』完結巻が1位に!マンガランキング11月1日~11月7日, Yahoo!ニュース|本屋大賞 2020年ノンフィクション本大賞は佐々涼子さん『エンド・オブ・ライフ』に決定!, スリルとサスペンスが襲いかかる映画原作小説10選!後編〜読み進める手が止まらない、加速度強めの作品選〜, ブクログも協力しています!ITエンジニアに読んでほしい!技術書・ビジネス書 大賞 2019 投票スタート!, 第162回芥川賞・直木賞受賞作決定!!芥川賞に古川真人さん『背高泡立草(せいたかあわだちそう)』、直木賞に川越宗一さん『熱源』, 2019年本屋大賞ノミネート作品発表!ノミネート10タイトルと著者情報を一挙紹介!. トップページ|直木賞・芥川賞受賞作一覧|受賞作家の群像|候補作家の群像|選考委員の群像 選評の概要 | 小研究 | 大衆選考会 | サイトマップ 古川 真人 〈作品〉『天地に燦たり』2018年文藝春秋刊。『熱源』19年文藝春秋刊=第10回山田風太郎賞候補、第9回本屋が選ぶ時代小説大賞受賞。, 1981年生まれ。大阪芸術大学卒。2015年『道徳の時間』で第61回江戸川乱歩賞を受賞。 〈作品〉『ジウI 警視庁特殊犯捜査係』2005年中央公論新社刊。『ストロベリーナイト』06年光文社刊=第9回大藪春彦賞候補。『武士道セブンティーン』08年文藝春秋刊=第24回坪田譲治文学賞候補。『ヒトリシズカ』08年双葉社刊。『世界でいちばん長い写真』10年光文社刊。『増山超能力師事務所』13年文藝春秋刊。『ケモノの城』14年双葉社刊=第5回山田風太郎賞候補。『プラージュ』15年幻冬舎刊。『ノーマンズランド』17年光文社刊。, 1973年生まれ。武庫川女子大学家政学部卒。アパレルメーカー勤務、青年海外協力隊隊員、高校講師などを経て、2007年「聖職者」で第29回小説推理新人賞を受賞。翌年同作を収録した『告白』でデビュー。 集英社 定価1,540円(税込) 〈作品〉『動きすぎてはいけない――ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』2013年河出書房新社刊=紀伊國屋じんぶん大賞2013、第5回表象文化論学会賞受賞。『別のしかたで――ツイッター哲学』14年河出書房新社刊。『勉強の哲学――来たるべきバカのために』17年文藝春秋刊。『意味がない無意味』18年河出書房新社刊。『アメリカ紀行』19年文藝春秋刊。「デッドライン」19年新潮9月号、単行本は19年新潮社刊=第41回野間文芸新人賞受賞。, 1986年生まれ。法政大学社会学部メディア社会学科卒。2015年、「十七八より」で第58回群像新人文学賞を受賞しデビュー。18年、『本物の読書家』で第40回野間文芸新人賞を受賞。 日本文学振興会より、第162回芥川龍之介賞・直木三十五賞の候補作が発表されました。候補作は以下の通りです。(作者名:五十音順) 選考委員会は、きたる2020年1月15日(水)午後4時より築地・新喜楽 … 第163回芥川龍之介賞、直木三十五賞の選考会が7月15日に行われ、芥川賞に高山羽根子さん『「首里の馬」(『新潮』3月号掲載)』、遠野遥さん『「破局」(『文藝』夏季号掲載)』、直木賞に馳星周さん『少年と犬』が選ばれました!, 第163回芥川賞・直木賞候補作が決定!候補作10タイトルと著者情報を一挙紹介![2020年6月16日], 1975年、富山県生まれ。多摩美術大学美術学部絵画学科卒。2010年、「うどん キツネつきの」が第1回創元SF短編賞の佳作に選出され、同作収録したアンソロジー『原色の想像力』(創元SF文庫)でデビュー。2015年、「おやすみラジオ」が第46回星雲賞(日本短編部門)参考候補作に。同年、短編集『うどん キツネつきの』が第36回日本SF大賞最終候補。2016年、「太陽の側の島」で第2回林芙美子文学賞受賞。2018年、短編集『オブジェクタム』が第39回日本SF大賞最終候補作に。