- 写真集 サイトに関するお問合せはこちらまで。 百琳は、元はある没落した武家の妻だったが、その武家である夫が剣術による家の再興を悲願とするあまり、, 最終章では恩を返すために偽一が吐鉤群の手助けに行くと聞かされ、偽一に同行する事に。, がんばれ偽一、おまえが百琳姐の最後の希望だ、おまえが死んだら百琳姐は後を追いかねないぞ、負けるな偽一。, 武器が弓という事もあって、どうも百琳姐は他の剣士と比べて決定打に欠ける印象がある。, ……という訳で、百琳がうんこ矢を連射すれば無敵なんじゃね? というアイディアが開発されている。, のぶのぶ「うんこなら任せろ~」ブリブリ -- 名無しさん (2013-09-06 19:28:00), どうやって脱色したんだろうな 後あそこまでボロボロにした女をよく犯せるよな -- 名無しさん (2013-11-13 04:12:50), 逸刀流は剣客集団というよりレイパー集団だから仕方無い -- 名無しさん (2014-04-03 15:49:12), 基本DQNの集まりだからな逸刀流は -- 名無しさん (2016-07-06 15:28:08), うんこ矢連射も結局即効性にかける件 -- 名無しさん (2019-04-08 23:08:31).   - 単品CDレンタル   - ビジネス・実用

  - NMB48 完全に乙橘槇絵(戸田恵梨香)が勝ちましたが、万次(木村拓哉)を必死にかばう凛(杉咲花)の姿を見て、トドメを刺さずに消えてしまいます・・・ ようやく凛(杉咲花)が役に立ったシーンです^^; この乙橘槇絵(戸田恵梨香)も、その後逸刀流から抜け、物語の後半で万次(木村拓哉)の仲間となり活躍します。, 乙橘槇絵(戸田恵梨香)の最後は、クライマックスの最終戦です。 天津影久(福士蒼汰)を銃弾から身をていして守り、亡くなってしまします。, 心に大きな傷を持ちながらも、バケモノ並みに強い乙橘槇絵を演じる戸田恵梨香さんは、たいへんだと思いますよ。 なにより、あの凄まじいアクションができるのだろうか?・・・, 無骸流という流派の尺良(市原隼人)は、万次(木村拓哉)と手を組み逸刀流を倒すことになります。, しかしあまりにも非道な尺良(市原隼人)に耐えられなくなった凛(杉咲花)と仲たがいになり、チームから離脱してしまいます。, 尺良(市原隼人)の最後は、凶泰斗(満島真之介)にやられます。 なんと凶泰斗(満島真之介)は、逸刀流を抜けた後に大切な人を尺良(市原隼人)に殺され、復讐に燃えていたのでした。, 尺良(市原隼人)と同じ、無骸流の一派である百琳(栗山千明) 「ひゃくりん」と読みます。, 万次(木村拓哉)と手を組み逸刀流を倒すことになりますが、戦闘向きのキャラではありません。 それほどの見所もなし。, 伊羽研水(山崎努)は、加賀藩の心形唐流の2代目師範です。 「いばね けんすい」と読みます。, 自分の養女と天津影久(福士蒼汰)の縁談を提案し、逸刀流と手を組もうとします。 ところが幕府から、天津影久(福士蒼汰)を切らないと養女の命がないぞ。と脅され、やむなく門下生に天津影久(福士蒼汰)を襲わせます。 が、失敗・・・, 事を正す天津影久(福士蒼汰)の目の前で深く詫び、伊羽研水(山崎努)は、切腹してしまいます。 権力に踊らされた悲しい役です・・・, 次の敵は吐鉤群(田中泯)です。 「はばき かぎむら」と読みます。 無骸流のボスです。, 吐鉤群(田中泯)は、万次(木村拓哉)の不死の秘密を解明するべく、策略をめぐらせ、万次(木村拓哉)を地下に監禁します。, 万次(木村拓哉)を探す凛(杉咲花)は、百琳(栗山千明)に助けを求め、江戸城の地下牢にいることを掴みます。 そして見事救出! 