東京新聞の電子版。スマートフォン・タブレット・pcで紙面が読めます。憲法、原発をめぐるブレない報道姿勢。バックナンバーは1ヵ月分。過去記事は5年分が検索し放題です。 「東京新聞電子版」は、私たちの暮らしに必要な情報を「自分で選ぶ」ためのメディアです。一人ひとりの暮らしに寄り添うように、手のひらで、リビングやオフィスで、いつでもどこでも。東京新聞電子版は、確かな情報をあなたにお届けします。 東京都の小池百合子知事は30日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの検査能力について、季節性インフルエンザとの同時流行に備えて拡充を進め、12月上旬までに1日当たり6万5千件程度まで引き上げ … 「東京新聞電子版」は、私たちの暮らしに必要な情報を「自分で選ぶ」ためのメディアです。目まぐるしく変化する街の景色。政治、経済、文化。人ごとと思えるような出来事にも、背景には必ず誰かにとって大切な<物語>や<真実>があります。家族のため、仕事のため、地域のため、明日のため。新聞を通じて視点を変えれば、私たちにとって大切な情報が見えてくるはずです。

家族が臓器提供を承諾した。6歳未満の脳死の公表は18例目。 家族が提供を承諾した臓器のうち、腎臓は東京都立小児総合医療センターで10代男性に、小腸は国立成育医療研究センターで10歳未満の女児にそれぞれ移植。 「東京新聞電子版」は、私たちの暮らしに必要な情報を「自分で選ぶ」ためのメディアです。一人ひとりの暮らしに寄り添うように、手のひらで、リビングやオフィスで、いつでもどこでも。東京新聞電子版は、確かな情報をあなたにお届けします。 Copyright © The Chunichi Shimbun, All Rights Reserved. 家族が臓器提供を承諾した。6歳未満の脳死の公表は18例目。 家族が提供を承諾した臓器のうち、腎臓は東京都立小児総合医療センターで10代男性に、小腸は国立成育医療研究センターで10歳未満の女児にそれぞれ移植。 一人ひとりの暮らしに寄り添うように、手のひらで、リビングやオフィスで、いつでもどこでも。東京新聞電子版は、確かな情報をあなたにお届けします。, 130年の歴史を持つ東京新聞がずっと大切にしているのは、私たちが暮らす「地域」です。日本の政治や経済、文化の中心「東京」に軸足を置きつつ、全国各地のニュースや海外情勢にも目を向けた多角的なジャーナリズムを目指します。地域密着を意識しながら、時代の空気を敏感にとらえ、今日の暮らしを支える情報、明日の暮らしを彩る工夫も大切に伝えていきます。, インターネットの普及。スマートフォンなどモバイル端末の進化。さまざまなSNSの流行。いまの世の中は便利な反面、膨大な情報に囲まれ、偏った選択をしてしまうことも少なくありません。そんな中で、厳しいファクトチェックによって「伝えるべきこと」「本当のこと」を示すのが新聞です。東京新聞電子版は、ニュースの重要度がひと目でわかる“紙面のレイアウト”がインターフェース。「顔」である1面もそのままに、確かな情報を選ぶための指針を提供します。, スマートフォン、タブレット、パソコンなど複数の端末からアクセスできます。朝、ベッドの中で。電車で移動中に。仕事で調べものをしたいとき。ちょっとした空き時間。ライフスタイルに応じて、いつでもどこでもあなたに必要な情報を届けます。新聞の膨大な情報量が手のひらにすっきりと収まっているような感覚は「電子版」ならでは。1カ月分のバックナンバーと5年分の過去記事検索で、気になるニュースを深掘りしていくこともできます。, 東京新聞電子版を申し込んだのは就職活動がきっかけ。クリエイティブな仕事に興味があったので政治や経済だけではなく東京の旬の情報が欲しかったのと、ニュースはスマホで読むことが多かったので、電子版を選びました。学割プランがあったのもポイント。授業やバイトでゆっくり読めなくても、自分が気になった記事をブックマーク感覚で集めて、空いた時間にまとめ読みできる「スクラップ帳機能」が便利でした。今までスクラップした記事は社会人になっても役に立っています。, 二児の父として待機児童や学校教育の問題、食の安全などを気にするようになってからは、口コミや話題性に流されず、真摯にいろいろな切り口で情報を発信してくれる新聞が役に立っています。電子版は育児に関することや自分の住んでいる地域をキーワードにして、過去5年の記事検索で深掘りしていけるのがいいですね。夫婦で記事についてどう考えるかお互いの意見を交換しながら、子どもたちを守るための地域の情報をしっかり選ぶ時間を作っています。, 仕事に追われる中、新聞を読む時間が取れるか心配でしたが、初月無料と聞いて思いきって申し込んでみました。最初は経営者として経済や地域の情報を得るのが目的だったのですが、新聞がそのまま手のひらに収まっているような感覚の紙面ビューアーが新鮮で、今では自分が興味関心を超えて大事なニュースがわかる「1面」を追うのが楽しみに。バックナンバーで1カ月前までさかのぼれるので、仕事の合間を見て、ゆっくり情報に向き合っています。, 1カ月分のバックナンバーを紙面ビューアーで読めます。忙しくて読めなかった記事を後からチェックしたり、気になるニュースの変化を追ったり、連載をまとめ読みしたり。電子版なら膨大な情報量を持ち歩くことができます。, 「過去記事検索」では気になるニュース、暮らしの知恵、地域の情報など、キーワードから過去5年間の記事が何度でも検索可能。紙面の切り抜き状態でも閲覧できます。東京新聞がおすすめする「注目のキーワード」もあります。, 気になった記事をブックマーク感覚で、実際に新聞紙を切り抜くように保存できます。操作は簡単。切り抜いた記事は「スクラップ帳」に保存されるので、後でじっくり読めます。自分だけの「まとめ」機能として便利です。, 1つのアカウントでスマートフォン、タブレット、パソコンと複数の端末からアクセス可能。朝刊は午前5時、夕刊は午後5時に配信。それぞれのライフスタイルに合わせてご利用いただけます。PCでは印刷も可能です。, 東京新聞電子版は、毎週日曜の別刷り「サンデー版」も紙面そのままで楽しめます。中でも見開き2ページの人気連載「大図解」は、大型イラストや図表を使って、時事ネタや気になるトピックをわかりやすく解説。学校の教材としても広く活用されています。今さら恥ずかしくて聞けない、でも知っておきたい政治や歴史のこともゼロから学べます。.