2020/1/15

国家統計局はモンゴル人に多い名前と珍名を発表した。3月13日現在、モンゴル人口は319万4368人、このうち、多い名前はバトエルデネ(210人に1人)、ホラン、テムーレンなど。珍名はジャーハンチョロー、ジジグゾルガー、ナランマンドハイだ。 日本語で「老」と言えば「老いる」という意味がありますので、年... 中国語で使われる「没」という漢字には、日本語では使われない意味を持っています。

珍名の24位は、お騒がせ氏でしたね。 それでも全国に一軒しかない名字があるのですね。 兄弟とかはいないのでしょうか? 男の子ができなければ、名字がなくなるのではないのか?などいらぬ心配をしまし … この記事は一度削除されています。削除に関する議論はWikipedia:削除依頼/日本の珍姓一覧をご覧ください。, 「珍姓」とは曖昧かつ大胆なタイトルですねぇ。「一般的概念では姓になるとは思えない」の「一般的概念」とは何ですか?もしかして観念のこと?それはどうやって客観的かつ中立的に判断すればいいのですか?--Nonpee 2007年6月1日 (金) 09:26 (UTC), 言われてみるとそうですねぇ。ではタイトルは「珍姓」ではなく「難読姓・稀少姓」、それと「一般的概念~」の部分は削除でどうですかね?それならば曖昧さはないでしょう。難読地名、珍地名の項目もあることだし。--221.245.243.210 2007年6月1日 (金) 09:46 (UTC), いわゆる難読姓名事典なるものもありますから、記事内容の存在価値はあると思います。珍姓という概念自体、書籍でも発刊されているからよく見ますが、学術的な評価はしにくい。難読姓ということで落ち着いたらどうでしょう。その場合、手続きとしての削除はあり得ると思います。--海衛士 2007年6月2日 (土) 13:04 (UTC), もしこの項目を存続させるということならば、難読地名などのようにローカルルールを決めないとダメでしょう。しかし既に難読地名においては記述量がかなりのものとなっていますし、混沌さが目立ちます。この項目をたちあげた221.245.243.210さんや私のほかにもより多くの方に、本項目についての考えを聞きたいです。--Annogoo 2007年6月3日 (日) 07:53 (UTC), 学術的観点からいけば、難読姓ですね。『日本の難読姓一覧』が落ち着くべきところではないかと。--海衛士 2007年6月7日 (木) 23:26 (UTC), このページの編集には「ローカルルール」が適用されます。編集前に、ノートに掲載してある「ローカルルール」を確認して下さい。, まずはこんな感じにしてみませんか。つまり冒頭にこの項目にはローカルルールがあることを明示し、本文では「難読姓」「希少姓」「珍姓」に分けて一覧を表示する。議論の余地はローカルルールも含めてかなりあると思いますが、一応の目安として・・--Annogoo 2007年6月8日 (金) 14:08 (UTC), 試しに大きく改変してみました。ポイントとしては珍姓一覧を難読姓一覧と珍姓一覧に分けたこと。難読姓や珍姓の定義が決まってないので、自分の主観に基づいて適当に分けました。これからのこのページの議論でしっかりとした記事になっていけばいいと思います。--Annogoo 2007年6月19日 (火) 10:29 (UTC)  1文字性や3文字性、4文字性などについてもこの項目で触れるのもありでしょうか?追記--Annogoo 2007年6月19日 (火) 10:35 (UTC), お疲れ様です。かなり良い感じになったと思います。難読姓の定義はまだ簡単な方ですが、やはり珍姓の定義は難しいですね。1文字姓には「鵜(う)」、「尾(お)」、「帆(ほ)」、「与(よ)」など、4文字姓には「久寿米木(くすめぎ)」、「七五三木(しめき)」、「波々伯部(ほほかべ、ほうかべ)」など、珍姓や難読姓と通じるところがありますし、この項で取り扱っても良いと思いますよ。--221.245.243.210 2007年6月20日 (水) 07:54 (UTC), ローカルルールによる制約をかなりきついものにしないとこの項目が成り立たなくなってしまいそうです。とにかく難読姓一覧と珍姓一覧だけでは足りないですね。難読姓とは何かと問われても答えに窮しそうですし。そこで1文字姓や4文字性などで、比較的わかりやすい分類で細分化していくのもアリかなと思います。ただやはり専門の研究者の方でこういうことを取り扱ってる方の意見はもちろん尊重されるべきです。その点ではshimoxxさんの報告が待たれるところです。もしこの記事を細分化していく方向なら1文字姓一覧(韻が一音のものに限る)、4文字性一覧、5文字性一覧、読み方が複数ある姓(濁点などによる違いは除く)などの分類しやすいものを先に挙げておいて、その下でそれ以外のものを難読姓一覧や珍姓一覧にまとめてみるのはどうでしょうか?試案として一応分類してみます。もしダメならリバートしてもらってかまいません。とにかく編集および議論を重ねることでよりよい記事になると信じてますので。--Annogoo 2007年6月20日 (水) 21:03 (UTC)  追記:分類してみました。どうでしょうか?こうなると記事名は『日本の難読姓の分類一覧』みたいな感じにした方がいいかもしれません。このほかにも「仮名交じり姓」や「都道府県名の姓」、「人体の器官名の姓」、「韻が6音以上の姓」など縛りが効くものによる分類もありかと。ただいまだ何をもって難読姓、珍姓なのかがはっきりしないので困ってます。--Annogoo 2007年6月20日 (水) 21:53 (UTC), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ノート:日本の珍姓一覧&oldid=13296623. 日本人が中国語の文章を見て、「没」という漢字が... 漢字は漢の時代に中国から日本に伝わって来た文字であるため、日本語と中国語とでは漢字の持つ意味が同様の場合が多くあります。 国家統計局はモンゴル人に多い名前と珍名を発表した。3月13日現在、モンゴル人口は319万4368人、このうち、多い名前はバトエルデネ(210人に1人)、ホラン、テムーレンなど。珍名はジャーハンチョロー、ジジグゾルガー、ナランマンドハイだ。モンゴル人に多い名前、珍名を紹介する。. 日本には多くの名字がある。日本特有の名字の中から”2016珍しい名字トップ30”と”2016年第2回珍しい名字トップ30”の日本の珍しい名字ランキングトップ30を”名字由来net”が発表!一位に輝いた珍しい名字は?能年はランク外?日本の珍しい名字ランキング調査

