木村 保(きむら たもつ、1934年9月24日 - 2005年3月1日)は、大阪府出身のプロ野球選手(投手、外野手)・コーチ。, 八尾高校では3年次の1952年、春夏の甲子園にエースとして出場。春の選抜では準決勝に進出するが、静岡商の田所善治郎と投げ合い0-2で完封負けを喫する。夏の選手権は大阪予選から甲子園の準決勝までを完封で勝ち上がり、決勝で芦屋高の植村義信と投げ合い1-4で準優勝にとどまった[1]。同年秋の東北3県国体にも出場し、準々決勝に進むが仙台二高に敗れた。高校同期に法元英明がいる。高校卒業後は早稲田大学に進学。東京六大学リーグでは2年次の1954年から2年上の石井連蔵と共に投手陣の軸として活躍し、森徹らの強力打線にも支えられ在学中3度の優勝を飾る。4年次の1956年の大学選手権では優勝候補の筆頭であったが、準決勝で関大の村山実に抑えられ敗退した。リーグ通算59試合登板、29勝16敗、防御率1.65、229奪三振。優勝した1954年秋季、1955年秋季、1956年春季でベストナインに選ばれた。長嶋茂雄の通算8本塁打のうち2本を打たれている。3年次の1955年には第2回アジア野球選手権大会日本代表(東京六大学野球リーグ選抜チーム)に選出された。大学同期に投の二本柱を組んだ山口欣二(住友金属)がいる。, 大学卒業後の1957年に南海ホークスへ入団し、1年目の同年は3月31日の近鉄戦(大阪)でパ・リーグ史上2人目の初登板初完封勝利を記録[2]。ややサイドスロー気味でシュートを武器とし[3]、この年は5完封、29イニング無失点を記録するなど南海のエース格として活躍。21勝11敗の成績で新人王に選ばれ、オールスターゲームにも出場。その後は肩を故障して1958年は4試合登板で0勝2敗、1959年は一軍出場なしに終わり、1960年に打者として2年ぶりに一軍出場したのを経て、1961年には正式に外野手に転向。野手としては、1961年5月18日の東映戦(大阪)で土橋正幸から満塁サヨナラ本塁打を打つなど[4]それなりに活躍を見せたが、1962年以降は出場機会が激減。1963年引退。, 1950年代の南海は宅和本司・中村大成・田沢芳夫をはじめ1、2年のみエース級の働きを見せ、その後急激に数字を落としていく投手が多かったが、木村に至っては1年目以外は1勝も出来なかった。, 引退後は南海でスカウト(1964年 - 1965年)、二軍投手コーチ(1966年 - 1967年)を務めた。, HAWKS the 70th―ホークス栄光の軌跡、ベースボールマガジン社、2008年、P72, HAWKS the 70th―ホークス栄光の軌跡、ベースボールマガジン社、2008年、P80, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=木村保&oldid=79671211, 初登板・初先発登板・初完投・初勝利・初先発勝利・初完投勝利・初完封勝利:1957年3月31日、対, 野手として初出場:1960年8月20日、対近鉄バファロー20回戦(大阪スタヂアム)、5回裏に. 木村 保(きむら たもつ、1934年 9月24日 - 2005年 3月1日)は、大阪府出身のプロ野球選手(投手、外野手)・コーチ