$("button.pf_insert_9749").text("ファン登録済み"); up_type: up_type, $("button.pf_insert_201102").text("ファン登録済み"); var userid = ; var userid = ; playerid : playerid, success:function(data){ $("button.pf_delete_195867").removeClass("pf_delete_195867"); },

playerid : playerid, playerid : playerid, }) timeout: 10000, $("button.pf_delete_989").addClass("pf_insert_989");

playerid : playerid, }) 韓国名:アン・グォンス up_type: up_type, } var up_type = "delete";

身長:175cm, 安田権守は、埼玉県出身の在日韓国人3世で、幼い頃から野球人生を送り、現在は韓国のプロ野球チーム「斗山ベアーズ」でプレーしているプロ野球選手です。, 小学生の時、野球の才能を見出されてヤクルトスワローズジュニアでプレー、プロ野球12球団が主催する少年野球の大会「NPB12球団ジュニアトーナメント」で2005年に優勝しました。, 中学・高校と野球を続け、名門・早稲田実業に進学した安田権守は、1年生時からレギュラーを獲得。, ネクストバッターズサークルで験担ぎに腕立て伏せをすることから、甲子園で注目が集まり、「腕立て王子」と呼ばれるように。, 「ハンカチ王子」と呼ばれた斎藤佑樹選手の後を継ぐ腕立て王子の出現に、高校野球ファンも盛り上がったといいます。, 大学1年生の時から春の早慶戦に出場するなど、早稲田期待の星として将来性を期待され、安田権守は野球エリート街道を邁進します。, しかし、そんな野球エリートの腕立て王子・安田権守も、その後大きな挫折を味わうことになりました。, この記事では、安田権守の早稲田大学入学から野球部退部、挫折を経て現在に至るまでの野球人生を振り返ります。, 社会科学部は、政治経済学部・商学部・法学部が一体になった学部で、社会学部とは異なる性質を持った学部となっています。, 早稲田にはスポーツ科学部もありますが、安田権守は偏差値70の社会科学部で勉学に励みました。, 大学入学と同時に野球部に所属し、1年生にして春の早慶戦に先発出場するなど、期待の星として注目されます。, 大学の野球部でも活躍が期待されていた安田権守でしたが、1年生の夏には退部してしまいました。, 退部理由としては、部内の上下関係が肌に合わなかったという理由が1つ、大学野球のレベルについていけなくなったという理由も明かされています。, そのため、高校入学後すぐレギュラーの座を獲得する実力があったものの、そこで彼は「驕ってしまった」のだといいます。, もちろんそこから伸びることはなく、努力を重ね続けて今に至る大学野球の投手の球に対応できなくなったようです。, 大学レベルの野球についていけなくなったこと、上下関係にも嫌気が差したことを理由に、入部からわずか数ヶ月、1年生の夏に野球部を退部しました。, 退部後、安田権守は自らチームを探し、クラブチームの「TOKYO METS」に所属しました。, 早稲田大学に在籍したままクラブチームの選手となり、その後、野球エリートの道からは外れるものの、一貫して野球を続けています。, 安田権守は、大学3年生の時にベースボール・チャレンジ・リーグ(ルートインBCリーグ)の「群馬ダイヤモンドペガサス」からドラフト指名され、2014年に入団しました。, 入団直後から良い成績を収めた安田権守は、リーグ3位に貢献する結果を残し、ベストナインに選出される活躍を見せました。, その後、「武蔵ヒートベアーズ」「福島ホープス」の分配ドラフトで、地元枠として「武蔵ヒートベアーズ」から指名を受けて入団しました。, 大学卒業後は、滋賀県東近江市に拠点を置く社会人野球団「カナフレックス硬式野球部」に入部。, 早稲田時代に名を馳せた安田権守ですが、野球エリートの道ではなく、地道に着実に野球を続けて開花の機会を狙いました。, 2019年8月5日、韓国の野球場・水原KTウィズパークで開かれた海外トライアウトに参加。, プロ野球新人2次ドラフトで、韓国の名門プロ野球チーム「斗山ベアーズ」から指名を受け、入団が決定しました。