今日は、マラセチア皮膚炎の原因と治療法、意外と知らないマラセブシャンプーの正しい使い方、そしてマラセチア皮膚炎にかかりやすいワンちゃんの為におうちで出来る予防策などをご紹介したいと思います。, マラセチアとは、カビ真菌の一種で普段から動物の皮膚や耳道に少数いる常在菌なのですが、これが何らかの原因で増えると皮膚が炎症を起こし赤みや痒みが出てきます。, マラセチアの主な原因としては、アレルギーの為アトピー性皮膚炎や脂漏症を患っていたり、ホルモン量の異常分泌が原因で起こる甲状腺機能低下症やクッシング症候群などの自己免疫疾患が原因で起こる内分泌性皮膚炎を抱えていたりと、何らかの基礎疾患が原因で皮膚が炎症を起こしたところにマラセチアが増殖すると考えられています。, マラセチア皮膚炎は免疫力が低下した犬、またもともと上記のような疾患を抱えている犬などに限らずどんな犬種にも起こりえますが、シニア犬など免疫力が低下してきている犬などに発症がよく見受けられます。, 犬種でいうと、下記の犬種は特に皮脂が多い、毛の量が多い、皮膚にしわがあるためにかかりやすいと言われています。, 特に梅雨のジメジメした湿度が高く気温がそれほど低くない環境下で悪化するケースがよくみられます。, 注意する点は、上記のようなマラセチアの症状に似ている他の疾患もありますので、きちんと獣医さんで診断を受けましょう。, また人間もマラセチア皮膚炎にかかりますが、犬のマラセチアとは菌が異なりますので、犬のマラセチアが人間にうつるといったこともありません。, マラセチアの診断にはまず、マラセチアにかかってしまったのは何故なのか、基礎疾患が悪化してるのか、まだ診断されていない自己免疫疾患、またはアレルギーなどの疾患があるのかどうかなど、より決め細やかな徹底した診察が必要となってきます。なぜなら、元の原因を突き止めないとマラセチア皮膚炎は再発を繰り返すからです。, 私の愛犬ルーシーの場合は、花粉などのアレルギーよりアトピー性皮膚炎を患ってますので、その時季になりますと皮膚炎が悪化し引っ掻き更に皮膚のバリア機能を低下させ、マラセチア皮膚炎も発症したというわけです。, 関連記事犬のその痒みはアトピー性皮膚炎?湿疹?アレルギー?アトピーの症状・原因・治療法について, マラセチア菌自体の診断方法はシンプルで、獣医さんで炎症患部をテープで採取し染色液で染めたものを顕微鏡下でマラセチア菌を確認することで診断されます。, マラセチアの診断のところでもお話したように、マラセチア皮膚炎にかかるワンちゃんは、アレルギーによるアトピー性皮膚炎や自己免疫疾患など何らかの疾患を抱えている場合が多いですので、より徹底した診断が必要とされその疾患に対する治療を続けていくことで、マラセチア皮膚炎の再発を防ぎます。, それと平行して、マラセチア自体の治療が行われますが、基本的にはまずは週2回の殺菌作用のあるマラセブシャンプーを約1ヶ月間使用し様子を見ます。, 改善が見られない場合は、抗真菌薬の投与、また外耳道などにマラセチアがみられる場合は点耳薬が使われます。, 症状が悪い場合、または獣医さんによっては、はじめから抗真菌薬が処方される場合もあります。, マラセチアは犬の皮脂を餌にして繁殖していきますので、過剰に分泌された皮脂をマラセブシャンプーでしっかりと取り除くと同時に繁殖してしまったマラセチア菌を減らすのが目的です。, まず、お湯の温度は37度くらいに設定し、被毛をしっかりと塗らして汚れを取り除きましょう。, マラセブシャンプーは、犬の体重に合わせた液量を使用しましょう。(生後3ヶ月未満の犬には使用出来ません。獣医さんの指示のもと使用して下さい。), マラセブシャンプーを手に取り、スポンジなどを使って泡立てて患部の上に泡をのせていくような感じで洗います。耳や目、口などに泡が入ったり、犬が舐めてしまったりしないように注意します。, そして、そのまま10分放置です。 治療:抗生物質・ステロイド・抗ヒスタミン薬・ドッグフードの変更、外用薬 犬の散歩の前にヒバ水で身体をくまなくふき、飼い主自身もヒバ水を足などに吹きかけて散歩に行くと防虫効果を発揮します。