穏和な人柄。 この意味の場合は、 「温和」と「穏和」の両方で使えると … (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 柔和と温和の違いを分かりやすく言うと、柔和は性質や態度だけに対して使い、温和は性質や態度だけではなく気候に対しても使うという違いです。, 温和の温という漢字が、あたたかい様子や顔色が穏やかである様子を意味するため、温和にも気候が暖かである様子という意味も含まれています。, そのため、基本的には柔和と温和を置き換えて使うことはできますが、気候に関してのみは柔和を使うことができないので、温和だけを使うということに注意しましょう。, 柔和を英語にすると「gentle」「tender」「mild」となり、例えば「心が柔和だ」を英語にすると「have a tender heart」となります。, 一方、温和を英語にすると「gentle」「mild」「clement」となり、例えば「温和な天気」を英語にすると「clement weather」となります。, 「柔和」の読み方は「にゅうわ」であり、「じゅうわ」とは読まないため気を付けましょう。, 「柔」という文字は、大地を覆う「木」と鋭い武器である「矛」が組み合わさった漢字です。矛の柄に使うことができ、しなやかで折れない木という意味から「やわらかい」を意味する漢字が成り立ちました。, 一方の「和」は、軍門の前にある標識を意味する「禾」と祝詞を入れる器を意味する「口」の組み合わせで軍門の前で神に平和を誓うという意味する説や、穂が垂れている様子を表した「禾」のように口調をやわらげること、まぜることを意味する説があります。, 「柔和な人柄」「柔和な表情」「柔和な笑み」「柔和な雰囲気」などが、柔和を使った一般的な表現方法です。, 一つ目の「柔和温順」とは、優しくおとなしくて素直なことを意味する四字熟語です。全く同じ意味を持つ四字熟語の「温良優順」や「温和丁寧」が類義語にあたります。, 二つ目の「柔和忍辱」(読み方:にゅうわにんにく)とは、仏教の教えに従い、心優しく侮辱や迫害にも耐え忍ぶことを意味する四字熟語です。, 正しい考えを持っていたとしても必ず誤った心や誤った教えを持った人から非難を受けます。この「柔和忍辱」で使われている忍辱は、感情的に怒りをあらわにするのではなくその非難を耐える意味を持ちます。, 三つ目の「柔和質直」(読み方:にゅうわしちじき)とは、仏教の『法華経』に書かれている言葉で、おだやかでやわらかく素直な様子を意味する四字熟語です。柔和質直でいれば人間関係も円満で、後々仏の姿を見ることが出来ると言われています。, 柔和の対義語・反対語としては、表情や性質がとげとげしくなる様子を意味する「険悪」、性質や動作があらあらしく乱暴な様子を意味する「粗暴」、言うことや他に与える批評が手厳しい様子を意味する「辛辣」などがあります。, 柔和の類語・類義語としては、性質や態度などが素直でおとなしい様子を意味する「柔順」(読み方:じゅうじゅん)、穏やかで優しくまじめな様子を意味する「温厚」、物事を穏やかに行うことや手軽で便利なことを意味する「穏便」などがあります。, 柔和の柔の字を使った別の言葉としては、やわらかくしなやかな様子やその場に応じた判断のできる様子を意味する「柔軟」、穏やかな様子やあたたかで柔らかな感じがする様子を意味する「温柔」、気力や体質が弱弱しいことを意味する「柔弱」などがあります。, 温和とは、気候が暖かで厳しい変化のない様子や落ち着いていて穏やかなこと、物事が受け入れられやすいことを意味しています。, 「温和な雰囲気」「温和な性格」「温和な人」などが、温和を使った一般的な表現方法です。, 一つ目の「温和丁寧」とは、穏やかで優しく心が行き届いていることを意味する四字熟語です。「温良優順」や「柔和温順」もこの四字熟語の類義語にあたります。, 二つ目の「温和篤厚」(読み方;おんわとっこう)とは、穏やかで人と争わず、人情が厚いことを意味する四字熟語です。「篤」という漢字には病気が重いという意味だけではなく、熱心であったり人情にあついという意味があります。, 三つ目の「温和怜悧」(読み方;おんわれいり)とは、穏やかで優しく何事にもよく勤め励むことを意味する四字熟語です。この言葉の中で使われている「怜」と「悧」という漢字はそれぞれ賢いことを意味しています。「温和勤勉」は類義語にあたる四字熟語です。, 温和の対義語・反対語としては、性質や動作があらあらしく乱暴な様子を意味する「粗暴」、思いやりがなくむごい様子を意味する「冷酷」があります。, 温和の類語・類義語としては、ひっそりとしていたり言動が落ち着いて穏やかな様子を意味する「物静か」、安らかで静かな様子や平穏無事なことを意味する「寧静」(読み方:ねいせい)、気候があたたかくおだやかな様子を意味する「暖和」などがあります。, 温和の温の字を使った別の言葉としては、気候があたたかな様子を意味する「温暖」、穏やかなあたたかみのある顔つきを意味する「温顔」、思いやりのある寛大な心を意味する「温情」、大切に保存することを意味する「温存」などがあります。, この言葉がよく使われる場面としては、態度や表情などが穏やかである様子を意味する時などが挙げられます。, 例文5のように「柔和さ」という使い方もありますが、天候に対して使うことはできません。, この言葉がよく使われる場面としては、性質や態度、そして天候が穏やかである様子を意味する時などが挙げられます。