© 2020. 登大遊(1984年11月17日 - ),日本程式設計師、企業家,以開發出SoftEther這套VPN軟體聞名 。.

【登大遊】「みんなすぐに諦め過ぎ」約2週間で『シン・テレワークシステム』を開発した天才プログラマーの“粘り力" - エンジニアtype | 転職type. new! そんな幅広いビジネスに取り組む“天才”登大遊氏と、同氏をntt東日本に誘った山口肇征氏(特殊局 特殊局員)が、10月末にオンラインで開催された「ceatec 2020 online」の講演に登壇。シン・テレワークシステムの開発秘話などを紹介した。 そして天才プログラマーは天才だから聞いても参考にならない、歌うように構築しやがる。 — さと@病気垢(?). 無償かつユーザー登録不要で利用できるシンクライアント型vpn『シン・テレワークシステム』をわずか2週間でリリースした天才プログラマー・登大遊さん。自分の思い通りに開発を進めるための“粘り力”についてお話を伺った。 無償かつユーザー登録不要で利用できるシンクライアント型VPN『シン・テレワークシステム』をわずか2週間でリリースした天才プログラマー・登大遊さん。自分の思い通りに開発を進めるための“粘り力”についてお話を伺った。, これは必読!継続すること、またきちんとロジックで説明し納得してもらうことなどなど…:【登大遊】「みんなすぐに諦め過ぎ」約2週間で『シン・テレワークシステム』を開発した天才プログラマーの“粘り力” - エンジニアtype | 転職type, 組織のしがらみにはそれなりに理由があるから、そこも踏み込んで解決する提案をするのは大事だなぁ。その紐解きを民俗学だと思ってたけど、リバースエンジニアリングというのもいいな, 遊びで作ってたものがいつかは役に立つかもってのは個人的な実感からしてもそうかなあと!一瞬でできたようでもそれまでに蓄積があるよというのはピカソの絵と同じだね。, 15年も1社でCTOを続けているグリーの藤本真樹さんに、「なぜ、1社でずっと続けているのか、続けられるのか」という疑問を率直に投げかけてみた。, MicrosoftやGoogleで世界標準の製品開発に携わり、現在は複数の企業で技術顧問を務める及川卓也さんの最新著書『ソフトウェア・ファースト あらゆるビジネスを一変させる最強戦略』(日経BP)が話題を呼んでいる。及川さんは著書の中で、「日本企業が世界的なDXの潮流に取り残されないためには、ソフトウェアを中心としたサービス志向の開発体制を構築することが重要だ」と説く。DXがさらに加速し、ITの手の内化が進むと、エンジニアのキャリアにはどのような影響があるのだろうか。, 「ユニケージ開発手法」を確立した技術者集団、ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所(USP研究所)。同社代表の當仲寛哲さんとオープンソースOS「FreeBSD」のコミッターとして知られる後藤大地さんに、USP研究所がギークなエンジニアに注目される理由を伺った。. 登 大遊(のぼり・だいゆう)さん 1984年兵庫県生まれ。 2003年に筑波大学に入学。同年、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)の「未踏ソフトウェア創造事業 未踏ユース部門」に採択、開発した『SoftEther』で天才プログラマー/スーパークリエータ認定を受ける。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 「天才プログラマーが2週間で構築 テレワークシステムが好評」 最近、このニュースを見かけた人はどのくらいいるだろうか? 短くいうと、ntt東日本に所属するプログラマの登大遊さんが、たった2週間という短期間で3万人以上に利用されるテレワークシステムを構築したという話だ。 Copyright (C) 2020 ITmedia Inc. 子どもの抜けた歯ってどうしてる?…大人の歯になる成長を喜びたい!