, ヒバ油が犬に与える影響や外耳炎、皮膚炎などにも効果がありますが、やはり犬により個体差があります。そのため、何度使用しても効果がないこともあります。使用方法によっては皮膚炎がなかなか治らないということもあります。, ヒバ油の使用方法はしっかり守り、ヒバ水の作り方なども愛犬によって1滴増やしたり、少し減らしてみたりなど調節しながら作ってみましょう。, 室内や犬用のベッドなどに使用する場合はあまりふきかけすぐると香りが強くなってしまうので、嗅覚が優れている犬にとってはつらいこともあります。犬の反応を見てから使用するようにしましょう。, また、ヒバ油に対してアレルギー反応を引き起こすこともあります。はじめて使用する場合は少量から始め、犬の体調をしっかり観察しましょう。下痢や嘔吐、食欲が落ちたり、元気がなくなるようであれば使用を中止し、様子を見てみましょう。, 他にも身体に直接使用する時は皮膚の状態をよく観察しましょう。皮膚炎が悪化したり、痒みや赤みなどの症状が広がることがあればヒバ油の使用はやめた方がいいでしょう。, どんなにいい効果があってもヒバ油を使用する時は愛犬の体調を見極め、飼い主さんが判断するようにしましょう。, ヒバ油はヒノキなどの樹木から抽出できる貴重な油で、その油には様々な効果があるということが分かりました。心地よく、和を感じる香りで精神的なリラックス効果や防虫効果、抗菌効果などもあるため、散歩の時などにも活用できる虫よけ、カビ対策にも使用することができます。, ヒバ油は人間だけでなく犬にも使用することができます。皮膚を始め外耳炎や膿皮症、涙やけなどにも効果があるようです。ヒバ油を水で薄め、皮膚に塗り込んだり、コットンなどにつけて服などの様々な使用方法もあります。, ヒバ油の使い方は原液で使用せずに、水で薄め「ヒバ水」を作り犬に使用します。しかし、ヒバ油にはいくつか注意点もあり、犬に使うのは危険だと言う意見もあります。, いろいろな意見もありますので、情報をしっかり精査し、犬の健康状態を考慮したうえで飼い主さんの判断で使用したほうがよさそうです。犬の健康状態によっては使用することで何らかの症状が現れる危険性もあり得ますので、使用する時は犬が健康な時にしましょう。, インターネットでヒバ油と調べると使用している飼い主さんの様々な口コミがたくさんあがっているので、参考にしてみましょう。, ヒバ油の使用については賛否両論あります。しかし、皮膚にとってはいい効果が期待できますので、一度は試してみてもいいもかもしれませんね。, いぬの学校編集部員です!犬との暮らしをより良くするための情報を、まとめてお届けいたします。, ドッグフードの選び方、間違えてない?いぬの学校・編集部が、最新の健康ドッグフードを様々な角度から徹底分析。あなたの愛犬にぴったりな健康フードが見つかる!. 不適切なレビューを報告する, 5 2020-06-30, このレビューは参考になりましたか? document.write("\"参考になった\""); 青森ヒバ ひば油 送料無料【ヒバ油】お試し 10ml 青森ヒバ 青森 ひば油 ヒ... ミントを使ってました。併用してます。3種類(夏場だけ)ハーブ虫よけスプレーは、半分は薬品が入ってるので鉢植にかかる場所に使えないのでヒバ油を水で希釈したのをよく振って掛けてます。隅周辺。蜘蛛が来なくなった。ミント(ペパーミント味が好みじゃない)よりヒバ油の方が効果が高いと思われます。木の香りもよいしすぐに消えますが。アルコールで希釈とありますが、危ないので水のみで使う都度によく ・・・(, 水と無水エタノールで希釈し、スプレーボトルに詰めて使ってます。期待していた香りに残念ながら爽やかさは無く(本品を説明の倍量入れても)‥スプレーした直後は匂いはありますが、直ぐに無くなります。マスクにかけて使うときは、それで良しとして…肝心の殺菌効果に問題なければ、言うことありません。 ・・・(. 2.3.涙やけに 2.2.膿皮症に このレビューは参考になりましたか? 