凛(杉咲花)、立派になりました^^, 最終クライマックスは、吐鉤群(田中泯)VS 天津影久(福士蒼汰) お互い大切なモノを失い、もう後がない極限のバトル!, 完全なる悪役、凛(杉咲花)の復讐の相手なのですが、物語が進むにつれてその背負うモノ背景が明らかになり、けっこうイイヤツだとわかります。 この「無限の住人」の準主役級の人物になります。, 特にクライマックスは、万次(木村拓哉)よりも、天津影久(福士蒼汰)がメインと言ってもいいでしょう。, 吐鉤群(田中泯)のバトルに勝利した天津影久(福士蒼汰)ですが、そこに現れた万次(木村拓哉)にやられてしまいます。 正々堂々の万次(木村拓哉)との闘いにはなりません。, しかし、万次(木村拓哉)はトドメをさしません。 最後の最後に凛(杉咲花)がトドメをさすのです。, この上手くすれば、主役を食ってしまえる天津影久役。 私の心配は失礼ながら、福士蒼汰さんで大丈夫なのか?という不安です。, なんと場面は明治時代! 最終バトルから90年後の世界なんですね。 万次(木村拓哉)が不死ですから、当然ありえます。, そこに昔、万次(木村拓哉)を不死にした張本人の婆さんが現れます。 そして「今度は、布由という少女の用心棒をしろ」と言います。, その布由は、かつて万次(木村拓哉)が用心棒をしていた凛(杉咲花)の玄孫だった・・・ というラスト結末です。, 凛(杉咲花)が、また巡り合うだろう万次(木村拓哉)に渡せと、代々継がれてきた短刀が最後の物語をつなげるキーになります。 90年の時を超えて、感慨深いラスト結末です。, 原作ありきは何かと批判されがちですが、マンガファンとしては、願わくは原作の良さをうまく残してほしいと思います。, アニメ版の「無限の住人」は、U-NEXT の見放題作品です! 無料お試し31日間に解約すれば、お金は一切かかりません。. 『無限の住人』(むげんのじゅうにん)は、沙村広明による日本の漫画。1993年のアフタヌーン四季賞にて四季大賞を受賞した同名の読切作品が元となっており 、『月刊アフタヌーン』(講談社)にて、1993年6月から2012年12月まで連載された。 作者のデビュー作で、略称は「むげにん」である。 最近、歌舞伎役者をバラエティ番組やドラマなどでよく見かけるようになりましたね。 今回はこの歌舞伎役者の屋号や格付けランクについてお話します。 テレビで見... パーラーオレンジのマスター、室井健助さんの占いが当たり過ぎると話題です。 テレビで紹介されて一気に有名になりました。 そんな、パーラーオレンジの室井健助さんと、お店・占いの予約方法を紹介します。, 太川陽介さんが、再ブレイク中です。 最近では、TV出演のみならず、出版・CD発売と大活躍中です。 そんな太川陽介さんのプロフィールや、妻・息子さんの写真、年収まで調べてみました!.   - メンズファッション

※48時間レンタルコースはまとめて購入の対象外です。, Renta!は、マンガなどが100円からPC・スマートフォン・タブレットですぐ読めるレンタルサイトです。, 父を殺し、母を攫(さら)った剣客集団『逸刀流(いっとうりゅう)』に復讐を誓う少女・浅野 凜(あさのりん)は、「百人斬り」の異名を持ち、己の身体に血仙蟲(けっせんちゅう)という虫を寄生させることで不死の肉体を持った剣士・万次(まんじ)を用心棒として雇い、逸刀流の統主である宿敵・天津影久(あのつかげひさ)を追う旅を始める――。【全234ページ】, 逸刀流(いっとうりゅう)への復讐のための探索を続ける万次(まんじ)と凜(りん)。黒衣鯖人(くろいさばと)、凶戴人(まがつたいと)との死闘を終えた万次が出くわした次なる刺客は、虚無僧の姿をした剣士・閑馬永空(しずまえいくう) 。