保管方法や処理方法を聞いた, 鬼滅の刃シールだけ抜き取ってお菓子は食べずに捨てられていた… コンビニ店員の告発画像が話題に, 「けしからん発想」が創造性を生む 天才プログラマー・登大遊氏が語る「シン・テレワークシステム」開発秘話. All rights reserved. 1984年出生於兵庫縣,小學二年級開始自學程式設計,中學就讀於大阪府 高槻市高槻中學,畢業後就讀於筑波大學。. Rocketa Inc. Pythonの生みの親、グイド・ヴァンロッサム氏、「引退は退屈」とMicrosoft入り, 「日本の5G市場は最も注目されている」 シスコが5G検証施設を本社に開設、ユースケースの創出加速へ. 登大遊(1984年11月17日-),日本程式設計師、企業家,以開發出SoftEther這套VPN軟體聞名[1][2][3]。, 1984年出生於兵庫縣,小學二年級開始自學程式設計,中學就讀於大阪府高槻市高槻中學,畢業後就讀於筑波大學。, 2003年,當時身為大學一年級學生的登大遊開發出SoftEther 1.0,此軟體實現了Ethernet over IP技術,因此可穿過防火牆建立一條VPN通道。由於可能會造成資訊安全方面的問題,而暫停公開,但後來恢復公開。登大遊並開發出偵測LAN內SoftEther存在的「SoftEtherAlert」以及阻擋SoftEther的軟體「SoftEther Block」,以化解外界對SoftEther造成資安問題的疑慮。, 2004年4月,登大遊與筑波大學合作成立校辦企業——SoftEther株式会社(ソフトイーサ株式会社),登大遊擔任董事長。, 2007年起就讀同校研究所。同年成為日本的網際網路研究機構WIDE Project成員[4]。, https://zh.wikipedia.org/w/index.php?title=登大遊&oldid=58118492. 2020-09-01 13:21:34 「SoftEther」の生みの親で“天才”と称される登大遊氏が、「CEATEC 2020 ONLINE」の講演に登壇。同氏が手掛けたシンクライアントVPN「シン・テレワークシステム」の開発秘話などを紹介した。こうしたサービスを次々に生み出せる背景には、若手時代に培った創造性があるという。

1984年出生於兵庫縣,小學二年級開始自學程式設計,中學就讀於大阪府 高槻市高槻中學,畢業後就讀於筑波大學。.

© 2020. 「SoftEther」の生みの親で“天才”と称される登大遊氏が、「CEATEC 2020 ONLINE」の講演に登壇。同氏が手掛けたシンクライアントVPN「シン・テレワークシステム」の開発秘話などを紹介した。こうしたサービスを次々に生み出せる背景には、若手時代に培った創造性があるという。 (1/3), 昨年Dropboxを退社し「引退する」としていたPhthonの生みの親、グイド・ヴァンロッサム氏(64)が、「引退は退屈だと判断した」とMicrosoft入りを発表した。同社最高位エンジニア「Distinguished Engineer」として開発部門に参加する。, シスコシステムズが11月12日、5Gネットワーク上で実証実験を可能にする施設「5Gショーケース」の運用を開始した。法人やパートナー企業が5Gソリューションを開発するためのテスト環境を提供する。5Gショーケースの狙いは、通信事業者、企業、パートナーとともに、5Gのユースケースを創出していくことにある。, Googleが10月からAndroidスマホ向けに提供している「鼻歌検索(Hum to Search)」。一体どのようにして実現しているのだろうか。Googleが行った説明会の模様をお伝えする。. 2003年,當時身為大學一年級學生的登大遊開發出SoftEther 1.0,此軟體實現 … 生平. (@sato_sle) June 14, 2020 登大遊さんのご活躍は「インターネット老人会」にとってはとても嬉しいですよね。まだ35歳なんだー。 All rights reserved. 生平. 登大遊(1984年11月17日 - ),日本程式設計師、企業家,以開發出SoftEther這套VPN軟體聞名 。. 