まずは、 基本的な意味です。 「気質(きしつ)」は、 辞書だと3つの意味が書かれていますが、 多くは①の意味で使われます。 意味としては、 「その人が本来持っている性質のこと」 だと思ってください。 例えば、 「気質がおだやかな人」であれば、 「生まれた時からおだやかな人」 逆に、「気質が激しい人」であれば、 「生まれた時から怒りっぽい人」という意味になります。 つまり、「気質」とは、 「人が生まれつき持って … 「もっと深い意味での人間の本質を表す」と考えてください。, 考えてみれば、

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「アイデンティティ」という言葉があります。 気質・性格・能力の個人差. 実... 「思慮」と「思料」は、 性格は「行動のしかたに現れる、その人に固有の感情・意志の傾向。」 3. 日本語には似た言葉がたくさんあって分かりにくいですが、その中でも人の性質を示す「性格」「気質」「気性」の違いって難しいですよね。, 普段の用法から考えると、「気性」は「気質」よりも激しく荒いものに使われがちですね。, 例えば、「荒々しい気質」「穏やかな気質」と気質は両方に当てはまりますが、気性は「荒々しい気性」とはいっても、「穏やかな気性」とは使わないものです。, つまり気質(temperament)や体質は「生まれ持ったもの」「まだ幼いころから見られる生物学的な差異」の事を言い、, 性格・人格は「後に形成される」「感情や意志の結果、行動の一端にあらわれるもの」という風に見ると良いでしょう。, (*ちなみに、性格・人格の違いもわかりにくいですが、これは「良いか悪いかという価値を判断するか」にあります。, 反対に性格は「明るい性格だ」「大人しい性格だ」「賢明な性格だ」と、良いか悪いかというよりも、よりその内容を細かく言及できます。, 最近の心理学では、これら人格・性格を合わせて「パーソリナリティ」という事が多いです。), 普段使っていく中ではそこまで厳密に使い分ける必要はないでしょうが、違いが気になった時などに参考にしてみてくださいな。. 意外と少ないのではないでしょうか?, ②中国で、万物を構成する物質である気の集散運動によって形成される個体をいう語。特に、宋学では、人間の肉体および肉体に固有の心理的・生理的素質のこと。, ③人の性格の基礎をなす感情的反応の特徴。遺伝的・生理的規定が強いとされる。多血質・憂鬱質・胆汁質・粘液質の四分類のほか、心理学・生理学などに基づく種々の分類がある。, 逆に、「気質が激しい人」であれば、 「ドラえもんはいつでも助けてくれる」, 上記の例のように、それぞれのキャラクターへのあなたなりの固定概念が存在するはずです。, しかし、それはどうして自分でそう信じるようになったのか?それこそが不思議ですよね。, このように、人は自然と自分のなかでとあるものに対して固定概念を持ち合わせているのです。, それは、今までの教訓だったり学びだったり理由は様々ですが、知っているキャラクターのイメージで「絶対にそうだ」と決めつけていることがきっと誰にでも必ずあるはずです。, 性質という言葉は、気質に1番近い類義語であり「人が持って生まれ持っている気質のこと」をまさに性質と呼ぶので、意味合いとしてはまったくおなじことを表します。, ただし性質という言葉を使う場合、人や動物に対してというよりも化学的な言葉で使う場合が多いかもしれませんね。, たとえば、「水は0度になると凍る性質を持っています」「鉄は熱すると溶ける性質があります」など、化学は決して揺らがない根拠もある内容が多いため、そのことを表す時によく使われるのが「性質」という言葉なのです。, 聞く人によっては、「性質」という言葉を聞くと化学的な意味合いのことを想像する人も多いかもしれませんね。, 意味が似ているだけに、性質や気質などその用途ごとに使い分けをして使うとより会話がわかりやすくなることでしょう。, その中で、たとえば自分が何もしていなくても先祖代々お金持ちであれば、お金持ちの環境で育ち、良い教育を受ければそれがその人の人品に繋がるのです。, お金持ちで育ちの良いお嬢様はブランド品を身につけ、ブランド者の綺麗なワンピースをきこなしているばかりではありません。, そしてそんなお嬢様はさらっとジーンズを履きこなしただけでも何故かとても上品に見えたりするものです。, 気質とは、持って生まれたそのままのことを表す言葉でもあるので、気質によく似た人品という言葉は、生まれ持って持っているその人の品性や人柄のことを言います。