午後4時2分、支店長は犯人の指示通りに珈琲待夢という喫茶店に現金4500万円を持参しました。午後4時14分に喫茶店に犯人からの電話が入ります。, 犯人は「カーオアシス甲府南というガソリンスタンドで待て」と支店長に指示します。午後4時59分に待っていたガソリンスタンドに犯人からの電話がなりました。今度は中央高速上り線104キロ標識のところで現金を投げろというのです。この場所はガソリンスタンドから3.2キロのところでした。犯人は5分以内にやれと指示しました。 愛人は合法滞在許可が無かったため、3か月に一度は韓国に帰国していましたが、そのときは同行して韓国でも豪遊していました。, 宮川豊の妻は看護婦をしていました。夜勤などがあり忙しく、家庭をフォローしてくれる宮川豊に感謝していました。妻は宮川豊の浮気を知っていましたが、こうしたことを考えたのか、何もいわなかったようです。見かねた義母が注意したこともありましたが、宮川豊は浮気を否定します。 週刊文春の速報スクープが現実のものに!」, 【CitizenJournal】は一般人の目線で日常に密接している話題を考察した情報を配信するWebマガジンです。, 主に日々の仕事や生活に追われて、煮詰まりかけている20代から40代の人々のテンションを掴む情報を提供しています。.

「甲府信金女子職員誘拐殺人事件」とは、1993年8月10日午後5時40分頃、甲府信用金庫・大里支店に勤めていた入社4ヶ月目の内田友紀さん(当時19歳)が、山梨日日新聞発行の月刊『ザやまなし』の取材を装った男から取材を受けるため、小瀬体育館に向かい、その後行方不明になった事件。 翌11日午前8時15分、友紀さんの父親が大里支店に出向いて「娘が帰宅していない」旨を伝え、その5分後、大里支店に犯人の男から電話が入る。 用件は11時までに4500万円の身代金を用意しておくこと。 その後も男 … ここで警察は大きなミスを犯します。犯人は5分以内にと指示をしたにもかかわらず、警察は現場周辺の配備などに手間取ってしまいます。警察は人質の安全よりも犯人逮捕を優先してしまったのです。支店長が指示された場所に到着できたのは、50分後の午後5時54分でした。これを機に、犯人との連絡は途絶えてしまったのです。, 身代金受け渡しに失敗した日から6日後の8月17日午前11時ごろ、静岡県富士宮市の富士川で内田友紀さんの遺体が発見されます。内田友紀さんの遺体は下着1枚の状態で発見されていて、首にはテープが巻かれていました。司法解剖の結果で、死因は首を絞められたことによって生じたショック死という結果となりました。 TENNの残した爆弾で離婚と相成るか?.

進撃の巨人を送り出した講談社・編集長の動機は?!



人質の安全を第一として報道を規制していた警察は、内田友紀さんの遺体発見を機に公開捜査に切り替えます。山梨県警は事件の詳細をマスコミに知らせます。また8月11日午後3時6分に成功した犯人からの電話の録音を、8月20日午後5時過ぎにマスコミ各社から世間に公開放送します。 山梨県甲府市でおきた甲府信金女性職員誘拐殺人事件をご存知ですか。この事件では鈴木松美さんの声紋プロファイリングで犯人が捕まりました。なぜ内田友紀さんが犠牲になったのでしょうか。甲府信金女性職員誘拐殺人事件が解決した後に広まった、ある噂についても調べてみました。, 甲府信金女性職員誘拐殺人事件は、今では当たり前になっている技術が無かったために、様々な憶測を呼んだり不手際があったりした事件でした。2017年1月にテレビ朝日系で放送された『トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン3時間スペシャル』では当時の実写映像を使いながら紹介されています。, 甲府信金女性職員誘拐殺人事件は、1993年8月10日で発生しました。このとき犯人が使った現金受け渡しの方法は、1963年公開の黒澤明監督映画『天国と地獄』を参考にしたとされています。身代金の要求は、被害者の家に対してではなく、甲府信用金庫に対して要求されていました。, 山梨県民には馴染みのある山梨日日新聞社発行の『ザ・やまなし』という月刊誌があります。この雑誌の記者と名乗る男から、取材依頼の電話が甲府信金本店にかかってきます。8月10日午後2時50分のことでした。内容は、この雑誌の特集ページである「輝いて」というコーナーで信金の女性を紹介したいというものでした。 これを受けたマスコミは「犯人は3人か?!」と報道し始め、この報道をみた人たちは犯行は複数の人間によるものだと思い込むようになります。

警察の失態の犠牲になったともいえる、内田友紀さんです。第二の内田友紀さんを生まないためにも、警察は今以上に安全第一の捜査をすべきです。また、第二の内田友紀さんの父親を生まないためにも、報道のあり方を今一度検討すべき時期に来ているといえます。.

