昨今、日本では「大麻合法化」の意見が散見されるが、世界を見渡すと合法化に舵を切るところも少なくはない。例えば、アメリカ・オレゴン州ポートランドでは2016年にマリファナが合法化され、街の様子が変わってきているという。, 『クレイジージャーニー』でもお馴染みのジャーナリスト、丸山ゴンザレス氏は最新著書『世界の危険思想 悪いやつらの頭の中』で世界各国の麻薬・売春・スラム街などを取材した成果をまとめている。この本のなかから、マリファナが解禁された直後のポートランドを丸山氏が訪れ、日本の大麻合法化について思いをめぐらす場面を紹介したい。, 政府の決定が状況を激変させることもある。それが昨今世界中で起きているマリファナの合法化である。センセーショナルに報じられることもあって、耳にしたことがあるかもしれない。ただ、日本国内での反応に実情とのズレがある。多くの人が事実を誤認しているのだ。それ自体が危険な考えというわけではないが、誤認による理解の生み出す結果はろくなものではない。そこで、私なりに現在起きている大麻合法化というのがいかなるものかを解説してみようと思う。, まず、アメリカでの合法化の実態だが、マリファナの娯楽を含めた使用を解禁するかどうかを住民投票にかけているのだ。, ここでポイントになるのは「娯楽」と「解禁」である。合法化の話を持ち出すと、そこかしこで大麻をくわえタバコみたいにできるようになるというイメージが先行するようだ。世紀末の無法状態デストピアでもあるまいし、いきなりそんなことにはならない。, たとえば2016年11月のアメリカ大統領選挙と同時におこなわれた住民投票で賛成多数で可決したことで、2018年1月から解禁したカリフォルニア州の現状はどうかといえば、すでに路面店でマリファナが販売されている。もっと前から解禁されていた州のうちのひとつ、オレゴン州などはさらに興味深い状況にある。, 私が取材した2016年の段階で、オレゴン州のポートランドでは娯楽用のマリファナが解禁されていた。路面店で堂々と販売されているだけではなく、幹線道路に広告看板が設置されていた。, これは、販売網が整備されていて、生産者から販売までの経路が確保されているということである。完全に市場として成立しており、しかもその市場が一定程度の成熟を迎えているのがわかる。ポイントは広告があること。ライバル店があれば、競争が生まれるので広告も必要になるということなのだ。, 実際にポートランドを歩くと、青い十字の看板が目印になっている店があちこちにある。入り口では身分証を提示しなければならないが、外国人であっても未成年でなければ入ることはできる。店内は高級感と清潔感、そしてオシャレ感が漂っており、怪しげな雰囲気はない。むしろ小汚い格好をしているほうが浮く。, ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。, 「1度原発で働いたヤツは、原発に帰ってくる」 作業員を離さない、福島1Fの“うま味”とは, 《第2子妊娠》自然体の歌姫・浜崎あゆみの恋多き“ハートタトゥー”な人生と知られざる“DV騒動”, 韓国で『鬼滅の刃』ファンが“売国奴”と罵られる理由〈炭治郎の“旭日旗”耳飾りは変更、12月公開へ〉, 「周囲は『顔が優しくなった』と。でも…」過激女芸人・モリ夫の東京での“唯一の心残り”, 「昏睡状態の女性をレイプすることが……」すでに7人を殺害した白石被告が犯行をやめなかった理由, “ロケ行きたくない”にスタッフ唖然……小林麻耶41歳、“テレビ界追放危機”の本当の理由, 三浦春馬さん最後の出演ドラマ『カネ恋』シナリオブックで明かされた“本当の結末”と“4話完結の秘密”, 半グレ「東京ブラザーズ」とは何者か? 警察が警戒強化する“ネパール人グループ”勢力拡大, いいお話では物足りない…『ポツンと一軒家』からいつの間にか「失われたもの」――青木るえか「テレビ健康診断」, まさかの「菅・文在寅宣言」案が飛び出した…バイデン当選で苦しい韓国、ついに日本に歩み寄るか, 感染症を防ぐキーワードは「粘膜免疫」と「IgA抗体」。そこで、大きな期待を集めている「乳酸菌」とは?, 中尾彬さん、池波志乃さんと考える「家族への想いをカタチに ~遺言書にやさしさをこめて~」相続オンラインセミナー, 「萌子さんって結婚願望あるんかな?」3代目バチェラー・友永夫妻が『バチェロレッテ・ジャパン』を語りつくす, 「介護・医療から看取りまでワンストップで応える施設」「自宅のように快適な空間」プロが出した答えとは?, 《緊急アンケート》眞子さまと小室圭さんの結婚についてどう考えますか? 最新発表文では「否定的に考えている方がいらっしゃることも承知」, 緊急アンケート! 