「居た場所」(『文藝』冬号掲載)で第160回芥川賞初ノミネート。2019年、「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」(『すばる』2019年5月号)で第161回芥川賞ノミネート。2020年、『首里の馬』で第163回芥川賞候補、三島由紀夫賞候補, 1991年、神奈川県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。東京都在住。2019年『改良』で第56回文藝賞を受賞しデビュー。2020年、『破局』で第163回芥川賞候補になる。, 1965年北海道生まれ。横浜市立大学卒業。出版社勤務を経てフリーライターになる。96年『不夜城』で小説家としてデビュー。翌年に同作品で第18回吉川英治文学新人賞、98年に『鎮魂歌(レクイエム)不夜城2』で第51回日本推理作家協会賞、99年に『漂流街』で第1回大藪春彦賞を受賞。著者多数。近著に『アンタッチャブル』『陽だまりに天使たち ソウルメイト2』『神奈備』『比ぶ者なき』『神の涙』がある。2020年『少年と犬』で第163回直木賞候補。. 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); var microadCompass = microadCompass || {}; @booklogjpさんをフォロー !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? microadCompass.queue = microadCompass.queue || []; 胸が熱くなる『ハイキュー!! 〈作品〉「縫わんばならん」2016年新潮11月号=第156回芥川賞候補、単行本は17年新潮社刊。「四時過ぎの船」17年新潮6月号=第157回芥川賞候補、単行本は17年新潮社刊=第31回三島由紀夫賞候補。「窓」18年新潮7月号。「ラッコの家」19年文學界1月号=第161回芥川賞候補、単行本は19年文藝春秋刊。, 1986年生まれ。東京大学教養学部卒。東京大学大学院総合文化研究科博士課程中退。2015年『ユートロニカのこちら側』で第3回ハヤカワSFコンテスト大賞を受賞しデビュー。 万が一、完売の場合は、次回入荷分からのご予約を承ります。, Copyright © Books OGAKI Co.ltd All rights reserved, 【11/12発売】小学館SSCS『舞妓さんちのまかないさん⑮』大垣書店限定購入特典のお知らせ. 2020年1月下旬発売予定, 【内容】大村奈美は、母の実家・吉川家の納屋の草刈りをするために、母、伯母、従姉妹とともに長崎の島に向かった。吉川家には今、<古か家>と<新しい方の家>がある。<古か家>は祖母が亡くなって以降、すでに空き家になっており、同じ集落に住む祖母の姉が引受人になっている。奈美は二つの家に関して、伯父や祖母の姉に話を聞く。吉川家は<新しい方の家>が建っている場所で戦前は酒屋をしていたが、戦中に統制が厳しくなって廃業し、満州に行く同じ集落の者から家を買って移り住んだという。それが<古か家>だった。吉川家が<古か家>に住んでいた, 【内容】樺太(サハリン)で生まれたアイヌ、ヤヨマネクフ。開拓使たちに故郷を奪われ、集団移住を強いられたのち、天然痘やコレラの流行で妻や多くの友人たちを亡くした彼は、やがて山辺安之助と名前を変え、ふたたび樺太に戻ることを志す。 一方、ブロニスワフ・ピウスツキは、リトアニアに生まれた。ロシアの強烈な同化政策により母語であるポーランド語を話すことも許されなかった彼は、皇帝の暗殺計画に巻き込まれ、苦役囚として樺太に送られる。 日本人にされそうになったアイヌと、ロシア人にされそうになったポーランド人。 