準備するものはヒバ油と水のみです。スプレーボトルなどを100円ショップで購入しましょう。, 水道水100mlにヒバ油を3~4滴程度加えてよく振ります。これで完成です。油と水は分離してしまう成分なので使用前に必ずよく振ってからにしましょう。, 中には、ヒバ油を無水エタノールに加えてから水と混ぜると油水分離がおきない作り方としてもありますが、犬の皮膚炎などに使用する際はエタノールが皮膚にしみてしまう恐れがありますので、エタノールは使用せず、水と油の未使用するようにしましょう。, 室内やカーテン、ベッドなどにはエタノールでヒバ水をとかし、さらに水を加えて作るヒバ水を使用してもいいかもしれませんね。注意点として、犬がいない場所で使用しましょう。, 100円ショップなどで100mlのボトルやスプレーボトルなどを販売しているので、それを使用すると簡単に作れますので、気になる人はぜひ作ってみてください。基本的にヒバ油を購入し、自宅で作った方が安価です。, ヒバ油は洋服に付着すると落としにくく、白い布は黄色くなるなどの注意点/があります。 治らない皮膚炎はヒバ油で改善するかもしれません。犬の皮膚病で悩んでいる方はぜひ試してほしいものです。, 2.ヒバ油は犬にも効果的 犬の皮膚病には本当にさまざまな要因が絡んでいます。一概に「遺伝だ」とか「アレルギーだ」と言い切れないのが皮膚病というものです。, そんな犬の皮膚病は、やはりまず最初に信頼できる獣医師に診てもらうことが一番望ましい対処法と言えるでしょう。犬の皮膚病に精通した獣医師も増えてきています。, その際に薬等も処方されますが、一体どんな薬が出されるのか?また、市販薬や人間の薬でもいいのか?気になる犬の皮膚病の薬について解説していきたいと思います。, この中でももっとも一般的なのが内服薬と外用薬ですが、薬も飲めない塗れないといった場合には注射薬が用いられます。, カテゴリーに分けるとこんな感じになりますが、主によく使われている4つの薬を以下より紹介していきたいと思います。, ステロイド剤でも、口から飲ませるものは「経口ステロイド剤」と分類されます。一般的に使われる薬は「プレドニゾロン」や「メチルプレドニゾロン」です。, ステロイド剤は量と期間を守れば有効な薬ですが、副作用が出やすい薬です。服用する際は必ず獣医師の指示を仰ぐようにしましょう。, オクラシチニブを有効成分とする代表的な薬に「アポキル錠」があります。ステロイド剤と同等の効果を持ちながら、副作用が出にくい薬として近年注目を浴び始めています。, ただしステロイド剤のように、痛みとかゆみの両方に効くわけではありません。オクラシチニブはあくまでもかゆみを抑えることに特化した薬になります。, アトピカは、シクロスポリンを有効成分とした免疫抑制剤です。犬の慢性アレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎の症状を緩和する効果があります。, 効果が出るまで約4~6週間ほどかかるのが最大の弱点ではありますが、長期間服用してもステロイド剤のように副腎に影響を及ぼすことはありません。, とは言え、もともとは免疫抑制剤です。服用し始めると全身の免疫が抑えられるため、さまざまな感染症を引き起こしやすくするリスクが発生します。, クラベット250/500は、有効成分にアモキシシリン(殺菌作用成分)とクラブラン酸カリウム(アモキシシリンを強める成分)を使用した複合抗生物質製剤です。, 皮膚感染症や尿路感染症、口腔感染などあらゆる感染症疾患の治療薬に適しており、服用してから約1週間ほどで効果が見られます。, ただしアモキシシリンがペニシリン系の抗生物質なので、ペニシリンに対して過剰に反応してしまう犬には使えません。, 外用ステロイド剤は経口ステロイド剤と比べると安全で、かつ患部をピンポイントで治療できる塗り薬です。代表的な薬だと軟膏タイプの「リンデロン」があります。, 副作用に関しては、症状に合ったステロイドのクラスや量を守っていればひどく心配する必要はありません。