, 例文2の「温和しい」の読み方は、おんわしいではなく「おとなしい」です。一般的に使われる「大人しい」と意味や使い方は同じです。, 例文1と例文4の温和は、柔和に置き換えて使うことができますが、例文3と例文5は天候を表し、例文2は「温和しい」という使い方であるため置き換えることはできません。, 柔和と温和どちらを使うか迷った場合は、気候以外の性質や態度が穏やかである様子を表す場合には「柔和」を、気候を含む性質や態度が穏やかである様子を表す場合には「温和」を使うと覚えておけば間違いありません。, 1.彼女の子どもを見つめる柔和なまなざしは母親としての愛情を感じさせるものである。, 2.いつの日も柔和な表情で対応してくれる上司が、上の空で何か考え事をしているようだった。, 3.旦那の柔和な人柄は友人関係だけではなく、職場や取引先でも評価されているようで鼻が高い。, 4.担当者が柔和な物腰であったからか質問をしやすく、こちらの要望にもきちんと対応してくれたのが印象的であった。, 5.誰のミスも優しく指摘する柔和さをもった上司のおかげで、プロジェクトが成功したと言っても過言ではない。, 1.彼女はいつも温和でやさしく笑顔が素敵で周囲の人たちに気に入られているため、机の上におすそ分けのおやつが置かれている。, 2.客人の前では警戒心むき出しにしていた愛猫だが、客人が帰るとすぐに温和しくなる。, 4.海が見える落ち着いたカフェで楽しむコーヒーは格別だが、今日は温和な店長が焼き菓子のサービスをしてくれた。, 5.天候が温和で日差しが痛くなく風もそこまで吹いてないのであれば、散歩に出掛けたくなるのは仕方のないことである。, 同じ「あてる」という読み方、似た意味を持つ「当てる」と「充てる」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「当てる」と「充てる」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。, 似た意味を持つ「結ぶ」(読み方:むすぶ)と「紡ぐ」(読み方:つむぐ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「結ぶ」と「紡ぐ」という言葉は、どちらも何かを形にするというような意味を持つ共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。, 似た意味を持つ「言わずもがな」(読み方:いわずもがな)と「言わずと知れた」(読み方:いわずとしれた)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「言わずもがな」と「言わずと知れた」という言葉は、どちらも言わなくても分かっていることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。, 似た意味を持つ「天邪鬼」(読み方:あまのじゃく)と「ひねくれ者」(読み方:ひねくれもの)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「天邪鬼」と「ひねくれ者」という言葉は、どちらも素直ではない人のことを表現するという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。, 似た日本語の「おっしゃられました」と「おっしゃいました」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「おっしゃられました」と「おっしゃいました」という言葉は、間違えやすい日本語なのでご注意下さい。, 同じ「けいがん」という読み方の「慧眼」と「炯眼」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「慧眼」と「炯眼」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。, 似た意味を持つ「妄言」(読み方:もうげん)と「虚言」(読み方:きょげん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「妄言」と「虚言」という言葉は、どちらも「でたらめな言葉」を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。, 似た日本語の「ご覧になられますか」(読み方:ごらんになられますか)と「ご覧になりますか」(読み方:ごらんになりますか)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「ご覧になられますか」と「ご覧になりますか」という言葉は、似ていても意味は大きく異なりますので、ご注意下さい。, 似た意味を持つ「しおらしい」と「いじらしい」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「しおらしい」と「いじらしい」という言葉は、どちらも可憐なことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。