, 「斗山ベアーズ」と言えば、韓国プロ野球発足時から存在し、何度もシリーズ優勝を飾ってきた名門チーム。, 栄光と挫折を経験した安田権守は、韓国の地で新たにプロ野球人生をスタートさせたのです。. $("button.pf_insert_234025").addClass("pf_delete_234025"); このブログも5年目に入った。当初は子供の頃や青春時代の遠い思い出を書き留めておきたいと始めたが、大好きなラグビーエッセイや読んだ本の感想などを加え、昨年末で250話にもなった。これからも九州からの風に乗せて、気楽に書いていきたい。, 今までもこのブログで、「ラグビーが大好きで、そのうち ”大学ラグビー” がもっとも楽しい」 と何回も書いてきた。, 他の大学のラグビーが嫌いだとか面白くないという訳ではない。それぞれの大学に先輩たちから受け継いだ素晴らしい歴史とプレースタイルがあり、それぞれ魅力的だ。, 『なぜ、早稲田ラグビーなのか?』 と問われれば、最初にラグビーに惹きこまれたのが早稲田大学のゲームだったとしか言いようがない。もうひとつは、東京六大学野球を子供の頃からラジオなどで聞いていて、いつの間にか早稲田を応援していたこともある。そのことが入学はしなかったけれども、18歳の時の今で言う ”記念受験” につながる。, 先週、友人からあるラグビーに関する本の紹介を受けた。コロナ禍に入って街に出る機会も少なくなり、「ラグビーマガジン」などの雑誌も定期的に購入していなかったので、この本が出たことを知らなかった。, 2019度11年ぶりに「大学ラグビー日本一」を奪還した早稲田大学ラグビー部を率いた、相良南海夫監督が書いた本だった。, ( 本の帯に書かれたキーワードは、”自分たちで考える・自分たちで答えを導きだす・主体性を育てる・人間としての成長する・・・” ), 友人からの紹介のメールを見て、「そういえば、まだ優勝記念本は出版されていなかったなあ・・・・・」 というのが、私の素直な感想だった。, といっても私のラグビーや早稲田大学ラグビー部への関心や愛着が薄らいでいた訳でもない。, 今年の1月11日、千駄ヶ谷の新国立競技場で、私は ”大学ラグビー日本一” を奪還したその試合の現場に立ち合い、自分の目で確かめていた。, ( いま学生スポーツで6万人近い観衆が集まるのは、甲子園とラグビーの早稲田対明治、いわゆる”早明戦”くらいではないだろうか。), その後、私は久し振りの日本一の余韻に浸っていたが、新型コロナの上陸と感染拡大で、すっかりラグビーを楽しむという気持ちが吹っ飛んでしまっていた。, もちろん2019年度のラグビーシーズンは終わっていたが、2020年度の国内の最高峰・トップリーグも開幕したものの中断・中止を余儀なくされ、高校の選抜大会や大学の春の大会も中止となった。そしてコロナの感染拡大が止まらない中、ラグビーの夏の聖地・菅平高原でのラグビー合宿も、大半のクラブや高校・大学が感染予防を理由に実施を諦めた。, 発刊を知ったその日にAmazonに発注し、翌日には届いた。そしてその次の日に一気に読み終えた。, 「読み終えました。涙もでます。決勝のビデオも見直します。」 彼は早稲田大学のOBで、相良南海夫監督は18年後輩になる。, こうしたスポーツの優勝総括本は、優勝に至った背景や裏にあったエピソードを紹介してくれるから、そのことを知って当該の試合をあらためて観戦し直すと、ひとつひとつのプレーや各選手の表情、言葉、涙の訳がより鮮やかに見えてくる・・・・・, 私は読み終えた後、まだ1月11日の対明治大学との決勝戦を見直してはいない。その友人と同じようにゆっくり見たいと思った。, ( 1月11日夕陽差し込む新国立競技場で、日本一になった時にしか歌えない第2部歌「荒ぶる」を、輪になって歌う早稲田大学ラグビー部員たち。), ところで、私の本棚には、ラグビー雑誌とは別に、ラグビーに関する単行本が並んでいる。, よく見たら早稲田大学が ”大学日本一” になった時、その時々の監督が本を書いている。, 今回の日本一は16回目で最多だが、14回目と15回目の優勝時の中竹竜二監督、11回、12回、13回目の清宮克幸監督、そして1987年度11年ぶりに9回目の大学日本一に導いた木本建治監督の本が並んでいた。木本監督の時はその年の日本選手権でも、東芝府中を22対16で破りラグビー日本一にもなっている。学生がラグビー日本一になったのはこの年が最後である。, この4人の優勝監督の本はいずれも講談社から出版されている。