2003年,當時身為大學一年級學生的登大遊開發出SoftEther 1.0,此軟體實現 … 子どもの抜けた歯 どうしてる? タスクの進捗に応じて成長する“植物ディスプレイ”、やる気向上にも 阪大と東北大「PlanT」開発, アライドテレシス、テレワーク向けの次世代ファイアウォール機器などを割引提供する期間限定キャンペーン, テレワーク環境を変革した“夢のシステム”は、なぜ2週間で完成したのか 天才プログラマーが語る理由, NTT東日本に聞く、ローカル5Gの取り組み 地方創生に向け産学連携で自治体をサポート, 海外企業に独占される車載半導体業界に切り込む、 「芯馳科技(Semidrive)」が約80億円を調達. IT業界に身を置く人なら、情報処理推進機構(IPA)から「スーパークリエータ/天才プログラマー認定」を受けた「登大遊」の名を一度は聞いたことがあるだろう。高いセキュリティレベルと、高速なスループットを兼ね備えたVPNソフト「SoftEther」を開発し、2000年代前半からその名を轟かせてきた登氏は現在、IPAに所属するかたわら、筑波大学の准教授や、自らが学生時代に起業したソフトイーサ社の代表を務めている。, 登氏はこれらの仕事に加え、4月1日付でNTT東日本に非常勤社員(特殊局 特殊局員)として入社。NTT東日本とIPAの共同施策として、シンクライアントVPN「シン・テレワークシステム」の開発に携わってきた。, シン・テレワークシステムは、ユーザーが自宅にあるPCに専用アプリをインストールすると、オフィスなどにあるPCを遠隔操作できる仕組み。無料で利用できるだけでなく、セキュリティ性能が高い点と、煩雑な利用手続きが不要な点が、コロナ禍において急な在宅勤務を強いられたビジネスパーソンから支持され、11月4日時点でユーザー数は8万6978人に上る。, そんな幅広いビジネスに取り組む“天才”登大遊氏と、同氏をNTT東日本に誘った山口肇征氏(特殊局 特殊局員)が、10月末にオンラインで開催された「CEATEC 2020 ONLINE」の講演に登壇。シン・テレワークシステムの開発秘話などを紹介した。, 講演で明かされたところによると、両氏が勤務する「特殊局」は、「β版→無償公開→サービス化」というプロセスで、サービスを素早く開発することに特化した組織。NTT東日本はこれまで同様のプロセスを採用しておらず、この部門ができたのは4月1日のこと。新型コロナウイルスの感染が拡大し、いつ緊急事態宣言が出されるか誰もがやきもきしていたころだ。多くの企業でリモートワークがスタートし始めた時期でもあった。, そんなときに登氏がNTT東日本に入社したきっかけは、特殊局の立ち上げ前に山口氏と出会って意気投合したことだという。山口氏によると、NTT東日本に非常勤という制度はなかったが、「登さんと仕事をしたい」という一心で約半年かけて社内調整を進め、制度を作って迎え入れたという。, そして登氏は、入社からわずか3日後の4月4日に、コロナ禍を踏まえて「リモートワーク用のシステムを作りたい」と提案した。これが後のシン・テレワークシステムになるわけだが、提案後すぐに社内稟議が通るなど、かなりの早さで準備が進んだ。実証実験としてリリースしたのは、提案から17日後の4月21日。開発費用は65万円だったという。, “爆速”でリリースできた技術的な要因は、SoftEtherのソースコードを利用していることや、以前から登氏が研究用として運用していたNTT東日本のダークファイバー(他者に貸し出すために敷設した光ファイバー)を利用していることだという。, 開発費を抑えられた理由は、高価な大手メーカー製のハードウェアを一切用いず、約50台のRaspberry Pi、一般消費者向けのPC、「ヤフオク!」で落札したネットワーク機器などを使ったことだとしている。, ただし登氏によると、シン・テレワークシステムを生み出すことができた“真の理由”は、技術やハードウェア面の工夫ではなく、学生生活や社会人生活を通じて創造性を培っていたことだという。創造性を伸ばすことができた背景には、所属する組織に、彼の振る舞いを「けしからん」と叱りながらも自由な取り組みとして黙認してくれる土壌があったからだとしている。