閑馬は、身構える万次に「共に天津影久を消し、逸刀流を乗っ取る」という話を持ちかける。閑馬もまた、万次と同じように血仙蟲(けっせんちゅう)を身に宿し、200年もの時間を生きる不死者だったのだ――!【全210ページ】, 黒衣、閑馬といった屈指の強者を万次に討ち斃(たお)され、少なからず打撃を受ける逸刀流。徐々に打倒・逸刀流へ近づく万次と凜に、逸刀流統主・天津影久(あのつかげひさ) すらも畏怖する最強剣士・乙橘槙絵(おとのたちばなまきえ) が真の力を解き放ち、襲いかかる! 己を遥かに上回る実力を持つ槙絵を相手に、万次の死闘が幕を開ける――!!【全210ページ】, 万次と凜が息抜きに訪れた縁日で遭遇したのは、”逸刀流”剣士・川上新夜(かわかみあらや) 。普段は仮面屋を営み、一人息子を養う父親であるその男こそ、凜の母を蹂躙(じゅうりん)し辱めた張本人であった――! 新夜の息子・練造(れんぞう)との出会いから、直接新夜への復讐を遂げようとする凜。ひとりの父親となっていた仇に、凜は……。【全234ページ】, 「人の恨みってこんな風に……誰かが死なないと消えないの?」 川上新夜(かわかみあらや) を討ったものの、凜にとっては後味の悪い結末となってしまった。一方、逸刀流の剣士が相次いで暗殺される事件が起こる。そこには逸刀流とは異なった異能の暗殺者達の影があった――。かつて万次と死闘を演じた逸刀流剣士・凶戴斗(まがつ たいと) は、襲撃を受けながらも生き残り、統首・天津影久(あのつ かげひさ)に手がかりを伝える。【全218ページ】, 百淋(ひゃくりん)ら謎の暗殺集団『無骸流(むがいりゅう)』に招かれた万次と凜。逸刀流(いっとうりゅう)統首・天津影久(あのつかげひさ) を討つという共通の目的を持った両者は、一時的に共闘する事になる――。月刊アフタヌーン誌上に登場するや、その圧倒的な画力・大胆な演出・斬新な殺陣……等々により「時代劇」というジャンルを一躍、エンターテインメントの主流へと蘇らせた[ネオ時代劇]!!【全242ページ】, 無骸流(むがいりゅう)の狂剣士・尸良(しら) の暴走の果てに、万次と凜は辻斬りの犯人としてお尋ね者となってしまう。統首・天津影久(あのつかげひさ)を追って単独、加賀へ向かう凜。一方、百淋(ひゃくりん)から得た情報を元に、万次は新宿を通る逸刀流(いっとうりゅう)剣士を襲い、天津の居場所を突き止めようと試みるのだった――。【全242ページ】, 逸刀流(いっとうりゅう)剣士三人を相手に死闘を演じる万次。満身創痍で最後の相手・火瓦(ひが)に苦戦を強いられる万次。絶体絶命の危機! そこに現れたのは――!? 一方、単身、逸刀流統首・天津影久(あのつかげひさ)を追う凜。お尋ね者となってしまった凜は、関所を突破するため、「関抜け宿屋」を訪ねるのだった――。【全234ページ】, 加賀・伊羽指南所において、統主の伊羽研水(いばねけんすい)からの思わぬ申し出に戸惑いながらも己の思惑を吐露する天津影久(あのつかげひさ)。一方、逸刀流剣士三人を撃破したものの、深手を負い、元・幕府隠密の絵師・宗理(そうり)に拾われた万次。そこで万次は、かつて死闘を演じた剣士・凶戴斗(まがつたいと)と再会する。凶は、妹の面影を重ねていた遊女・お恋の仇の手がかりを探していた。「――その女の浮かばれねえ命……弔(とむら)わせてやるぜ、凶戴斗」【全234ページ】, 「死罪に付されてなお、何処(いずこ)にも骸(むくろ)の残らぬ故もって『無骸』と称するなり」――明かされる百琳(ひゃくりん)の哀しき過去……。万次への復讐に燃える尸良(しら)に売られ、逸刀流(いっとうりゅう)に捕らえられた末に苛酷な拷問をうける百琳。そして、命懸けで百琳を守ろうとした真理路(しんりじ)の遺した手がかりを元に、無骸流最強剣士・偽一(ぎいち)はようやく百琳の居場所を突き止める。