先天的に気管の軟骨が弱かったり、気管周囲の筋肉が肥満や加齢で弱まると気管がつぶれ、空気の通りが悪くなります。 酸素と炭素ガスを交換する肺胞が水で邪魔され、呼吸困難が生じます。 明日はまた食べたい気持ちが出るかもしれませんが、このまま何も口にしないのであれば、最後の日は近いのでしょう。 最期のお別れをして虹の橋を渡った「白」 私が中学生だった時に天国に行ってしまった真っ白な毛並みの犬がいました。

呼吸器疾患は緊急な対応が必要になるので、速やかに動物病院で診てもらうようにしましょう。, 上半身を起こした状態でする呼吸は「起座呼吸(きざこきゅう)」と呼ばれ、胸を圧迫すると苦しい時などに見られる姿勢です。, 舌の色が紫になっているのは「チアノーゼ」と呼ばれる状態です。すぐに病院へ連れて行ってください。, 犬の気管支炎(きかんしえん)とは、気管に炎症が起きる病気です。ウイルスや寄生虫の感染、ハウスダストやタバコなどの化学物質、誤飲等が原因で起こります。

ただし、犬の身体や運動量には個体差があるため、「この時間で息切れしたら」「この運動量で息切れしたら」といった、異常を見分けるための明確な判断基準がないのが難しいところです。 また、左心室で起きることが多い特徴があります。, 【獣医師監修】犬の呼吸が早い・荒い・苦しそう・息切れしている。この症状から考えられる原因や病気は?, 本サービスでの獣医師・獣医療従事者等による情報の提供は診断・治療行為ではありません。, 本サイトに掲載された情報等のご利用により万一何らかの損害が発生したとしても、弊社は一切責任を負いません。.

口腔内メラノーマ(悪性黒色腫)という腫瘍についての記事を書きましたが、犬の口の中にできる腫瘍は他にもあります。良性の腫瘍もありますが、悪性腫瘍、いわゆる口腔癌はメラノーマだけではありません。口腔は食事をするのにとても重要な器官です。 もしも呼吸が荒くなっていれば、積極的に休ませてあげてください。, 犬は人間のように汗をかくことができないため、呼吸を通して体温調節をしています。 これを医学的には「運動不耐性」と言い、一般的には「息切れ」と言います。

後天的なものに関しては、以前の状態と比べることが出来るので見つけやすいでしょう。, 高齢でもないのに、運動でハアハアして座り込んでしまったり肩で息をするようになったら、要注意です。 それでも酸素の供給が間に合わなくなると、立ち止まってしまったり、座り込んでへたったりします。 咳や食欲不振、元気消失のほか、重症になると呼吸困難を引き起こすこともあります。, 犬の気管虚脱(きかんきょだつ)とは、気管がつぶれ、呼吸困難になる病気です。 呼吸器や心臓の疾患は、遺伝など先天的なものと、成長過程で起こる後天的なものがあります。 進行とともに咳や呼吸困難が悪化し、口を開け、前足をつっぱったような姿勢をとります。, 犬の僧房弁閉鎖不全(そうぼうべんへいさふぜんしょう)とは、心臓の左心房と左心室の間にある僧帽弁がきちんと閉じなくなり、血液が逆流する状態です。 犬が口をパクパクさせている時というのは、犬の心理状態に何かが起きている時です。また、気持ちの変化だけでなく、頻繁に起こるようであれば病気の可能性もありますので、見逃してはいけないサイン … 健康な犬の呼吸は1分間に15~30回と言われ、それよりも早くて浅い呼吸を「パンティング」と呼びます。 そのため、飼い主が愛犬の普段の様子をよく見てあげることが重要になります。 異物を飲み込んでしまった場合は、すぐに病院へ連れていきましょう。, 安静時でも呼吸が早かったり、荒くなったりしている場合では、おもに、呼吸器や心臓の疾患が考えられます。 運動したり興奮すると咳が現れ、悪化すると呼吸困難に陥ります。

体外から酸素を早く補給するために、息が早くなることがあります。 犬の呼吸がハアハアと荒く苦しそうだったり、息切れしていたりすると、飼い主は心配でたまらないですよね。犬の呼吸が早い、苦しそうといった症状は、どんなことから起こるのでしょうか。 老犬に、首が傾いたりふらつきながら旋回したりという症状が突然現れた時、前庭疾患と診断されることが多いようです。人の病気としては馴染みのない病名ですが、前庭疾患とはどんな病気なのでしょう?その症状は他の病気、代表的なものでは脳腫瘍とも共通する 運動後や暑い時に起こるパンディングは生理現象なので、安静にしてまもなく落ち着けば問題ないでしょう。, 興奮時や、恐怖・緊張・不安な時など、交感神経が優位になったときに呼吸が荒くなることがあります。 「拡張型」「肥大型」「拘束型」に分けることができますが、原因不明の病気です。 