, 同じ「かえる」という読み方、似た意味を持つ「帰る」と「返る」と「還る」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「帰る」と「返る」と「還る」という言葉は、どれも以前に戻ることを表現するという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。. 「柔和」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「柔和」について解説します。, 「柔和」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。。 温和な気候に変化する。 2. 温和な土地に暮らす。 この意味の場合は、 「温和」でしか使えないのがポイントです。 理由については、後ほど詳しく解説します。 2つ目は、 「性質がおだやかでやさしい」という意味です。 【例】 1. 読み方は「にゅうわ」になります。柔は主に「じゅう」という読むことから、「じゅうわ」と読んでしまう読み間違いもありますが、「にゅうわ」が正しい読み方となります。 中にはそもそも読み方も分からないという方も多いかと思いますので、ここでしっかりと理解しておきましょう。 人の態度がやわらかいことを表す言葉のため、「身体が柔和」というように、身体的にやわらかいという意味では使われませんので注意が必要です。. 「温厚」という言葉を聞いたことがありますか。日常会話ではあまり耳にすることはない言葉ですが、知っている、聞いたことがある人は多いでしょう。しかし、その正しい意味は理解していますか。 … まず、「おんわ」 の意味を辞書で引くと、 次のように書かれています。 「おんわ」には、全部で3つの意味があります。 1つ目は、 「気候が暖かくておだやか」という意味です。 【例】 1. © Copyright 2020 社会人の教科書 All Rights Reserved. 類語に「温和」や「温厚」があげられ、優しい性格や態度、やわらかい口調や仕草などを表現する形容詞で、ほとんどの場合は「柔和な」という形で使われます。 「紅葉狩り」という言葉をご存知でしょうか。一度は聞いたことがあるかと思いますが、紅葉を狩ってどうするのか知らないという方も... 「如き」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「如き」について... 「一応」と「一様」の違いについて解説します。どちらも頻繁に使う表現です。しかし、一応と一様の二つは同じような意味を持つ表現... みなさんは「許容範囲」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?この記事では「許容範囲」という言葉の意味や使い方について... 「私儀」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「私儀」について... 「珍道中」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「珍道中」につ... 「とりわけ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「とりわけ」... 「乞うご期待」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「乞うご期... 「TPO」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「TPO」につ... 「侍らす」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「侍らす」につ... 「好機」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「好機」について... 「絶好」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「絶好」について... 「打算的」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「打算的」につ... 「ご意見番」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ご意見番」... 「一国一城の主」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「一国一... 「抑止力」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「抑止力」につ... 「チャージ料」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「チャージ... 「互助関係」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「互助関係」... 「思い描く」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「思い描く」... 「厳罰」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「厳罰」について... 仕事は優秀で、話し方も柔和、オシャレでとても落ち着いた印象の女性上司に、すぐに好意をもった。