【全206ページ】, 凶戴斗(まがつたいと)vs.尸良(しら)! 死闘が幕を開ける――!! 凜(りん)を追い加賀へ向かう道中、万次(まんじ)の前に現れた狂剣士・尸良。恋(れん)の仇討ちのため、万次と行動を共にしていた逸刀流(いっとうりゅう)剣士・凶戴斗は、万次の計らいで”地の利”を得、尸良との一騎打ちを迎える。一方、天津影久(あのつかげひさ)は心形唐流(しんぎょうとうりゅう)併合のため、二代目心形唐流師範・伊羽研水(いばねけんすい)の娘・密花(ひそか)と婚礼を挙げる覚悟を決めるのだが……。【全230ページ】, 公儀からつけ狙われ、更には心形刀流(しんぎょうとうりゅう)の面々からも追われる破目になった逸刀流(いっとうりゅう)統主・天津影久(あのつかげひさ)。凜(りん)は、天津と行動を共にしながら、病と精神的打撃で心身ともに満身創痍となった仇敵の姿を目の当たりにし、そこに人間・天津影久の一面を垣間見るのだった――。「どうしよう――。そんな事、全然考えてなかった……。誰が被害者で、誰が一番――死ぬべきなのか」【全226ページ】, 死闘、終血――!! 病と精神的打撃で心身ともに満身創痍の天津影久(あのつかげひさ)と、仇敵と行動を共にしながら深い迷いの中を彷徨う凜(りん)。そんな二人は、ついに心形刀流剣士たちに追い詰められてしまう……! 絶体絶命の危機……そこへ、凜を追って加賀へたどり着いた万次(まんじ)が! 凜を護(まも)るため、手練の剣士を多数相手取り、圧倒的不利な斗(たたか)いに挑む万次。次第に苦戦を強いられる万次の窮地に現れたのは凶戴斗(まがつたいと)! そして――!?【全226ページ】, 逸刀流(いっとうりゅう)vs.無骸流(むがいりゅう)、最終決戦――!? 決闘を一時引き分けた万次(まんじ)と偽一(ぎいち)。その間に、凜(りん)は逸刀流に人質に取られてしまう。その目的は、万次と同じく血仙蟲(けっせんちゅう)を身に宿し、かつて万次に斬られた不死の剣士・閑馬永空(しずまえいくう)の遺した”血仙殺”を使い、多くの逸刀流剣士を斬った万次を葬り去る事だった。万次、偽一、そして凶戴斗(まがつたいと)ら逸刀流剣士達の壮絶戦闘が開始(はじ)まる!!【全226ページ】, 万次(まんじ)、拉致監禁! 空前の生体実験が始まる――。壊滅的打撃を受けた逸刀流(いっとうりゅう)は、冬の決起を期し、地下に潜伏。一方、番衆(ばんしゅう)・吐鉤群(はばきかぎむら)の手に落ちた万次は、地下牢に幽閉される。その目的とは一体――? 万次の不死をめぐって蠢(うごめ)く群像劇、核心へ!【全210ページ】, 公儀御様御用斬首人(こうぎおためしごようざんしゅにん)・山田浅右衛門吉寛(やまだあさえもんよしひろ)、人呼んで”首斬り浅”登場――。万次(まんじ)を地下牢に幽閉した番衆(ばんしゅう)・吐鉤群(はばきかぎむら)の目的は、不死の秘法を医学的に解明し、これを実用とすることであった! 不死身の肉体を巡る物語は、男達の野心と思惑が交錯する[極限の密室劇]へと突入する……!!【全216ページ】, 不死の秘法を医学的に解明し、これを実用とするため、万次(まんじ)を地下牢に幽閉した番衆(ばんしゅう)・吐鉤群(はばきかぎむら)。蘭医学に魅入られた医師・綾目歩蘭人(あやめぶらんど)、死神と畏(おそ)れられた斬首人”首斬り浅”……その狂気の実験は、死者と犠牲者と殺戮者が蜷局(とぐろ)を巻く、恐るべき「鬼の巣」と化してゆく……! 一方、凜(りん)は仇敵・逸刀流(いっとうりゅう)の少女剣士・吉乃瞳阿(よしのどうあ)と行動を共にし、万次の行方を捜す――。【全249ページ】, 繰り返される狂気の人体実験、積み上がる屍(しかばね)の山――。