甲府地検は東京高等裁判所に控訴します。ところが東京高等裁判所は控訴を棄却します。その後は甲府地検も弁護側も上告しなかったので、1996年5月1日に宮川豊の無期懲役が確定しました。, この事件は、思いつきの犯行でした。映画を参考にした事件でしたが、緻密な計算などまったくありませんでした。信金に要求した4500万円という金額も「以前借金の計算をしたときに出てきた数字を、たまたまそのときに覚えていたから」と宮川豊は自供しています。内田友紀さんを誘拐したことも「たまたまネームプレートをみたから」と自供しています。 1人の関連した. その男性は名前も明かさず. 【久留米市】大竹しのぶが演じた福岡看護師保険金事件の犯人の名前とマインドコントロール(洗脳)の方法に迫る!【黒い看護婦】. 甲府信金女子職員誘拐殺人事件は1993年8月10日に発生した身代金目当ての事件。 これは、音の捜査官と異名をとる鈴木松美氏音声解析によって、解決に導かれた事件である。 が、ここでは犯人として逮・・・ 鈴木松美さんの声紋プロファイリングは見事なもので、犯人逮捕後に照会したところほぼ完全に一致していました。鈴木松美さんが声紋から分析した犯人像はマスコミによって報道されます。これを聞いていた宮川豊の知人であった建設業社長は犯人が宮川豊かであると確信します。何度も宮川豊に問い詰めましたが、そのたびに否定されます。 週刊文春の速報スクープが現実のものに!



1993年、甲府信金の女性職員が誘拐された「甲府信金女子職員誘拐殺人事件」の真相が、1月5日放送の「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」の3時間スペシャルで解明される。, 誘拐されたのは、当時、甲府信用金庫・大里支店に勤めていた入社4ヶ月目の内田友紀さん(当時19歳)。, なかなか犯人にたどり着けない中、音声解析のプロが脅迫電話の声から犯人像に迫ることになる。, 犯人だった宮川の家族には、看護婦をしている妻と2人の子どもがおり、近所では穏やかな性格で通っていたのだという。, 「甲府信金女子職員誘拐殺人事件」とは、1993年8月10日午後5時40分頃、甲府信用金庫・大里支店に勤めていた入社4ヶ月目の内田友紀さん(当時19歳)が、山梨日日新聞発行の月刊『ザやまなし』の取材を装った男から取材を受けるため、小瀬体育館に向かい、その後行方不明になった事件。, 翌11日午前8時15分、友紀さんの父親が大里支店に出向いて「娘が帰宅していない」旨を伝え、その5分後、大里支店に犯人の男から電話が入る。, その後も男から身代金の受渡し場所や時刻を指定する電話が入るが、警察が録音に成功したのは3回。, そして、用件通りに現金を指定の場所に持っていくも、指定場所を変更されると同時に警察のミスなども重なって犯人を取り逃がしてしまう。, 結局、身代金受渡しが失敗に終わった日から6日後の8月17日、自宅から50キロ離れた静岡県の富士川左岸で、誘拐された内田友紀さんが、帰らぬ姿で発見された。, すると今度は、3日後の20日午後5時すぎ、犯人からの脅迫電話を録音したテープが報道各社から公開され、男の声を分析しようということから、声紋鑑定の第一人者である日本音響研究所の鈴木松美所長に分析を依頼。, 宮川は「あまりに自分のことが報道されて逃げ切れないと思った」と自ら出頭してきた理由を述べたという。, 宮川がこれほどの借金をしたのは、山梨いすゞのセールスマンとして販売実績を上げるために架空販売契約などを繰り返したため、その未収金が多額となり、再三、山梨いすゞから未収金の処理を求められるようになったからだ。, また、宮川には看護婦をしている妻と2人の子どもの家族があったというが、2年ほど前から韓国バーで知り合った韓国人ホステスの愛人に入れ込んでいたこともあって、この愛人のために市内に3LDKの一軒屋を家賃月4万2000円で借りていた。, 録音テープが公開された日の翌21日にも友人から100万円を借りて愛人のいる韓国へ逃亡していた。, しかし、宮川は韓国へ逃亡したものの、いずれは逮捕されると思い、友人からの説得もあって、日本に帰国して警察に自首することにしたという。, 甲府信金女子職員誘拐殺人事件の犯人・宮川豊の生い立ちは1973年3月、山梨県立農林高校卒業後、市内のガソリンスタンドに入社。, 1982年に系列の「山梨いすゞ」に移動。事件当時は大型車販売第二課・係長という役職についていた。, 当時、家族と5人暮らしだった宮川は、まじめなところもあり、明るく気さくな性格で、近所の小中学生とソフトボールを楽しみ、「宮川のおっちゃん」と親しまれていたという。, 普通の家庭に育つ生い立ちに、犯行の動機は借金の返済に困ったからというありふれたものだった。, その後、宮川には甲府地裁が「犯行は計画的で責任は極めて重大だが、自ら自首、深く罪を反省している」として無期懲役を言い渡した。, 検察側が判決を不服として控訴したが、東京高裁は1審の無期懲役判決を支持し、控訴を棄却。, この事件には犯人逮捕後の10月に「被害者の父親が加害者と顔見知りであり、共謀して被害者を殺害した」という噂が流れたこともあった。, 当然根も葉もない嘘であったが、当初の複数犯説を信じる者がいたり、父親の記者会見の印象をよく思わなかった者がデマを流したものと思われる。, ゴールデンステートキラー事件の犯人ジョセフ ジェームズ ディアンジェロの生い立ちは?(シリアルキラー未解決). 後に判明したことですが、この電話は内田友紀さんの友人の母親からのものでした。家に帰らない娘が内田友紀さんと一緒にいるのではないかと電話をかけてきたのです。このとき名乗りづらかったので、同僚のふりをしたと証言しています。, マスコミは内田友紀さんの父親が棺にすがりつき号泣するシーンを繰り返し放送しました。このため山梨県内では事件発生から犯人逮捕後も、父親は宮川豊と知り合いだったと噂します。また父親は娘に生命保険をかけていたとも噂します。さらに繰り返し放送されていた号泣シーンをいかにも怪しいと噂します。