早稲田は慶応や明治、同志社らと並び100年を超す歴史あるラグビー部だから大学OBの数もファンも多い。出版すれば一定数の購入が見込めるのだろう。上記4大学以外でも2009年度から9連覇した帝京大学・岩出監督や、2000年前後に6度大学日本一に輝いた関東学院大学の春口監督らの本も出版されている。, ラグビーの組織運営・人材育成は、ビジネス界での人事管理に運用できるところも多いのだろう。, 40年間早稲田ラグビーを見てきた私からすると、表面的には木本監督と清宮監督は監督自身のリーダーシップが目立ち、中竹監督と今回の相良監督の指導は選手たちの自主性を重んじ育てるやり方に映るが、”底辺に流れる早稲田の伝統を再徹底する” という点では全く同じである。, まさに、相良監督が一昨年の就任直後のインタビューで話した早稲田の伝統 「継承と創造」 である。同監督が就任にあたって大事にしたいと口にしたのはまさにこのことだった。そのインタビュー記事については、2年前の次のブログに書いている。, 2018年8月30日付けブログ  「ラグビーは素晴らしい・・・『継承と創造』復活?~早稲田ラグビー、8年ぶりに帝京大を破る!」, https://ameblo.jp/kashii-hayato/entry-12399809470.html, 相良監督は今回の本の中で、日々の練習での具体的な方針を 「早稲田スタンダード」 として、その伝統の一部を紹介している。, ラグビーをする人には 「そんな当たり前のことなの?」 と思われるかもしれないが・・・・・と断りつつ、相良監督は 「このあたり前を早稲田の歴史の中で諸先輩方が大切に積み上げてきた。これこそが普遍的な早稲田スタンダードである」 と書いている。, 100年を超える歴史あるラグビー部の伝統を、平成生まれの若者たちに教えチームに根付かせる・・・・・大変な苦労があるだろう。, 相良監督にとっては、自分の子供と同じ世代の選手たちだから、彼らが育ってきた時代や世代の考え方、気質というものをよく掌握している。, 現に監督の次男・昌彦君は早稲田実業から入学したての1年生ながら、FL(フランカー)のレギュラーポジションを実力で勝ち取った。そして明治大学との決勝戦でも見事なトライを挙げた(小さなガッツポーズは余計だったが・・・)。長男の隆太君は立教大学でラグビーをしている。立教も早稲田と同じ一部に昇格してきたので、今年は相良家の親子対決・兄弟対決が見られるかもしれない。, 「このあたり前を早稲田の歴史の中で諸先輩方が大切に積み上げてきた。これこそが普遍的な早稲田スタンダードである」 と相良監督が述べている伝統の風景を、見事に描き切った小説がある。早稲田大学ラグビー部OBでスポーツライター・ラグビー評論家の藤島大さんが創部100周年記念に書いたものだ。, 「北風」の読書感想を書いたブログです。よろしかったらURLをクリックしてお読みください。1980年代、東伏見(現・西東京市)にあったグランドが舞台の話だ。現在のグランドは西武新宿線で3駅東京寄りの上井草に2002年に移転した。, 2018年10月18日付けブログ 「ラグビーは素晴らしい・・・『北風 小説・早稲田大学ラグビー部』を読む」, https://ameblo.jp/kashii-hayato/entry-12412292510.html, 今回の相良監督が書いた本を読み終えた翌日だったか、ネットに早稲田大学ラグビー部OBの五郎丸歩選手(ヤマハ発動機ジュビロ)が投稿しているのを見つけた。九州から入学してきた彼自身が感じた、早稲田大学ラグビー部の伝統 「継承と創造」 を具体的に書いていた。, 五郎丸選手は 「大学入学後、早稲田ラグビーのカルチャーに触れ、好きになった・・・・・」 と書き始めて、4年間に感じた早稲田ラグビーの原点を紹介してくれている。, 「勝利へのこだわりを感じました。一般入試で入学してきた普通の学生が、どんな状況であろうと、最後の最後まで決して勝負をあきらめない。そういった光景は社会に出たら、なかなか出会えないと思います。誰一人うまい人に媚びるようなこともない。それぞれがライバルに勝負を挑む。それが、毎年繰り返される。クラブに受け継がれている、そんなカルチャーが好きでした」, 「日本一になるチーム、選手って、どんなものなんだろうと思ってきたのが、すぐに答えが見つかった。こんなにこだわって準備したら、もうやることないな。それぐらい突き詰めたことをやって決勝に臨み勝った。勝ちたいとチーム全員で本気で思う。そうしたらこんなに大きなパワーが生まれるんだと知りました。」  (注:五郎丸選手は佐賀工業高校時代、日本一を経験していない), 「大学2年時(2005年度)の日本選手権では、トヨタ自動車に勝った(28-24)。あのシーズンだけで勝ったわけではない。そう思う。当時はメンバーが揃っていたのも確かなのですが、強い者に勝つ、大きい相手に勝つというものを、早稲田が長く継承し続けてきたからこそ勝てたと思う。クラブの歴史が勝たせてくれた部分もあった」, 「あのトヨタ戦、2015年のワールドカップの南アフリカ戦もしかり、誰も想像しない領域を切り拓くのが早稲田ラグビーの原点だと思います。大きい相手に小さい者が勝つ。誰も見たことがない景色を自分たちで見る。ファンの人たちに見せる。これからも早稲田のラグビー部には、自分たちの原点を追い求めてほしいし、体現していってほしいと思います」, ( 多くの名勝負が繰り広げられた東京・神宮外苑の競技場群。右下の長方形が秩父宮ラグビー場。一番奥が旧国立競技場。ネットからお借りしました。), 相良南海夫監督のこの本を読んで、真っ先に頭に浮かんだある大学の主将の言葉があった。, 2018年の夏、菅平で行われた早稲田との練習試合で8年ぶりに敗れた、帝京大学ラグビー部・秋山大地主将(現・トヨタ自動車ヴェルブリッツ)の敗戦後の印象的な言葉だ。, 「帝京の甘さ、悪いところが出てしまった試合でした。自分たちでチームをつくっていないというか、先輩方につくってもらったチームに乗っかっているだけだから、ピンチになったときも自分たちで修正できないのだと思います。もっともっと自分たちが本気でチームをつくっていかないと、今日のようにうまくいかないときに修正できないのだと思いました。今日はスキルや戦術以前の、気持ちのところからまったく足りませんでした・・・・・」, 秋山君には失礼だが、早稲田の言葉を借りて言えば、「表面的に継承はしたけれども、自分たちで創造した部分がなかった・・・・・」 ということだろうか。この年、帝京大学は連覇が途絶え9連覇で終わった。翌年の2019年度も大学選手権のベスト4にも残ることができず、12月でシーズンを終えた。, しかし名将・岩出監督のもと、帝京大学は必ず再建してくる。そして2018年度のチャンピオン・明治大学も、宿敵・早稲田大学に奪われた日本一の称号を取り戻すべく巻き返してくる・・・・・コロナ禍で練習にも様々な制約が課されるなか、慶応大学や天理大学、東海大学などの他の強豪大学も、日本一を目指して鍛えているはずだ。, ラグビーは素晴らしい・・・相良南海夫監督著「早稲田ラグビー最強のプロセス」を読む | 九州から吹いてくる風に乗せて、あの日の凧を高く高く揚げたい, 「このあたり前を早稲田の歴史の中で諸先輩方が大切に積み上げてきた。これこそが普遍的な早稲田スタンダードである」, 「日本一になるチーム、選手って、どんなものなんだろうと思ってきたのが、すぐに答えが見つかった。こんなにこだわって準備したら、もうやることないな。それぐらい突き詰めたことをやって決勝に臨み勝った。勝ちたいとチーム全員で本気で思う。そうしたらこんなに大きなパワーが生まれるんだと知りました。」. $("button.pf_delete_9749").addClass("pf_insert_9749"); $('.pf_insert_989').on('click', function(){}); } timeout: 10000, 現監督は和泉実監督。 斎藤佑樹投手や清宮幸太郎選手の時代に相当メディアにも出ていたので、知名度は高いでしょう。 早稲田実業の甲子園での通算成績は・・ 春夏通算50回出場(春21回、夏29回)と偉大な成績を残しています。 $("button.pf_insert_9749").addClass("btn-light"); } } }) data: { $("button.pf_delete_234025").text("ファン登録する"); });

$("button.pf_delete_201102").removeClass("pf_delete_201102"); } $("button.pf_insert_989").text("ファン登録済み");

url: 'https://www.kyureki.com/ajax_player_fav.php', data: { $.ajax({ $("button.pf_insert_234025").removeClass("btn-primary"); var up_type = "delete"; userid : userid },