不死の実験体として地下牢に幽閉された万次(まんじ)を救出するため、凜(りん)は仇敵・逸刀流(いっとうりゅう)の少女剣士・吉乃瞳阿(よしのどうあ)と手を組み、共に江戸城地下へと潜入する!!【全219ページ】, 万次(まんじ)との再会、そして”首斬り浅”との対決――! 不死の実験体として地下牢に幽閉された万次を救出するため、仇敵・逸刀流(いっとうりゅう)の少女剣士・吉乃瞳阿(よしのどうあ)と手を組み、共に江戸城へと潜入した凜(りん)。しかし万次が幽閉された地下牢は、死者と犠牲者と殺戮者が蜷局(とぐろ)を巻く、恐るべき「鬼の巣」であった。斬首人”首斬り浅”をはじめ、次々と現れる強力な敵! 活劇に次ぐ活劇!! 衝撃の結末に向け、[不死力解明編]は遂にクライマックスへと突入する!!!【全219ページ】, その「怪物」は、この世に在ってはならないものだった――。[不死力解明編]ついに完結!! 江戸城地下の牢獄から脱出を図る万次(まんじ)たち一行。だがその前に、許されざる生体実験が生み出した最凶最悪の敵が現れる! 死闘に次ぐ死闘の果てに、彼らが目にしたものは――!?【全227ページ】, 最終章!! 幕開けは鬼の襲撃――!!! 現存する逸刀流(いっとうりゅう)を殲滅(せんめつ)するべく吐鉤群(はばきかぎむら)の下に結集した『六鬼団(ろっきだん)』。一方、吐によって流派壊滅の危機に晒された天津影久(あのつかげひさ)は逸刀流に心酔する亜門(あもん)らを仲間に加え、吐との全面戦争に決起を誓う。そんななか、逸刀流の馬絽祐実(ばろすけざね)に間違えられた万次(まんじ)が六鬼団に襲撃され……!!【全222ページ】, 血に塗(まみ)れ、剣を抜く。濁流を選びし女たち。江戸払(えどばらい)を命じられた、天津影久(あのつ・かげひさ)率いる”逸刀流(いっとうりゅう)”、それを追う、吐鉤群(はばき・かぎむら)率いる”六鬼団(ろっきだん)”。そしてそれを追う、凛(りん)と卍(まんじ)――。男たちが生み出した殺意の連鎖、其処(そこ)に身を投じる女たちの鋭気! 百花乱舞のネオ時代劇、最終章が過熱する!【全226ページ】, 常陸(ひたち)へと向かう逸刀流(いっとうりゅう)を追っていた、吐鉤群(はばき・かぎむら)率いる”六鬼団(ろっきだん)”が水戸道で見たものは、英于彦(はなぶさ・うげん)の配下の者たちの残虐死体。そして、敵を欺き天津影久(あのつ・かげひさ)をはじめとする逸刀流4人衆が向かったのは、江戸城!! 正面切って攻め入った天津たちは、数え切れぬ兵を斬り破り最後の胸突き場へ。これぞ最終章最大の見せ場!! して、天津たちの真の目的は!?【全210ページ】, 沸点迫る最終章、凶獣乱入。水戸路を進んでいた卍(まんじ)と凜(りん)は、外道剣士・尸良(しら)と遭遇してしまう――。卍の不死の秘密や”不死者を死に至らしめる術”までも熟知していた尸良は、凜をさらい、卍をかつてなき窮地に追い詰めていく……。最終章を迎え、ついに明らかになる「不死の理」! 第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞作品。これぞ「ネオ時代劇」だ!!【全225ページ】, 不死者と化した凶獣・尸良(しら)、壮絶すぎる散華。物語最終章は、さらに加速・過熱する! 凍てつく沼に溺没した凜(りん)と万次(まんじ)は、逸刀流(いっとうりゅう)剣士・凶戴斗(まがつ・たいと)と公儀の忍・目黒とたんぽぽに救助される。それぞれ敵対する立場ではありながら、”打倒・外道剣士=尸良”を目的に立ち上がる!! 不死vs. 不死の斬り合い、ついに完全決着――!!【全218ページ】, 逸刀流(いっとうりゅう)のうち、江戸城襲撃に加わらなかった面々は、副将・阿葉山宗介(あばやま・そうすけ)に率いられ常陸(ひたち)を目指す。