宮川豊はこのままでは逮捕されるのは時間の問題だと感じ、この知人から100万円を借りて愛人のいる韓国に逃亡しました。, 宮川豊は韓国に渡ったものの、言葉は通じず生活はできないことを痛感します。また、これだけはっきりと鈴木松美さんに断言され、自分自身の情報が世間に広まってしまっては逮捕されるのは間違いないとあきらめます。

架空契約の穴埋めに借金をし、その借金の一部の金で愛人との豪遊をします。借金に借金をかさねた結果、犯行前には7000万円ほどの借金になっていました。愛人のために借りた家も、事件当時の2か月は滞納していました。実母から870万円、知人からも1000万円単位で借金をしていました。, 公開捜査に踏み切ってからも有力な情報が無かった山梨県警は、1986年7月に山梨県に設立されていた有限会社日本音響研究所に、犯人がかけてきた身代金要求の録音テープの分析を依頼します。このときの所長が声紋鑑定の第一人者の鈴木松美さん(当時)でした。

進撃の巨人を送り出した講談社・編集長の動機は?! 最大の問題は山梨県警の人質の安全第一を考えなかった捜査です。次に問題なのは重大事件が起こるたびに問題になるマスコミの報道のあり方です。, 内田友紀さんの父親はあらぬ疑いをかけられました。これはマスコミの報道のされ方によるものです。事実だと分かっていない段階であっても、一刻も早く報道することが優先されることは問題があります。SNSが普通になった現代では情報は瞬時に世界に広がるので、さらに報道のあり方が問われる時代となりました。 対応の問題か、犯人の. 犯行の直接の引き金になったのは、この立場からによるものとされています。営業成績の悪かった宮川豊は営業成績を上げるために架空の契約をでっちあげ、その金額を会社に支払うために金融機関などから多額の借金をし始めます。, 当時の宮川豊は家族と5人暮らしでした。宮川豊は気さくな性格で、近所でも子供と遊んでくれるまじめな普通の人といわれていました。それは表の顔であり、裏の顔は違っていました。仕事のストレス発散のためか、スナックなどで知り合った女性と付き合うことが多々あったのです。そして10万円のチップなどをばら撒くような豪遊をするようになります。 県内の新聞を発行する. ただ、ヒントでは.