朝ドラ「エール」 あなたの「最も印象に残った回」「最も印象に残った登場人物」は?, 《緊急アンケート》大ヒットアニメ「鬼滅の刃」あなたが好きなキャラクター、好きなシーンは?, 好評開催中! オールタイム「もう一度やりたい!プレステゲーム」アンケート 中間発表!, 「死ぬかもしれないときテンションが上がる」雪山登山家の狂気とは――てれびのスキマ「テレビ健康診断」. 田代まさし(タレント/覚せい剤)、国母和宏(スノーボーダー/大麻)、KAZMAX(投資家/MDMA)、沢尻エリカ(女優/MDMA)と、薬物事犯による著名人の摘発が相次いでいる。身に覚えのある芸能人や有名人、あるいは一般人もおびえた日々を過ごしていることだろう。, 来年の東京オリンピックを見据えて警視庁が本気になっているともいわれており、11月20日には大麻栽培の専用キットを販売したとして、東京・渋谷の室内用園芸用品店の経営者が逮捕されている。大麻の栽培に使われると知りながら肥料やライトなどを売ったという大麻栽培ほう助の疑いで、8月に大麻の栽培で逮捕された男の供述から御用となったようだ。, 多くの薬物が蔓延するなか、大麻には解禁論もある。その規制は国によってさまざまで、酒やタバコと同じように合法の国もあれば、大麻取引で死刑になる国もある。以前から一部で「大麻常習者」と報じられている沢尻エリカ容疑者も、大麻が合法のスペイン・バルセロナで覚えたとされている。, ちなみに、合法なのはアメリカのワシントン州とコロラド州、オランダ、イギリスなど(所持量や使用場所などは規制されている)。また、本来であれば逮捕されるが、現実的には見逃されるというケースもあるようだ。その昔、日本で高校生がタバコを吸っていても警察官に注意されるだけで済んだのと同じような状況である。, もちろん、日本では違法なので、大麻は所持しているだけで逮捕されるが、使用の罪は不可罰となる。ある法律家は、こう解説する。, 「大麻で幻覚作用がもたらされるのは、THC(テトラヒドロカンナビノール)という成分によるものです。大麻の茎は麻縄などに利用されており、種は七味唐辛子にも使われています。つまり、成熟した茎や種子のTHCはごくわずか。仮に尿検査で陽性反応が出ても、その源が規制されている大麻の葉なのか、あるいは茎にあったものなのかを特定できないため、使用罪は存在しないのです」, つまり、仮に「大麻を吸った」と警察に出頭しても、所持していなければ罪にはならないというわけだ。, また、大麻には「医療用」が存在するが、これも日本では規制されている。ある医師が解説する。, 「医学界では、大麻に含まれるカンナビノイドの量により、がんや緑内障、慢性痛、てんかん、クローン病、アルツハイマー、ぜんそくなど、数多くの症状に効果があるとされていますが、日本では医療目的でも使用は認められていません。ただ、今年3月に厚生労働省は『医薬品としてはアウトだが治験としてなら限定的に可能』という答弁をしており、今後は部分的に使用されるかもしれません」, しかし、解禁されるのはあくまで医療用であり、「ワシントンやオランダのようには絶対にならない」とも付け加える。, Go To利用、まったく正反対の人たちが、ちょうど半数ずつ存在…“不思議な感覚”の正体, 予約殺到のプレステ5が“期待外れ”に終わる理由…任天堂に勝てないソニーの致命的な失敗. 「ダメ。ゼッタイ。」という言葉とともに、日本では大麻が厳しく規制されている。2019年も多くの有名人が大麻を使用したとして、多くのメディアが取り上げた。, だがその一方、現在では多くの国が大麻の合法化に踏み切っている。アメリカのハフィントン・ポストは、世界における合法的な大麻市場は急速に拡大しており、そのペースはスマートフォン市場が急成長した速度を上回っている、と述べた。, 通常、大麻の利用法は(1)娯楽用(2)医療用(3)産業用に分類される。自分の楽しみのために大麻を利用するのが娯楽用、大麻を使うことで鎮痛や沈静、催眠などの効能を期待するのが医療用、そして、衣服や縄、食品などの用途で用いるのが産業用だ。, 同じ「大麻」であっても、用途によって成分や栽培方法はまったく異なり、医療用と産業用については人道的、あるいは経済的な見地から、合法をよしとする向が強い。そのため、多くの国が「大麻を合法化する」といっても、医療用あるいは産業用に留まっている。, だが、近年では娯楽用大麻の合法化を検討したり、実際に踏み切ったりする国も現れ始めた。, その代表が、カナダである。2018年10月、カナダは娯楽目的の大麻使用を完全に合法化した。世界的には、ウルグアイに続く2カ国目であり、これにより、カナダの成人は連邦政府により認可された生産者から大麻を購入したり、実際に使用したりすることが可能になった。