細菌や真菌、寄生虫などの感染のほか、吸い込んだ薬物やガス等が原因になることもあります。 呼吸が荒くなり、乾いた咳が出ることもあります。, 犬の肺炎(はいえん)とは、気管支や肺胞などの肺組織に炎症が起きる病気です。 犬が口をパクパクさせている時というのは、犬の心理状態に何かが起きている時です。また、気持ちの変化だけでなく、頻繁に起こるようであれば病気の可能性もありますので、見逃してはいけないサインなのです。, 愛犬と遊んでいると急に口をパクパクさせるという光景を見たことはありませんか?初めて見ると「どうしたの!?」と驚いてしまうかもしれませんが、一時的で終わるのであれば、それは愛犬の心理が隠されていたのかもしれません。, まず1つ目は興奮している時に見られます。この口をパクパクさせるという行動は、自分が興奮してしまった際、気持ちを落ち着かせる為に行う行為なのです。, 例えば目の前でおやつを見せられており、「待て」という指令が出ている際、「待たなければいけないけれど、早く食べたい!」と興奮してしまい、この気持ちを落ち着かせる為に口をパクパクさせるのです。, またある時は、おもちゃで飼い主さんと遊んでいる際、つい夢中になり興奮してしまい、その気持ちを落ち着かせる為に、口をパクパクさせることがあるのです。, この口をパクパクする行為には、ストレスを軽くさせる意味も含まれており、これは発情期のメスが近くにいる際、オスは少し離れているメスの発情期特有の匂いも嗅ぎ取ってしまい、興奮してしまうため、そのストレスを軽減させるために口をパクパクさせることがあるのです。, この発情期のメスが放つ匂いにはフェロモンが含まれており、人間にはもちろんまったく感じ取ることのできない匂いですが、オスの犬には明確に届くといわれています。, そして発情期真っ只中のメスもそのストレスによって口をパクパクさせることがあります。発情期中のメスが口をパクパクさせ始めたら、何かストレスを感じている証拠ですので落ち着かせてあげましょう。, 散歩をしている際に口をパクパクさせていたのであれば、近くに他の犬がいないかどうかを確認してください。多くの場合、向こうから他の犬が近付いてきているのではないでしょうか。, 相手の犬に向かって口をパクパクして見せているのであれば、「僕に敵意はありませんよ」「喧嘩をする気はありません。仲良くしましょう」というカーミングシグナルを相手に送っているのです。, 他にも歯をカチカチさせたり、まばたきをして見せたり、伏せをして見せたりする動作も同じ意味を持っています。, ここまでは犬が口をパクパクさせている時の心理をご紹介してきましたが、これらが頻繁に起こるようであれば病気の可能性も考えられます。今回は口をパクパクさせている時に考えられる代表的な病気を取り上げます。, まずは「てんかん」です。人間でも起こることのある病気です。重い症状になると一時的に意識を失い、痙攣してしまったり、泡を吹いてしまうといった症状が起こりますが、部分発作の場合には、部分的な症状しか見られません。, その部分発作の1つに口をパクパクさせるという症状があるのです。脳の一部が過剰に興奮してしまうことで、部分的に発作が起こっているため、飼い主さんの多くは気付かないこともあるのです。, もしも気になるようであれば、口をパクパクさせている様子を動画に撮り、獣医さんに診てもらうことで、てんかんの症状か、そうでないかを判断してもらうことができます。, フィラリア予防は愛犬にとって欠かせないものですが、万が一フィラリア症を発症してしまうと寄生虫が心臓や肺動脈に規制してしまい、最悪の場合死に至ることもあるとても恐ろしい病気なのです。, フィラリア症の初期症状として、元気が無くなってしまったり、食欲が落ちてしまうといった症状と共に、咳をしたり呼吸が苦しそうになるという症状が挙げられます。, 後者2つの症状によって、口をパクパクさせているように見せることがあるため、フィラリア症の可能性も考えられるのです。この時点で気付く人が少ないため、気付いた時には既に重症になっていたというケースも珍しくありません。, 口をパクパクしているのを見かけたら、フィラリア症初期症状に当てはまる他の症状も出ていないか様子を見ておきましょう。, 気管支炎は気管支が炎症を起こすことで頻繁に咳が出るようになる病気です。人間でもなる事のある病気ですので、ピンとくる方もいるかもしれません。, もちろん、咳の出方などは人間とは異なりますが、「ケ、ケ」といった乾燥したような咳と苦しそうに「ゼー、ゼー」という咳が見られます。この際に口をパクパクさせることがあるのです。