グラブルの2020年4月水古戦場「フルオート編成例」を紹介!ex+肉集め編成から90hell、95hell、100hell攻略のおすすめキャラや編成例を掲載予定です。水古戦場をフルオート編成で周回する際の参考 … メタトロンやシヴァを初めと... マルチバトル「六竜HL」の闇属性【フェディエルHL】のソロ討伐を光マグナ編成で攻略してきたのでまとめていきます... 【グラブル】PROUD「疾風怒濤の傭兵コンビ」を風マグナ編成でクリアしてきたので、編成や内容を見ていきます。敵はLv150スツルム&ドランクで、通常攻撃では防御DOWNか追撃、ターン経過で攻撃か防御UPをしてくる。とりあえずはティアマトのスーパーセルで最後はゴリ押しました。(スツルム&ドランク 傭兵お仕事帖), 【グラブル】六道武器「ダンテ・アリギエーリ」性能や必要本数について。真・氷逆天の戦棍と比べると攻撃的で、奥義で弱体成功率UPとストレングス、第2スキルでは敵が特殊技を使用する度にダメージと攻防DOWN(累積)。(ゼノ・コキュートス撃滅戦), 【グラブル】邂逅、黒銀の翼HL(強バハ)を光ゼウス編成でソロ討伐。「ハイパーディメンション」はソーンの麻痺、「大いなる破局」の999999ダメージはガイゼンボーガで。時間はかかったけど安定して討伐。, 【グラブル】水有利古戦場「UNITE BATTLE スルト(150HELL)」をフルオートでソロ討伐周回(ヴァルナ編成)をしてるので編成や敵の行動を見ていきます。「炎の剣」の発動タイミングが変わり長い間攻撃的になり被ダメージが多くなりました。引き続きリリィちゃんとディアンサちゃんで回復しながらフルオート。(古戦場2020年4月), 【グラブル】ヴァンガードとメジエールの性能と強化素材について。キャバルリーの英雄武器で模造品ではなく朽ち果てた武器を基にして制作。それぞれドラグラクトと人馬一体に追加効果が発生する武器。個人的にはメジエールを作りたい。, 【グラブル】六竜討伐戦「黒」フェディエルをイオ砲による光マグナ編成で討伐したので編成や内容について。イオちゃんのフラワリーセブンを何度も使用することで1ターンで敵HPの大半を持っていくので、厄介なフィールド効果やカースドステークスを無視出来るので楽に討伐。, 【グラブル】「アバターHL」を光マグナ編成でフルオートソロ討伐。現HPに依存した無属性攻撃が多い敵。基本はイオやゾーイそしてレ・フィーエで回復アビ以外での回復しながら進行。最後のアーク・エネミーはガイゼンボーガで対応。, 【グラブル】六竜討伐戦「翠」イーウィヤをフルオート(カグヤ編成)で討伐したので編成や内容を見ていきます。火ヴィーラでマウント、パーシヴァルで恐怖、アンスリアで回復したりして戦いきれました。ジータちゃんはランバージャック。, 【グラブル】「メタトロンHL」を闇マグナ編成でフルオートソロ討伐。基本はビカラやアンスリアの回避で対応。とにかく前半の「風」→「暁」→「昴」をベリアル召喚効果やアンスリア回避による回復で乗り越える。, 【グラブル】六竜マルチHL「フェディエルHL」を光マグナ編成でソロ討伐したので編成や内容について。40%からが本番な戦い。ガイゼンボーガには不落の孤城で耐えて、周りのキャラはリヴァイヴ等で復活。(イオちゃんは5回ぐらい戦闘不能になった). グラブルの2020年4月水古戦場「フルオート編成例」を紹介!EX+肉集め編成から90HELL、95HELL、100HELL攻略のおすすめキャラや編成例を掲載予定です。水古戦場をフルオート編成で周回する際の参考にどうぞ!, © Cygames, Inc.