世の中に広く「 河合隼雄・名言集 」があります。 そして、もうひとり。物語の名人である俳優武田鉄矢氏が登場。 この言葉の背景を伝えることにより、「迷言」が「名言」へと劇的に変化するのです。 そもそもこの言葉は、河合氏が自殺をほのめかす

41. 偉人・ヒーローの名言から学ぶ! 有名人の“血糖値番付”を調べたら…, ふわしゅわ食感がクセになる! 『ベイクチーズタルト』の新作「チーズスフレ」が魅力的, そのまま飲むだけじゃもったいない! 「午後の紅茶」を使ったアレンジティーレシピとは?. 北里柴三郎という人物をご存知でしょうか。 名前を言われてもピンとこない人の方がほとんどでしょう。 しかし、名前は知らなくても病名を聞けば聞いたことがあるという人がほとんどだと思います。 ペスト菌を発見した医学者、または細 […], ジャッキー・チェンと言えば、香港を代表するアクションスターであり、また自ら監督をつとめた事でも知られており、「プリジェクトA」や「ポリスストーリー」シリーズなどは有名ですよね。 ジャッキー・チェンの出演する映画は明るくコ […], 幕末明治の激動の時代をこれほど逞しく生きた女性はいないのではないでしょうか・・・。 その名前は、新島八重! 新島八重は、NHK放送の大河ドラマで「八重の桜」のモデルにもなり、その生き方は「日本のナイチンゲール」、「幕末の […], 歴史上の偉人の中に皆さんも好きな偉人やカッコいいなと思う偉人はいらっしゃるかと思います。 かの元米国大統領であるジョン・F・ケネディが尊敬した日本人がいた、と言う事を皆さんはご存知でしょうか? 遥か海を越え、アメリカにま […], 最近、さまざまなスポーツで若手の活躍が目立っています。 しかも若さが半端ではありません。 卓球の張本選手、フィギュアスケート紀平選手、将棋の藤井七段、囲碁では10歳のアマ仲村さんが話題になっています。 すごい勢いで若手が […], 好きな漫画、小さなころに夢中になったアニメはありますか? 妖怪の世界は信じますか? 私は、妖怪大辞典を持っていました。 枕返しって妖怪が私の枕をひっくり返しているんだ!!と思っていました。 この世界を描いたのが有名な水木 […], 両津勘吉という名前を聞き、ああ~とすぐ思いつく人もいれば、そうでない人もいるでしょう。 しかし、秋本治原作の漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」通称「こち亀」といえば、ああ! となることと思います。 あまり漫画は……とい […], テレビで観ない日が無いと言うほど多忙な明石家さんまさんですが、還暦を超えた今も、話すスピードは若いときと何も変わらないと言います。 また明石家さんまさんは、怒らない事でも知られており、その言葉が恰好良すぎると評判です。 […], 突然ですが私は地図を読むのが苦手です。 地図を見た所で東西南北の感覚が分からず、自分の現在地がよく分からなくなってきます(笑)。 今から10数年前に車の免許を取りましたが、当時乗っていた実家の車にはカーナビが搭載されてお […], 武田鉄矢さんと言えば、芸人が披露する物真似に登場することは多く、一般人でもドラマ「金八先生」の武田鉄矢さんを真似る人は多いです。 ドラマの中の金八先生が語るセリフは、人生の教訓になるような素晴らしい内容が多くあり、また普 […].