それらを追う幕府の前新番頭・吐鉤群(はばき・かぎむら)と六鬼団(ろっきだん)。逸刀流重鎮の果心居士(かしんこじ)は六鬼団の伴(ばん)と燎(りょう)を山に誘い込み牙をむく。潰し合いの闘いが続く中、かつての主、吐の力になろうと偽一(ぎいち)と百琳(ひゃくりん)も駆けつける。一方、万次(まんじ)と凜(りん)も天津影久(あのつ・かげひさ)との決戦に向け、常陸を目指す。【全239ページ】, 逸刀(いっとう)流副将・阿葉山宗介(あばやま・そうすけ)は、自らが育てた若手門下生たちにより、意に沿わず戦いの場から遠ざけられていた。だが、そこにかつての手下、無骸(むがい)流の偽一(ぎいち)と百琳(ひゃくりん)が現れる。かつて、騙され毒を盛られた偽一に憤激の刃を見舞う阿葉山。偽一も「無骸流最後の仕事」と応戦し、因縁の戦いが始まった! 一方、阿葉山を遠ざけた逸刀流若手・亜門(あもん)らは、吐(はばき)が率いる六鬼(ろっき)団と剣を交えるが……。【全211ページ】, ついに主人公・万次(まんじ)が到着。さらに乙橘槇絵(おとのたちばな・まきえ)が再参戦。そして海から現れる天津影久(あのつ・かげひさ)! 万次、凜(りん)、天津影久、乙橘槇絵、吐鉤群(はばき・かぎむら)と、偽一(ぎいち)、百琳(ひゃくりん)、六鬼(ろっき)団と、那珂湊(なかみなと)の地に役者が勢揃いする。最後の戦いと覚悟を決め、無関係の人間さえためらいなく斬り続ける吐鉤群。それぞれが抱える因縁と宿怨を武器に乗せ、過去例を見ない大混戦が幕を開ける。【全210ページ】, 万次(まんじ)・凜(りん)、天津影久(あのつ・かげひさ)・乙橘槇絵(おとのたちばな・まきえ)、吐鉤群(はばき・かぎむら)・六鬼(ろっき)団。三つ巴を描く因縁が遂に直接の潰し合いに至る。万次が挑むのは、六鬼団最高の剛力戦士・荒篠獅子也(あらしの・ししや)。一方で、天津影久は逸刀(いっとう)流の長として、かつて逸刀流剣士を大量に謀殺した吐鉤群と決闘を開始する。そして乙橘槇絵は、体調に不安を抱える中、たった一人で凄腕3名に挑む。【全211ページ】, 旅は終わる。想いは続く。――連載19年、国内外で熱狂的・圧倒的支持を集めてきた唯一無二のネオ時代劇、ここに堂々完結! 万次(まんじ)、逸刀流(いっとうりゅう)、そして吐(はばき)率いる六鬼団(ろっきだん)……最後の戦場に集いし者たちが見せる、凄絶なる命の奪い合い! 深すぎる因縁とそれぞれの想いを刃に乗せ、最終決戦がついに幕を開ける! 最終章で最高潮、刮目の完結巻!!【全279ページ】, ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。, 父を殺し、母を攫(さら)った剣客集団『逸刀流(いっとうりゅう)』に復讐を誓う少女・浅野 凜(あさのりん)は、「百人斬り」の異名を持ち、己の身体に血仙蟲(けっせんちゅう)という虫を寄生させることで不死の肉体を持った剣士・万次(まんじ)を用心棒として雇い、逸刀流の統主である宿敵・天津影久(あのつかげひさ)を追う旅を始める――。, 総合的には良かったが、優しさが、リアリティを薄めてしまっている。痛み苦痛の感覚が伝わらない。次回作に期待したい。, cmAdG-%A5%DB%A5%C3%A5%C8%A4%CA%C7%F6%B7%BF%A5%C6%A5%EC%A5%D3-v2, 映画化されたのは知っていましたが、原作で初めてこの作品に興味を持ちました。やはり原作は、ストーリーを読み進める必要があるからか深みがでてきますね。良い作品です。, 映画があったなっていうだけで、何となく読んでみると、グロくて、深くて、後に残る話です。