて山中をさ迷っていたらしく、分からなくなって下山した所に私たちと遭遇した次第で 一緒に連れて行ってあげました。 328で見てみますと結構電柱や電線やらがこちら側には … 【アクセス】網干駅から線路沿いの道を竜野方面へ。林田川手前の踏切で左折し、川沿いに400m程進んで橋を渡り、住宅内の道を抜けると広い田園区域に出る。徒歩40分ほど。車の場合は山陽道竜野IC利用。, 【ガイド】中国山地の山ふところ、美しい針葉樹林を背景にした撮影地。作例は15時40分頃通過の9625Dキハ40、47の3連の「みまさかスローライフ号」。, 【アクセス】那岐駅前の道を南側へ土師川の橋を渡って右折し約1km進んだところの橋を再び北側に渡ったところがポイント。那岐駅から徒歩約15分。中国自動車道津山ICから約40分。, 【ガイド】遠くに六甲の山並みをみながら複々線の直線で東へ向う上り列車を捉える。少し高い目線からさまざまな編成長の列車を撮影できレンズも標準から中望遠まで選択できるのでいろいろな構図を楽しめる。朝のラッシュ時間を過ぎ次々に上ってくる高速貨物列車の中でもEF210-300番代が瀬野八での後補機運用を終え吹田へ帰区する際、一般仕業に充当される72レを好条件で記録できる。線路南側よりの撮影なのでほぼ終日編成に光があたる。 【国土地理院1/25,000地形図】伯耆溝口, 【ガイド】山陽本線の貨物列車等をS字区間を利用して長編成を表現した構図で狙う。この区間はトンネルに入る手前で上下が離れており、狙えば架線柱等の障害物を簡単に交わすことができ、背景にトンネルが入る。作例は夕方だが正午過ぎが光線状態がよい。上り列車もカーブのアウト側の構図で狙える。, 【アクセス】山陽本線 由宇駅前の道を神代方面に約1.4km進むと、みなとオアシスゆうと言う観光施設が在る所から斜め右に入る路地が在るので、路地に入る。路地に入って170m程進むと狭い道(入って最初の交差点)が線路方面に伸びているので入る。数十メートル行くと北有家第3踏切(第4種踏切)が在る場所が撮影地。この付近は道幅も狭く鉄道利用が基本。, 【ガイド】下深川までのこの区間では,早朝に気動車5連の運用がある。下り列車の場合は車輌の前頭部に光が当たらないが、作例のように広島から来る上り列車は順光になる。駅にほど近く,列車本数が多い区間なので、手軽にカメラを持って出かけたい場所だ。, 【アクセス】玖村駅から線路に沿った道を広島方向に行くと、間もなく陸橋の下をくぐり,さらに進むと高陽取水場の所に出る。その付近がポイント。徒歩10分程度。車だと太田川の土手沿いにある高陽取水場付近を目指すことになるが,広島の市街地から30分程度で着く。, 【ガイド】1日1往復王寺駅までやってくる117系が充当される夕方の下り列車を撮影する。従来の塗装である和歌山色の編成のほか、青の単色塗装編成も顔を見せることがあり架線柱のない側から編成をまとめることができる。背景は住宅地なので望遠系のレンズで編成のアップを狙うとよい。午後から順光となる。, 【アクセス】王寺駅南口から国道25号にでて左へにすすみ、本町一丁目交差点を右へ折れ国道168号を10分ほど。王寺小学校南の信号を左折すると、撮影ポイントの門前踏切に至る。徒歩約15分。西名阪自動車道香芝ICより国道168号経由で約10分。車は駅周辺の有料駐車場などへ。