根も葉もない噂は1993年10月ごろから出回り、11月には山梨県内の広い範囲で噂されていました。地元の人の目には父親の言動がわざとらしく見え、それが悪意のある噂を生んだのでしょうとされています。, 甲府信金女性職員誘拐殺人事件は、逃げられないと思った犯人の宮川豊が自首することで終結しました。残念ながら、人質だった内田友紀さんは遺体で発見されるという最悪の事態で事件の幕を閉じます。この事件の犯人逮捕後について調べてみました。, 自首とは、犯人自らが犯罪事実を警察などに申告することを指すはずです。宮川豊の出頭は、犯人が特定されてきた後の出頭でした。このため、この出頭を自首とみなすどうかが論点となりました。甲府地検は宮川豊が犯人と特定されたあとに出頭してきたので自首は無効とし、死刑を求刑しました。, 甲府地方裁判所で第一審が開かれ、宮川豊は犯行を全面的に認めていました。論点は自首を認めるかどうかという点だったのですが、審議の結果、甲府地方裁判所は自首の成立を否定したものの無期懲役の判決を下しました。 甲府信金誘拐事件についてはWikipedia(ウィキペディア)もありますが、概要や犯人などについて簡単にまとめます。 事件は1993年8月10日に発生… ○14:50ごろ 甲府信金に、山梨日日新聞社発行の雑誌『ザやまなし』の記者を名乗る男から、地元で頑張っている女性を取り上げるコーナーの取材依頼が入ります。 電話で指名されたのは、入社4カ月の女性社員である内田友紀さん(当時19歳)。 ○17:40~18:00ごろ 上司の承諾を … 精神的な問題で. 今回皆さんに向けて 暴露するネタは 今から24年前の93年に 山梨県の甲府市の とある支店で発生した 犯人が1... 記事を読む 甲府信金女性職員誘拐殺人事件の被害者は内田友紀で犯人は宮川豊の裏! 内田友紀さんの死因は窒息によるショック死でしたが、宮川豊は「騒いだから口にタオルを押し込んで、その上から粘着テープをまいたら気絶したから、驚いて川に捨てた」という供述をしています。川に捨てたのも「いつか海に出るだろうから、そしたら見つからないだろうと思った」と供述しています。発想がとても幼いです。 8月24日午前5時、知人である建設会社社長に付き添われて犯人の宮川豊が山梨県警所轄の警察署に出頭して逮捕されました。, 録音された身代金要求の電話の声は落ち着き、頭脳明晰な犯人ではないかと思われていました。警察の逆探知もうまくかわして現金受け渡しに関しても工夫をしていることから、緻密に計画を練った誘拐事件と思われていました。このような事件の犯人の宮川豊とは、どういった人物だったのでしょうか。, 宮川豊は1973年3月に山梨県立農林高校を卒業します。その後、山梨市内のガソリンスタンドに入社しました。1982年に、このガソリンスタンドの系列である山梨いすずに転職します。事件当時は大型販売第二課係長でした。いわゆるセールスマンで、企業向けの1台1000万円近くする大型バスなどの販売を担当していました。 地方で配布される. 初めは知人の建設業者社長の説得にも応じず韓国に逃亡した宮川豊でしたが、観念したために23日に韓国から帰国します。そして社長に付き添われて24日の早朝に出頭したということです。, 現代社会のようにSNSで情報が瞬時に知れ渡る時代とは違い、当時はテレビニュースなどから得られる情報だけが頼りにされていました。そのためマスコミ各社が報道する情報に世間が振り回されることも多々起こりました。甲府信金女性職員誘拐殺人事件にまつわる2つの噂を調べてみました。, 身代金受け渡しに失敗した8月11日の深夜、内田友紀さんの家に女性の声で「信金のマツモトですが、友紀さんいますか?」