, いつもは柔和な眼差しをしている監督だが、選手同士でミスの責任をなすりつけあったりすると、鬼の形相で怒鳴りつける人格者だ。, 客が全員柔和な態度ならサービス業に就いても良いと思うが、嫌な客の相手をすると思うと無理だ。. 柔和(にゅうわ)の類語・言い換え。[共通する意味] ★性格や性質などが穏やかなさま。[英] gentleness[使い方]〔温厚〕(名・形動) 温厚な人柄で信頼を得た 祖父は温厚な人で、大声を出したことはない〔温和〕(名・形動) 温和な人柄で慕われる 温和 … 似た意味を持つ「柔和」(読み方:にゅうわ)と「温和」(読み方:おんわ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいの … 温和な性格。 2. ある性格や態度を表現する際に使われる言葉で、温和や温厚などと同じような意味合いを持ち、日本人はこの「柔和」に当たる人が多いとされるため、是非意味は知っておきたいところです。 ここではそんな「柔和」について意味や使い方などをご紹介していきます。, 柔和とは、「やさしい」や「おだやかな」という意味になります。

「柔和(にゅうわ)」は文字から意味が読み取りやすい言葉ですが、読み方については誤りがみられる言葉でもあるようです。この記事では「柔和」の意味や読み方、使い方の例文を紹 … 温和・穏和・温厚の意味と違い 「おだやかなこと」を示す熟語としては、「温和」や「穏和」といったものがあります。この2つの言葉は読み方が同じですが、何か違いなどはあるのでしょうか。使い分 … 「おだやかなこと」を示す熟語としては、「温和」や「穏和」といったものがあります。この2つの言葉は読み方が同じですが、何か違いなどはあるのでしょうか。使い分けができるのかも知りたいところです。, そこで今回は、「温和」と「穏和」の意味と違いに加え、「温厚」との違いについても詳しく解説していきます。, 「温和」の主な意味合いは、3つあります。1つは「気候があたたかで厳しい変化がないこと、またそのさま」というものです。これは「温和な地方」のように使われます。 もう1つは、「性質などが落ち着いていて穏やかなこと、またそのさま」というもので、「あの人は温和な人柄だ」のように使われます。 そして3つ目は、「ものごとが他人に対し角を立てず、受け入れられやすいこと、またはそのさま」という意味合いです、こちらは「温和な表現におさめる」のように使います。 「温」は「あたたかい」を、「和」は「やわらぐ」「穏やかな状態になる」を意味しています。, 後述するように、「温和」と「穏和」は意味合いが重なるところも多くあります。しかし、一点だけ違いを挙げると、「気候のおだやかさ」を表すのは「温和」のみとなっています。, 「穏和」の意味合いは2つです。1つは「性質がおだやかでやさしいこと、そのさま」というもので、「穏和なほほえみ」「穏和な性格」のように使います。 もう1つは「ものごとが角立たず、人に受け入れてもらいやすいこと、またそのさま」というもので、「穏和な言い方」のような使い方になります。 「穏和」の「穏」は、もともと「穀物を手であつめる」を表す象形から成りますが、同じ読みの「温」に通じて「おだやか」の意味を持つようになりました。, 「穏和」と「温和」は、前述のようにほぼ同じ意味合いを持ちますが、「気候があたたかい」の意味を含むかどうかで区別されます。上でも述べたように、「温和」には含まれ、「穏和」には含まれないという違いがあります。, 「温厚」とは、「おだやかで、優しくまじめなさま」という意味の言葉です。人に対し激しい感情の起伏を見せず、柔和で真摯な姿勢を持つことを言います。読み方は「おんこう」で、「彼は温厚な性格だ」「温厚そのものの顔つき」のように使われます。, 「温厚」の「厚」は、「城郭をひっくり返した象形」から成り、そこから「ぶあつい」などを意味する漢字となりました。この場合は、「ていねい」や「親切」の意味を持ちます。, 「温厚」は、このように人の性格に対してのみ使われる言葉です。すでに述べたように、「温和」「穏和」は気候や表現の程度などにも使われますから、その点で「温厚」とは違いがあります。, 「社会人の教科書」は社会人のためのビジネス情報マガジンです。ビジネスマンやビジネスウーマン向けに働く上で欠かすことができない情報・ノウハウや仕事上で役立つツールなどをまとめてお届け致します。. 柔和な人には、自分の居場所が見つからない、ということは、まずあり得ないのではないか、と思います。 柔和な人ばかり集まっている組織や集団というのは、まず見たことがありません。 ちょっとし … 「柔和」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。。 ある性格や態度を表現する際に使われる言葉で、温和や温厚などと同じような意味合いを持ち、日本人はこの「柔和」に当たる人が多い … 似た意味を持つ「柔和」(読み方:にゅうわ)と「温和」(読み方:おんわ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。, どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。, 「柔和」と「温和」という言葉は、穏やかな性格や態度を表すという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。.