, さらに症状が重くなってしまうと呼吸こんなに陥る可能性がありますので、咳が見られた段階で病院へ連れて行くようにしましょう。, いかがでしたでしょうか。心理的な要因から口をパクパクさせていることもあれば、病気が原因で口をパクパクさせていることもあるのです。咳の症状やてんかんの症状が見られましたら、すぐに病院へ連れて行きましょう。, ※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。, 快適にわんちゃんホンポの記事が読める!見やすいカテゴリでみたいジャンルがすぐ見つかる。飼い主と愛犬のための犬専用アプリ。, 犬のために、犬の気持ちを知り、犬と共に暮らす。わんちゃんホンポは、あなたとわんちゃんの共同生活に色付けをする犬専門の情報サイトです。, 口をパクパクさせている姿は多分見たことがないと思いますが、色々な理由があるんですね。とても勉強になります。犬の行動にもいろんな理由があるんだとわかって観察するとおもしろいですし、病気なども早く見つけてあげられるかなと思っています。, 犬が口をパクパク、というイメージがいまいちわかりませんでした。たぶんうちの犬がパクパクさせていることはこれまでないんじゃないかなぁ。開けっ放しとかはあるのですが、パクパクは思い当たりません。でも、だからこそパクパクさせてたら「なんだ?」って異変に気が付くかな。, 気管虚脱の時も口をハクハクさせる時があります。咳が出るので、空気をうまく取り込めなくてしている行動のようです。, この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。. 時間が経ったり、原因となるものがなくなったときに呼吸は正常に戻ることがほとんどです。, 飲み込んだ異物がのどに詰まっているのを取ろうとして、努力呼吸をすることがあります。 犬の呼吸がハアハアと荒く苦しそうだったり、息切れしていたりすると、飼い主は心配でたまらないですよね。犬の呼吸が早い、苦しそうといった症状は、どんなことから起こるのでしょうか。, 犬の呼吸が早くなったり荒くなったり、息切れする原因としては、次のようなものが挙げられます。, 運動時には筋肉が大量の酸素を消費します。 犬が口呼吸をしているのはよく見かけますが、呼吸が苦しそうな際は心配ですよね。犬は基本的に鼻呼吸なので、鼻水や咳を伴って異常に口呼吸をしている場合は心臓病等の病気の可能性もあります。この記事では犬の口呼吸について、口呼吸の理由や考えられる病気について解説します。 遺伝的なものは、6歳から8歳くらいのある程度の高齢になってから影響が出ます。高齢であってもきちんと治療することが大切です。 犬が口呼吸をしているのはよく見かけますが、呼吸が苦しそうな際は心配ですよね。犬は基本的に鼻呼吸なので、鼻水や咳を伴って異常に口呼吸をしている場合は心臓病等の病気の可能性もあります。この記事では犬の口呼吸について、口呼吸の理由や考えられる病気について解説します。, 犬は通常、「鼻呼吸」をしている動物です。しかし、たまにハアハアと口をあけて「口呼吸」をしているときがあります。, あまりにも苦しそうに口呼吸をしていると、病気にかかっているのかと飼い主は不安になりますよね。, それではまず、この見出しでは犬の口呼吸とは何か、口呼吸をするときはどんなときなのかを詳しく解説します。, 哺乳類は基本的に、人間以外は鼻呼吸をする生き物です。つまり、犬は鼻呼吸をする動物であり、健康であれば口呼吸をすることはありません。, 犬が大きく口をあけて「ハアハア」と口呼吸をしていることを「パンティング」と言います。, 人間は体温が上がると汗をかくことで熱を放出しますが、犬は人間よりも汗腺が少ないため口呼吸をすることで体内の熱を吐き出すのです。, 健康な状態であれば、体温が下がれば自然と鼻呼吸に戻りますが、アレルギーや副鼻腔炎などの鼻呼吸がしずらくなる病気にかかることでも口呼吸になるおそれがあります。, なお、犬が口呼吸をしているときに考えられる病気については、次以降の見出しで詳しく解説します。, 犬がパンティングではなく、苦しそうに口呼吸をしているときはどのような病気が考えられるのでしょうか。, 犬はよく散歩をしたり運動をしたりすることで、口をあけて「ハアハア」と口呼吸をします。突然呼吸が荒くなるので、飼い始めの頃は驚いてしまう飼い主も多いのではないでしょうか。, 犬は体温調節が人間のように上手ではなく、そのほとんどを呼吸に頼っています。そのため、体内に溜まった熱を放出するために行う口呼吸のことを「パンティング」と言います。, もし、パンティングをしながら落ち着きがなかったり、震えながらウロウロと歩き回ったりしている様子が見られたら、犬をよく観察してあげてください。