, bj886-%A4%A4%A4%C4%A4%E2%BE%E5%B5%A1%B7%F9-v2, 独特な雰囲気の作品ですね、絵も癖があるし。とても強い剣豪の話と思っていましたが、不死者のお話でした。, 絵が上手ですごいなぁと思い読んでました。ちょっとグロいところは飛ばしつつ。ストーリーは面白かったです。, bE951-%A5%C1%A5%E5%A1%BC%A5%EA%A5%C3%A5%D7-v2, 主人公は死なずの剣士と父母を天津に殺された少女。二人は復讐のため、悪を絶つため一緒に旅するというお話ですが、劇画タッチが迫力ある。, 最後の10巻くらいの面白さが異常。最初の数巻を我慢すれば、もう止まらなくなります。仇討のために旅に出ますが、途中ほぼ寄り道です。でも最後に収集がつくので問題ありません。戦闘描写を描かせたら、沙村広明に勝るものはないと思っています。特に敵が魅力的です。端々に観られるギャグも笑えます。, 1巻が無料だったので興味本位に読んでみたら見事にはまり、全30巻一気読みしてしまいました。ハラハラドキドキのストーリーと、卍と凛のつかず離れずの関係が先々どうなって行くんだろうと、別の意味でドキドキしながら見ていましたが、まさか最後があんな終わり方だとは(泣)正直、もっと二人が一緒にいるとことが見たかった〜!と思いつつ、男性が作者だとああなってしまうのかなと思ったり。正直あの終わり方には納得できないんですが、それでもこのこの作品に出会えて本当に良かったです。評価に関しては、自分の理想の終わり方とは違ったので星3つとさせていただきました。, 何度か最初のグロいシーンで断念したことがありますがちゃんと読み進めれば、卓越したストーリー展開にも、息をし生きているかのような美しい絵にも完全に虜となりました。作品としての完成度の高さに感服します。初めから終わりまで美しく一本通った筋があるのに、途中で散りばめられている絶妙なキャラクターの人間性や関係性が、また私の心を燻り苦しませました。作品の完成度に心震えると共に、ラブコメ脳の私としては大いに苦しませられ身も心ももみくちゃにされた気分です。(笑)凛ちゃん万次さん、天津さん蒔絵さんから始まる学園ラブコメパロディがあるとすれば本当に美味しいと思う。ただのバトル漫画としての潔さだけではなく、間に登場人物どうしの人間臭さが滲み出ているのがまたなんとも心を引っ張らて読了したあとも余韻から抜け出せない。, 正義とは一体何なのか。社会的通念としての倫理観だけで捉えることは、この漫画ではできません。死ぬことができない体、不老不死は本当に人類の希望なのかも考えさせられます。復讐を題材にした漫画が多い中ですが、他の漫画とは一線を画しているように思います。時間を経て、また読み返すことができる名作だと思います。内容としては、グロテスクな場面もあるし、読んでいるだけで痛そうな描写もありますが、それもまた「この状況では、ありうるな」と思えます。いろんな意味で、きれいごとでは済まない人間の生を感じさせる作品です。おすすめです。, 女性にも楽しめる、カッコいいアクション漫画。ただ、最初はストーリーがシンプルでわかりやすかったのに、だんだん複雑になりすぎて、わけがわからなくなりそうになったので−1★です。, 実写版映画の存在を知るまで知らない作品だったのですが、読んでいくうちにかなり面白い作品だなっと思いました。私の中ではなかなかのオススメだと思います。, 映画を観てから、読みました。苦手なシーンもありますが、登場人物それぞれの心情が伝わり次々読み進めて全巻あっという間でした。, 話しは時代が時代なだけに敵討ち等ドロドロしていますが、時代劇好き、アクション好きの方にはおススメです。 何より絵がキレイ。デッサンがしっかりしています。