, 例えば、筑波大学在籍中に開発したSoftEther自体が「けしからん」ものだった。というのは、SoftEtherを企業や自治体に無償配布し始めた約15年前、ユーザーから「VPNとしての性能が強力な割には、利用が簡単すぎてセキュリティに悪影響が出る」「自治体のファイアウォールを貫通した」などのクレームが舞い込んだという。それを受けた経済産業省が慌てて、登氏に配布停止の要請を出す事態になった(のちに配布を再開)。, 他国の政府から「けしからん」と目を付けられることもあった。例えば、とある中国人ユーザーが、中国政府のネット検閲システム「グレートファイアウォール」を突破するためにSoftEtherを使用。検閲システムの管理者はこれを問題視し、中国のユーザーがSoftEtherを利用できないようにした。, そこで登氏はSoftEtherを拡張し、中国政府が簡単に遮断できないようにした。これを受けて中国政府が対抗策を講じるなど、攻防は何度か続いたという。, 登氏は、こうしたトラブルを経験しながらも、めげることなく「もっと面白いことがやりたい」と発奮。筑波大学の研究室で飼っているハムスターの様子をネットで中継するなど、さまざまな研究を行った。独自の研究を行う中で、ネットワークの混雑などの問題をたびたび引き起こしたが、大学側は「また変な通信実験をしているのだろう。仕方ない……」と黙認してくれたという。, 登氏は学内での実験では満足できず、つくば、水戸、銀座、渋谷、丸の内、大手町、池袋のNTTビルに自前のネットワーク設備をコロケーションし、独自の実験用IP網を構築した。自前の広域網ということもあり、実験を自由に行えることから、街中でも数々の“遊び”を実施。実験のコストは、学内スタートアップとして起業したSoftEtherから得る利益でまかなった。このときに構築した超低遅延のネットワークがその後改良され、シン・テレワークを支えるバックボーンになっているという。, 登氏がこうした「けしからん」実験と並行して改良を重ねた結果、最新版の「SoftEther VPN」は現在、全世界の480万ユーザーのサーバで動作し、数百万人が利用する著名サービスへと育っている。, だが今の日本では、登氏のように自由な発想のもとで画期的なサービスを生み出せる人材はまれだという。登氏の見立てでは、日本の大企業には世界と比較して勝るとも劣らない、優秀な若い人材や設備などがそろっている。しかし、GAFA(Google、Amazon.com、Facebook、Apple)のようなプラットフォームを生み出せる人はあまりいないとみている。, その理由について、登氏は「日本の大企業に、若い人のアイデアを生かせる環境がないことだ」と指摘。日本企業が一皮むけるためには、若い人による独自のプログラミングや実験を黙認したり、ネットワークを自由に使える土壌や環境を整えることが重要だと説いた。, これまで述べた通り、登氏の学生時代は、遊び感覚で面白いプログラムを書くことや独創的な実験を行うことを許してくれる環境があった。そこからは同氏だけでなく、可能性に富んだ人材がたくさん登場し、大企業などに入社した。だが現状、多くの若い技術者は、組織の論理のもとで“大人”にならざるを得ず、独創性や創造性を失ってしまっているという。, こうしたケースを防ぐためにも、独創的な実験やプログラミング、ネットワーク利用を黙認する寛容さが組織に求められると登氏は訴える。, 「Mosaic、WinNuke、BackOrifice、Napster……。世界中のモノ好きがPCやネットで遊びながらこれらのサービスを生み出し、無限の可能性を感じた時代があった。この時の若手の成長が、次の30年の全てのICTビジネスの基礎となった。(日本企業は)この『けしからん』時代を思い出そう」(登氏), 「シン・テレワークシステム」 NTT東とIPAが緊急開発 無料・登録不要のVPN 筑波大や角川など協力, 社内システム使えず「テレワークできない」→4000人がVPN同時接続 シオノギ製薬グループの“激動の5日間”, 「在宅勤務を標準へ」――1万5000人がテレワークする日立、セキュリティで見直したことは?.