以前、テレビ東京系で放送した松本清張サスペンスドラマ主演は名取裕子さん内容官僚である浅井恒子売れない作家である夫の死に不審を抱き調べていくうちに、夫が不倫をし… 社会派推理小説の巨匠・松本清張原作で、平均視聴率15.6%を記録した人気サスペンスドラマ。演技派俳優の風間杜夫が、妻の秘密を暴き、悲劇に見舞われる男・浅井恒雄を熱演。 『聞かなかった場所 (角川文庫)』(松本清張) のみんなのレビュー・感想ページです(19レビュー)。作品紹介・あらすじ:役所勤めの浅井が、妻の死を知ったのは、出張先の宴会の席であった。外出中、心臓麻痺を起こし急死だったという。発作は、どこでどう起きたのか。 1975年出版の「黒の図説」シリーズ第7弾。もともとは「週刊朝日」1970年12月から約半年連載。1979年、1997年、2011年と3度テレビドラマ化。あらすじ農林省食糧課係長の浅井。エリートコースとは程遠い下級公務員の彼は、どんだけ頑張 フリーライター坂本紀男のオフィシャルブログ。 1975年出版の「黒の図説」シリーズ第7弾。もともとは「週刊朝日」1970年12月から約半年連載。1979年、1997年、2011年と3度テレビドラマ化。, 農林省食糧課係長の浅井。エリートコースとは程遠い下級公務員の彼は、どんだけ頑張っても課長どまりで定年だが、実務は彼なくしては成り立たないくらい頼りにされている。, ある日、神戸に出張中の浅井に予期せぬ出来事が。妻の英子が外出中に心臓まひで亡くなったというのだ。, それなりに妻を愛していた浅井だが、心臓に問題のある妻がなぜこんな坂道を登って知らない土地で死んだのか次第に疑問が起きてくる。, もしかして妻は浮気をしていたのか――。浅井は探偵社に依頼し妻の知らない姿を突き止めるのだが――という話。, 被害者が加害者になっていくという展開。しかし、こういう小心者の公務員を書くのは抜群に上手い。, だいたい、いらんことせんときゃよかったのよ。変に真面目というかそういうとこが災いを招くのだが、しかし人間ってそういう行動起こすよねえと妙に共感。, 自分の立場を守ろうとするとこけるのよね。ほんとに復讐するなら農林省辞めてとことんいかんと。, 義妹の存在をもっとうまく使えればいいのにね。そのあたり3度のドラマではどんな感じなのやら。, 1979年版は土曜ワイド劇場。まだ2時間になる前。浅井は藤田まこと、英子は大谷直子。長谷川明夫、森下愛子、中原早苗、名古屋章、仲谷昇らが出演。, 1997年版は月曜ドラマスペシャル。浅井は風間杜夫、英子は大島さと子。原田大二郎、床嶋佳子、左とん平、北村総一朗らが出演。, 2011年版は水曜ミステリー9。性転換して浅井は名取裕子。松本清張ものが似合いますな。酒井美紀、大杉漣、金田明夫、川上麻衣子、渡辺いっけいらが出演。, どれも見てないんだよねえ。機会があれば見てみたい。原作読んでたら浅井なんか、昔の目黒祐樹とか似合いそう。映画「華麗なる一族」の万俵銀平みたいな。, 1979年の土曜ワイド劇場版を観る。まだ90分の時の話。ま、原作と大きく違うところはなんせ英子が最初に死なない。英子の妹・森下愛子の存在が大きくフィーチャーされている。ラストは難しいところで、どっちもどっちかなあと。ま、男からすれば英子の身勝手さはかなわんなあって気がする。. 松本清張ドラマ「犯罪の回送」が7月2日(月)にテレビ東京で放送されるので、キャストとあらすじ・予告動画、原作小説を読んだので犯人と結末をネタバレします。「犯罪の回送」の原作は、松本清張さん遺した最後のミステリー小説で初の映像化です。東京出張中に殺された北海道の北浦市長。 厚生福祉省に勤める浅井恒子(名取裕子)は、局次長として活躍するキャリア・ウーマン。 聞かなかった場所改版 お風呂に入りながら読んでいたもの。 実は途中までまったく面白くなかったため、 長い間中断していたのだけど、この日一気に読了。 (以下、ネタばれあります。ご注意ください) 農水省の役人が出張中に、妻の死を知る。 Copyright(C)2014 SakamotoNorio.com All Rights Reserved. ーズン2, 横山秀夫サスペンス「モノクロームの反転」, プロデューサー : 大下晴義、堀貞雄、林悦子, ディレクター・監督 : 松尾昭典. 夫サスペンス「湯布院殺人事件」, 松本清張サスペンス 球形の荒野(木村佳乃主演), お問い合わせ ご意見・感想 リクエスト. 名取裕子主演の松本清張サスペンス。出張先での突然死で夫を亡くした厚生福祉省の恒子。彼女に全く馴染みのない場所で夫は亡くなっていた。 あらすじ.