, 努力で変われるものと、変われないものがあるとするならば、まさにそれは品位や人柄・品性なのかもしれませんね。, 本質といえば、使い方の例として「物事の本質を見極める」と行った表現をすることがあるかと思いますが、まさに本質とは物事の根本的な性質や要素のことを表し、そのものの本来の姿のことをいっているのです。, 気質でも良いのですが、「あの人の本質をよく確かめてからお付き合いしたほうがいい」など、人が対象であっても使うことがあったりもします。, 本質と気質、使い分けはとても難しいですがどちらかといえば本質のほうが柔らかいイメージがあるので、人や物事を例にしたときに使う場合は「本質」でも良いのかもしれませんね。, 意味合いとしては、持って生まれたもののことをいい、それは気質ととてもよく似ています。, 使い方としては、よくスポーツ選手や芸術家など持って生まれた身体的才能のある人に使われることが多いです。, 小さい頃からたくさんの努力をしていないのに、いきなり力を発揮することができたりする人のことを「あの人は持って生まれた素質があるんだね」と言ったりすると思います。, 気質とは持って生まれた潜在的本質など以外にも、気質から作られる気質に似たものがあります。, 本来、性格といえば人にたとえるとその人の内面的な特徴を表す言葉として使っている人が多いと思いますが、性格とは人に限らずその者の性質を表しています。, 性質とは、その者の特徴などを表す意味合いにもなるので、そのことから自然と人間の内面のことを「性格」と呼ぶようになったのかもしれません。, よく「天性の才能の持ち主」という言葉がありますが、それもこちらの天質という言葉からきているようです。, 人は誰もが平等であるように思いますが、確かに生まれ持った才能というものにはそれぞれの違いがあります。, 生まれ持った潜在的なものというのは、誰の力でコントロールできるものではないので、それを持っている人はとても羨ましいですよね。, 気分という言葉は、たとえば「今日はあまり気分がよくない」などある状況によってもたらされるその時の心情のことを表しますよね。, 「そんな気分にはなれない」「たくさん食べたい気分」など、日常でもよく使われることが多いと思います。, そんな気分という言葉には、「さっぱりした気分の人」などと表現したりすることから、気質や気性という意味合いも含まれているのです。, 使い分けとしての正しくは、状況に応じて変わる「気分」と、性格的な意味を表す「気分」ということになるでしょう。, さっぱりした気分の人、気難しい気分の人など、その人の性格によって変わることからこちらも「性格」の類義語となりますね。, 世の中には様々な者が存在しており、十人十色で特徴は本当にたくさんのものがありますよね。, 習性という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、こちらは主に動物に対して使われることが多いかもしれません。, たとえば、「犬は人間とコミュニケーションをとる時に合図と言葉で記憶をしていく習性がある」だったり、「鳥はねぐらを作るためにどこが安全なのかを一度下見をする習性がある」等、同じ動物でもそれぞれ違う気質を表現するときに「習性」と表すことが多いです。, 習性というとイメージとしては、訓練などではなく生まれ持ってその動物が繰り返し当たり前のように行う行動という印象が強いと思います。, このように考えることから習性という言葉は気質同様に、その動物がもともと持って生まれた能力のことを表しているということなのでしょう。, あまり日常で使われることが少ないこちらの言葉ですが、意味としては「際立った特徴」であったり「物事を特色付ける性質」というものがあります。, しかし、それならば特徴や特長ともよく似てしまうのですが、じつは特有にはただ1つ比較できる特別な意味があります。, 特別に有していることとなれば、「特有性」と言われるだけでその者に限定した特長であることが明確になるので、とてもわかりやすい言葉ですよね!, 用途としては、あまり人間に対しては使われない言葉ですがやはり動物であったり機械的なものに対して使われることが多いでしょう。, こちらの特色とは、「他のものと目立って違っている箇所」だったり「他のものと比べて優れている点」を表しているという印象が強いと思います。, 日常で使う場合は、たとえば学校見学などのときに「我が校の特色はこんなことができる」という学校の特徴を説明するときに使われたり、「この製品の特色はこんなところである」とその商品の特徴を説明するときに使われたり、こちらも用途は様々ですがあまり人間に対して使われる言葉ではありません。