, Go3B-%B9%EB%B2%F7%A4%CA%C0%D0%CC%FD%A5%D5%A5%A1%A5%F3%A5%D2%A1%BC%A5%BF%A1%BC-v2, 長い期間の間、アフタヌーンに連載されていた秀作も遂に完結で、10年以上前から、読んできた人間からすれば最後まで読めて良かったという思いです。最初から、勧善懲悪という展開でもなく、主人公の凛と万次の完全な正義の仇討ちという事もなく、対峙する逸刀流の面々も、それぞれの奥深い濃い面々で、作品を奥深いものにしています。キムタクの映画を観て、大失敗だったと思った人にも、お勧め出来る秀作です。, 映画を観てから、原作が気になって読みました。原作の方が映画よりも、面白かったです。万次と凛が恋愛関係っぽく描かれてるシーンもあって、満足でした。 好きなシーンを何度も読み返しています。 女の人も楽しめる漫画だと思います。, 9E7p-%A4%C4%A4%C4%A4%DE%A4%B7%A4%E4%A4%AB%A4%CA%BF%A6%BF%CD-v2, 一見、敵討ちのストーリーではあるが、「型にはまって生きることが本当に正しいのか?」という自分への問いかけにも繋がっていく。そして「正義とは立場を替えたらどうするのか?」という考えも読者に促している。「死ねない身体」ということを最大限に活かして進めるものも、けして無敵では無く、徐々に危機に陥ることもあることが、次はどうなるの?と読み進めたくなる作品だ。キャラクターは生きているし、画力も動きもある。実写では表現し難い動きが漫画で表現されている。文学的要素も含まれる作品である。個人的には好きだが、敢えて難を言えば、ある種の女性には受け入れ難い世界観なのかもしれない。, 映画を見るために原作を読もうと思い読み始めました。最初から引き込まれドキドキしっぱなしです。, 絵がとても良かったです。ストーリーも主人公が不死身という設定が良かったです。でも切られすぎててかわいそうでした。, 不死身はわかる。けど怪我すれば損傷するし血は出るし。治癒力は普通でしょ。読んでるこっちが痛い。, 絵も上手いし、続きが気になり最後まで読んでしまいました。他の人が書いている様に、いくら不死身でも、切られすぎだろってずっと思いながら読みました。個人的には怖畔をもっと見たかった!, 一気に読みました。じゃないと話が分からなくなるんで(^^; 時代劇の絵を描かせたら右に出る者はいないくらい素晴らしいです。主人公は強者らしいですが、大ケガは何度もやってるんで「強いか…?」と疑問に思ってしまいました。, y9hd-%A5%AF%A5%EA%A5%B9%A5%C6%A5%A3%A1%BC%A5%CA-v2, エログロ当たり前の展開に読み手を選ぶ作品だと思います。途中から卍より天津の方がキャラが立っていて主人公が食われてしまったと感じました。時々ある鉛筆で描かれた微細な大開きの絵には溜息が出ました。総じて私は良作だと思います。しかし、卍をキムタクが演じるのはいただけないなぁ。天津を福士もちょっとなぁ。, 人気作品、今更だからレビューが書かれてないのかな?色んな意味で30巻はキツかったのでとびとびで読んだんだけど、レビューがないので失礼します。男の下らないプライド、理想の押し付け、なんちゃって大義で争いが起きれば、傷つき踏みにじられるのは結局、弱者、女子供であるという事がよくわかる作品。読んでてげっそり。これだけの登場人物がいて、魅力を感じるキャラがいなかった。ラスト、凛の選択が復讐ではなく、その連鎖を断ち切る為のものだったのが良かったかな。別サイトのレビューが高評価なので読んでみましたが、私には合いませんでした。, 『デビルズライン』アニメ化記念! 吉井健一役&アニメのエンディング曲を歌う蒼井翔太さんにインタビュー!.