※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。▶グランブルーファンタジー公式サイト, いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。, 安定重視のフルオート編成例。灼熱のダメージが4T合計で14000と非常に高いため、リリィの春風効果とコキュ杖奥義のクリアで解除を狙います。, 終末5凸がない方向けの100HELLフルオート編成例。ドラゴニック武器+氷晶杖で被ダメを抑えてなるべく道中のHPを高く保つのがポイント。, オルオべを複数本用意できないけど、マグナ編成でなんとかフルオート討伐を狙いたい方向けの編成例。, 150hellの討伐速度も意識したフルオート編成例。リリィの回復+耐久に加えて、カトルとドランクのスロウで敵の特殊技頻度を減らせるのが利点。, 水着カリオストロを起用し、より火力に特化させた速度重視の編成例。サブ枠にジャスティスなどHPを盛ることで討伐の安定感が増します。, ミュルグレスで連撃率を高め、奥義を回して討伐する編成例。確定クリ編成に比べると素の火力差で討伐時間はかかってしまいますが、サブ枠までしっかり用意できると大体3分30分目安でフルオート周回が可能となります。, ヴァルナ確定クリ編成に水着カリオストロを採用して討伐速度を縮めた上級者向けのフルオート編成例。, カトルで強化延長や、奥義の味方連撃UPで時短を狙う編成例。主人公は他心陣を採用して奥義頻度を上げ、水着カリオストロの1アビを刻印5の状態で使用する流れに持っていくのがポイント。大体2分40~50秒辺りが目安ですが、カトル1アビで麻痺を引けると上振れで2分30秒付近まで狙えますね。, ロペ琴がない方向けの編成例。奥義ゲージ確保+弱体でポチが増えるものの、1周27秒前後で周回が可能です。CW枠に無名金重やゴッドフリートを用意できるとゲージ確保を省略できるため、討伐時間の短縮が狙えます。, Rキャラや武器2本分の火力を補うために終末5凸(渾身)や多くの+値が必要と編成ハードルは非常に高めですが、1周15秒程で回れるのが強みです。ブリジールの枠を1ポチのSSRorSRキャラに変更すると少し狙いやすくなります。, 終末5凸(渾身)やブルースフィアが3本必要と編成ハードルは非常に高めの上級者向けのフルオート編成例。. メタトロンやシヴァを初めとし... 六竜討伐戦の風属性【六竜討伐戦「翠」】イーウィヤをフルオート(カグヤ編成)で攻略してきたのでまとめていきます。... 「メタトロンHL」を闇マグナ編成でフルオートソロ討伐しているので書いていきます。 終焉ノ刻「アスタロト」フルオートでソロ討伐(水マグナ編成) ジータちゃんとキャラ ジータちゃんはランバージャック。 ☆木こりのうたによる複数の効果で敵を弱体そして味方の強化。

フルオートで適性の高いランバージャックをメインに、マキュラやアルタイルで弱体を行う編成例。 リリィの特殊後自動発動するクリア+回復やランバー1アビの被ダメ時回復によるHP維持、マキュラの2回発動可能なスロウで特殊技を遅延でき、中~長期戦でも安定して戦いやすい。

マルチバトルの六竜ワムデュスのフルオートソロ討伐編成が知りたいですか?本記事ではワムデュスのフルオートソロ討伐の攻略法を紹介しています。キャラ・武器・召喚石の編成紹介や実際の討伐の流れなどを記載しています。ワムデュスの討伐に困っている方は是非記事をご覧ください。 全空最強の森のなかまたち フルオート編成紹介するとき、全部ランバージャックになりそうで怖い。 ミスト.

フルオート最強.

ランバージャック ・もはや説明不要のフルオート最強のジョブ.