, 気質の類義語などについて解説させていただきましたが、似ている表現でも使い方が少しずつ違うことがご理解いただけたでしょうか?, 漢字も使い方も違ってくると、いざ使うときに戸惑ってしまうこともあるかもしれませんよね!そうならないためにも、よく感じや使い方の例についてを頭に入れておきましょう。, さて、次に解説させていただく内容ですが、「気質」という言葉を使われることについ連想してしまう言葉があると思います。, こちらも理解することで、より「気質」という言葉への理解が高まると思いますがので、詳しく解説していきたいと思います。, 「予想の範疇を超えていた!」など、よくドラマなどでも耳にすると思うこちらの範疇ということばですが、難しい感じですが「はんちゅう」と読みます。, こちらの言葉には、「似た特徴を持つものが属する範囲」「分類された一般的な概念」という意味があります。, 気質とどのようなところが関連しているかというと、たとえば「この動物にはこんな気質があります」と説明をしたのに、じつは・・・その気質以外にも意外なことが出来た!という場合に使われたりします。, 「このような気質のある動物なのですが、じつは夜だけは○○ができます」など、気質を上回る特徴があるときに便利な言葉です。, たとえば、「新入社員の○○さんはいつも仕事ができないけど、今回のプレゼンでは評判がよかった。, 彼はなぜかいつも私の予想の範疇を超えてくるからどう扱えば良いのか分からないよ・・・」など、上司が部下に使う場合もありますし逆もあります。, このひとくくりとは、気質という言葉を使うときに「気質をひとくくりで表すと・・・」という言い方をしたりすることもあることから、関連語とされています。, ごちゃごちゃとたくさんの特徴があるときに、相手方に分かりやすく説明するときに便利な言葉です。, しかし、「ひとくくり」という言葉も使い方によっては余計にややこしくなってしまうこともあるので、気質を説明するときにあまりまとめすぎるのはおすすめできません。, 相手に分かりやすくするために使うことが大前提ですので、そのあたりを気をつかて使っていきましょう。, 同類とは感じのとおり、「同じ種類」であったり「同じたぐい」「同じ仲間」という意味で使われます。, 気質という言葉を使って会話をするときに、何かと関連しているときやだいたい同じような物が存在しているときなどに、「この○○の気質はあの△△とだいたい同類です」と表現することもあります。, 対象になっているものが、誰もが知っているような有名な物の場合、上記で登場する○○を説明するよりも△△という名詞を出してしまった方が相手が分かりやすいこともありますよね。, 同類というからには、同じような特徴がいくつもあるべきなので、使う場合は双方のことをよく知っていないと使えませんが、とても便利な言葉です。, 気質という言葉は、その物の特徴を表す言葉であることから「性格」という意味も含まれています。, 「気質」「人格」「性格」はいずれも人柄を表す言葉ではあるのですが、それぞれには違いはないでしょうか?, いざ日常会話で使いたい場合に、使い分けができるのならば知っておいたほうが分かりやすいですよね!, こちらでは、気質という言葉の性格と人格との違いについてを詳しく解説していきたいと思います。, 「わたしは優しい性格の人が好きだ」「あの上司は難しい性格で困っている」「ルームメイトは性格が良いから仲良くやっていけそうだ」というように、性格という言葉はその人の内面の特徴をいうときに使う場合が多いと思います。, わかっているのは「性格」とは、ある対象が先天的、または後天的に備えた性質ということです。, 性格という言葉について、より理解を高められるように詳しく解説していきたいと思います。, 人間ならば内面の特徴などを表し、機械的なものならばその製品の特色などを説明するときにいいます。, 人が世界中様々なところで生きているのならば、そこに生きている人の数だけそれぞれの性格の違いがあります。, それらを説明する場合に、使う表現としてひとくくりにされたのがこちらの「性格」という言葉なのです。, 性格とは、生まれる前から身についているもの、とくに親から遺伝によって受け継いでいるものの性質のことをいいます。, 「優しそうに見えるけど、じつは影でずるいことをする人」だったり、「裏表がなく明るく陽気な性格の人」「少しのことですぐにカッなって怒りやすい人」「内気でささいなことでも落ち込みやすい人」など、言ってしまえばキリがないくらい世の中にはたくさんの性格の人がいます。, 性格とは外見同様に親のDNAによって、だいたいの部分が子供に受け継がれるものなのです。