, 犬の口呼吸があまりにも異常なときは、以下であげるような病気である可能性があります。, 犬の口呼吸があまりにも異常であり、苦しそうにしていた場合はどのように対処してあげたらよいのでしょうか。, 犬が口呼吸をしながら、以下の様子が見られるようであればすぐに動物病院に連れていってあげてください。, 犬の口呼吸や呼吸困難が起こる原因を取り除くのが困難な場合、原因の治療と並行して「酸素療法」や「薬物療法」が用いられます。, 犬の息苦しさを緩和するための治療であり、空気よりも高濃度の酸素を犬に吸引させます。, 人間とは異なり、犬は酸素マスクを着けさせることが困難であるため、酸素室を用いてケージ自体の酸素濃度を調整するといった方法が取られます。, 気管支拡張剤やステロイドを含む抗炎症剤などを使い、犬の口呼吸を楽にしてあげる治療です。, 口呼吸の症状によっては、息苦しいという自覚症状を緩和させるために、鎮痛剤を使うこともあります。, このように、犬の口呼吸にはさまざまな治療法があります。どの治療法が取られるかは症状や犬の状態によって変わるため、動物病院でしっかりと診てもらうことが大切です。, 鼻がぺちゃっとしていて愛嬌があるフレンチ・ブルドッグやパグ、チワワやスパニエル系などは、「短頭犬種」といわれる犬です。, これらの犬種は、鼻孔や気道がほかの犬種に比べると狭いため、呼吸器系の病気にかかりやすいという特徴があります。, 犬の口呼吸で動物病院にかかったとき、かかる治療費はすべて飼い主の自己負担になります。, 症状が悪く手術や入院が必要になったり、通院が必要になったりした場合、治療費の工面が大変ですよね。, 急な出費を備えたい方や、ペットのもしものときのためにおすすめするのが「ペット保険」です。, ペット保険に加入しておけば、ペットにかかる医療費の負担が軽くなるので出費がかさむことがありません。また、商品によっては病院の窓口で清算できるため、支払後に請求する手間も省けます。, ペット保険と言いましても、さまざまな商品を取り扱っていますので、ぜひ一度チェックしてみてください。ほけんROOMでは、一括比較サービスやペット保険に関する記事を取り扱っていますよ!, 犬の口呼吸とはなにか、パンティングや口呼吸をしているときに考えられる病気などを詳しく解説しましたが、いかがでしたでしょうか。, この記事を読めば、犬が口呼吸をしているときにすぐに病院に連れていくべきなのか、どんな対処法があるのかなどがわかるでしょう。ぜひ、最後までご覧ください。, いずれにせよ、犬が苦しそうにしている様子が見られた場合は、早めにかかりつけの動物病院に連れていってあげましょう。, 不調のサインを逃してしまうと、重大な病気を見落とす原因につながるため注意が必要です。, 日ごろから犬の様子をよく観察して、口呼吸をしているときはとくに細かく見てあげることが大切です。, 犬によっては、動物病院に連れていくことで恐怖を感じてしまい、パンティングをするケースもあるようです。, ストレスによる口呼吸は、飼い主がいち早く原因を突き止めて、不安を取り除いてあげることが大切です。, 体温が特別に高いわけでもなく、苦しそうに犬が口呼吸をしている場合は、できる限り早く動物病院に連れていってあげましょう。, 口呼吸をしていることで考えられる病気はたくさんあるため、飼い主が症状を診て判断することは難しいと言えます。, また、何時から口呼吸をしているかなど、問診の際に医師に聞かれることは多いため、異常だと思われる点は忘れないようにメモをしておくと安心です。, これらの病気にかかると、パンティングや呼吸音に異常があらわれるため注意が必要です。また、短頭犬種以外にも老犬も口呼吸しやすいため、日ごろからしっかりとコミュニケーションを取って様子を見てあげましょう。, また、動物病院でかかる治療費は全額飼い主の自己負担になるため、万が一の備えのために「, ほけんROOMでは、他にも犬がかかりやすい病気についてなどの記事を多数掲載しております。ぜひ、一緒にご覧になってください!, 2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。. また、毛細血管から血液中の水分が漏れ、肺水腫になることもあります。, 犬の心筋症(しんきんしょう)とは、心臓の筋肉である心筋に異常が起こり、心臓の機能が低下した状態です。 ひどい咳や鼻水、呼吸困難を引き起こし、死に至るおそれもあります。, 犬の肺水腫(はいすいしゅ)とは、心臓病などで肺に水が溜まり、肺機能が低下する病気です。