しかし今回の水古戦場で改めてわかったことが、『フルオート編成の重要性』。 古戦場の英雄狙いや、天井団ならまだしも、個ラン7万位狙いや、通常のA帯までの本戦ならフルオートでも十分に戦えることと、その重要性が明らかになりました。 グラブルの水属性キャラの主要なテンプレパーティをまとめて紹介しています。用途別でジョブやキャラの編成方法と役割の解説に加えて、所持していない場合に代用となるキャラなども掲載中です。水パを編成する際の参考にしてください。, 短期戦/長期戦や敵の行動など、あらゆる状況に応じてパーティに入る可能性があるキャラをピックアップ。, 【目的】・初心者段階でのソロ(MVP確定流し)を想定・配布キャラのみで組める構成・メカニックを習得したらそちらの編成に移行, 【目的】・ストーリーイベントの周回を想定・目標は1Tでの確定流し~討伐・ただし1T討伐は装備のハードルが高い※メイン武器「銃」の数が少なく、用意がやや大変, 主人公とヴァジラは奥義ゲージが200%まで溜まるためゲージ30%UPが役立つ上、奥義のクリティカル付与で全体の火力を底上げできる点が優秀。ヴァジラの奥義性能、頻度を上げられる水着グレアは外せないので、編成する際はウーノと入れ替えることになる。, 【特徴/目的】・総べ称号+3凸黄龍必須・2番手に最終ウーノを固定・主人公以外の奥義3チェインで討伐を狙う・火力枠はアビなしで火力を出せるキャラ推奨・主人公のジョブはフリー・目標は攻撃のみでの高速周回, 50%シリウスを安定して乗り越えるために、サブメンバーにかばう持ちキャラを配置することで、事故率を軽減できる。, 状況に応じて特別な役割をこなせる水属性キャラをピックアップ!各キャラの詳細は以下の通り。, 戦力に関わらず、HP100万以下の敵を奥義1撃で倒せるキャラ。無属性ダメージのため全属性で使えるのが利点で、特にAT(アサルトタイム)中は戦闘開始直後に約100万ダメージを出せるため、島マルチボスを周回する時などで非常に便利。, 味方全体のTA率100%UPとテンションUPさせるアビリティ持ち。例えばレスラーのツープラトンと団サポートの銅鑼をあわせて全員がTA2回発動後、次ターンで奥義を撃つなどで瞬間的に高い火力を出すことが出来る。主に最終ウーノと組み合わせて短期間にダメージを稼ぎたい時などに有用。, ザルハメリナのフレアに類似した、敵味方の火力を強化するフィールド効果『ブリザード』持ち。参戦者にも恩恵があるため、マルチバトルの討伐時間を短縮する目的で非常に有効。, エリンの持つ『クリスタルウォール』は、他属性の被ダメージを火属性に変え、更にダメージを軽減するというアビリティ。火属性以外の特殊技を使ってくる敵に対して有効で、無属性以外のダメージを確実に軽減することができる。, © Cygames, Inc.※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。▶グランブルーファンタジー公式サイト, いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。, ウーノ攻撃大幅UPに水着ルシオの確定TA+9割追撃やサンダルフォンの与ダメ10%UPを合わせる, 最終前は火ダメ70%カット、最終後は敵特殊技で自動発動する春風効果(HP回復+クリア)を中心に主にバトルの安定攻略に大きく貢献できるキャラ。自身の火力も高くダメージ面にも貢献可能で、特に, 最終後の全体かばう+ガッツで即死級のダメージから味方を守れるのが優秀なキャラ。瀕死時の自己ステータス大幅UPも魅力で、特に, スタメン枠では弱体役兼アビアタッカー、サブ枠ではCB発生時の追加ダメ上乗せ役と両枠どちらでも活躍可能なキャラ。特に, 敵を強化するデメリットは持つが、通常・ダメアビ・奥義の全てで高水準の火力を出せキャラ。