文明を押し付けられ、それによってアイデンティティを揺るがされた経験を持つ二人が、樺太で出会い、自らが守り継ぎたいものの正体に辿り着く。 樺太の厳しい風土やアイヌの風俗が鮮やかに描き出され、 国家や民族、思想を超え、人と人が共に生きる姿が示される。 金田一京助がその半生を「あいぬ物語」としてまとめた山辺安之助の生涯を軸に描かれた、 読者の心に「熱」を残さずにはおかない書き下ろし歴史大作。, 在庫状況は、こちらでご確認いただけます。→ 在庫検索ページ 〈作品〉『道徳の時間』2015年講談社刊。『白い衝動』17年講談社刊=第20回大藪春彦賞受賞。『ライオン・ブルー』17年KADOKAWA刊=第31回山本周五郎賞候補。『マトリョーシカ・ブラッド』18年徳間書店刊=第40回吉川英治文学新人賞候補。『雛口依子の最低な落下とやけくそキャノンボール』18年光文社刊=第72回日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門候補。, 1969年生まれ。学習院大学卒。2002年『妖の華』で第2回ムー伝奇ノベル大賞優秀賞を受賞。翌年同作でデビュー。03年『アクセス』で第4回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞。 〈作品〉「十七八より」2015年群像6月号、単行本は15年講談社刊。「本物の読書家」16年群像9月号、単行本は17年講談社刊。, 1988年生まれ。第一薬科大学付属高等学校卒。2016年「縫わんばならん」で第48回新潮新人賞を受賞しデビュー。 〈作品〉「海猫ツリーハウス」2009年すばる11月号、単行本は10年集英社刊。「イサの氾濫」11年すばる12月号=第25回三島由紀夫賞候補、単行本は16年未來社刊=第38回野間文芸新人賞候補。「聖地Cs」14年新潮5月号、単行本は14年新潮社刊=第36回野間文芸新人賞候補。「野良ビトたちの燃え上がる肖像」16年新潮8月号、単行本は16年新潮社刊。『幸福な水夫』17年未來社刊。『Sacred Cesium Ground and Isa’s Deluge』(ダグ・スレイメイカー訳、『聖地Cs』と『イサの氾濫』の英訳版)19年コロンビア大学出版刊。, 1992年生まれ。医師・小説家。2012年、「肉骨茶」で第44回新潮新人賞受賞。17年京都大学医学部卒。17年度京都市芸術文化特別奨励者。 〈作品〉『告白』2008年双葉社刊=第6回本屋大賞受賞、英語版は15年全米図書館協会アレックス賞受賞。『少女』09年早川書房刊。『贖罪』09年東京創元社刊=英語版は18年エドガー賞候補(ベスト・ペーパーバック・オリジナル部門)。『Nのために』10年東京創元社刊。『夜行観覧車』10年双葉社刊。『往復書簡』10年幻冬舎刊。『花の鎖』11年文藝春秋刊。『境遇』11年双葉社刊。『サファイア』12年角川春樹事務所刊。『白ゆき姫殺人事件』12年集英社刊。『母性』12年新潮社刊。『望郷』13年文藝春秋刊=第149回直木賞候補(収録作中「望郷、海の星」=第65回日本推理作家協会賞短編部門受賞)。『高校入試』13年角川書店刊。『豆の上で眠る』14年新潮社刊。『山女日記』14年幻冬舎刊。『物語のおわり』14年朝日新聞出版刊。『絶唱』15年新潮社刊。『リバース』15年講談社刊。『ユートピア』15年集英社刊=第29回山本周五郎賞受賞。『ポイズンドーター・ホーリーマザー』16年光文社刊=第155回直木賞候補。『未来』18年双葉社刊=第159回直木賞候補。『ブロードキャスト』18年KADOKAWA刊。, 居酒屋で店員を呼んでも気づかれない、注文をよく聞き返される…そんな経験ありませんか? 『声が通らない!』ほか, 【第162回直木賞候補作】「胸がカッと熱くなる」文明という名の侵略に立ち向かった2人の男の物語, 直木三十五賞 候補作家インタビュー(5)湊かなえ 落日の向こうに“希望”は見えるか.