42. どんな環境でもその気になれば自分を高めるために学ぶことはできる . いくら助けられたとしても、強くなれなければ、同じことは繰り返される。 熟年サラリーマンは仕事でも私生活でもストレスをため込んでいる。群雄割拠の中、生き残りをかけ、戦に明け暮れた戦国武将たちが遺した言葉には、「会社と仕事」「上司と部下」など現代人の心に刺さる警句に満ちている。武将たちに学ぶ、現代を生き抜く言葉のサプリメントを贈る!, 戦国時代の大名たちは、領国内の武士や領民を支配する一方で、領内の政治、経済などのもめ事を治め、善政を行うことが求められていた。下層階級の者が上を目指して成り上がる「下克上」の時代でもあり、領民や家臣たちに見放された場合には家臣の反乱や領民たちによって追い出されるなんてこともあったのだ。, これは、戦国武将の中でも最も人気の高い織田信長の言葉だが、人が城を守るのであって、城が人を守るのではないという意味になる。エキセントリックで武断的なイメージが強い信長だが、城に象徴される国や組織(会社)よりも、それを構成する人材(社員)が最も重要なのだと考えていたということだろうか。, 信長はいち早く、新しい戦法として欧州から伝来したばかりの鉄砲を導入し、長篠合戦に勝利し天下統一への階段を登り始めるが、経済面でも城下に集まる者誰もが自由に商売ができる「楽市・楽座」を開き、貨幣の統一なども行っている。まさに、統治(ガバメント)の革命でもあったのだ。とはいえ、義父である齋藤道三の孫・龍興(たつおき)を滅ぼしたり、実の妹のお市の方が嫁いだ浅井長政を攻めたり、この言葉とは裏腹に人を信じない一面から、最後には家臣の明智光秀に本能寺で討たれてしまった。創業家といっても安心できないのが、平成の世のビジネスの世界にも通じる教訓とも言えそうだ。, 中高年になると、社内では当然ながら古株になる。そこには無責任な上司と、近年とみに増えている出世や上昇志向にまったく関心を示さないバカ部下というのがいる。彼らをなんとか引っ張っていくことを求められる中高年・中間管理職たちは、上と下の板挟みでとんでもないストレスをため込むことになる。, 家臣たちの人心掌握にたけた武将では武田信玄がピカイチだろう。甲斐の虎と呼ばれ戦国最強と言われる軍団を率いた信玄には、「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」(武田信玄)という有名な言葉がある。ビジネス書などでも取り上げられることが多いこの名言は、部下それぞれの個性を見抜いて城や石垣になぞらえ、部下を信じることの大切さを言っている。, 信じられれば、それに応えようというのが人間。ダメ部下と切り捨てていては、本当にバカ上司になってしまうだろう。このことを400年も前に、信玄はそう言っている。, 織田信長が本能寺で明智光秀に討たれた時、すかさず秀吉に天下取りを進言したという切れ者で、豊臣秀吉の軍師として知られる黒田官兵衛も、人材登用に関して主君=経営者に厳しい言葉を遺している。, 「その職にふさわしくない者はすぐに処分したりするが、よく考えてみると、その役を十分に務めてくれるだろうと見たのはその主あるじだ。目利き違いなのだから、主の罪は臣下よりもなお重い」(黒田官兵衛), 業績回復のための切り札に人員整理=リストラするしかないとするような無能な会社幹部たちこそ、リストラしなければならないのだ。ちなみに、秀吉は「わしの死後に天下を取るのは官兵衛だ」として官兵衛の頭脳明晰さを恐れていた。それを伝え聞いた官兵衛はすぐさま引退を決意し、太宰府に退いた。上司に疑われたなら、そんな上司の下から去るのも一手なのかもしれない。, 部下の手柄を自分のもののように言う上司というのは、最も卑しい軽蔑すべき行為だと思うが、えてしてそうした人物が出世するというのも世の常でもある。, そんな時は、大坂夏の陣で豊臣方について活躍し昨年の大河ドラマ「真田丸」などでもおなじみの真田幸村(信繁)の言葉をかみしめてみるといい。, 「いざとなれば損得を度外視できる性根。それを持つ人間ほど怖い相手はない」(真田信繁), 損得勘定でなく、みずからの信条で動く者こそ本当に強い者なのだということを。上司の評価など何ほどのものでもない‥‥と言いたいところだ。, 「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…, ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…, “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…, 田代まさしは670mg/DLで収監ストップ!?

【今日の名言】 いじめる奴にどんなに説教しても変わらない。 大事なのはいじめられている奴を鍛えること。 武田鉄矢(俳優) .

知足(ちそく) 自分をわきまえて、それ以上のものを求ず、分相応で満足すること . いじめる奴にどんなに説教しても変わらない。

環境が変わることに期待するよりも、自分が強くなることを考えよう。, ある人に魚を一匹与えれば、その人は一日食える。魚の取り方を教えれば、その人は一生を通して食える。 老子(思想家), 精神論は大切ですが、百万回精神論を唱えてもなかなか変わっていきません。リーダーとしてそれ以上に大事なことは、仕組みを変えることです。仕組みが変わればおのずと精神は変わっていきます。 孫正義(ソフトバンク創業者), どこであろうと、人は今いなければならない場所にいる。そして、何をしようと、それはその人の成長に最も役立つことなのだ。だからあなたは他人を批判すべきではない。 スチュワート・ワイルド(作家), これからの頭の使い方は知識ではない。そこはコンピューターに任せておけばよい。やはり「発想」である。 大前研一(経営コンサルタント), 努力をいくらしても結果的にうまくいかない人は、運が悪いのでも才能が足りないのでもなく、自分自身の思考態度、つまり心のありようが間違っているのです。 ジョセフ・マーフィー(思想家), 常ないものを常あるもののごとく思い、頼むべからざるものを頼みとするところに、人生における種々の苦悩は生ずる。 三木清(哲学者), 外側の世界である環境は、心という内側の世界に合わせて形づくられます。 ジェームズ・アレン(作家), 人間の運命の大きな改善は、彼らの考え方の根本的な構成に大きな変化が生じない限り、絶対に不可能である。 J・S・ミル(経済学者).

戦国時代の武将、武田信玄。乱世の中でも抜きに出た存在感を持ち、その人生は何度もドラマや映画化されています。そんな戦国武将、武田信玄の名言を紹介し、その言葉たちから学んだ「信頼関係は先に信じることで築かれる」について考察します !のブログ記事一覧 (7 / 15ページ目) です。世界の偉人の生き様から現代を生き抜くヒントを得る!!(7 / 15ページ目) 大事なのはいじめられている奴を鍛えること。, 最終的には自分の力で立ち向かい、自立するしかないということを自覚しよう。 最終的には自分の力で立ち向かい、自立するしかないということを自覚しよ … 家臣たちの人心掌握にたけた武将では武田信玄がピカイチだろう。甲斐の虎と呼ばれ戦国最強と言われる軍団を率いた信玄には、 「人は城、人は copyright(c)TOKUMA SHOTEN@All Rights Reserved. 明智光秀「本能寺の変は室町幕府再興」説に子孫が大反論(1)毛利氏は「変」を把握せず!?, 明智光秀「本能寺の変は室町幕府再興」説に子孫が大反論(3)「義昭黒幕説」の消えない疑問, 明智光秀の信長討伐は「氏族再興を阻む外交への不満」が原因(1)怨嗟が謀反の原因ではない?, 明智光秀の信長討伐は「氏族再興を阻む外交への不満」が原因(2)光秀の「前半生」は苦難の連続だった, アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?.