と電話が入ります。信金にはマツモトという名前の職員はいませんでした。これまでの事件の流れから捜査本部では3人ほどのグループが犯行に関わっていると思い込みます。 女子職員誘拐殺人事件 “に. 女性職員が奪われる. これは、音の捜査官と異名をとる鈴木松美氏音声解析によって、解決に導かれた事件である。, 1973年に同校を卒業後は甲府市内のガソリンスタンドに就職した後、自動車販売会社【山梨いすゞ自動車】に移る。, 看護師をしている女性と結婚し、2人の子供をもうけており、会社では大型販売第二課係長という要職についていた。, 宮川豊の実家は代々、続く農家であり、長男である彼は積極的に農作業にも従事しており、地域活動にも貢献している人望の多い男であった。, また、近所の子供たちからも『宮川のおっちゃん』と、呼ばれ親しまれており、子供たちとソフトボールなどをして親睦を深めていた面を持つ。, 借金の内訳は山梨いすゞにおいて、自らの販売実績をあげる為に、架空の販売契約などを繰り返していた。, 未収金はあっという間に多額なものになり、山梨いすゞにその処理を求められる様になっていた。, それだけではなく、事件を起こす2年前の1991年頃から、いきつけの韓国バーで知り合った韓国人ホステスを愛人としていた。, この韓国人ホステスの為に同じ甲府市内に一軒家を借り、愛人が韓国に帰国すると、宮川豊も韓国におもむき、一緒に豪遊していたのだ。, こうした経緯から、多額の借金を背負いこみ、甲府信金の女子職員を誘拐し、身代金をせしめる犯行を企てたのだ。, 宮川豊は鈴木松美による声紋分析が、あまりにも自分の特徴に合致していたことに恐れて、自首したことにより逮捕された。, が、後に宮川豊には共犯者がいたのではないか?と、いう噂が事件が起きた山梨県内で飛び交った。, そして、その犯行グループには、宮川豊に命を奪われた内田友紀の父親が加わっていたというものであった。, と、いうのも身代金の受け渡しが行われた日の夜に、内田友紀の実家に不審な電話が入ったことから、捜査本部は誘拐は複数の人間で行われていると見てしまった。, こうした報道を見た山梨県内の人々は、宮川豊が逮捕された後も、誘拐はグループによって行われたものであると、いう先入観を持っていた。, そして、噂されたのは、内田友紀の父親と宮川豊は知り合いであり、父親は娘に保険金をかけていたなどと言う噂。, また、マスコミの前で父親が号泣している様が、いかにもわざとらしく怪しいという心無い中傷が飛び交ったのだ。, 実際は宮川豊の単独犯行であり、内田友紀の実家に入った不審な電話も、実は内田友紀の友人の母親であったことが分かったが、父親にしてみれば非常にやるせないショッキングな噂であったろう。, その時、裁判所では宮川豊に向かって、内田友紀の母親が、泣き叫びながら、『友紀ちゃんを返して!』と、言い放ったという。, 宮川豊の検察側は甲府地裁の判決に不服を申し立てて、控訴するも、翌年の1996年4月16日に東京高裁において、控訴を棄却されて、宮川豊の無期懲役が確定した。, 「朴鐘顕を逮捕! 残酷な展開へ進みます…! 朴鐘顕を逮捕! 甲府信金女子職員誘拐殺人事件 【事件概要】 1993年8月10日、山梨県甲府市で、甲府信用金庫大里支店の職員の内田友紀さん(19歳)が新聞記者を名乗る男に誘拐された。同月17日、内田さんは静岡県富士宮市の川岸で遺体となって発見された。 犯人は8月10日午後2時ごろに給油に立ち寄ったガソリンスタンドで月刊『ザやまなし』を見て、この計画を思いつきました。ガソリンスタンドの近くには県内信金トップである甲府信金大里支店があり、そこでは顔を知られていないと思いつきました。