, 結婚相手を見定めるときは、一度相手の親をよく見てから結婚をしたほうが良いという迷信はじつはこんなところからきているのかもしれませんね。, 性格という言葉を理解していただけたかと思いますが、性格によく似た言葉で「人格」という言葉がありますよね。, 性格と人格もとてもよく似た言葉ですが、こちらの人格という言葉は、より広義な意味を持つ性格を意味しています。, 人格とは「個人の心理面での特性」だったりその人の「人柄」または「人間の人としての主体」を表します。, よく使われる表現として、「あの人は二重人格だ!」と裏と表のような良い悪いの性格が見受けられる人のことを周りではそんな風に言ったりしますよね。, ここで「二重性格」「多重性格」と表現するのはちょっと違うな・・・というイメージがあると思います。, 人格と表現すると、その人の内面の特徴を表す性格というよりも広い意味での心理面をイメージする人が多いと思います。, 人格とは先述で説明したとおり広義的な意味を持つ性格のことを表すのですが、この人格の形成はその人の幼少期における経験や体験が影響しています。, たとえば、親からあまり愛されずひどい虐待を受けて育ったような子供は、虐待を受けているときの自分を別の人物として考え、その場の辛い現実から逃げる傾向があります。, そして辛い現実と今の自分を切り離し、苦痛から逃れようとすることから、そこで自分自身の中に別の人格を形成する場合もあると言われています。, 上記のように、人格とは「性格」のように先天的に親の遺伝により形成されたものではない場合が多いようです。, 心理的要因となると、自分では抑えられないようなそのときの状況が作り出すものなので、コントロールがより難しいものなのかもしれません。, 人格という言葉は「個人の心理面での特性」以外にも「人間の人としての主体・個人として独立しうる資格」という意味も表します。, たとえば、どんな時に使うのが正しいのかというと、日常会話やビジネスシーンなどで「あの人は優れた人格者だ」と尊敬できるような人のことを表すことがあるかと思います。, この表現は、「あの人はとても良い性格の人だ」と一見言っているようにも思えますがもっと大きな意味合いがあり、「あの人はとてもすごい人なんだ」という意味が正しい解釈になります。, 「人格者」と表現しているのに「すごい人だ」と周りが解釈できるというのが、こちらの「人格」という言葉の面白いところですよね。, 意味も使い方も広義的であり、とても便利な言葉だと思います!

「半年先を目途とする」「復帰の目処が立つ」 The following two tabs change content below.

性格や行動パターンは生育環境の影響もありますが、人間のdnaに刻み込まれた遺伝的気質がもとになっているといわれています。 お互いの気質を知り、それを踏まえて対応すると人間関係を良好に保つ事 …

今回は「性格・人格・気質」◆それぞれの違いとは?くわしく解説◆についてお話していきますね。, 私達は普段の生活のなかでこのような言葉を使って人の意味付けをしていたりしますよね。, 今回は性格、人格、気質といった言葉にはどのような意味があるのか?どのような違いがあるのか?などを知っていけるようなお話をしていきたいと思います。, 心理学では性格や人格といった概念で人の個性を表しているんですね。私たちは同じ状況でも人によって異なる感じ方とか行動を選択していますよね。, 逆に状況が違っても、その人独自のある程度一貫した感じ方とか行動のパターンというものがあったりしますよね。, このような個人差と個人の中の一貫性に関わる概念を心理学では「パーソナリティ」と呼んだんですね。, ①性格(キャラクター)…語源はギリシャ語で「刻み込まれた」「性格」は物の考え方とか感じ方や行動によって特徴付けられていくんですね。, その人独自の性質で、「お姉さんキャラ」「弟キャラ」とか呼んだりしていますよね。性格という言葉はキャラクターの略語といえます。, 語源はギリシャ語で「刻み込まれたもの」という意味があります。生まれながらにしていて持っていて、持続性のある一貫した行動を示すというような意味があります。, ただ性格と人格というものもほぼ同じような意味で使われていると考えてもいいのかなと思います。, 性格の一貫性に対する疑問もあり、この行動に一貫性があると言っても、私たちは案外時と場合によって自分の行動や感じ方をその場の状況に応じながら柔軟に変えたりしていますよね。, 人の行動にそれほど長期の安定性だったり一貫性はないのではないかというような考え方もあります。