しかし、中国にお... 中国語に接していて頻繁に出てくる言葉に「老」を使った言い回しがあります。 日本には多くの名字がある。日本特有の名字の中から”2016珍しい名字トップ30”と”2016年第2回珍しい名字トップ30”の日本の珍しい名字ランキングトップ30を”名字由来net”が発表!一位に輝いた珍しい名字は?能年はランク外?日本の珍しい名字ランキング調査 「遺体臓器移植の拡大」をテーマにした科学会議が10月30日、第 一国立病院で開かれた。今回の会議で第一国立病院、第三国立病... 国連開発計画(UNDP)のモンゴルの持続可能なカシミヤ連合会が10月29日、 生産者(遊牧民)と世界大手カシミヤ・メーカー... 海外同窓会の主催による「キャリア・エクスポ 2020」ジョブフェアは今年「母国で働きましょ... “Mongolian sea buckthorn to the global market” forum takes place, Agtana Khureet festival takes place in Sukhbaatar aimag, トゥブシンバヤル委員長:モンゴルは2022年 冬季オリンピックで金メダル獲得を目指す, Prime Minister works at Ulaanbaatar Railways JSC, 「ディスカバリー・モンゴリア2020」フォーラム 、 「責任ある鉱業発展は経済復興の原動力」を題に開催, WHO releases documentary on Mongolia's COVID-19 response, 音声自動文字変換システム「チメゲ」開発者バドラル社長:AI搭載の国産ロボット開発を目指す, 'Discover Mongolia-2020' mining investors’ forum takes place, International Travel Mart-2020 tourism fair opens in Ulaanbaatar, Health Minister meets UNFPA Representative, SEC suggests to extend COVID-19 border restrictions to December 31, UN Day and UN 75th anniversary celebration in Mongolia, Mongolia’s 30k sheep donation delivered to China, The one leaving a trail of white dust in the great Gobi, PM U.Khurelsukh holds virtual meeting with Deputy Chairman of Security Council of Russia, Mongolia, Russia and China to jointly develop tourism, Preliminary results of elections for Ulaanbaatar’s local councils, Japanese Foreign Minister pays courtesy call on Mongolian Prime Minister, Foreign Minister meets with Japanese counterpart, Total COVID-19 cases in Mongolia at 315, no infection in community, Mongolian parliament opens its regular session with busy agenda, Project to strengthen COVID-19 preparedness launches, ギネス世界記録保持者のツァツラル曲芸師: 曲芸を学ぶためモンゴルに来る人が増えています, President Kh.