Copyright (C) 2020 CitizenJournal All Rights Reserved. 山梨県甲府市でおきた甲府信金女性職員誘拐殺人事件をご存知ですか。この事件では鈴木松美さんの声紋プロファイリングで犯人が捕まりました。なぜ内田友紀さんが犠牲になったのでしょうか。甲府信金女性職員誘拐殺人事件が解決した後に広まった、ある噂についても調べてみました。 会社へのつじつまあわせと豪遊するために、色々なところから借金をしていたのです。1992年7月ごろに韓国人女性に出会い、秋には愛人関係契約を結びます。1993年2月には山梨市内に平屋一戸建て3LDKの家を家賃42000円で借りて愛人に住まわせます。 阿部力の現在がヤバすぎる! 嫁は中国人女優の史可(シークー)! その後、午後1時35分と午後3時6分に身代金受け渡しの場所や時刻などについての電話が鳴ります。犯人からの電話は合計9回ありましたが、そのうち録音に成功した電話は3回だけでした。逆探知をするには1分20秒以上の通話時間が必要でした。犯人は逆探知を避けるためか、短時間で電話を切っています。 . “ 甲府信金.

グラビアアイドルとして15歳でデビューした小向美奈子はその後、覚せい剤取締法違反で逮捕されます。そんな小向美奈子の生い立ちから流産経験、様々な彼氏との噂、薬物中毒に至った経緯... 勝海麻衣はCM出演経験のあるモデルであり、銭湯絵師でもありました。しかし、他人の作品のパクリ&盗作疑惑が持ち上がり、現在は銭湯絵師を辞めてシンガポールにいるとされています。こ... 伊藤リオンや石元太一が所属していた関東連合という名前を聞いたことがある人は多いでしょう。市川海老蔵事件でも有名な名前です。ここでは現在の石元太一について詳しくまとめています。... 「鬼畜系」「電波系」の記事を執筆していた鬼畜ライターの村崎百郎は、ファンであった犯人に刺殺されました。本人はその事件を予言していたといいます。この記事では村崎百郎の刺殺事件や... 廿日市女子高生殺人事件とは、かわいいと言われていた北口聡美さんが殺害された事件です。父の忠さんは犯人逮捕のために様々な活動をしたようですが、未解決事件となったようです。廿日市... 東大卒の元ヤンキー起業家として多くのセミナーを開催していた塚本廉は、twitterで学歴と経歴を詐称していたことを認めたようです。実際には会社経営の経験はなく、文京学院大学の... タクシー車内で大暴れし批判を浴びた赤れんが法律事務所の杉山央弁護士は、逮捕されずに罰金のみという略式命令を受けました。その後、事務所の代表や数々の企業の取締役を辞任した杉山央... 元女優岡本綾についてリサーチします。デビュー後、CM出演などもこなし順調だった岡本綾でしたが中村獅童との不倫や飲酒運転事故などスキャンダルや事件にさらされます。その後、表舞台... 加藤みささんという女性を強姦し殺害、遺体をバラバラにして捨てたという恐ろしい殺人犯・住田紘一死刑囚の生い立ちや学歴、犯行動機や判決に至るまでの流れを説明していきます。また住田... オフィスエムアンドビーは芸能界で活躍中のタレント西山茉希などが所属する事務所です。しかし覚せい剤取締法違反で逮捕された社長・池田啓太郎や西山茉希の暴露など良くない話も聞こえて... 広島一家失踪事件とは、とある家族が京丸ダムで無理心中したとされている事件です。しかし動機は不明で「妻の浮気」「日教組」など、様々な憶測が飛び交っています。この記事では広島一家... このページは、アメリカきっての殺人鬼として、映画や小説にも影響を与えたアルバート・フィッシュについてのまとめです。アルバート・フィッシュの生い立ちから起こしてきた事件、人肉を... レッサーパンダ帽男殺人事件は、レッサーパンダ男と呼ばれた山口誠が浅草で起こした事件です。犯人の家族や現在の様子、レッサーパンダ帽男殺人事件の犯行動機や犯罪歴についてもお伝えし... 名倉教文の弟はネプチューンの名倉潤です。また、兄は「ステーキなぐら」を経営している名倉良知です。名倉教文はヤクザであり過去に殺人事件を起こし有罪判決を受けています。現在は出所... 「ガンバル」がモットーの福岡県宗像市の大島産業は社員の頭を丸刈りにして、その様子をブログに掲載するなどのパワハラ騒動で炎上しましたが、現在はどうなっているのでしょうか。大島産... ゲーム配信をしていたくろくろ(ニコ生主)は、発狂をすることで有名です。書類送検をされた後に逮捕されたり、引退や死亡したとの噂も流れています。母親にも迷惑をかけているくろくろの... ノーパンしゃぶしゃぶは、大蔵省接待汚職事件と大きな関わりがあるお店です。この事件は逮捕者や自殺者が出たことで話題となりました。事件現場となったローラン(楼蘭)の現在や、ノーパ... UMK(テレビ宮崎)の柳田哲志アナウンサーの事故の真相をご存知でしょうか。頚椎骨折のため事故後「起こして」と悲痛な言葉を発しています。そんな柳田哲志について、結婚や現在噂とな... 漫画村というサイトの元運営者である星野ロミがフィリピンで逮捕されました。ここでは漫画村というサイトについてや星野ロミの経歴、顔画像、本名、逮捕から現在までを詳しくまとめていま... 海の夢を見た場合はどのような意味があり何を示しているのでしょうか。海の夢といっても、夢の中で海辺にいたり、海で泳いでいる夢であったり、波が印象的な夢であったりと様々なパターン... 甲府信金女性職員誘拐殺人事件とは【犯人・宮川豊/被害者・内田友紀さん】のページです。恋愛や美容関連・占い・ファッション・グルメ・旅行・エンタメなど女性の興味がある分野の情報を幅広く紹介します。.