, 「相互作用説」というものがあり、現代では遺伝と外的要因が性格を形成するという考え方が主流です。, ②人格(パーソナリティ)…語源はラテン語で「ペルソナ」心理学の用語としての「人格」はパーソナリティの略語で、この言葉自体には良し悪しなどの価値的な意味合いは含まれていないんですね。, 語源はのラテン語で「ペルソナ」です。ペルソナとは本来はローマの古典劇で役者がつけていた「仮面」のことを指す言葉で、劇場で用いられてきた仮面を意味しています。, このペルソナについてはユングも提唱していた概念があります。これは私たちが普段生活していて、例えば職場で教師をしている方がいたとしたらその教師というペルソナという仮面をつけているのではないか?とユングは考えたんですね。, ユングのペルソナについてはこちらの記事で詳しく書いていますので、気になった方は読んでいただけると嬉しいです(^^)こちらから↓, ペルソナはパーソナリティという言葉の語源にもなっているんですね。これはユングが言ったようにですね、その役割に応じて仮面を付け替えるような意味から社会的に形成されていくその人がもつ独自の役割の側面を強調しているとも言えます。, ③気質(テンペラメント)…語源はラテン語で「調節する」「気質」は先天的な体質に関係のある感情や性質を表しているんですね。「生まれ持った部分」というものを強調している言葉だと思います。, 生まれて間もない赤ちゃんでも、同じ音に対しても反応の違いには個人差があります。そのような生まれ持った素質の部分ですね。, この気質はHSPの概念の定義にもなっています。HSPは後天的な性格や人格などではなくて、生まれ持った気質としています。, HSPの人は生まれながらに扁桃体という脳機能が人一倍に活発に働くため、不安や恐怖を察知したりする神経系統も敏感に働くためにあらゆる情報を一度に察知していると考えられています。, しかし、すでに日常生活の中に浸透していて、これらを厳密に区別するということは普段なかなかされていないんですね。, 今回は性格、人格、気質といった言葉にはどのような意味があるのか?どのような違いがあるのか?などを知っていけるようなお話をしてきました。, 少し振り返りますと、「性格」とはその人独自の性質です。「相互作用説」というものがあり、現代では遺伝と外的要因が性格を形成するという考え方が主流です。, 「人格」は心理学ではパーソナリティと言われ、役割に応じて仮面を付け替えるような意味から、社会的に形成されていくもので、その人がもつ独自の役割の側面を強調している部分です。「気質」は先天的な体質に関係のある感情や性質を表しているんですね。「生まれ持った部分」というものを強調している言葉です。HSPの概念もこの気質です。, 性格、人格、気質という言葉の意味は、同じような意味で普段使われることが多いので、混同していたり、または実際に似通った部分を含んでいたりしています。, 自分自身の振り返りの時や、近しい人への理解をするときにこの違いに対して目を向けてみると、見えてくる側面に新しい気づきがあるかもしれませんよね。, 今回は「性格・人格・気質」◆それぞれの違いとは?くわしく解説◆についてお話しました。, 今回の記事がなにかあなたにとって一つでも参考になることがあったらとてもうれしいです。, 何かご質問やご相談したいことがあれば、下記のホームページよりご連絡いただければと思います(^^), ◆心理カウンセリングをしています。お問い合わせ、お申し込みはホームページをご覧ください◆こちらから↓, 見えていること聴いていること触れていること。それらを「新しい感覚で感じてみよう」と聴いたり触れてみたりするとその物事の違った側面に触れる機会になります。一度読んだ本を久しぶりに開いてみると新たな発見があったりするように。まだ見ていない景色が広がっているかもしれません☺#リフレーム, いつもありがとうございます(^-^)いただいたサポートは記事を更新していく励みとなります。これからも記事を投稿していきますので読んでもらえると嬉しいです◎, 心理学の事や、心理療法、生活術について具体的な方法を紹介した記事をまとめています⭐音声でも聴くことができるようになっていますので、「ながら聴き」できるオーディオブックとしても活用していただけます, 心理カウンセラー/エレイン・N・アーロン博士認定HSP専門家プログラム修了/介護福祉士/幼稚園教諭/お仕事依頼はTwitterのDMまで→カウンセリングのお問い合わせ・お申し込みはこちらからお願いいたします→, 「ストレスコーピング」◆ストレスコーピングとは?ストレスフルを防ぐための方法を解説◆.