しかし強いクラスのステロイドを必要以上に長期間使用し続けると、皮膚細胞の増殖が抑えられて皮膚が薄くなることがあります。, アトピー性皮膚炎の治療として近年注目を浴びているのが、犬用インターフェロンγを使った「インターフェロン療法」です。, インターフェロンはもともと体内で作り出されている物質で、ウィルスの増殖を抑えたり、免疫システムを正常に戻す作用があります。根本的な治療ができるとして高い評価を得ていますが、注射器で投与してから効果が出るまでに約1ヶ月ほどかかるのが弱点です。, 費用も決して安くありませんので、投与の頻度などは獣医師とよく相談した上で決めるようにして下さい。, 皮膚病を治すことはできませんが、民間療法、食事療法、あるいは予防策として良いとされている3つの方法を紹介します。, ひば油は「青森ひば」の樹木から抽出されるオイルです。天然のヒノキチオールが1~2%ほど含まれており、これが犬の皮膚病に良い効果をもたらすのではないか?と言われています。, ただし、すべての皮膚病にいいわけではありません。使用する際は、必ず専門家に相談した上で使用するようにしましょう。, ただし、サプリメントと言ってもいろんな種類があります。効率よく予防するためにも、免疫力を向上することのできる成分が含まれているサプリメントを選ぶようにしましょう。, アトピー性皮膚炎にはスキンケアやセラミドなどの保湿剤、ノミや花粉などの抗原による皮膚病にはシャンプーでの治療法も推薦されます。, シャンプー選びはなかなか難しいので、できるだけ獣医師に相談し、その時の肌質や皮膚の状態に合ったシャンプーを選ぶようにしましょう。, 動物病院へなかなか行けない時、市販薬で対処することもあると思います。先ほど紹介したアトピカやクラベットは通販でも購入できるので、使用している飼い主さんは多いでしょう。, もしも愛犬の皮膚に異常が見られたら、その時はまず動物病院に相談することを強くおすすめします。なぜなら、かゆみや赤みの原因を表面から見て特定することは困難だからです。, 軽度のかゆみであれば、市販薬で抑えることも可能かもしれません。しかし、症状が進行している場合は市販薬では効かないこともあり、余計に皮膚炎を悪化させる恐れがあります。, それと、皮膚炎の原因によって使用する薬や治療法が異なります。中には薬を必要としない皮膚炎(食物アレルギーなど)もあるため、むやみに市販薬を使用するのは避けましょう。, 病院での血液検査である程度のアレルギー物質を特定することができますから、多少遠くても病院へ足を運んで獣医師に相談することをおすすめします。, よく「犬の皮膚病に人間の薬やオロナインを使っても大丈夫?」といった質問を見かけます。, 実は、犬の皮膚病に人間の薬を使うことは可能です。犬の予防注射薬やフィラリア予防薬は動物用に開発されていますが、その他の薬の多くは人間用の薬と同じ成分だったりします。, しかし、犬の皮膚は人間の皮膚よりも薄くデリケートです。むやみに人間用の薬を使うと、薬が効きすぎて皮膚炎が悪化することもあるので注意しましょう。, それと、たとえ人間の薬やオロナインを使ったとしても犬の皮膚病は治りません。必ず動物病院で診察を受け、その上で適切な薬を投与するようにしましょう。, 「薬を使えば犬の皮膚病は治る」と思われがちですが、その答えはYESとNOの両方です。, 薬はあくまでも対処療法であって、根本的な治療にはなりません。また、原因が分からないままとりあえず症状に見合った薬を処方されているケースも少なくありません。, とは言え、「治療費が高い」という理由で自己解決することはなるべく避けましょう。どんな些細なことでも、検査で原因が分かればそれに越したことはありません。, 現代の犬の皮膚病は、人の力なくして改善することは非常に難しいです。信頼できる獣医師、薬、原因と上手に向き合いながら、愛犬の皮膚病対策に努めていきましょう。, ドッグフードの神様では、全部で158商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。.