, まず、すでに取り締まることができないほど、大麻が社会に蔓延してしまったという実情がある。大麻を使用できる年齢や所持できる量などのルールを明確に規定したうえで合法化した方が、適切に管理できる。, また、ヤミ市場から日の当たる場所へ大麻を引きずり出せば、大麻取引から資金を得ていた犯罪組織は弱体化する。さらに、タバコや酒のように大麻に対して課税すれば、経済的に自治体が潤うだろう。, その他、「タバコやアルコールなどに比べて、大麻ははるかに無害なものである」ということが国際的に周知の事実となってきたことも見逃せない。大麻はタバコやアルコールに比べて依存性が低く、健康被害が少ないことが、近年の研究により、明らかになっているのだ。, こうしたことから、現在、多くの国や州が医療用・産業用のみならず、嗜好用大麻の合法化を検討している。, 現在日本において、大麻の使用は「大麻取締法」によって厳しく制限されている。嗜好用大麻と医療用大麻は違法であり、唯一、産業用大麻はTHCが少ない「成熟した茎と種子」に限り、合法とされている。, 実際、大麻には鎮痛作用、沈静作用、催眠作用、食欲増進作用、抗癌作用、眼圧の緩和、嘔吐の抑制などがあるとされている。アメリカでは、小児期に発症する難治性のてんかんであるレノックス・ガストー症候群や、乳幼児期に発症する同じく難治性てんかんのドラベ症候群の治療に、大麻の成分から作られた薬品が用いられており、高い効果をあげている。, そのほか、HIV/AIDS患者の食欲不振等の治療や、がん化学療法による吐き気や嘔吐の治療、神経の痛み(神経障害性疼痛)の治療等にも、医療用大麻は活躍中だ。, このように、大麻が医療の分野で大きな効果を発揮することは、多くの科学者がエビデンスを確立しているが、日本の製薬会社や研究者たちが医療用大麻の効能を研究し、製薬につなげようと思っても、日本では大麻栽培や研究には都道府県知事の許可が必要であり、しかも、現在その許可はほとんどのケースでおりていない。, つまり、医療用大麻の可能性を探ろうと思っても、日本にはそのチャンスがほとんど残されていないのである。, アメリカでは、すでに12の州とワシントンDCが嗜好用大麻を合法化しており、医療用大麻についてはアイダホ州やネブラスカ州など、ごく少数を除いてほとんどが合法としている。, アメリカがなぜ、これだけ“大麻先進国”となりえたのかといえば、医療用大麻の合法化を求める運動において、違法とされる大麻草を自分の治療に使い、何度も何度も逮捕投獄されながらも、実体験によってその効果を確認し、世間の支持を集めた情熱的な研究家や医師らがいたからだ。, しかし、日本ではこうした実例はほとんど皆無である。なぜなら先述したように、大麻の医療効果について研究を行うにも栽培の許可がほとんどおりないのだ。, 日本が医療用大麻を合法化するための条件は、「WHOが定める大麻草のスケジュール(取り締まり基準)が見直されること」それから、「アメリカ連邦法のスケジュールが見直されること」だ。日本の厚労省が定める法律はWHOのものに準拠しているうえ、日本は常にアメリカに追随する立場を固辞しているからだ。, そして現在、この条件が実現する可能性は高い。2019年1月、WHO事務局長のAntonio Guterresは、国連事務総長宛ての手紙のなかで、国際薬物条約内で提案されているスケジュール変更について国連に通知した。その勧告を受け、2020年3月には国連麻薬委員会(CDN)で53か国による投票採決が行われる予定だ。, もしここで大麻に関する統制の基準が見直されれば、日本はそれに従うことになる。そうすれば、いずれ日本でも医療用大麻が合法化される可能性が高まるだろう。, そして、医療用大麻が日本でも合法化されれば、多くの“大麻先進国”がそうであったように、次は嗜好用大麻の合法化に焦点が当たる。そこまで進むかどうかは定かではないが、いずれにしても日本でも大麻解禁に向けて社会の目が大きく集まることは間違いない。, アメリカの事例をあげてみると、まず、大幅な税収アップがあげられる。タバコやアルコールのように課税をして、自治体の税収に加えるためで、増えた税収は多くの場合、公共学校の設備改善やインフラ整備などに使われる。, また、アングラの世界で取引されていた大麻をおおやけの場所へ引き出したことで、大麻関連の逮捕件数は大幅に減少するケースも多く、さらに、大麻が解禁されれば大麻栽培や収穫、調剤、流通、販売などに関わる雇用が一気に増える。, そのため、当初は「大麻を解禁したら治安が悪化するのでは」と大麻解禁に懐疑的だった人たちも、治安の改善や税収増、さらにインフラの整備や雇用の増加などの現状を目の当たりにし、緩やかに大麻賛成に変化していくことが多いという。