, 味方奥義ゲージ30%UPや攻防UPを中心に支援役として優秀なキャラ。両面攻防DOWNで敵弱体役も担え、性能がシンプルで扱いやすいため, 序盤の最強キャラ。固定追加ダメージで序盤を一気に楽にし、その後も島周回や古戦場などで使い続ける。戦力が一定以降になるとアタッカーとしての運用は限られるが、様々な箇所で出番がある。, 別枠の累積攻撃UPや氷剣の数に応じて自身の奥義火力が高まるのに加え、「魔氷結界」中の高防御/弱体無効で耐久力もある程度備えたキャラ。永続する奥義火力強化、2アビの会心/活性付与で味方支援もこなし、特に累積強化の恩恵をしっかり得られる, ほぼ常時1.3倍という高火力を持ちながら、奥義にも追加ダメージが発生、更に敵に水防御20%DOWN+累積攻防DOWNを付与できる。奥義後の追加ダメや増幅状態の確定DA以上+20%追撃+追加ダメで, 奥義ゲージ上昇量50%DOWN等重いデメリットはあるものの、極大奥義や確定TA+50%追撃といった高いアタッカー能力を持つ。, 奥義の度に効果が増す消去不可の全体強化支援に加え、恐怖/弱体耐性DOWNで弱体役も担えるキャラ。手数でダメージを稼ぐ3アビで火力にも貢献でき、中~長期戦では奥義効果を活かした支援役、短期戦では3アビを活かした火力役として活躍できる。また奥義ゲージが200%まで溜まるのも特徴で、特に, 刻印5消費で全体にダメ上限15%+追撃50%を持ち、PT火力を大きく高めるのが強力。加えて、クリ発生時通常攻撃に1割追撃や与ダメ上昇がついており、ダメージを上限込で底上げできるのが優秀で、, 「単体への2T継続する90%追撃+確定TA」「全体追撃」「味方全体に無敵+連撃率DOWN」など、複数の要素で攻防両面を支援可能。通常攻撃面での支援に優れており、特に, 「ドラグフォース」の付与により高い攻撃性能を誇るアタッカー。またデュオ効果で自身+味方1人の奥義火力を継続的に強化+2ターンの確定TA付与もできるため、, 自身への強力な自己強化+効果時間の長い味方単体への優れた強化効果で、高い火力を発揮できるアタッカー兼支援キャラ。加えて敵の特殊技/特殊行動を2ターン間制限する弱体効果「有水無空の印」を持ち、支援役兼行動阻害役として活躍できる。, コーヒーブレイク中は通常攻撃に8割追撃が発生するアタッカー。味方全体に通常与ダメUPや奥義で追撃付与と火力支援もこなせる。奥義編成とは若干噛み合わないものの、通常攻撃軸では活躍できるキャラ。, 奥義のTA率UPや水属性攻撃UPの効果上乗せなどによる火力支援、HP回復や被ダメ軽減での耐久支援に加えて自身で火力貢献も可能と1人で幅広い役割を持てる性能。, 全体かばう+防御500%+被ダメ30%カットによる高耐久で味方を守りつつ、弱体や回復まで幅広くこなせるキャラ。特に, 敵の攻防25%DOWN(片面枠)/弱体耐性DOWN/ディスペル/スロウと敵弱体化に優れつつ、HP回復もこなし更に自身は累積性能UPでアタッカーとして活躍できるという様々な役割を高水準でこなすキャラ。, 奥義の全体属性攻撃UP+DA率UP、マウントでの弱体対策、小まめに使えるダメカと複数の味方支援を行えるキャラ。ダメカ付与時にはサポアビ効果で自身の攻守両面が強力に高まるため、特に, 全体的に味方の火力支援に特化した性能を持つキャラ。主に全体確定TAを活かした短期戦運用と、奥義効果の強化を活かした長期戦運用と2種類の運用法があり、, 最終解放により2アビが条件なしの自身攻撃大幅UPとなり、アタッカーへと一転。大幅に強化されているため、, 最終前はグラビティや味方の強化効果延長などの弱体/支援役として編成候補となる性能。最終後は奥義によるDA/TA率35%UPやランダムだが破格の弱体効果『喪失』、ディスペルなどが追加され、弱体役として性能が向上し、特に高難易度戦中心に活躍してくれる。.