, もう一点、注目したいのが「大麻テック」といわれる業界の動きだ。大麻に関する世界の動きは、現在、テクノロジーの業界にも変化をもたらしている。, たとえば、ラスベガスで毎年開催される世界最大規模の家電見本市では、2018年、Vapium Medicalがスマートホーム部門に出展した。同社は、ベイプと呼ばれる加熱式の吸引ガジェットを開発するスタートアップだ。, 同社が出展したベイプは、吸引量を測ったり、アプリで回復状況をトラッキングすることができるスマートデバイス仕様であり、家電業界の檜舞台ともおいえるこの見本市に、大麻の関連品が堂々と登場したことは、まさに、世界が大麻を受け入れる方向へ舵を切ったことの象徴だろう。, アメリカを筆頭に大麻消費の一般化がさらに進めば、今後もこうした“大麻テック”の進化が加速する。それに伴い、世界の投資家たちはそうした大麻テック事業に関心を寄せるのは間違いない。, 世界のメインストリームが大麻合法化に向かっているとはいえ、決して間違ってはならないのは、安易に大麻合法化を求めるべきではないということだ。アメリカをはじめ、カナダやイスラエルなど世界各国で大麻ビジネスが本格化している現在、その波は日本にも早晩やってくる。, それは、いうなれば江戸末期、黒船が日本へやってきたときの状況に例えられる。異国に対して無知でいつづければ、たちまち日本には玉石混合の大麻ビジネスが沸き起こり、社会は混乱の渦に巻き込まれる。手放しに大麻を受け入れる姿勢には反対だが、かといって、闇雲に大麻を拒絶し、理解を拒む動きにも疑問が残る。, 日本で医療用大麻が解禁されるとしたら、それは少なくともあと数年後のことだろう。いまのうちに正しい知識を身につけ、いつ大麻がやってきても良いように準備をしておくことが、日本の正しいあり方なのかもしれない。, レガシー産業の代表格「建設業」で、DXは可能なのかーーアナログな受発注のブラックボックス化を打破, 芸人マシンガンズ滝沢が考えるSDGs12「つくる責任 つかう責任」ーーごみ清掃員として見てきた食品ロス・廃棄の現実, ステラ・マッカートニーはファッション業界を大きく変えたーー世界的ブランドの進化するサスティナブルな取り組み, 創業1781年、老舗かまぼこ屋八代目の若旦那が仕掛ける観光コンテンツ。小田原から見た地方観光ビジネスの可能性とは, 日本人はお金のために疲れる。幸福度No.1の国・フィジーに学ぶストレスフリーな生…, 地図型マネジメントから「コンパス型マネジメント」へ——先行きの見えないこれからの…, 「貸し切り」や「離島」がキーワードに? ニューノーマル時代の旅行スタイルにおきる…, ビジネス基礎からサブスクの現在まで、各業界の有識者の読書スタイルと今夏読みたい書…. 世界では現在、相次いで大麻の合法化が進んでいる 「ダメ。ゼッタイ。」という言葉とともに、日本では大麻が厳しく規制されている。2019年も多くの有名人が大麻を使用したとして、多くのメディアが取り上げた。 だがその一方、現在では多くの国が大麻の合法化に踏み切っている。 連合国軍総司令部(ghq)が、降伏の条件を明文化したポツダム宣言をベースに、1947年に大麻取締規則を、そして産業大麻を規制するために起案された大麻取締法を公布し、アサを麻薬に指定したのだ。神事のために許可を受けて栽培される一部のアサを除き、アサの栽培や所持は事実上、違 … 以前から一部で「大麻常習者」と報じられている沢尻エリカ容疑者も、大麻が合法のスペイン・バルセロナで覚えたとされている。 ちなみに、合 世界ではハードドラッグ追放のため、大麻合法化の波が起こっていますが、日本では大麻解禁を望む声もありながら国会の議論としては皆無です。 いつか日本でも大麻が合法になるのでしょうか。 これはおそらくですが、ないでしょう。 日本で大麻が合法にならない理由. 昨今、日本では「大麻合法化」の意見が散見されるが、世界を見渡すと合法化に舵を切るところも少なくはない。例えば、アメリカ・オレゴン州ポートランドでは2016年にマリファナが合法化され、街の様子が変わって… Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

沢尻エリカがMDMAをやめられなかった理由…元中毒者が語る壮絶体験「超わがままに」, 沢尻エリカが“クスリ漬け”女優になった理由…芸能界復帰なら薬物地獄に逆戻りの可能性, 田代まさし、元NHK歌のお兄さん、スノボ国母…薬物逮捕続出で大麻解禁論は“解禁”されるか, JRAエリザベス女王杯、“究極の馬券投資法”…破壊力抜群の「馬主関係者の一点勝負」情報.